海外では大活躍!?ゴールドカードを海外へ持っていくといい理由。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
9498a72ffa7d12931db47aa42a0a0e94_s

アメリカなどを始め、海外ではカード払いが主流になっていることを聞いたことはありますよね。

カードがよく使われるのはわかったけど、ある程度ステータスのあるゴールドカードを海外へ持っていくとどんな特典が付くのか気になりませんか?

今回は、海外でのゴールドカードの使い方や特典などを説明いたします。

1、クレジットカードは身分証明?

旅行でも出張でも、海外に行くときにはクレジットカードは必須となっております。

もちろん旅行先によりますが、クレジットカードがないとホテルの宿泊が断られることもあるくらいです。

その理由は、クレジットカードを持っている人はカード会社で身分の確認された人であるのに対し、もっていない人は身分も分からずカード会社に信用されていない人と疑われてしまうからです。

たとえ泊めてくれたとしても、高額なデポジットを要求されたりします。

そんな中、通常の一般カードではなく、ゴールドカードを出したらどうでしょうか?

ステータスの高いカードを所持できる人=ステータスが高く信頼できる人という印象を持たれ、スタッフの対応がよくなる場合もあります。

日本だとカードを持たない人は、ただ「現金主義なんだね」と特に不利益もありませんが、海外ではそれが通用しないので要注意ですね。

2、ホテル以外にもクレジットカードが必要な場所

レンタカーの利用

海外のレンタカーは現金では借りることができません。

しかもたとえ日本で予約しても、向こうでクレジットカードが必要になります。

もし、現金が大丈夫だとしても、保険などの専門用語をしっかりと理解し交渉するだけの英語力が必要となってきます。

クレジットカードをもっていれば、サイン1つで借りることができますね。

レンタカーを借りる際にゴールドカードを持っていると、ゴールドカードの海外旅行損害保険の中の補償がレンタカー使用時にも適用されます。

でも、純粋なレンタカー保険ではないので、ある程度がカバーできるという状況です。

高額のショッピング利用

100万円までが日本から海外に持ちだすことのできる金額です。

ブランド品を購入しようと考えている場合は、現金では限度があります。

また、多額の現金を持ち歩くのはリスクが大きいのでやめておいた方がいいと思います。

一般カードよりもはるかに限度額が大きいゴールドカードなら、いちいち使った額を気にせずお買い物ができますね。

ただ、帰ってから返済に追われないように計画的にご利用して下さい。

3、海外でゴールドカードのステータスは?

海外でゴールドカードはステータスが高いかどうかというと、結構高めと考えて大丈夫です。

日本人の普通の会社勤めの人ならゴールドカードを作るのはそんなに難しくなく、ステータスも抜群に高くはありませんよね。

ですが、海外には一般カードも作るに足りない人たちがたくさんいます。

その中で比べるとゴールドカードでも十分なステータスと考えていいと思います。

4、ゴールドカードでついてくる特典

海外保険の充実

ゴールドカードに限らず一般カードも、海外旅行の保険がついていることもありますが、補償額が大きく違います。

一般カードは最大5,000万円程度ですが、ゴールドカードだと最大で1億円補償されるものもよくあります。

さらに、ゴールドカードだと持っているだけで保険の対象となる「自動付帯」が大半で、一般カードは旅費や交通費をカードで支払わないと対象にならない「利用付帯」のものが多くなっています。

コンシェルジュの利用

ゴールドカード以上になると「コンシェルジュサービス」を使うことができるクレジットカードがあります。

年会費やカードの種類によってサービス内容は変わってきますが、困ったときのお助けサービスといったものです。

海外などのよく知らない地でこういうサービスが使えることは非常に心強いですよね。

コンシェルジュサービスはカードホルダー専門デスクがあり、レストランや航空券の予約、手配、旅行全体のプラン作成まで行ってくれることもあります。

このサービスは、年会費が高いほどクオリティは高くなってきますから「クレジットカード」の詳細を確認しておきましょう。

5.おすすめゴールドカード3選

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード キャプチャ

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆年会費10,800円(税込)
☆ご利用可能額 最高300万円
☆空港ラウンジが使えるプライオリティ・パス無料

詳細
楽天ユーザーには嬉しい高還元率のゴールドカードです。
ステータスはありませんが、年会費1万円で通常4万円前後もするプライオリティ・パスがついており、これ目当てに発行する方も多くいます。
審査基準は20歳以上の社会人なら通る可能性は十分にあります。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

gold

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆年会費29,000円(税抜き)
☆ステータスと言えばこのカード
☆誰もが知ってるゴールドカード

詳細
ステータス目的でゴールドカードを手に入れたいのなら真っ先におすすめします。
ステータスと認知度の割には他のカードよりも審査基準が緩くなっており、手に入れるのが容易なことでも有名です。
たとえ20代だとしても、年収300万円以上あれば審査に通る可能性は十分にあると言われています。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールド

詳細を見る_オレンジ

特徴
☆年会費10,000円(税抜)
☆日本でもっとも有名なゴールドカード
☆好感度と認知度はピカイチ

詳細
アメックスやダイナースクラブカードと比べると、ステータスは低めですが、好感度や認知度は抜群です。
年会費は10,000円(税抜)とアメックスのほぼ3分の1になっていますが、web明細とリボ払いに設定することで、4,000(税抜)まで年会費を下げることができます。
ただ、審査基準はアメックスゴールドカードより厳しく、少なくても年収400万円が必要で、年齢も30歳前後であることが基本的な条件となっています。

6.まとめ

今回は海外でのカードの使い方とゴールドカードのメリットをまとめました。

今やゴールドカードはある程度の収入があれば作ることのできるカードです。

海外に行くときは必ず携帯し、いつでもスマートに提示できるようにしましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事