クレジットカードのセキュリティコードって何?確認方法とその注意点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード セキュリティコード

ネットの買い物でクレジットカードを使うと、「セキュリティコード」ってよくわからない人は非常に多いです。

クレジットカードのカード番号を利用する機会はよくありますが、セキュリティコードを利用する事はほとんどないので、わからないのは無理もありません。

今回は、セキュリティコードの記載位置やセキュリティコードがある理由、利用する理由についてお話ししていきます。

 

1.国際ブランド毎に異なるセキュリティコードの記載位置

セキュリティコードは、カード裏面の名前記載欄に書かれている数字の、最後の3桁の数字になります。

ただ、VISAやJCBといった国際ブランドによって微妙に掲載位置が異なりますので、注意してください。(カードの表面の、右下に記載してあるものですね)

 

VISA・JCB・Master Card

 

VISAとJCB,MasterCardのセキュリティコード

VISAとJCB,Master Cardは、カード裏面にある名前記載欄の右上にセキュリティコードが記載されています。

 

Diners Club

 

ダイナースのセキュリティコード

ダイナースクラブは、カード裏面にある名前記載欄の右下にセキュリティーコードが記載されています。

 

American Express

 

アメックスのセキュリティーコード

アメックスのセキュリティコードは少し特殊ですので注意してください。

アメックスは、カードの表面にセキュリティコードが記載されおり、カードのデザインによっては見つけにくい場合があります。

また、セキュリティコードそのものは、アメックスのロゴの上にある場合がほとんどです。

 

2.そもそもセキュリティコードって何?

セキュリティコードは、名前からイメージできる通り、セキュリティー(安全性)を高めるために、クレジットカードに記載されているものになります。

詳しい説明は省きますが、セキュリティコードがあることで、カードの安全性を高めることができるので、今後セキュリティコードを使う機会はどんどん増えていくはずです。

 

3.セキュリティコードを利用する際の注意点

セキュリティコードは、クレジットカードのセキュリティ上とても重要ですので、安全だと確信できるサイトでしか記入しないようにしてください。

サイトが良くわからない場合は、購入した商品がしっかりしたものか確認できるまで、やり取りを行ったメールや連絡空きをしっかり保存しておきましょう。

万が一の時にとても助かりますよ。

 

4.まとめ

セキュリティコードは、1度場所がわかると記載位置に悩む事はありませんが、初めて利用する場合は、なかなかわかりにくい数字ですよね。

ネットでの買い物では、使用する機会が増えてきたので。大事に扱っていきましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事