資金繰りが厳しいときのために備えておきたい法人用カードローン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
efd25009810157d72a8ab851d1d07ffa_s

法人を経営している中で、資金繰りで悩んでいるという方は多いと思います。

今やキャッシュレスでの取引も多く、入金や支払いのタイムラグにより現金が手元になくなることもありますよね。

そんなときの一つの解決策として法人用のカードローンがあります。

今回はそんな法人用のカードローンについて説明していきたいと思います。

1、対象となる法人とは

法人向けカードローンの主な対象は中小企業です。

資金繰りや運転資金を目的とした借り入れに対して

大企業向けではないので、限度額もそこまで大きくはありません。

基本的に法人の代表者が持つカードであり、「大企業が申込み、社員にカードを持たせる」といったもの思い浮かべた方は、法人向けクレジットカードのコーポレートカードと勘違いしています。

コーポレートカードに関してはこちらを参考にしてみて下さい。

2、カードローンのメリット

・申込みから融資までがスピーディー

ビジネスローンは決算書の内容次第で、融資額と借入期間、金利が決まります。
審査の速さは業者により違いますが、最短60分程度、遅くても3営業日以内としていることが多いです。

・審査通過率が高め

決算書にはある程度の信用性は求められますが、他の融資方法と比較すると審査は通りやすいです。

・担保・保証人は不要

多くの業者が担保・保証人は原則不要で借入することができます。

というのも、担保・保証人ありだと急にハードルが上がってしまい借りる人が少なくなってしまうからです。

しかし、担保・保証人不要というのは嬉しいことばかりではなく、その分金利が高かったり、限度額が低く設定されています。

・総量規制の対象外

事業性資金の融資は、個人向けの消費者金融と異なり、貸金業法による「年収規制」がありません。
個人事業主の方でも年収の3分の1以上の金額が融資可能となっています。

3、カードローンのデメリット

・金利が高め

公的融資・銀行融資と比べるとビジネスローンは金利が高いです。

「年利5%~18%、審査により決定」を見ると、つい最低金利に目が行ってしまいますが、初めはほぼ上限の金利から始まると思ってかまいません。

・限度額が低め

業者にもよりますが、融資額の上限は500万円であることがほとんどです。

しかも、この上限いっぱい借りられるのではなく、審査によって利用額は制限されます。

したがって、借りたい額まで借りることができず中途半端になってしまうことも多々あります。

・条件が合わないと即融資不能

住宅ローンや自動車ローンのような融資を「定型貸出」といい、ビジネスローンもこの「定型貸出」に入ります。

「定型貸出」は最初に条件が決まっており、それをクリアできなかったとき即融資は不能となってしまいます。

それに対して、銀行の融資は「不定型貸出」といい、その都度融資の条件などを検討していきます。

こちらの方が個人に合わせて比較的柔軟に決めていくことができますよ。

 

4、ビジネスローンと総量規制の関係

ビジネスローンと総量規制の関係ついて説明していきます。

総量規制とは聞きなれない言葉かもしれませんが、個人の借りられる総額は年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

ただ、総量規制にはいくつかの例外規定があります。

事業資金としての利用が目的で、直近の確定申告書や事業計画書名などを提出できる場合は総量規制の対象外となっています。

したがって、銀行以外の業者が運営するフリーローンでも、事業者向けのローンは総量規制の対象外になっているために、年収に制限されずにローンすることができます。

たた、総量規制は個人の返済可能額を考えて作られたものです。

総量規制の例外である方が、慎重にお金を使わなければいけないことは言うまでもありませんね。

5、オススメのカードローン会社は?

ビジネクスト「カードローン」

131

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆金利:13.0%~18.0%(100万円未満)、8.0%~15.0%(100万円以上)
☆限度額:50万円~1,000万円
☆4万社以上の契約実績

詳細
ビジネクスト「カードローン」は10年以上の歴史を持つビジネクスト株式会社が提供している法人経営者、個人事業主向けのカードローンです。個人事業主および中小企業のサポートを専門に行っている会社であるために、返済計画の相談に乗ってくれることも強みですね。

 

オリックスクラブカード

1

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆安心の低金利(実質6.0%~17.8%)
☆最短60分の審査
☆融資最高500万円

詳細
カードローンにも関わらず、金利が実質6.0%~17.8%と低めに抑えられています。
また、CD・ATMはトップクラスの約173,000台あり、お近くのコンビニですぐに借り入れることが可能です。ご融資額も最高500万円まで可能なので、運転資金やつなぎ資金にも備えておけます。

 

ビジネスパートナー

2

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆カードレスで融資
☆最大45日間無利息
☆金利(9.98%~18.0%)

詳細
法人のカードローンには珍しく新規でご利用の方限定で、最大45日間無利息となっています。
電話、インターネットからの申込手続きができるので、原則来店不要で融資を受けることができます。また、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し利用することができるので、緊急に必要になったときに助けてくれますね。

 

6、まとめ

今回は、法人用カードローンを利用するときのメリット・デメリットや、おススメのカードローンを紹介いたしました。

読んでわかったとは思いますが、カードローンは緊急のときに仕方なく使うものです。

通常の資金調達は公的機関や銀行に頼って、無駄な出費をなくしていきましょう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事