想像以上に大変なカードローンの返済をしっかり行っていくコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 返済

どうしてもお金が必要で、カードローンを利用したのはいいが、いざ返済しようと思ってもなかなか返済できないという人は少なくありません。

カードローンを利用する人は、貯金がほとんどなく、その日暮らしの生活をしてしまっている人がほとんどです。

そのため、返済しようと思ってもなかなか返済することができないという状況に陥ってしまいます。

そこで今回は、どうやってカードローンの返済を行っていくのかはもちろん、返済をしていく上で重要なことなど、返済に関する様々な情報についてお話ししていきます。

この記事を読むことで、少しでもカードローンの返済が楽になれば幸いです。

目次

1.大変なカードローンの返済
2.カードローンの返済で大事な事
3.カードローンの返済のコツ
 コツ1.先取り返済をする
 コツ2.元金と利息を意識して返済する
 コツ3.貯金と返済の優先順位を間違えない
4.まとめ

1.大変なカードローンの返済

カードローンの返済は、しっかりやっていかないとなかなか難しいです。

冒頭でもお伝えしましたが、カードローンを利用する人は貯金がほとんどない場合が多く、その日暮らしをしている人がほとんどです。

そのため、これからちゃんと返済していくと決めなければ返済できません。

逆を言えば、そう簡単に返済できるものではないので、すぐに返済できないからと言って焦る必要もありません。

2.カードローンの返済で大事な事

カードローンの返済で大事なことは、自分で返済日程や計画を立てて借金を返済していくという事になります。

最近では、簡単な返済計画や返済額をカードローン会社から教えてもらえることもありますが、カードローンの返済をするためにはそうしたものに頼らず、自分で返済計画を立てて返済していくことが大事になります。

そうすることで、借金の金額や金利等を意識することができ、返済予定日が明確になるため、モチベーションを維持しやすく、一歩一歩確実に返済していくことができます。

意外かもしれませんが、こうしたちょっとしたことをしている人としていない人では、している人の方が圧倒的にカードローンの返済に成功しています。

3.カードローンの返済の3つのコツ

カードローンの返済には次の3つのコツがあります。

コツ1.計画通りに先取り返済をする
コツ2.元金と利息を意識して返済する
コツ3.貯金と返済の優先順位を間違えない

コツ1.計画通りに先取り返済をする

カードローンの返済のコツとしてまず上げられるのは、貯金と同じように、給料が入った段階で返済をすることになります。

ただ単に先取りで返済という事ができている人は多いのですが、計画通りに返済できているという人は、それほど多くありません。

毎月余ったお金や、とりあえず1万円という形で返済するのではなく、自分で立てた計画通りに、返済を行っていくことで、カードローンの残金をどんどん減らしていくことができます。

コツ2.元金と利息を意識して返済する

カードローンの返済では、元金と利息を意識することがとても重要です。

毎月カードローンの返済を行っていくと思いますが、ただ何となく1万円返済して、なんとなく残金を確認してしまうと、利息に対する意識が甘く、ずるずる借金を繰り返してしまいます。

そのため、返済した後は残金と共にしっかり利息でいくら取られたのかを認識するようにしてください。

そうすることで、カードローンの利息がどれだけもったいないかが分かり、借金を何度も繰り返すという事が少なくなります。

コツ3.貯金と返済の優先順位を間違えない

貯金と返済のバランスは、性格によって大きく変わってきます。

借金の返済をしてしまうと、自分のお金が一切残らなくなってしまうため、2度と借金をしないように、借金の返済をしつつ貯金をするという人がいます。

一方で、余ったお金は全額借金の返済に充てるという人もいます。

もちろん、最も効率の良い返済方法は、貯金できる余裕があるのであれば、全額返済にあてるというものになります。

しかし、自分のお金が一切ないと不安という人は、無理して全額返済をする必要はなく、計画通りに返済してさえいれば、手元にお金を残しておくというのも一つの手と言えます。

最も効率の良い返済方法

毎月給料日の後に計画通りの金額を返済し、給料日の前日に残ったお金を全額返済に充てるというのが、最も効率的な返済方法になります。

4.まとめ

今回は、カードローンの返済に関する話をしてきました。

そのため、考え方や返済方法等、重要なポイントに絞った話になっています。

カードローンの返済をするためには、他にもいろいろな方法や考え方がありますが、今回お話しした内容は、どのような人にも通ずる話になります。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事