クレジットカードで現金化する前に覚えておくべき6つのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード 現金

クレジットカードには、ショッピング枠と、キャッシング枠の2つの枠があり、現金を借りるためには、基本的には、キャッシング枠を利用します。

しかし、グレーゾンではありますが、ショッピング枠を利用して現金を得ることもできます。今回の記事では、クレジットカードで現金を得る2つの方法をご紹介致します。

目次
1.キャッシング枠とショッピング枠の違いは?
 (1)キャッシング枠とは?
 (2)ショッピング枠とは?
2.ショッピング枠を使って現金化する方法とは?
3.ショッピング枠で現金化する際の還元率はどれくらい?
4.ショッピング枠現金化は違法金利ではないのか?
5.ショッピング枠現金化によるデメリットとは?
 (1)利息が高い
 (2)クレジットカードが利用停止になる可能性も!?
 (3)クレジットカード会社が現金化目的の方を特定する方法とは?
6.ショッピング枠現金化は安全か?
7.まとめ

1.キャッシング枠とショッピング枠の違いは?

(1)キャッシング枠とは?

クレジットカードにキャッシング枠があるのであれば、銀行のATMやコンビニのATMでもお金を借りることが可能です。どれくらい枠があるのかは、お持ちのカード会社にお問い合わせの上ご確認ください。

(2)ショッピング枠とは?

買い物をする際に、クレジットカード払いにしている方は多いかと思いますが、ショッピング枠とは、買い物できる上限額がショッピング枠です。

クレジットカードを作る際に、ご利用金額の上限はいくらにするか記載していると思いますが、10万円30万円50万円100万円など、人それぞれ上限は違うでしょう。

この違いからわかるように、基本的には、クレジットカードで現金化する場合には、キャッシング枠を利用するでしょう。しかし、もしみなさんがキャッシング枠の限度額に達してしまって、かつ、それ以上にお金が必要であった場合にはどうされますか?

この時に登場したのが、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する方法です。

2.ショッピング枠を使って現金化する方法とは?

 ショッピング枠を使って現金化する方法は、まず、ショッピング枠で現金化している業者に行きます。そこに行くと、お店が指定する新幹線のチケットや、商品券をクレジットカードで購入してきて欲しいと言われます。クレジットカードで購入した新幹線のチケットや、商品券を、業者にもっていき、現金と交換してもらいます。

【ポイント】

クレジットカードのショッピング枠を使って、換金性の高いものを購入する

その換金性の高いものを、業者に持って行き、現金を受取る

 クレジットカードなので、支払いは後日となります。現金にすぐ交換してもらえるので、キャッシング枠が限度に達しているため、利用できないが、お金が今すぐ必要という方には、メリットのある現金化の方法でしょう。

3.ショッピング枠で現金化する際の還元率はどれくらい?

クレジットカードのショッピング枠現金化の還元率の平均は約80%と言われております。

数字を入れてご説明致します。

《ショッピング枠現金化の事例》

Aさんは、どうしても8万円が必要でした。そこで、ショッピング枠を現金化してくれる業者にいき、10万円分の新幹線チケットをクレジットカードで購入してきてくれたら、チケットと交換で8万円を渡すと言われました。

クレジットカード決済する際に、10万円払うことになりますが、すぐに8万円を借りることに成功しました。つまり、10万円の商品を8万円で買い取ってもらっているので

10万円×80%=8万円 ⇒ これが還元率80%の意味となります。 

4.ショッピング枠現金化は違法金利ではないのか?

現在、出資法によって、利息の年利は20%が上限となっております。

先ほどご説明した事例ですと、すぐに20%の利息が取られているため、ギリギリ上限の範囲内か!とお考えになるかも知れませんが、あくまで上限金利は年利20%です。年利とは、一年間お金を貸して、貸したお金の20%の利息までならもらってよいという制度です。

http://www.0570-051-051.jp/contents/user/4-1.html

詳細はこちらをご参照ください。

では、ショッピング枠の例で考えてみると、年利20%ではなく、すぐに20%の利息が取られているため、年利で計算すると、年利300%以上となります。

つまり、出資法にあてはめると違法と考えられます。しかし、この出資法は、あくまで金融業者が従わなければならない制度であって、ショッピング枠を現金化する業者の主張は、ただ商品を買い取っているだけなので、金融業者ではないと主張している。

つまり、金融業者ではないので、上限20%の年利以上の利息が生じても問題ないと主張しています。

 現在はグレーゾンとして、認められているため、ショッピング枠現金化の業者も堂々と営業しております。

5.ショッピング枠現金化によるデメリットとは?

(1)利息が高い

還元率80%が平均値となりますので、すぐに20%の利息を支払わなければなりません。もちろん、今すぐにお金が必要な方にとっては優れた仕組みかもしれませんが、少し利息が高すぎるでしょう。

(2)クレジットカードが利用停止になる可能性も!?

ショッピング枠現金化目的で利用しているとバレてしますと、利用停止になります。確かにバレたら利用停止かもしれませんがバレるはずないと思ってしまう方もいるようですが、クレジットカード会社すれば、現金化目的で利用している方を特定するのはそこまで難しくありません。では、クレジットカード会社はどのようにして、現金化目的で利用している方を特定しているのでしょうか?

(3)クレジットカード会社が現金化目的の方を特定する方法とは?

①キャッシング枠が限度額に近い方の情報をチェックする

②換金性の高い商品券や、新幹線チケットなどを大量に購入している方をチェック

この2点をチェックするだけでも、クレジットカード会社はショッピング枠を現金化目的で利用している方も特定しています。この点で、チェックが入りクレジットカードが利用停止になる可能性があるということを覚えておきましょう。

6.ショッピング枠現金化は安全か?

ショッピング枠の現金化は、まずご自身で商品を購入し、その後その商品と現金を交換するだけなので、クレジットカードが業者の手に渡ることはありません。そのため、業者をしっかり選べば安全でしょう。もしクレジットカードが業者の手に渡るのであれば、不正利用される恐れがありますので、そのお店は利用しないほうが良いでしょう。また、ネットでお店を調べる際に、電話番号が固定回線ではなく、携帯電話であった場合には、そのお店は悪徳業者の可能性もありますので避けたほうがよいでしょう。

7.まとめ

クレジットカードには、2つの現金化方法があるということをご理解いただけたでしょうか?特に、今回は、キャッシング枠現金化に重点を置いてご説明いたしました。どうしても今すぐお金が必要だ!という方は、利用してもよいかと思いますが、利息が高いので、できるだけ利用するのは避けるようにしてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事