クレジットカードの作り方とお得な選び方がわかるクレカ講座

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード作り方メイン画像

大学生や社会人になると、同僚や友人がクレジットカードを使うようになり、「自分もそろそろ持ちたい」と思うのが自然ですよね。

特に、ネットでの買い物をよくする方や海外旅行や留学が控えている方は、クレジットカードの必要性を感じているのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードはもちろん、気になるクレジットカードの選び方や注意点について、これからクレジットカードを作る方が、気になる事をお話ししていきます。

目次

1.クレジットカードを作る3つの手順
 手順1自分に合ったクレジットカードを選ぶ
 手順2.申し込み方法を選ぶ
 手順3.審査を受ける
2.クレジットカードの3つの選び方
 選び方1.ステータスで選ぶ
 選び方2.ポイント還元率で選ぶ
 選び方3.割引きやポイント○倍で選ぶ
3.クレジットカードの審査に通る3つのコツ
 コツ1.申込書は正確に記載する
 コツ2.年収・居住年数・勤続年数をよく見せる
 コツ3.キャッシング枠をゼロにする
4.審査に通るのが難しい人の5つの特徴
5.クレジットカードの発行で注意したい2つのこと
 1つ目:海外発行のクレジットカードは作れない
 2つ目:クレジットヒストリーは消せない
6.クレジットカードをお得に使う3つのポイント
7.おすすめのクレジットカード
8.まとめ

1.クレジットカードを作る3つの手順

新規でクレジットカードを作る場合は、基本的に次の3つの手順を踏むことになります。

手順1. 自分にあったクレジットカードを選ぶ
手順2. 申し込み方法を選ぶ
手順3. 審査を受ける

また、具体的なカードの選び方は次の章でお話しします。

手順1.自分に合ったクレジットカードを選ぶ

自分に合ったクレジットカードを選ぶためには、「ブランド」と「発行会社」をきちんと決める事がポイントになります。

ブランドを選ぶ

ブランドとは、「国際ブランド」のことです。 クレジットカードには国際ブランドというものがあり、VISAやJCBなどがそれにあたります。それぞれの特徴を良く理解し、本当に必要な国際ブランドを選びましょう。

おもな国際ブランドは、以下の5つになります。

国際ブランド 図
1. VISA(ビザ)

2014年時点で、世界シェアNo.1を誇るカードブランドです。国内だけでなく海外旅行でも幅広く使える、頼りになるブランドです。

2. MasterCard(マスターカード)

「プライスレス」のCMでもお馴染みの、世界で2番目に発行数が多いカードブランド。VISAに比べてヨーロッパ方面に強いと言われますが、日本国内での利用であれば大きな差はないでしょう。

3. JCB(ジェーシービー)

日本で唯一の国際ブランドクレジットカード。日本国内はもちろんのこと、海外でも主要観光地では問題なく利用できます。また、JCBプラザという海外サービスラウンジでは、日本語で対応してもらえるため、海外旅行ではとても便利なサービスです。

4. AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)

通称アメックス。文字通り、そのステータス性の高さから富裕層向けといったイメージもあります。ゴールドカードと言えばアメックスのゴールドを思い浮かべる人も多いです。

5. Diners Club(ダイナースクラブ)

一般カードでもゴールド級の待遇が受けられるとだけあって、厳しい審査基準があるカードブランド。富裕層向けという印象が強いカードになります。

発行会社を選ぶ

発行会社とは、そのクレジットカードを実際に発行している会社のことになります。

例えば、三井住友VISAカードの場合、三井住友カード株式会社がVISAと提携して、三井住友VISAカードを発行しています。

同じ国際ブランドのクレジットカードでも、この発行会社が異なることによって、サービスや補償がまったく違ってきます。

参考までに、クレジットカードができるまでの流れを簡単に図にしました。

クレジットカード発行までの流れ 図

手順2.申し込み方法を選ぶ

ブランドと発行会社を決めたら、次に申し込み方法を選びます。クレジットカードの申し込みは、次の3通りの方法があります。

  1. 店頭で申し込む
  2. 郵送で申し込む
  3. ネット(オンライン)で申し込む

店頭や郵送での申し込みは、ほとんどメリットがないため、基本的におすすめしません。そのため、ネット申し込みが最もおすすめな申し込み方法となります。

ネット申し込みは、一番手間がかからず、審査もスピーディーであり、ネット限定の入会特典やボーナスポイントがもらえることも少なくありません。

手順3.審査を受ける

申し込みが完了すると、カード会社の審査にかけられます。審査と言ってもこちらから何かアクションを起こす必要はありませんが、まれに勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

これは、事前に通知されないので、実際に申し込んでみなければ、確認の電話があるかどうかはわかりません。

2.クレジットカードの3つの選び方

これから初めてクレジットカードを作る場合、次のいずれかを基準にして、選ぶことをおすすめします。

選び方1.ステータスで選ぶ
選び方2.ポイント還元率で選ぶ
選び方3.割引きやポイント○倍で選ぶ

選び方1.ステータスで選ぶ

ステータス性の有無でクレジットカードを選ぶ人は、意外と多いです。

初めてカードを作る方が、いきなりゴールドカードやプラチナカードを手にするのは難しいですが、「いつか欲しい」ステータスカードへの近道として、その下のランクのクレジットカードを申し込むというのは、かなり一般的な選び方となります。

選び方2.ポイント還元率で選ぶ

クレジットカードでは、利用金額や実績に応じてポイントが貯まり、商品券などの特典と交換することができます。

ポイント還元率が高いカードを選ぶことで、かなり得をしている人もいます。

ポイント還元率

ポイント還元率とは、クレジットカードで利用した金額の何%をポイントとして還元しているかを表しています。

例えば、1万円分の買い物をして、100円の商品券と交換できるクレジットカードのポイント還元率は、1%となります。

選び方3.割引きやポイント○倍で選ぶ

自分が良く使うお店の値引きが受けられたり、ポイントが倍増するクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

例えば、クルマを持っている方であればガソリン代が常に2円/L引きとなる「ENEOSカード S」などがありますし、「楽天カード」は楽天市場や楽天グループでのカード利用時にいつでもポイントが2倍貯まります。

3.クレジットカードの審査に通る3つのコツ

クレジットカードの審査に必ず通る裏ワザはありませんが、少しでも通りやすくするための方法はあります。それは、次の3つの方法です。

コツ1.申込書は正確に記載する
コツ2.年収・居住年数・勤続年数をよく見せる
コツ3.キャッシング枠をゼロにする

コツ1.申込書は正確に記載する

申込書や申込フォームでは、入力内容を良く確認して正しい情報を記載しましょう。審査では「性格」も重視されるため、間違った情報や記入ミスは審査のマイナスポイントになります。

お金を貸す側としては、几帳面な人や丁寧な人の方が信用できるため、こういう所でミスをしてしまう人は、審査で不利になってしまいます。

コツ2.年収・居住年数・勤続年数をよく見せる

年収や勤続年数といった数値の部分は、正確に把握することはできないため、多少の水増しをしてもばれる事はなく、この方法を積極的に推奨している人も少なくありません。

多少の水増しとは、実際の年収が280万円のところを「300万円」としたり、2年10ヶ月住んでいる自宅の居住年数を「3年」と申告しても許容範囲になります。

しかし、年収300万円を400万円と言うなど、過剰な水増しはばれてしまいますので、気をつける必要があります。

コツ3.キャッシング枠をゼロにする

キャッシング機能をあらかじめ希望しないことで、審査が通りやすくなることがあります。

キャッシング機能とは、借金をする機能ですので、収入が少ない方や安定しない方は、ゼロにした方が審査に通りやすくなります。

キャッシング枠は総量規制の観点からみてもつけない方が良い

この「総量規制」では、すべての会社からのキャッシングの合計額が年収の3分の1までになるよう、厳しく設定されています。

そのため、年収300万円の人が100万円の借金をしていた場合、キャッシング枠をつけた時点で審査に落ちてしまいます。

4.審査に通るのが難しい人の5つの特徴

クレジットカードの審査に通らない、もしくは通りにくい人というのは、何らかの原因や理由があることがほとんどです。代表的なものは、以下の5パターンです。

特徴1. 生活保護を受けている
特徴2. 携帯電話料金の延滞がある
特徴3. 返済していない借金がある
特徴4. 高齢なのにクレヒスが無い(昔に滞納や退会処分があったのではと疑われる)
特徴5. 高校生だから

カード会社には、審査の段階で支払いの延滞履歴や借金はすべてバレてしまいます。よって、自分に何らかの落ち度がある方は審査が厳しくなると思っていた方が良いでしょう。

補足
生活保護を受けている場合は、クレジットカードを作ることはできませんが、年金受給者であれば取得できるクレジットカードもあります。

また、高校生の場合は原則クレジットカードを作れませんが、デビッドカードなら持つことができます。

5.クレジットカードの発行で注意したい2つのこと

初めてクレジットカードを作る人も、次の2つには充分気をつけましょう。審査に通らない人の弱みにつけこんだサギは、世の中にたくさん広がっています。

1つ目:海外発行のクレジットカードは作れない

「100%作れるクレジットカード」として、海外発行のクレジットカード情報を掲載しているサイトがありますが、海外にも審査やクレヒスの概念がありますので、そんなものは存在しません。

また、こういう情報が記載されたサイトを利用してしまうと、その情報が全てヤミ金に流れてしまうので、絶対に利用しないようにしてください。

2つ目:クレジットヒストリーは消せない

「ブラック情報を消します」という情報もサギになります。信用情報機関に記載される情報は、どんな機関であっても消すことはできません。

そのため、こういった情報を載せているサイトもサギサイトになりますので、絶対に利用しないようにしてください。

6.クレジットカードをお得に使う3つのポイント

次の3つのコツを意識することで、誰でも簡単にクレジットカードをお得に使う事ができます。

ポイント1.光熱費や電話料金などもクレカで払い、ポイントを貯める
ポイント2.1括払いでクレジットカードを使う
ポイント3.高価なものは2回払いで購入する
      (3回以上の分割払い、リボ払いは利用してはいけません)

以上がクレジットカードをお得に使う3つのコツになります。

7.おすすめのクレジットカード

初めてのクレジットカードとしておすすめなのは、以下の5枚になります。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友デビュープラス

年会費が初年度無料、2年目以降も年1回利用するだけで無料になります。ポイント還元率はそれほど高くありませんが、満26歳以降の最初のカード更新時に「三井住友VISAプライムゴールドカード」に移行できるため、ステータス性はかなり高いと言えます。

ライフカード

ライフカード

年会費が永年無料、初年度ポイント1.5倍、利用金額に応じてポイントの付与率が増えていくなど、充実した内容になります。また、ポイントの交換先も多く、初めてクレジットカードを作る人に、非常に人気のカードになります。

楽天カード

楽天カード

楽天市場をよく使う方なら必携の1枚。貯めたポイントは1円から無駄なく使え、公共料金の支払いでも1%のポイント還元となります。年会費は永年無料で、入会してエントリー、そして1回以上カードを利用すれば、5,000ポイントがもらえるキャンペーンも開催中です。

リクルートカード

リクルートカード キャプチャ

年会費無料ながら、業界トップとも言われる還元率1.2%が魅力のクレジットカード。月々の固定費の支払いに指定するだけで、何もしなくてもポイントが貯まります。また、貯めたポイントは100ポイント単位でPontaポイントにも交換が可能です。

ACマスターカード

ACマスターカード

即日発行が可能で、消費者金融のアコムが発行していることもあり、審査通過率No1と言われています。クレヒスや年収などに不安のある方は、キャッシング専用のACカードを取得後、利用実績を積んでからACマスターカードを申し込むと確実です。

8.まとめ

最後に、今回の大事なポイントをまとめていきます。

  • 最初に「国際ブランド」と「発行会社」を選ぶ
  • 郵送申し込みには何もメリットが無いので、おすすめネット申し込み
  • クレジットカードをポイント還元率やステータス性で選ぶのも◎
  • 審査を通過するために正確な情報を書く。キャッシング枠を0にするのも有効
  • 年収・居住年数・勤続年数などの数値は多少水増ししてもOK
  • 初めてのクレジットカード審査は、若ければ若いほど有利(ただし、高校生は不可)
  • 審査に通らない人の弱みにつけこんだサギには気をつける

クレジットカードは、実際に持ってみないと、なかなか自分に合ったものというのは実感できないと思います。そのため、まずは年会費無料のクレジットカードを作成し、少しずつ生活のシーンに取りいれながら、自分に合ったものを見つけてみてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事