ゴールドカードのメリットと一般カードやプラチナカードとの違い

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゴールドカードメリットメイン画像

クレジットカードをゴールドカードにするメリットってよくわかりませんよね。

通常のクレジットカードでも、限度額はある程度まで上げる事ができますし、年会費無料のカードが多い中、5千円~1万円以上もするゴールドカードに変える必要性がないと感じる方も多いと思います。

しかし、自分に合ったゴールドカードを利用することで、多くのメリットを受ける事ができます。特に、飛行機を利用する人にとっては、ゴールドカードにするメリットというのは、とても多いと言えます。

例えば、

  • 空港のラウンジが無料で使える
  • 国内旅行、海外旅行の補償額と補償範囲が広がる
  • 困った時はゴールドデスクやトラベルデスクに相談できる
  • ショッピングの際の補償が充実する

このように、旅行によく行く人にとってはうれしいサービスが多くのゴールドカードについています。これにプラスして、ホテルや旅館などの優待やレストランでの優待、その他カードごとに異なる優待を受ける事ができます。

今回は、そうしたゴールドカードのメリットについて、他のカードとも比較しながらお話ししていきます。

目次 1.ゴールドカードのメリット
 メリット1.ショッピング保険の充実
 メリット2.海外旅行保険の充実
 メリット3.空港などのラウンジ利用料が無料になる
 メリット4.専用のコールセンターがある
 メリット5.限度額が増額される
 メリット6.ステータス
2.その他カードとの違い
 2-1.一般カードとの違い
 2-2.プラチナカードとの違い
 2-3.20代向けゴールドカードとの違い
3.おすすめのゴールドカード
4.まとめ

1.ゴールドカードのメリット

ゴールドカードには、主に6つのメリットがあります。

  1. ショッピング保険の充実
  2. 海外旅行保険の充実
  3. 空港などのラウンジ使用料が無料
  4. 専用のコールセンターがある
  5. 限度額が増額される
  6. ステータス

これから、この6つのメリットについてお話ししていきます。ただ、今からお話しするのは、一般的なゴールドカードのメリットになるので、全てに当てはまるわけではありません。また、このメリットは一般のクレジットカードと比較してというものになります。

メリット1.ショッピング保険の充実

ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品に問題が生じた時、その被害分を補償するというものです。これだけでは少しわかりにくい部分もあると思うので、具体例を1つお話しします。

例えば、10万円するデジカメを購入し、2か月後に誤って水没させてしまった場合、現金で購入した場合はなんの補償もありませんが、クレジットカードで購入した場合は、ショッピング保険が適用され、数千円~1万円の自己負担をするだけで、商品代金や修理代を補償してもらえます。

ショッピング保険とは以上のようなサービスなのですが、ゴールドカードになると補償金額や補償対象が大幅に改良されます。

一般のクレジットカードでは、海外で購入した場合でないと補償されないなど、極めて限定的な補償が多いのですが、ゴールドカードになると、日本国内や海外問わずクレジットカードで購入したものであれば、補償の対象となるものが多いです。

しかし、ショッピング保険では、そもそも対応していない商品というものも存在します。金券やパソコン、デジタルコンテンツなどがそれに該当しますが、細かい部分は検討中のカード会社に問い合わせてみてください。

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合
ショッピング補償の対象にならない商品例

クレカ 補償対象外リスト

http://www.saisoncard.co.jp/pdf/futai_hoken/amex_gold.pdf

メリット2.国内・海外旅行保険の充実

国内・海外旅行保険とは、海外で病気や怪我をした場合に、その治療費を補償してもらえるというものです。これは、一般のクレジットカードにも多くついていますが、一般のクレジットカードの場合、補償金や補償対象がとても狭くなってしまいます。

一般のカードでも、海外保険200万円や1000万円というものがあり、一見これだけで十分なように思えますが、これはあくまで最高補償額になります。つまり、海外保険が200万円のカードであっても、200万円まで補償してもらえるというわけではありません。

例えば、海外保険200万円となっている一般のクレジットカードでは、内訳が図のようになっているものも多いです。

補償対象死亡時怪我・病気等の
通院費
持ち物等の
携行品損害補償
ホテルを汚す等の
賠償責任補償
補償金200万円補償なし補償なし補償なし

このようになっている場合、旅行中に不慮の事故で亡くなった場合にのみ、200万円が補償され、その他の場合では1円の補償も受ける事ができません。もっとも必要な、怪我や病気での通院代が補償されないのであれば、保険としてほぼ無意味なものとなってしまいます。

一方で、これがゴールドカードになると、図のように補償の金額はもちろんのこと、補償の幅も一気に広がります。海外で最も使う通院費や携行品損害といった補償を、ほぼすべてのカードで受ける事ができます。

補償対象死亡時怪我・病気等の
通院費
持ち物等の
携行品損害補償
ホテルを汚す等の
賠償責任補償
補償金500万円300万円50万円400万円

メリット3.空港などのラウンジ利用料が無料になる

空港をほとんど利用しない方には無縁のサービスかもしれませんが、空港には有料のラウンジがあり、飛行機の待ち時間をそこでのんびり過ごすことができます。このラウンジの使用料が、ゴールドカードを提示するだけで無料となります。

ラウンジにはフリードリンクや新聞、無料のwi-fiがあり、とても快適な待ち時間を過ごすことができます。そして、有料ではありますが、アルコール飲料やシャワーといったものもあるので、ちょっとリッチな気分を味わう事もできます。

ただ、このサービスもゴールドカードの種類によって細かい部分は異なります。また、使用できるラウンジにも違いがありますが、主要な空港であれば、ほぼすべてのゴールドカードで、ラウンジを無料で使用することができます。

メリット4.専用のコールセンターがある

多くのゴールドカードには、一般のクレジットカードデスクとは異なり、ゴールドデスクと呼ばれるものがあります。基本的なサービスは一般のカードと同じですが、電話の待ち時間がほとんどないのが大きな魅力となります。

また、これは当てはまるものが少なくなってきますが、ゴールドデスクの中には、チケットの予約や旅行の手配をしてくれるものもあり、こうしたサービスを受けたいがために、ゴールドカードにするという人もいます。

そして、ゴールドデスク以外にも、トラベルデスクというサービスもあります。このサービスでは、旅行先で困ったときや旅行のプランなどの相談に乗ってもらえます。

メリット5.限度額が増額される

ゴールドカードの限度額が増額されるというのは、思った以上に大きなメリットとなります。すでにご存知かもしれませんが、クレジットカードは1か月分の利用料を後日一括で支払うという仕組み上、限度額=1か月に使えるお金というわけではありません。

言葉だけではわかりにくいと思うので、次の2つの図を見てみてください。1つ目が締日と支払日の関係(月末締め翌月26日払いのカード)を表した図になります。2つ目が利用可能額と限度額を表した図になります。

1:締日と支払日の関係図

クレカ 支払日 図2

2:利用可能額と限度額の関係図

クレカ ショッピング枠 考え方 図

1つ目の図のように、1月利用分を2月26日、2月利用分を3月26日といった具合に、使用日から約1か月~2か月後に利用料金を支払っていることになります。

また、2つ目の図のように、ショッピング枠10万円のクレジットカード場合、5月分の支払いを6月26日に行っているので、6月1日~25日までは、5月分の利用金額である3万円を差し引いた7万円しか利用することができません。

これは、給料や生活水準が高くなったり、大きな買い物をする際に、とてもやっかいな問題になってきます。そのため、一般のクレジットカードからゴールドカードにすることによって、この利用限度額の問題を解消することができます。

メリット6.ステータス

一般のカードよりも、ゴールドカードの方が審査は厳しく年会費も高いため、それが社会的信用や地位とみなされ、ステータスとして働くと考える人もいます。(このように、ステータスとして働くカードをステータスカードと呼びます。)

しかし、ゴールドカード以上のステータスカード(プラチナやブラック)が出てきたことや、年会費無料や年齢制限が20歳まで引き下げられたゴールドカードの登場によって、ゴールドカードのステータス性は低くなりつつあります。

そうした中でも、三井住友visaカードやJCBのオリジナルカード、アメックスのオリジナルカードといった一部のカードのゴールドは、今でもステータス性があると言えます。

2.他のカードとの違い

これから、ゴールドカードと他のカードとの違いについてお話ししていきます。ゴールドカードは、決してステータス性やサービスがすごく優れているというわけではありませんが、使い方や見方によっては、年会費を払うだけの価値があるカードだと言えます。

まずは、ゴールドカードの位置を確認するという意味でも、大雑把にですがクレジットカードをステータス順に並べた図があるので、参考にしてみてください。

クレジットカードステータスピラミッド

2-1.一般カードとの違い

一般のクレジットカードとゴールドカードの違いは主に以下の2つがあります。

  • 一般のクレジットカードは、ポイントを貯めるといった目的に特化している
  • ゴールドカードは、ゴールドカードならではのメリットを受ける

それでは、それぞれ詳しく見ていきます。

一般カードはポイントを貯めるといった目的に特化している

ポイントを貯めるといった目的に特化しているというのは、主に銀行系以外の会社が発行している一般のクレジットカードになります。

基本的に、一般のクレジットカードの多くは、特定の目的に特化しています。例えば、ガソリン会社の発行しているクレジットカードであれば、ガソリン代をそのクレジットカードで支払うと、ポイント○倍や○%キャッシュバックといったものです。

このように、一般のクレジットカードでは、クレジットカードを発行している会社の特色に合わせたサービスを行っています。そのため、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを手にすることで、日々の生活をお得にすることができます。

ゴールドカードならではのメリットを受ける

一般のクレジットカードが年会費無料~年会費数千円の中、ステータス性のあるゴールドカードは、最低でも年会費が1万円以上掛かり、高いものだと数万円の年会費が掛かります。そのため、そうしたゴールドカードでは、ステータス性に加えサービスも充実します。

ステータス性のあるゴールドカードは、前章で挙げたゴールドカードのメリットを、ほぼ間違いなく受ける事ができ、ゴールドカード独自のサービスやステータス性を求める人、限度額を増やしたい人が持つカードになります。

そうした人達は、前章でお話ししたゴールドカードのメリット以外にも、各クレジットカード会社が独自に行っているサービスを求めていることもあります。

例えば、JCB等が行っているドクターダイレクト24という24時間病気や怪我の相談に乗ってもらえるサービスや、UCSが行っているロードサービスの無料付帯などが挙げられます。

また、デスクの対応の早さや、優待の度合いによってカードを分ける人もいますが、この辺は実際に使い比べてみないとわからない部分でもあります。

2-2.プラチナカードとの違い

プラチナカードは、ゴールドカードのさらに上のランクのクレジットカードになります。ステータス性のあるゴールドカードを使っている人に対して、インビテーション(招待)と呼ばれる手紙やメールを送り、それを使って申請したユーザーを審査にかけて発行します。

そのため、プラチナカードとゴールドカードの違いは、ステータスが最も大きいものとなります。また、年会費も数万円以上になるものがほとんどなので、ゴールドカードよりさらにきめ細かなサービスが展開されます。

プラチナカードには、コンシェルジュというサービスがあり、手にすることが難しいチケットの手配や旅行プランの作成、好みに合ったお店の予約等、様々なことをしてもらえるため、まるで自分の秘書を持ったような気分になれます。

自分のやりたいことを電話で伝えるだけで、伝えた希望になるべく近い形でサービスを提供してもらうことができ、このサービスがプラチナカードを持つ醍醐味といっても過言ではありません。そのくらい、使いこなせれば便利なサービスとなります。

また、プラチナカードともなると、ポイントを気にするという人が減るため、ポイント関連のサービスだけはゴールドカードよりも悪くなります。ただ、割引サービスや宿泊ホテルの無料アップグレード等は、ゴールドカードよりもかなり優れています。

2-3.20代向けゴールドカードとの違い

20代向けのゴールドカードは、年会費はかなり安いですが、受けられるサービスはステータス性のあるゴールドカードとほとんど変わりません。ただ、ステータスという面で言うと、ほとんど意味のないものになります。

というのも、20代で持てるゴールドカードのため、審査がそこまで厳しくなく、正社員で特に借金もなければ、誰でも持つことができるからです。

このゴールドカードは、30代になったときに、自動的に普通のゴールドカードに切り替わるため、若い層の囲い込みという意味合いがあります。そのため、年会費は安く審査もあまいですが、サービスはゴールドカードとほぼ変わらないものとなっています。

3.おすすめのゴールドカード

ゴールドカードにも、人それぞれおすすめと言えるものがあります。しかし、ゴールドカードは種類が豊富なため、かなりの量のカードを紹介することになってしまいます。

そうなると、この記事の本質とは大きく逸れてしまうため、ここではゴールドカードのメリットが数多く受けられ、ステータスとしても使えるゴールドカードのおすすめを5つ紹介します。

1.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

gold

年会費・・・・・・29000円
ステータス性・・・☆☆☆☆☆
ポイント還元率・・0.4%~

2.三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールド

年会費・・・・・・10000円
ステータス性・・・☆☆☆☆
ポイント還元率・・0.5%~

3.ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード キャプチャ

年会費・・・・・・22000円
ステータス性・・・☆☆☆☆☆
ポイント還元率・・0.4%~

4.JCBゴールド

JCBOSGOLD

年会費・・・・・・10000円
ステータス性・・・☆☆☆☆
ポイント還元率・・0.5%~

※JCBゴールドには、JCBゴールドザ・プレミアというゴールドカードの中のゴールドカードがあり、このカードになるとステータス性は☆5つとなる

5.(現在は発行廃止)CiTiゴールドカード

シティエリートカード キャプチャ

年会費・・・・・・12000円
ステータス性・・・☆☆☆☆☆
ポイント還元率・・0.8%~

以上が、おすすめのゴールドカードになります。今回紹介したゴールドカードは、1度は聞いたことのあるものばかりだと思います。こうしたカードは、ステータス的にもサービス的にも満足できるものだと思います。

4.まとめ

それでは最後に、今回の記事のまとめを行っていきます。

ゴールドカードのメリットは次の6つになります。

  1. ショッピング保険の充実
  2. 海外旅行保険の充実
  3. 空港などのラウンジ使用料無料
  4. ゴールドデスクがある
  5. 限度額が増額される
  6. ステータス

このように、ゴールドカードには様々なメリットがあります。年会費無料や年会費の安いゴールドカードも多くあるので、自分に合ったメリットを受ける事ができるゴールドカードを選ぶことが1つのポイントだと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事