起業したならすぐにでも手にしたい法人カードの審査の秘密

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
法人カード 審査

法人カードの審査内容って、情報がたくさんあり過ぎて、正直よくわかりませんよね。

起業したての方や、これから起業しようと考えている方にとっては、非常に気になる部分だと思います。

そこで今回は、法人カードの審査内容はもちろん、審査に通るコツなど法人カードの審査で気になるであろう疑問について、まとめてみました。

目次

0.法人カードを持つためには法人口座が必要
1.法人カードの2つの審査基準と内容
 視点1.代表者の信用情報
 視点2.会社の実績
 法人カードの審査内容
2.法人カードの審査に通る3つのコツ
 コツ1.ホームページをきちんと作る
 コツ2.固定電話を用意する
 コツ3.必要書類は正確に記載する
3.起業3年未満でも作れる法人カード3選
4.まとめ

0.法人カードを持つためには法人口座が必要

法人カードを持つためには、法人口座がまずは必要になります。

法人口座を開くことも近年は難しくなってきており、ここの段階で詰まってしまう人も少なくありません。

そのため、本題の前に簡単にではありますが、法人口座を開設するコツについて紹介しておきます。

コツ1.会社から最も近い支店で口座を開設する
コツ2.求められた書類は全てきちんと提出する
コツ3.会社の実績が分かるようにしておく

こちらについては、別途記事を作成して詳しくお話しする予定です。

審査が厳しい理由としましては、法人口座が詐欺などの犯罪で悪用されてしまうため、その数を減らすためというのが大きな要因のようです。

1.法人カードの2つの審査基準と内容

まず、法人カードの審査は、次の2つの視点から行われます。

視点1.代表者の信用情報
視点2.会社の実績

これら2つの視点を基に審査を行い、総合的な判断として審査に通す通さないを決めています。

視点1.代表者の信用情報

法人カードを作成する場合、代表が連帯保証人になる事がほとんどになります。

そのため、仮に連帯保証人にはならないとしても、法人カードを作成する際には代表者の信用情報はとても重要視されます。

具体的には、次のような項目が重要となります。

  • 基本的な信用情報
  • 過去の事故歴の有無
  • クレジットカードの利用期間
  • クレジットカードの限度額
  • クレジットカードのランク
  • クレジットカードの保有枚数

基本的な信用情報については、信用力診断を参考にしてみてください。

また、クレジットカードの保有枚数ですが、これは多ければ良いというものでもなければ、少なければ良いというものでもありません。

ただ、保有枚数に関連するものとして、次の2つは良くないと明確に言えます。

  • キャッシング枠のついたクレジットカードをたくさん保有している
     →キャッシング枠はいつでもお金を借りる事ができるので、リスクがあるとみなされる
  • 各カードの限度額が低く、全て限度額ぎりぎりまで使用している
     →極端な話、同じ100万円を使うとしても、限度額100万円のクレジットカードと10万円のクレジットカード10枚では、信用力が全く違います。

視点2.会社の実績

法人カードの評価基準として、当然会社の業績や設立年数が大きく関係してきます。

そのため、法人カードの取得条件として、【設立3年以上、○期の黒字】という条件をよく目にすると思います。

しかし、これは正しくもあり、間違いでもあります。

正確には、「この条件を満たしていると取得できる法人カードの種類が多くなります」というものになります。

そのため、こうした条件を満たしていなくても、法人カードは作ることができます。

法人カードの審査内容

法人カードの審査内容は、カードによって次の2つに分けられます。

  • 代表者の信用情報を重視するもの
  • 会社の実績を重視するもの

もちろん、重視するだけですので、両方とも審査の対象となりますが、設立して1か月で法人カードが作れたという話は、すべて代表者の信用情報を重視しているカード会社の法人カードと言えます。

 

社員カード発行の際の社員の信用情報と法人カード発行の関係

会社の口座からお金が引き落される場合は、社員の信用情報は一切関係ありません。

逆に、個人口座から引き落されてしまう法人カードであれば、社員の信用情報によっては落ちる可能性があります。

2.法人カードの審査に通る3つのコツ

ここからは、法人カードの審査に通る3つのコツをご紹介していきます。

3つのコツに共通して言える事は、真っ当な会社であると示すことが重要であるという事です。

特に設立して間もない企業は、こうしたところが重要になります。

審査に通る3つのコツ

コツ1.ホームページをきちんと作る
コツ2.固定電話を用意する
コツ3.必要書類は正確に記載する

コツ1.ホームページをきちんと作る

社名や会社情報、主な業務や実績などをきちんと記載するようにしてください。

デザイン等は気にする必要はないので、「この会社は、誰が何のために起こしたものであり、どのようなビジネスで利益を上げていくのか」という事が明確にわかることが重要になります。

特に、設立して間もないのであれば、代表の経緯や実績があるのであれば、そうしたものを記載した方が、より信用度が増します。

コツ2.固定電話を用意する

法人カードの審査に通りたいのであれば、固定電話は必ず用意するようにしてください。

最近は、携帯電話があれば事足りてしまうため、起業したての企業さんは、固定電話を用意しないという人も増えています。

しかし、固定電話があるだけで、その住所に会社があるという安心感が圧倒的に変わってきます。

もちろん、水道光熱費等の明細でそうした確認はとることはできますが、固定電話があるというのは、社会的な信用がぜんぜん違ってきます。

そのため、固定電話があるかないかだけで、審査に通る通らないが変わってきます。

コツ3.必要書類は正確に記載する

法人カードの申込用紙は、正確に記載するようにしてください。

例えば、住所を記載する際には、ビル名までではなく、階数や部屋番号まで正確に記載することが重要です。

これには法人カードならではの明確な理由というのはないのですが、クレジットカードやカードローン系の審査では、必ずチェックされるポイントになります。

そのため、こうしたところを気をつける必要があります。

3.起業3年未満でも作れる法人カード3選

起業3年未満でも作れる可能性がある法人カードを3つご紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックス・ビジネス・ゴールド

☆審査の緩い法人カードとして有名
☆法人カードの定番
☆ステータスとしても問題なし

アメックスの法人カードは、昔から法人カードの定番であるため、ステータス等を気にする方にとっても、申し分のないカードです。

また、審査が緩い法人カードとしても有名で、法人カードの発行をあきらめる前に、1度は試す価値のあるカードと言えます。

ただ、アメックスが使えない場面がちょくちょくある点と年会費が3万円弱掛かってしまうという2点が、ネックだと考えている方も多いです。

JCB法人カード

JCB法人カード

☆日本唯一の国際ブランド
☆個人事業主でも作成可能
☆年会費1,250円

JCB法人カードは、審査の緩い法人カードとして有名ですが、固定電話が必ず必要となります。

また、個人事業主でも持つことができるため、多くの方が使えるビジネスカードだと言えます。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

☆安心のVISAブランド
☆ポイント還元率1.0%
☆ETCカード利用可能

楽天ビジネスカードは、法人カードにステータスは一切求めず、利便性のみを追求している人におすすめのカードになります。

VISAブランドであるため、国内でクレジットカードが利用できる場所であれば、ほぼ間違いなく利用できるカードになります。

また、年会費は2,160円と安くポイント還元率は1.0%と高いため、非常にコスパの高い法人カードと言えます。

4.まとめ

それでは最後に、今回の内容を簡単にまとめていきます。

審査に通る3つのコツ
コツ1.会社から最も近い支店で口座を開設する
コツ2.求められた書類は全てきちんと提出する
コツ3.会社の実績が分かるようにしておく

  • 法人カードには、2つの審査基準がある
  • 設立後3年以内の企業でも法人カードは作成できる
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事