たった5分ですべてわかる!初めてのキャッシングカード講座

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシングカードメイン画像

お金を借りようと思っても、キャッシングカードがよくわからないという人は意外と多いです。

キャッシングカードとは、お金を借りるためのカードの総称になりますが、実際にキャッシングカードというものが存在しているわけではありません。

お金を借りる事ができるカードは2種類あり、今回はローンカードというカードを中心にお話ししていきます。

この記事が、あなたに合ったキャッシングカードを手にするための、良い判断材料になればと思います。

目次

1.キャッシングカード
 1-1.キャッシングとは
 1-2.クレジットカード=キャッシングカード
 1-3.ローンカード=キャッシングカード
2.キャッシングカードに関する3つの疑問
 疑問1.キャッシングの限度額について
 疑問2.キャッシングカードが使えなくなる2つの原因
 疑問3.キャッシングカードを解約する方法
3.キャッシングカードを作る4つの手順
 手順1.会社を選ぶ
 手順2.申し込みを行う
 手順3.審査を受ける
 手順4.契約を交わす
4.おすすめのキャッシングカード
5.まとめ

1.キャッシングカード

冒頭でもお話ししましたが、キャッシングカードはお金を借りるためのカードになります。キャッシングカードには大きく次の2つの種類があります。

  1. クレジットカード
  2. ローンカード

これから、この2つのカードの違いについてお話ししていきますが、まずはキャッシングとはなんなのかという所からお話ししていきます。

1-1.キャッシングとは

キャッシングとは、1括返済を基本としたお金の借入方法になります。以前は、クレジットカードでお金を借りた場合、1括返済が基本でしたので、クレジットカードでお金を借りる=キャッシングでした。

しかし、現在ではクレジットカードでも分割返済等が可能になったため、キャッシングという借入方法はほぼありません。

1-2.クレジットカード=キャッシングカード

先程もお話ししましたが、以前はクレジットカードでお金を借りる事をキャッシングと呼んでいました。そのため、クレジットカードの事をキャッシングカードと言えるかもしれません。

ただ、クレジットカードのメイン機能は買い物なので、キャッシングカードと呼ぶのは、少しニュアンスが違ってしまいます。

1-3.ローンカード=キャッシングカード

ローンカードとは、カードローンを組んだ時に発行されるカードになります。カードローンは、普通のローンとは違い、使い道自由なローンになります。

カードローンという言い方をしてしまうと、少し難しく感じてしまいますが、アコムやプロミス等でお金を借りることを、カードローンと言います。

カードローンは、分割返済をすることが多いため、キャッシングではありません。ただ、お金を借りる事に特化したカードと言う意味では、キャッシングカードと言えます。

そのため、ここからはローンカード=キャッシングカードとして話を進めていきます。

2.キャッシングカードに関する3つの疑問

ここから、キャッシングカードに関する以下の3つの疑問に対して。お答えしていきます。

疑問1.キャッシングカードの限度額とは
疑問2.キャッシングカードが使えなくなる2つの原因
疑問3.キャッシングカードを解約する方法

疑問1.キャッシングカードの限度額とは

キャッシングカードには、限度額と言うものがあります。限度額とは、言葉のとおりお金を借りる事ができる限界の金額になります。限度額10万円なら、10万円までお金を借りる事ができます。最初は低い場合が多いですが、利用するうちに増やしていくことが可能です。

ただ、借金の限度額が増えてもそこまで意味はないので、必要最低限の限度額をキープしておくことをおすすめします。

疑問2.キャッシングカードが使えなくなる2つの原因

キャッシングカードが使えなくなる原因は、主に次の2つがあります。

原因1.限度額いっぱいまで借りている
原因2.延滞を繰り返してしまっている

原因1.限度額いっぱいまで借りている

キャッシングカードには限度額があり、限度額以上はお金を借りる事ができません。そのため、さらにお金を借りたいのであれば、もう1度電話で確認し、増額審査を受ける必要があります。この審査では、めんどうな手続きはなく、折り返しの電話を待つだけになります。

原因2.延滞を繰り返してしまっている

お金を返済してはいるものの、返済日を過ぎてしまう事が何度もあると、信用できないと判断され、限度額が引き下げられてしまいます。

そのため、限度額が20万円だと思って使っていた場合、10万円まで引き下げられてしまうと、使えなくなるという事が起こります。最悪キャシングカードの没収とその時点での借金全額返済を求められるので、返済日は必ず守る必要があります。

疑問3.キャッシングカードを解約する方法

キャッシングカードを解約するには、カード会社に連絡をする必要があります。その時に、借金が0円であれば、その場でカードにはさみを入れる事で解約できますし、借金が残っているのであれば、全額返済した後解約することができます。

細かいルールは会社によって異なるので、1度電話連絡をしてみる事をおすすめします。可能であれば、その電話で解約まで行えます。

3.キャッシングカードを作る4つの手順

キャッシングカードを作る方法は、至ってシンプルです。具体的には次の4つの手順を踏んで頂ければ、キャッシングカードを作ることができます。

手順1.会社を選ぶ
手順2.申し込みを行う
手順3.審査を受ける
手順4.契約を交わす

手順1.会社を選ぶ

キャッシングカードを作るためには、まずは会社を選ぶ必要があります。キャッシングカードは、会社によって次のような特徴があります。

  • 手数料や年利を低くしている
  • 即日発行に力を入れている
  • 借入、返済の手段を豊富にしている
  • 審査を甘くしている

そのため、自分が求めるサービスを提供している会社を選ぶ必要があります。

この記事の最後で、タイプ別におすすめのキャッシングカード会社を紹介しているので、参考にしてみてください。

手順2.申し込みを行う

キャッシングカードを発行したい会社を選んだら、次はその会社に申込書を提出する必要があります。

現在の職業や年収、借金の有無などを記載していきますが、ここで書く情報は決して間違えないようにしてください。ここで間違えてしまうと、審査に通る可能性が一気に下がってしまいます。

手順3.審査を受ける

申込が終わったら、あとは審査を受けるだけになります。審査では、年収を証明する書類や会社に在籍していることを証明する書類の提出が求められる場合もあるので、申し込みの際に確認しておく必要があります。

また、会社に在籍しているかを確認するために、会社に電話連絡が行きます。在籍確認自体を避ける事はできませんが、モビットのような一部のカードローンでは、電話連絡は無くすことができます。

手順4.契約を交わす

審査に無事通過できた場合、あとは必要書類にサインして契約を交わすことで、キャッシングカードを手にすることができます。

大手消費者金融などでは、手順2~4までを1時間前後で終わらせることができます。

4.おすすめのキャッシングカード

ここから、タイプ別におすすめのキャッシングカードをご紹介していきます。1章でもお話ししましたが、キャッシングカードとはローンカードの事なので、カードローンを出している会社の紹介になります。

【最短で借りたい】

アコム

年利:3.0%~18.0%
特徴:銀行より審査が甘くスピーディ。業界最大手の消費者金融

プロミス

年利:4.5%~17.8%
特徴:大手消費者金融より年利が0.2%低い

【電話連絡がない会社がいい】

モビット

年利:3.0%~18.0%
特徴:電話連絡なし

【ATM手数料なしで年利の低い会社がいい】

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ キャプチャ

年利:4.6%~14.6%
特徴:銀行の中では審査が甘い。また、年利が低くATM手数料も無料

三井住友銀行

三井住友銀行 キャプチャ

年利:4.0%~14.5%
特徴:審査の甘い銀行系カードローン。また、年利が低くATM手数料も無料

【給料日前に借りて給料日に返済するという使い方をしたい】

ノーローン

ノーローン キャプチャ

年利:4.9%~18.0%
特徴:何度借りても1週間は無利子

【審査の甘い会社から借りたい】

フクホー

フクホー キャプチャ

年利:7.3%~18.0%
特徴:ネット上で審査が甘いという口コミが多く、40年以上続く老舗

ライフティ

 

ライフティ キャプチャ

年利:4.5%~18.0%
特徴:お金を貸すという事業は最近始めたが、会社としては10年以上続いており安心できる

5.まとめ

それでは最後に、この記事のまとめを行っていきます。

  • キャッシングとは、1括返済の借入方法である
  • キャッシングカードと言うものはない
  • ローンカードがお金を借りる専用のカードという事でキャッシングカードと言える
  • キャッシングカードでは自分に合った会社を選ぶことが重要
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事