学生ならではのクレジットカードの作り方とおすすめのカード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード 学生 作り方

大学生や短大生になると、クレジットカードを作れるようになりますが、どうやって作っていいのか迷いますよね?

もちろん、申込用紙に必要項目を記載し、審査に通ればクレジットカードを手にすることができるのですが、それまでや手にした後の不安も大きいと思います。

特に、クレジットカードで借金地獄…みたいな話を聞くと、どうしても心配になると思いますし、そのせいで大人でも現金主義を貫く人も多いです。

そこで、学生がクレジットカードを作る手順はもちろん、おすすめのカードやクレジットカードを持つ上での疑問にもお答えしていきます。

目次 1.クレジットカードの作り方
 手順0.未成年の場合は親の承諾が必要
 手順1.申込用紙に記載
 手順2.審査を受ける
 手順3.クレジットカードを受け取る
2.クレジットカードの上手な使い方
3.クレジットカードの選び方とおすすめのカード
4.まとめ

1.クレジットカードの作り方

クレジットカードは、申込用紙に必要事項を記載し、審査を受け、手元に届くのを待つだけで、簡単に作ることができます。

では、実際にどのような流れになるのかを、手順を追ってお話ししていきます。

 

手順0.未成年の場合は親の承諾が必要

未成年の場合は、クレジットカードの発行に「親の同意」が必要になります。

ですので、事前に「親の同意」をとるようにしておきましょう。

正直、学生がクレジットカードを作成する上で、最もハードルが高いのが、この「親の同意」かもしれません。

  • ネットの買い物が楽
  • ネットの方が安く買える(代引き手数料がもったいない)
  • お金の管理が楽(いついくら使ったか分かる)
  • 支払は自分ですると誓う
  • ・・・

このように、アピールできるポイントはいくつもありますが、一番は欲しい理由を正直に伝える事だと思います。

 

手順1.申込用紙に記載

まずは、申込用紙に情報を記載していきます。

学生の場合、勤務先等はないので、学校の情報を記載していくことになります。

  • 学校名
  • 学年
  • 卒業年月日
  • 年収(アルバイト含む)
  • 親権者・実家の住所
  • 親権者・実家の電話番号(未成年だと、この情報を基に同意を確認されます)

アルバイトをしている場合は、在籍確認の電話が行く可能性があるので、注意が必要です。

ただ、基本的に職業が学生ですので、電話連絡がない場合も多いです。

 

18歳以上であっても高校生は無理

例え18歳以上であっても、高校生の場合はクレジットカードを申し込むことができません。

ただ、高専生の場合は、4年生・5年生であれば、クレジットカードを作れる可能性があります。

ただ、100%ではないので、事前に電話で確認した方が安心です。

 

手順2.審査を受ける

学生であれば、クレジットカードを手にするのは、そこまで難しくありません。

というのも、学生は親のサポートを受けていることがほとんどなので、万が一本人がお金を支払えなくなっても、親が支払ってくれるからです。

また、学生のうちは使う金額が少なくても、社会人になれば月10万、20万と使う金額がどんどん大きくなっていく可能性が、非常に高いというのも1つの理由になっています。

基本的に、クレジットカードは、1度発行してしまえば、乗り換える事はそうそうありません。(私も長い間、ゆうちょのクレジットカードを使っていました…)

ですので、すでに何枚かクレジットカードを持っている社会人より、1枚目の可能性が高い学生に、クレジットカードを発行したいのです。

 

手順3.クレジットカードを受け取る

審査に通れば、クレジットカードを受け取るだけですが、カードを受け取ったら、裏面に名前を必ず記載するようにしてください。

この名前がないと、万が一の際に補償が効かなくなりますし、店頭で利用する場合は、この名前が記載されていないと、使えないからです。

 

2.クレジットカードの上手な使い方

クレジットカードを上手に利用するコツはたった1つで、1括払い以外の支払い方法を利用しない事です。

クレジットカードは、分割払いやリボ払いが利用できるため、自分の収入以上のお金を使う事ができます。

ただ、収入の安定しない学生のうちからそうした使い方をしてしまうと、クレジットカードの支払いに追われる日々になってしまう可能性があります。

これが、クレジットカードによる借金地獄の原因ですので、絶対にやらないようにしましょう。

あとは、1括払いでクレジットカードを利用していけば、お金の管理やポイントなどクレジットカードを使うメリットを存分に受ける事ができます。

 

3.クレジットカードの選び方とおすすめのカード

クレジットカードは、クレジットカードを持つ目的に合わせて選びます。

学生の場合は、次のどちらかに当てはまるのではないでしょうか?

・将来的にステータスカードを狙っている
・ポイントを貯めてお得に買い物したい

それぞれの目的に合わせた、カードを紹介していきます。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

 

三井住友VISAデビュープラス

詳細を見る_オレンジ

特徴

将来的にはステータスカードに繋がる
☆年1回の利用で年会費無料

詳細

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードの中で最も若者向けに作られたカードになります。

ですので、ポイント還元率も1%と高還元率カード並みに高く、通常のステータスカードのようなデメリットもありません。

もちろん、学生専用カードの中では、唯一のスタンダードカードであり、将来的にはゴールドカードのようなステータスカードに繋がっていくカードになります。

ですので、将来的にはステータスカードを持ちたいという学生には、ぜひとも持っておいてほしい1枚になります。

 

楽天カード

 

楽天 クレカ 画像

詳細を見る_オレンジ

特徴

年会費無料
☆常にポイント還元率1%以上

詳細

楽天カードは、言わずと知れた高還元率カードであり、年会費無料ですので、ステータスさえ気にしなければ、めちゃくちゃ優れたカードになります。

何と言っても還元率1%以上で、楽天スーパーポイントが貯まるというのが大きな魅力です。

クレジットカードのポイントは、せっかく貯まっても使い道がないものが少なくありませんが、楽天スーパーポイントであれば、使い道に困ることはありません。

ですので、ポイントを貯めてお得に買い物したいというユーザーにとてもおすすめです。

 

4.まとめ

学生はとても簡単にクレジットカードを作ることができます。

申込用紙に必要項目を入力し、審査結果を待ち、カードを受け取るという3ステップでカードを持つことができます。

ただし、未成年の場合は、親の同意が必要なので、事前に話しておく必要があります。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事