ゴールドカードとは?なんとなく好印象なゴールドカードの総まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゴールドカード とは

ゴールドカードに対して、あなたはどんな印象を持っていますか?

ゴールドカードについてよく知らなくても、なんとなく凄そうで、憧れに近いものがあるのではないでしょうか。

今回は、

  • そもそもゴールドカードとは何か
  • どうやったらゴールドカードを持てるのか
  • ゴールドカードのメリットは何か
  • ・・・

などなど、ゴールドカードについて1からお話ししていきます。

これさえ見れば、ゴールドカードの基礎はばっちりですよ。

 

 

1.ゴールドカードとは

ゴールドカードとは、普通のクレジットカードの1ランク上のカードになります。

普通のクレジットカードとの一番の違いはカードの見た目ですが、サービスの量や質も普通のクレジットカードよりも優れています。

ただ、サービスが優れる分、年会費も高くなってしまうので、注意が必要です。

ゴールドカードと一般カードの違いを簡単にまとめたので、こちらも参考にしてみてください。

ゴールドカードとは

以前よりはステータスが下がっている

ゴールドカードには、確かにステータスがありますが、以前ほど大きなものはありません。

というのも、以前はゴールドカードがクレジットカードの最上位カードでしたが、今ではプラチナカードやブラックカードという、さらに上のカードが存在するからです。

 

2.さまざまなゴールドカードをジャンル別に紹介

今ではさまざまなゴールドカードが登場し、先ほど紹介したようなゴールドカードの特徴に当てはまらないものが多くなってきました。

そこで、今あるゴールドカードを次の4つに分け、それぞれの特徴をお話ししていきます。

ゴールドカード ジャンル別の特徴

 

ステータスカード

先程紹介したゴールドカードは、このステータスカードになります。

ステータスカードは、年会費が高くポイント還元率が少ない分、様々なサービスを受ける事ができます。

そして、ゴールドカードに最も求めるであろうステータスもあるため、どこで出しても恥ずかしくなく、ちょっと自慢できるカードです。

今回の記事では、このステータスカードを通常のゴールドカードとして話を進めていきます。

 

格安ゴールドカード

格安ゴールドカードは、年会費が非常に安いゴールドカードになります。

基本的には、一般のクレジットカードと違う部分はありませんが、何か1つのサービスが一般のクレジットカードよりも高いカードになります。

ただ、個人的にはこのカードを持つのであれば、一般カードにした方がメリットは大きいと考えています。

特別な使い方

格安ゴールドカードを、財布の肥やしに利用するという使い方があります。

単純な発想で、財布の中身がチラッと見えた時に、ゴールドカードが多いとお金持ちに見えるというものです。

ステータスを意識している人には、おすすめな方法の1つになります。

 

ヤングゴールドカード

ヤングゴールドカードは、20代の為のステータスカードになります。

20代で持てるので、取得難易度はたいしたことありませんが、パッと見はステータスカードと変わらないので、使い方によっては十分ステータスを感じる事ができます。

また、もともとは将来のステータスカードホルダーのために作られたカードですので、ステータスカードとほぼ同じサービスを受ける事ができます。

 

優良顧客カード

優良顧客カードとは、年収等は一切関係なく、クレジットカードを継続して利用し、自社商品やサービスを利用してくれる優良顧客に発行しているゴールドカードになります。

例えば、イオンのゴールドカードは、イオングループとイオンカードを普段から利用していると発行されるカードと言われています。
※細かい条件はわかりません。

 

3.ゴールドカードの主なサービス

ゴールドカードには、次のようなサービスがあります。

ゴールドカー_主要サービス

 

海外旅行傷害保険

ゴールドカードのサービスで、大きなメリットの1つがこの海外旅行での保険になります。

飛行機の遅延はもちろん、もしもの時の病院代の補償や宿泊時のサポートをしてくれます。

ただ、いくらゴールドカードでも、これだけで大丈夫という事はないので、普通の海外旅行保険にも入っておくようにしてください。

 

国内旅行傷害保険

国内旅行時の保険サービスはほとんど使う事がありませんが、宿泊施設のトラブル等でこのサービスを利用する機会がある可能性があります。

 

ショッピング保険

カードの不正利用や、クレジットカードで購入した商品が壊れたり、盗まれたときに使えるサービスになります。

特に、商品が破損した際に、5,000円程度の自己負担で修理してもらえるというのは、高額な商品を購入した時には、非常に便利なサービスになっています。

 

ラウンジサービス

ゴールドカードと言えばラウンジサービスというほど、ゴールドカードのメインサービスの1つとなっています。

基本的には空港のラウンジを無料で使えるというものですが、カードによっては、空港以外のラウンジを利用できるようになる事もあります。(イオンのゴールドカードでは、イオンの中にあるラウンジを利用できます)

 

グルメ優待サービス

大衆的なお店の割引サービスはもちろん、一部高級店の割引や食事のアップグレードを行う事ができます。

またサポートデスクを通して予約をすることで、普通は予約できないようなお店を予約することもできます。(それように、席を空けといてもらう契約をしているからです)

 

4.ゴールドカードのメリットとデメリット

ゴールドカードのメリットはステータスであり、デメリットは年会費になります。

ゴールドカードにも細かなメリットやデメリットはありますが、正直実感するほどのメリットとデメリットは1つずつしかありません。

例えば、限度額が多いとかポイント還元率が少ない等のメリットデメリットはありますが、限度額が足りないのであれば、もう1枚クレジットカードを持てば事足りますし、ポイント還元率を気にするようであれば、ゴールドカードユーザーに向いていません。

ですので、ステータスと年会費を天秤にかけ、ステータスだと思ったらゴールドカードですし、年会費を払いたくないのであれば、年会費無料の高還元率クレジットカードがおすすめです。

 

5.おすすめのゴールドカード

最後に、特におすすめのゴールドカードを3枚紹介します。

また、年会費無料のゴールドカードは「年会費が必要ない!?年会費無料のゴールドカードと無料特典のあるゴールドカード一覧」、おすすめのゴールドカードは「タイプ別!おすすめのゴールドカードとその持ち方や審査基準」で詳しく紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

 

アメックスゴールド

gold

詳細を見る_オレンジ

特徴

誰もが知っている王道ゴールドカード
☆ゴールドカードに求めるサービスをほぼ網羅

詳細

アメックスのゴールドカードは、ただ単にゴールドカードが欲しいという全ての人におすすめできるゴールドカードになります。

年会費が29,000円(税抜)と高いのがネックになりますが、特定のカードにのみ付帯されているサービスを除いて、他のゴールドカードにできてアメックスゴールドにできないというのはほとんどありませんし、どこで使っても恥ずかしくないカードです。

また、取得条件も優しく、年収300万円以上であれば、20代であっても十分に審査に通る可能性があります。

アメックスゴールドは、使いさえすれば年会費以上のメリットを感じられるカードですので、お試しでも使ってみる事をおすすめします。

 

三井住友VISAゴールド

三井住友ゴールド

詳細を見る_オレンジ

特徴

日本で最も有名なカードの一つ
☆ステータス・認知度が抜群

詳細

「アメックスゴールドは年会費が高くてちょっと…」

という方におすすめなのが、この三井住友VISAゴールドカードになります。

三井住友VISAゴールドカードは、ステータスこそアメックスゴールドに少し劣ってしまいますが、その他の点はゴールドカードらしいサービスをきちんと提供しています。

もちろん、年会費は10,000円(税抜)とアメックスのほぼ3分の1になっており、web明細とリボ払いに設定することで、4,000円(税抜)まで、年会費を落とすことができます。

ただ、審査基準はアメックスゴールドより難しく、少なくても年収400万円が必要で、年齢も30歳前後であることが基本的な条件になります。
※すでに三井住友VISAカードを利用している場合は、そこまで難しくありません。

リボ払いの設定は注意が必要

リボ払いを利用する場合は、一回の支払い可能額を99万円までに設定してください。

この設定さえしておけば、毎月100万円以上の支払いをするという人を除いて、1括払いと同じ要領でカードを利用する事ができます。

逆にこの設定をしていないと、リボ払いの手数料が発生してしまいますので、年会費を安くする意味がありません。

 

JCB ゴールド

JCBOSGOLD

詳細を見る_オレンジ

特徴

日本唯一の国際ブランド
☆三井住友に負けない知名度

詳細

JCBゴールドは、日本唯一の国際ブランドであり、個人的には三井住友VISAゴールドよりもステータスのあるカードだと考えています。

基本的なサービスやステータス、年会費、審査基準は三井住友VISAゴールドと同じですが、唯一JCBオリジナルのサービスがあります。
※三井住友VISAカードのような年会費の割引プランはありません。

それは、JCBゴールド ザ・プレミアというワンランク上のゴールドカードが存在する事です。

このカードは、準プラチナカードとも呼ばれており、完全な招待(インビテーション)制になっているので、その価値も確かなものがあります。

 

6.まとめ

ゴールドカードは、一般カードにはないさまざまなサービスを提供していますが、結局のところ、ステータスが最も重要なポイントではないでしょうか。

もちろん、ゴールドカードならではのサービスも魅力的なものがあるので、どうせゴールドカードを手にするのであれば、ステータスカードをおすすめします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事