【保存版】クレジットカード初心者が知っておきたいクレカの仕組みと使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード初心者

クレジットカードを初めて作ったのはいいけど、実際どうやって使ったらいいのかよくわからないと悩む人は少なくありません。

クレジットカードは基本さえ知っておけば、まったく難しいものではありませんが、クレジットカードの支払いで困っているという話を聞くと、怖くてなかなか使えませんよね。

そこで今回は、クレジットカード初心者の方が疑問に思ってしまう使い方はもちろん、仕組みや注意点、初めて使うのにおすすめのクレジットカードなどについてお話していきます。

目次 1.クレジットカード初心者におすすめの3つのクレジットカード
 将来的なステータスと年会費の安さを気にする方
 ポイントをガンガン貯めていきたい方
 ポイントより現金の割引が欲しい方
2.クレジットカード初心者が知っておきたい3つのこと
 1つ目.1括払いでは手数料はかからない
 2つ目.ポイントには有効期限がある
 3つ目.補償内容を確認する
3.クレジットカード初心者がやってはいけない3つの注意点
 注意点1.分割払いやリボ払いを使わない
 注意点2.支払い状況を逐一確認する
 注意点3.現金化は利用しない
4.クレジットカード初心者が気になる4つ疑問
 疑問1.クレジットカードは危険ではないのか
 疑問2.クレジットカードの利用料金の支払日と支払い方法
 疑問3.ポイント還元率とは
 疑問4.ブランドと発行会社とは
5.まとめ

1.クレジットカード初心者におすすめの3つのクレジットカード

クレジットカードをこれから使っていこうと考えているあなたにおすすめの、3つのクレジットカードをタイプ別にご紹介していきます。

また、クレジットカードの選び方については、「クレジットカードの作り方とお得な選び方がわかるクレカ講座」で詳しくご紹介しています。

将来的なステータスと年会費の安さを気にする方

三井住友VISAカード(クラシックA)

三井住友 VISAクラシックA

三井住友VISAカードは、日本のVISAカードの代名詞であり、そのステータスは疑いようがありません。

さらに、支払い方法をリボ払いにし、利用明細書の郵送をやめることで、年会費を大幅に下げることができるため、お財布にもとても優しいカードになります。

上記のような設定にするだけで、通常カードは年会費無料で、ゴールドカードであっても年会費3千円ほどで持つことができ、同じようなステータスのカードと比べても、群を抜いて安い年会費で持つことができます。

また、リボ払いの最低支払額を99万円にすることで、ほとんどの人が1括払いと同じように利用することができるため、無駄な手数料を支払う必要もありません。

ポイントをガンガン貯めていきたい方

楽天カード

楽天 クレカ 画像

ポイント還元率が高いカードとして有名なのが楽天カードになります。

楽天を利用する方ではもちろん、利用しない方も通常1%のポイント還元率があるため、非常にお得なクレジットカードになります。

もちろん年会費は永年無料で、楽天では定期的にポイント○倍のセールを行っているため、使えば使うだけお得なカードと言えます。

ポイントより現金の割引が欲しい方

P-ONEカード

P-oneカード キャプチャ

P-ONEカードは、支払い時に1%の値引きを常に受けることができるカードになります。

1%と言うと、少ない気もしますが、年間120万円分の利用をすることで、1万2千円の割引を受けることができると考えると、へたな節約よりよっぽど楽に節約することができます。

もちろん、値引きと並行してポイントも貯めることができるため、実際はそれ以上お得に買い物ができることになります。

当然、年会費は永年無料なため、これも使えば使うだけお得なカードだと言えます。

2.クレジットカード初心者が知っておきたい3つのこと

クレジットカードをこれから使っていこうという人に、最低限しておいてほしいことをこれから3つお話していきます。

この3つを抑えることで、クレジットカードライフが一気に充実します。

1つ目.1括払いでは手数料はかからない

クレジットカードを利用したことがない人は、クレジットカードの手数料の部分をすごく気にすると思いますが、1括払いではクレジットカードの手数料はかかりません。

クレジットカードは使えば使うだけポイントが貯まっていくため、得することはあっても損するということは一切ありません。

クレジットカードの手数料につきましては、「損する前に知っておきたい!クレジットカードと手数料の関係」で詳しくご紹介しております。

2つ目.ポイントには有効期限がある

せっかくクレジットカードを使ってポイントを貯めても、ポイントを切らしてしまっては非常にもったいないです。

クレジットカードの中には、永久不滅ポイントのあるカードもありますが、基本的にポイントには有効期限があります。

クレジットカード利用者の中には、ポイントを気にしないという人も少なくないのですが、意外と良いものに交換できるので、1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ポイントでどれだけ得することができるのかという事は、「クレジットカードを活用して、100万円以上得する方法」で詳しくお話ししています。

3つ目.補償内容を確認する

クレジットカードには、様々な補償がついています。

例えば、海外で通院した時に保険が出たり、購入した商品が壊れた場合の補償など、カードによってその充実ぶりや補償額は変わってきますが、おおよそすべてのカードに何かしらの補償がついています。

そうした補償を把握しながらクレジットカードを利用することで、もしもの時も安心して買い物をすることができます。

3.クレジットカード初心者がやってはいけない3つの注意点

クレジットカードをこれから利用する人が、絶対にやってはいけないことが2つあります。

この2つを意識してクレジットカードを利用することで、クレジットカードで失敗することはなくなります。

注意点1.分割払いやリボ払いを使わない

3回以上の分割払いやリボ払いでは必ず手数料がかかります。

これらは、毎月の支払いを楽にするものですが、利用しすぎると大きく損をしてしまうことになるため、クレジットカードに慣れるまでは絶対に使用してはいけないものになります。

もちろん、クレジットカードに慣れた後でも、極力利用したくない機能となります。

クレジットカードの支払い方法につきましては、「たった7分でクレジットカードとは何かかがわかる!クレカ講座」で詳しくご紹介しています。

注意点2.支払い状況を逐一確認する

クレジットカードを利用していると、すぐには現金がなくならないため、金銭感覚が狂いやすくなります。

そのため、クレジットカードの利用に慣れるまでは、レシート等を保存しておき定期的に利用金額を確認することが重要になります。

また、毎月クレジットカードの支払い日の前には、利用明細書をきちんと確認し今月利用した金額と、身に覚えのない支払いを確認することが、思わぬ出費の防止や犯罪に巻き込まれないための対策となるので、明細書の確認は毎月行うようにしましょう。

注意点3.現金化は利用しない

「クレジットカードの現金化」という言葉を1度は見たり聞いたりしたことがあると思いますが、この現金化は決してやってはいけません。

完全に違法ではないため、街中にクレジットカードの現金化業者が普通に店を構えていますが、その利子率はアコムやプロミスのような消費者金融の数倍~数十倍になります。

また、クレジットカード会社はクレジットカードの現金化を禁止しているため、法的に問題はなくても現金化を利用したことが発覚すると、クレジットカードを没収されてしまいます。

クレジットカードの現金化については、「クレジットカード現金化は違法ではないが利用してはいけない理由」で詳しくお話ししています。

また、クレジットカードを利用してお金を借りる方法には、キャッシング機能を使うという方法があります。

この方法については、「クレジットカードのキャッシングについて0からわかるクレカ講座」を見てみてください。

4.クレジットカード初心者が気になる4つ疑問

最後に、クレジットカード初心者が気になる疑問についてお答えしていきます。

疑問1.クレジットカードは危険ではないのか

クレジットカードは、年会費無料のものであれば、1括払いを利用する限り手数料は発生しないため、ポイントやサービスで得をすることはあっても損をすることはありません。

また現金とは違い、落としても利用を停止することができますし、防犯もしっかりなされているため、現金以上に安全に利用できるものになります。

疑問2.クレジットカードの利用料金の支払日と支払い方法

クレジットカードには締日と支払日があり、前回の締日までに利用した金額を30~50日後の支払日に支払うことになります。

そのため、商品を購入してから購入代金を支払うまでに1カ月以上のタイムラグがあることも少なくありません。

また、支払いは基本的に口座引き落としですが、コンビニなどの窓口で支払うことができるクレジットカードもあります。

クレジットカードの支払日と支払いの方法につきましては、「初めてクレカを持つ人が気になるクレジットカードの仕組み」を参考にしてみてください。

疑問3.ポイント還元率とは

ポイント還元率とは、100円の買い物を行った場合、ポイントとして何円分もらえるかを表したものになります。

そのため、100円使って1円分のポイントがもらえるクレジットカードのポイント還元率は1%となります。

1ポイント1円のカードもあれば1ポイント10円のカードもあるため、このポイント還元率を見ることで、もっともポイントがもらえるクレジットカードを判断することができます。

疑問4.ブランドと発行会社とは

クレジットカードでよくわからないのが、ブランドと発行会社だと思います。

ブランドとは、VISAやJCBなどのことであり、自分が持っているクレジットカードのブランドと提携しているお店でしかクレジットカードを利用することができません。

発行会社とは、ブランドと提携してクレジットカードを発行している会社になります。

例えば、三井住友VISAカードは三井住友がVISAと提携して発行しているクレジットカードになります。

また、JCBカードのように、ブランドが独自に発行しているクレジットカードもあり、こうしたカードをプロパーカードと言います。

ブランドと発行会社についても、「初めてクレカを持つ人が気になるクレジットカードの仕組み」で詳しくお話ししています。

5.まとめ

それでは、今回の記事のまとめを行っていきます。

  • 1括払いであれば手数料は発生しない
  • ポイントには有効期限がある
  • 様々な補償がついている
  • 分割払い、リボ払いは利用しない
  • 現在の利用状況を確認する
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事