クレジットカード現金化は違法ではないが利用してはいけない理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード現金化違法メイン画像

クレジットカードの現金化は、業者が堂々と看板を出して営業しているのを見ると、安全な気もしてしまいますが、とても危険です。

なぜなら、クレジットカードの現金化は違法なものではありませんが、クレジットカード会社の規約では完全に禁止されているからです。

そこで今回は、クレジットカードの現金化が違法でない理由をはじめ、クレジットカードの現金化が規約で違反されている理由や危険な理由などをお話ししていきます。

目次
1.クレジットカードの現金化は違法ではないがカード会社の規約に違反する
 1-1.クレジットカードの現金化が違法ではない理由
 1-2.クレジットカードの現金化はカード会社の規約に違反する
2.クレジットカードの現金化が危険な2つの理由
 理由1.犯罪に巻き込まれる
 理由2.詐欺にあう危険がある
3.クレジットカードの現金化の3つのリスク
 リスク1.クレジットカードを解約させられる
 リスク2.利用料金の1括返済を求められる
 リスク3.債務整理ができなくなる
4.クレジットカードの現金化を利用する前に知っておきたい3つの事
 1つ目.クレジットカードの現金化は最も損をする借金
 2つ目.消費者金融からお金を借りれる可能性がある
 3つ目.クレジットカードの現金化を利用した人の多くはお金を返せなくなる
5.まとめ

1.クレジットカードの現金化は違法ではないがカード会社の規約に違反する

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約には違反しています。

先に、違法ではない理由をお話しした後、なぜ規約では違反になっているのかをお話ししていきます。

1-1.クレジットカードの現金化は違法とする線引きが難しい

クレジットカードの現金化は、違法とする線引きが非常に難しいものになります。

細かい話は複雑になるので簡単にお話ししますが、お客さんとお店の視点からお話しします。

お客さん目線

  • クレジットカードの現金化を考えていないお客さん
     新幹線のチケットをクレジットカードで買ったけど、間違えてしまったから換金してもらう
  • クレジットカードの現金化を考えているお客さん
     換金目的で新幹線のチケットをクレジットカードで購入し、換金してもらう。

お店目線

  • クレジットカードの現金化を考えていないお店
     クレジットカードで購入されたチケットを換金する
  • クレジットカードの現金化業者
     クレジットカードで購入してもらったチケットを換金する

このように、両者の違いがあいまいなため、クレジットカードの現金化を違法とする法律はなかなか作ることはできません。

1-2.クレジットカードの現金化はクレジットカード規約に違反する

クレジットカードには、キャッシングというお金を借りるための機能がついています。そのため、本来であればこの機能を使ってお金を借りる必要があります。

クレジットカードのキャッシングは、利用しても返済できると判断した金額しかお金を借りる事ができないようになっています。そのため、ショッピング枠を使って現金を作られてしまうと、利用した金額を払ってもらえない危険性が高まります。

このような理由で、クレジットカードの現金化を禁止しています。

2.クレジットカードの現金化が危険な2つの理由

クレジットカードの現金化を利用してしまうと、非常に危険です。その理由としては、次の2つが挙げられます。

理由1.犯罪に巻き込まれる
理由2.詐欺にあう危険がある

理由1.犯罪に巻き込まれる

クレジットカードの現金化を利用する場合、クレジットカードの画像や運転免許証の画像を求められます。

このような情報を渡してしまうと、勝手にクレジットカードを使われたり、知らないうちに犯罪に悪用されてしまう危険性があります。

公安委員会認定
クレジットカードの現金化業者の中には、古物商の認定(中古品の売買を認める契約)を正式に受ける事によって、あたかもクレジットカードの現金化が安全なものであるかのようなアピールをする業者も少なくないので、注意する必要があります。

理由2.詐欺にあう危険がある

悪質なクレジットカードの現金化業者にあたってしまうと、事前に聞いていた金額より、少ないお金しか振込んでもらえません。

例えば、
利用料金の90%を振込むと言いながら、振込手数料や現金化手数料など、様々な名目でお金をとられてしまうため、実際は60%ほどしか振込んでもらえないのです。

つまり、10万円を現金化し9万円手にしようと思っても、6万円しか振込んでもらえないことになります。

さらに、最も悪質な業者の場合は、1円も振込んでもらえないので、大変危険です。

3.クレジットカードの現金化の3つのリスク

先程の危険性ではピンとこないという人も多いと思うので、ここからは身近な3つのリスクについてお話ししていきます。

リスク1.クレジットカードを解約させられる
リスク2.利用料金の1括返済を求められる
リスク3.債務整理ができなくなる

リスク1.クレジットカードを解約させられる

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社が定める規約には違反しています。

そのため、クレジットカードの現金化が発覚した時点でクレジットカードを強制的に解約させられてしまいます。

最近は、クレジットカードの現金化を見抜く技術も向上しているため、意外と簡単にばれてしまいます。

例えば、キャッシング枠を使い切った人で、これまで新幹線のチケットを購入した事が無い人が、いきなり新幹線の回数券を購入し、キャッシング枠を使い切っていたら怪しいですよね。

このような形で、クレジットカード会社はデータを集めているため、怪しい行動があればすぐにばれてしまいます。

リスク2.利用料金の1括返済を求められる

クレジットカードの現金化がばれてしまうと、クレジットカードが強制的に解約させられるため、これまでの利用分の1括返済を求められます。

つまり、現金化に利用した分だけでなく、キャッシングに利用した金額も全額支払わなければならなくなります。

リスク3.自己破産ができなくなる

クレジットカードの現金化を利用してしまうと、自己破産ができません。そのため、どんなに借金で困っても、最後の手段である自己破産が使えなくなってしまうのです。

補足

実際には完全にできないわけではなく、状況に応じて悪質ではないと判断されたのであれば、自己破産ができる場合もあります。しかし、裁判官の心証はよくないため、他の債務整理でも不利になる事は少なくありません。

4.クレジットカードの現金化を利用する前に知っておきたい3つの事

クレジットカードの現金化を利用する前に、知っておきたい3つの事について、これからお話ししていきます。

1つ目.クレジットカードの現金化は最も損をする借金
2つ目.消費者金融からお金を借りる事ができる可能性がある
3つ目.クレジットカードの現金化を利用した人の多くはお金を返せなくなる

1つ目.クレジットカードの現金化は最も損をする借金

クレジットカードの現金化を年利で表すと、数十から数百%となります。現在、日本の最高年利はどんなに高くても20%となっています。

そのため、通常の数倍から数十倍の年利でお金を借りることになります。

2つ目.消費者金融からお金を借りる事ができる可能性がある

大手の消費者金融でお金を借りれなくなったからと言って、ヤミ金からしかお金を借りれないわけではありません。

中小消費者金融では、大手でお金を借りる事が出来なかった人に対し、かなり柔軟にお金を貸しています。

もちろん、ヤミ金のような違法な金融業者じゃないため、年利20%以下で安全にお金を借りることができます。

3つ目.クレジットカードの現金化を利用した人の多くはお金を返せなくなる

クレジットカードの現金化に手を出してしまうという人は、普通の消費者金融からお金を借りる事ができなくなった人がほとんどになります。

真っ当な年利でお金を借りても返せない人が、違法な金利でお金を借りる事にあるため、返せなくなる事は容易に想像できます。

そのため、クレジットカードの現金化は絶対に利用すべきではありません。

5.まとめ

最後に、今回の記事を簡単にまとめていきます。

  • クレジットカードの現金化は違法ではないがカード会社の規約に違反する
  • クレジットカードの現金化はとてもリスクの高いものである
  • クレジットカードの現金化をすると犯罪に巻き込まれる危険がある
  • クレジットカードの現金化をすると自己破産ができなくなる危険がある
  • クレジットカードの現金化を利用すると債務整理に不利になる
  • クレジットカードの現金化は最も損をする借金である
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事