公共料金の支払いをクレジットカードにしたらポイントがお得?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード 公共料金 ポイント

公共料金をクレジットカードで支払うとお得って聞きますが、実際はどうなんでしょうか。

公共料金の支払いをクレジットカードにするのは簡単ですが、いざ手続きをしようと思うと面倒で、変えるだけのメリットがないとなかなか変更しないですよね…

そこで今回は、公共料金をクレジットカード払いにした際に、ポイントがどれだけ貯まって、どれだけお得になるのかについて、お話ししていきます。

 

1.公共料金をクレジットカードで支払った場合のポイント

公共料金をクレジットカードで支払った場合、1.0%分のポイントをもらう事ができます。

例えば、毎月の公共料金の平均が2万円~5万円であれば、200~500円分のポイントをもらう事ができます。

正直、ちょっと微妙だなぁ~と感じてしまうかもしれませんが、年間で考えると2,400円~6,000円分のポイントですので、決して悪い金額ではないのではないでしょうか。

公共料金とは

今回の記事では、水道光熱費+通信費(携帯・ネット代)を公共料金としています。

 

2.よりお得にクレジットカードを使う方法

正直、公共料金だけクレジットカード払いにしたところで、劇的にお得にはなりませんが、その他の支払いもクレジットカードにすることで、かなりお得にできます。

基本的に、家賃はクレジットカード払いにできないですが、それ以外の支払いをクレジットカード払いにしただけでも、毎月10万円前後は支払うのではないでしょうか。

仮に、毎月10万円利用したとすると、1,000円分のポイントをもらう事ができ、これだけでも、毎年1万円分以上のポイントをもらえることになります。

さらに、自分がよく利用するお店や日にちに、ポイント○倍となるようなクレジットカードを使う事で、毎年2万円~3万円分のポイントを貯める事ができます。

この辺の詳しい話は「絶対やるべき!クレジットカードを利用した家計管理法」で詳しくお話ししています。

 

3.公共料金用にクレカを作る必要はない

実は、公共料金を支払うとお得になるというクレジットカードはありません。

ですので、普段利用している飲食店やスーパー、コンビニなど自分が最もお金を使っているお店で、ポイント還元率が大きくなるクレジットカードを手にした方がよっぽどお得になります。

おすすめの高還元率クレジットカードについては「おすすめのカードはこれ!クレジットカードのポイントを徹底比較」でお話ししています。

 

4.まとめ

公共料金をクレジットカード払いにするだけで、かなりのポイントを獲得できる人はそこまで多くないと思いますが、公共料金を含め様々な支払いをクレジットカード払いにすることで、かなりポイントを稼ぐことができます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事