クレジットカード現金化の方法と絶対に利用すべきでない理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード現金化方法メイン画像

クレジットカードの現金化は違法ではないため、誰でも簡単に行う事ができますが、クレジットカード会社の規約で禁止されているため、絶対に利用してはいけません。

クレジットカードの現金化は、利用することは簡単ですが、利用してしまうと様々なリスクを背負う事になってしまいます。

例えば

  • 個人情報の悪用
  • 詐欺
  • クレジットカードの不正利用
  • クレジットカードの解約

このような事が考えられます。

そこで今回は、クレジットカードの現金化の基本的な方法をお話しした後、それに伴う様々なリスクや現金以外でお金を手にする方法ついてお話ししていきます。

目次
1.クレジットカード現金化の方法
 1-1.クレジットカードの現金化とは
 1-2.業者を利用したクレジットカードの現金化
 1-3.個人で行うクレジットカードの現金化
2.クレジットカードの現金化を利用すべきでない4つの理由
 1.普通の方法でお金を借りる
 2.現金化を利用してしまうと2次被害にあう可能性が高い
 3.現金化を利用する=借金地獄に落ちる
 4.救済措置が使えなくなる
3.まとめ

1.クレジットカード現金化の方法

クレジットカードの現金化は、

  • 業者を利用する
  • 個人で行う

という2通りのやり方があります。

まずは、クレジットカード現金化についてお話し、この2つの方法についてご説明していきます。

1-1.クレジットカードの現金化とは

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能という2つの機能がついています。ショッピング機能で買い物を楽しみ、キャッシング機能でお金を借りる事ができます。

そのため、お金を借りるのであればキャッシング機能を使うことになります。

しかし、キャッシング機能が使えない場合、ショッピング機能を使って現金を手にする事になります。これがクレジットカードの現金化です。

そのため、正確にはクレジットカードのショッピング枠の現金化となります。

1-2.業者を利用したクレジットカードの現金化

専門の業者が多数あるため、クレジットカードの現金化を行う事は非常に簡単です。

具体的には、クレジットカードの現金化業者を検索し、還元率などを比べた上で、最も良いと思った業者に電話やメールで連絡を取ります。あとは、業者の指示通りにクレジットカードの情報を送るか、指定された商品を買うだけで、口座にお金を振込んでもらえます。

“現金化業者は怪しい”

現金化を行う場合、様々な情報を現金化業者に渡すことになります。現金化業者は、違法すれすれの行為を仕事としている、とても危ない会社です。

そんな会社に、クレジットカードや運転免許証の情報を渡すというのがどれだけ恐ろしい事かは、容易に想像できると思います。

1-3.個人で行うクレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化は個人で行う事もできます。換金できるものを個人的に購入し、それを転売や質屋に持っていくことで、簡単に現金を手にすることができます。

ただ、クレジットカード会社は、クレジットカードの現金化に目を光らせているため、利用した後すぐにばれてしまう可能性が非常に高いです。

そして、万が一ばれてしまうと、クレジットカードの現金化だけでなく、クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能で利用している全額を支払うことになり、強制的にクレジットカードを解約させられてしまいます。

2.クレジットカードの現金化を利用してはいけない4つの理由

クレジットカードの現金化は、リスクが非常に多く、利用はおすすめしません。これから、現金化を利用してはいけない4つの理由についてお話ししていきます。

理由1.普通の消費者金融からお金を借りられる可能性がある
理由2.現金化を利用してしまうと2次被害にあう可能性が高い
理由3.現金化を利用する=借金地獄に落ちる
理由4.救済措置が使えなくなる

理由1.普通の消費者金融からお金を借りられる可能性がある

クレジットカードの現金化を利用せずとも、普通の消費者金融からでも十分にお金を借りる事ができます。

アコムやプロミスのような大手の消費者金融でお金を借りる事が出来なくても、中小の消費者金融からであれば、十分にお金を借りる事ができます。

また、お金を借り過ぎてしまい、これ以上借りれなくなった場合でも、おまとめローンや借り換えを利用することによって、借金の返済を楽にする方法もあります。

さらに、市役所や区役所などの公的機関では、借金などの相談も行っているため、実際に利用してみる事も1つの手になります。

審査の甘い消費者金融については「タイプ別!審査の甘い消費者金融12社と審査の秘密がわかる5つのこと」に詳しく記載しています。

理由2.現金化を利用してしまうと2次被害にあう可能性が高い

クレジットカードの現金化を利用するためには、クレジットカードの情報や運転免許証の画像を送る必要があります。

クレジットカードの画像を写メで送る場合、その情報だけでネットで買い物ができてしまうため、2次被害にあう可能性が非常に高いです。

他にも、携帯番号や名前がばれる事によって、ヤミ金に情報が流れると、ヤミ金の口車に乗せられて借金地獄になってしまうというケースも少なくありません。

“よくある詐欺被害”

クレジットカードの現金化では、手数料という名目で事前に聞いていた金額よりも、かなり少ない金額が振り込まれる詐欺も少なく、消費者センターに数多くの相談が寄せられています。

現金を受け取った後の被害だけでなく、現金を受け取る前にこういった被害にあう事も少なくありません。

理由3.現金化を利用する=借金地獄に落ちる

先程お話ししたように、クレジットカードの現金化を利用することで、2次被害やヤミ金の被害に合うという事も、もちろんあります。

しかし、クレジットカードの現金化にはもっと根本的な問題があります。

それは、1~2か月後には利用金額をクレジットカード会社に支払わなければならないという事です。これは当たり前の話ですが、実際にクレジットカードの現金化を利用する多くの人が、支払日前になりこの事実に気づきます。

例えば、還元率90%で20万円分のクレジットカードの現金化を利用した場合、手にできる金額は18万円になります。しかし、わずか1~2か月後に20万円の支払いをする必要があるため、多くの人が払う事ができずに、リボ払いやヤミ金に手を出してしまいます。

そうなってしまうと、複数の消費者金融の借金だけでなく、クレジットカードやヤミ金の支払いも必要となるため、借金地獄から抜け出すことができなくなります。

理由4.救済措置が使えなくなる

クレジットカードの現金化を利用してしまうと、自己破産を含めた債務整理ができなくなる可能性があります。

知らない人も多いのですが、債務整理にも審査があり、審査に通らなければ債務整理を利用することはできません。

つまり、クレジットカードの現金化を利用することで自己破産もできなくなるため、何が何でも借金を返さなくてはなりません。これは非常に大きなリスクだと言えます。

3.まとめ

それでは最後に、今回の内容の簡単なまとめをしておきます。

  • クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠の現金化の事である
  • クレジットカードの現金化は違法ではないが、会社規約に違反する
  • クレジットカードの現金化は、業者でも個人でも行える
  • クレジットカードの現金化を利用すると、犯罪に巻き込まれる危険がある
  • クレジットカードの現金化を利用すると、個人情報がヤミ金に流れる危険がある
  • クレジットカードの現金化を利用すると、債務整理ができなくなく危険がある
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事