クレジットカードの洗い替えってなに?洗い替えの基本と注意点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード 洗い替え

本来、クレジットカードの有効期限が切れると、カード情報が変わり、そのクレジットカードで登録していた支払いがすべてできなくなってしまいます。

ただ、そうなってしまっては困るので、カード会社は洗い替えというサービスを行っています。

それによって、クレジットカードを更新した時に、いろいろな会社のクレジットカード情報を変更する手間を省いてくれています。

今回は、そんな洗い替えについて、1からお話ししていきます。

目次
1.クレジットカードの洗い替えとは
2.洗い替えされるのは公共料金のみ
3.洗い替えはあくまでもカード会社のサービス
4.有効期限が切れる前にチェックしておきたい3つの事
 1つ目.引越しをしていないか
 2つ目.毎月払いや年払いしている支払い
 3つ目.審査に落ちる可能性はないか
5.まとめ

1.クレジットカードの洗い替えとは

クレジットカードの洗い替えとは、「有効期限が切れたクレジットカードの番号から、新しいクレジットカードの番号に変更してくれるサービス」のことです。

簡単に言うと、毎月(年)支払っている支払先に、「このクレジットカードは有効期限が切れますので、こっちの新しいものに変更になりますよ~」という連絡を入れてくれるサービスです。

新しいクレジットカードとこれまで利用していたクレジットカードの違いは、有効期限だけですが、この有効期限が違うだけで、クレジットカード情報が違うと判定されてしまいます。

そのため、継続支払している商品に関しては、自動的にクレジットカードの情報が更新し、支払い漏れを防ぐような仕組みになっています。

有効期限が切れるカードと新しいカードの違い

2.洗い替えされるのは公共料金のような固定費のみ

便利な洗い替えですが、実は全てが自動的に変更されるわけではありません。

具体的には、水道光熱費・携帯電話・プロバイダ(ネット回線)のような、毎月(年)支払っている支払いのみ、洗い替えは行われます。

つまり、Amazonや楽天・Yahooのようなネットショッピングでは洗い替えは行われないので、新しいクレジットカードが来たら、登録情報を自分で変更する必要があります。

洗い替えされる支払いとされない支払い

3.洗い替えはあくまでもカード会社のサービス

クレジットカードの洗い替えは非常に便利なので、ついつい「全部の支払いで適用されればいいのに...」と思ってしまいますよね。

しかし、この洗い替えはカード会社によるサービスですので、全ての支払情報が自動的に変わるという事はありません。

また、毎月(年)支払っている支払いであっても、、何らかのミスやサービスの違いによって、洗い替えが行われないこともあるので、注意が必要です。

4.有効期限が切れる前にチェックしておきたい3つの事

「洗い替えされていると思っていたのに、されていなくて、延滞料金をとられてしまった・・・。」

こんなことになりたくないですよね。

そうならないためにも、カードの有効期限が切れる前に、次の3つの点は確認するようにしておきましょう。

1つ目.引越しをしていないか
2つ目.毎月払いや年払いしている支払い
3つ目.審査に落ちる可能性はないか

1つ目.引越しをしていないか

引っ越しをして、今使っているクレジットカードを手にした時と住所が変わっていませんか?

もし変わっているようなら注意が必要です。

新しいクレジットカードは、転送不要でカード会社に登録してある住所に郵送されるので、引っ越しをしてしまった場合は、新しいカードを受け取れない可能性があります

ですので、引っ越しをしている場合は、必ずカード会社に登録している住所を変更するようにしてください。
※ちなみに、登録情報の変更は引っ越した日に行う必要があります。

2つ目.毎月払いや年払いしている支払い

洗い替えは、必ず行われるとは限らないので、クレジットカードの有効期限が切れる前に、現在定期的に支払っているものを一通り調べておくようにしてください。

そうしておけば、万が一洗い替えされていない支払いがあったとしても、すぐに対応できますよね。

ちょっと大変そうですが、ネットで1年間のクレジットカードの利用明細を見れば、簡単にわかると思うので、そこまで難しくはないはずです。

3つ目.審査に落ちる可能性はないか

クレジットカードは、有効期限が切れる段階で必ず審査が行われるので、審査に通らないと新しいカードを発行してもらえません。

そうなると、当然これまで支払っていたものの支払いができなくなるので、審査に通らない可能性がある場合は、次の支払い方法を検討しておきましょう。

クレジットカードやカードローンを利用して、延滞を繰り返したり、長期的な滞納をしてしまった事がある場合は、審査に落ちる可能性があります。

1つの目安として、有効期限が切れる2週間前になってもカードが送られてこない場合は、審査に落ちている可能性があるので、1度確認してみてもいいかもしれません。

5.まとめ

最後に、今回の内容を簡単にまとめていきます。

クレジットカードの洗い替えは、毎月(年)支払っている支払いでは行われますが、ショッピングサイトなどの登録情報までは変更されません。

また、毎月(年)支払っている支払いでも、洗い替えされていなかったというケースもあるので、一応確認するようにしてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事