タイプ別!おすすめのゴールドカードとその持ち方や審査基準

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゴールドカード

ゴールドカードを持とうと思っても、似たようなカードが多くて、どれを選んで良いかよくわからないですよね。

一口にゴールドカードが欲しいと言っても、とりあえず持っておきたい人やステータスとしてほしい人等、ゴールドカードを求める理由は人によって違ってきます。

そんな中、全員に共通したおすすめのゴールドカードというのはありません。

そこで今回は、タイプ別にゴールドカードのおすすめを紹介し、必要度別のおすすめの持ち方や審査基準についてお話ししていきます。

これさえ読めば、ゴールドカード選びに悩む必要はなくなります。

目次 1.おすすめのゴールドカード
 ~高ステータスカード編~
 ~格安ゴールドカード編~
 ~番外編~楽天プレミアムカード
2.ゴールドカードの審査基準
3.ゴールドカード選びの注意点
4.おすすめのゴールドカードの持ち方
 タイプ1.とりあえず持っておきたい人
 タイプ2.ステータスとして持っておきたい人
5.すごいカード相談所おすすめのゴールドカードの持ち方
6.まとめ

1.おすすめのゴールドカード

ゴールドカードのおすすめは、ゴールドカードに求めているものによって、おすすめのものが変わってきます。

そこでまずは、ステータスと年会費を基準におすすめのゴールドカードをご紹介していきます。

具体的な持ち方や選び方については、4章でお話ししているので、そちらも参考にしてみてください。

~高ステータスカード編~

高ステータスカードは、基本的に年会費が10,000円以上してしまいますが、その分どこで使っても恥ずかしくなく、ゴールドカードならではのサービスを数多く受ける事ができます。

ですので、ここぞという時のために、1枚は持っておきたいカードになります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

 

gold

詳細を見る_オレンジ

特徴

ゴールドカードの王様
☆誰が見てもわかる圧倒的なステータス
年収300万円以上であれば20代でも取得できる可能性あり

詳細

アメックスゴールドカードは、ゴールドカードの中でナンバーワンのステータスと認知度を誇るカードになります。

ですので、とりあえずステータスのためにゴールドカードでも持っておこうと思った際は、このカードを選んでおけば間違いありません。

もちろん、アメックスゴールドであれば、ゴールドカードに求めるほぼ全てのサービスが揃っていますし、普段から決済手段として利用していれば、持っていて損したという事はありません。

また、「アメックスは使えない…」という評判をよく目にしますが、JCBと提携しているため、JCBが利用できるほぼ全てのお店で使う事ができるので、だいたいのお店で使う事ができます。

 

ダイナースクラブカード

 

ダイナースクラブカード キャプチャ

詳細を見る_オレンジ

特徴

☆知る人ぞ知る大人のクレジットカード
アメックスゴールドと並ぶステータス
年収400万円以上、勤続年数3年以上は必要

詳細

ダイナースクラブカードは、アメックスゴールドと同じようなステータスを持っていますが、認知度がそこまで高くない為、誰に対してもすごいと思われるカードではありません。

ただ、30代以上のビジネスマンであれば、ほぼ全ての人がそのステータスを知っているため、知る人ぞ知る大人のクレジットカードと言えます。

ダイナースクラブカードは、ダイナース(食事をする人々)という名前のとおり、飲食系のサービスや優待が得に優れており、食に目がない人にとっては、最高のパフォーマンスを発揮します。

また、ダイナースクラブカードは、アメックスゴールドよりも審査基準が難しく、少なくとも年収400万円程は必要ですので、注意するようにしてください。

 

三井住友VISAゴールドカード

 

三井住友ゴールド

詳細を見る_オレンジ

特徴

☆抜群の認知度
年会費1万円(税抜)とお手頃
一般カードからのランクアップなら取得しやすい

詳細

三井住友VISAカードは、日本で最も有名なクレジットカードの1つであり、そのゴールドカードともなれば、十分な認知度とステータスがあります

年会費も1万円(税抜)とステータスカードの最安値であり、誰でも持ちやすいゴールドカードだと言えます。

ただ、ステータスだけで見ると、アメックスゴールドやダイナースには劣ってしまうので、注意が必要です。

また、審査基準も一般カードからの切り替えであれば、比較的簡単ですが、いきなり利用するとなると、ダイナースクラブカード並みの難しさがあります。

 

JCB GOLD

 

JCBOSGOLD

詳細を見る_オレンジ

特徴

日本唯一の国際ブランド
☆認知度抜群のステータスカード
審査基準は三井住友VISAゴールドと同水準

詳細

JCB GOLDは、日本唯一の国際ブランドであるJCBが発行しているゴールドカードですので、そのステータスは十分なものがあります。

年会費も1万円(税抜)と持ちやすく、サービスも充実しています。

ただ、三井住友VISAゴールドカードと同等のステータスですので、アメックスゴールドやダイナースクラブカードには少し劣るものがあります。

また、審査基準も三井住友VISAゴールドカードと同等で、一般カードからの乗り換えは容易ですが、いきなりこのカードを取得するのはなかなか難しいものがあります。

 

~格安ゴールドカード編~

格安ゴールドカードの魅力は、何と言っても年会費の安さです。

年会費が安いので、誰でも無理なく持つことができますし、クレジットカードに詳しくない人がみたら、ゴールドカードと言うだけでスゴイと思ってもらえます。

それが、格安ゴールドカードの魅力になります。

ただ、年会費が少ない分ゴールドカードならではのメリットやサービスというのは、ほとんどありません。

 

MUFGゴールドカード

 

MUFGカードゴールド

詳細を見る_オレンジ

特徴

年会費1,905円(税抜)
2枚持ちが可能

詳細

MUFGゴールドカード一番の魅力は、MUFGゴールドカードを2枚持つことができるという点にあります。

例えば、三井住友VISAカードの場合、VISAブランドとMaster Cardブランドのどちらか1枚しか持つことができません。

しかし、MUFGカードであれば、JCBとVISA、Master Card,American Explessという4つのブランドの中から、好きなブランドのカードを2枚持つことができます(これをデュアルスタイルと言い、ほとんどのカードでこの持ち方はできません)

また、申し込み基準は一般カード並みに低いので、18歳以上の自立した生活をしている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

オリコカードザポイントプレミアムゴールド

 

オリコカードプレミアムゴールド

 

詳細を見る_オレンジ

特徴

☆高還元率カード
年会費1,950円

詳細

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、ゴールドカードでは珍しい還元率1.0%以上の高還元率カードになります。

オリコモールや電子マネーを利用するのであれば、還元率がより大きくなるので、検討してみる価値があります。

また、20歳以上から申し込む事ができるので、20歳以上の社会人であれば審査に通る可能性は十分にあります。

ただ、券面がゴールドではなく、ブラックがベースなので、ゴールドカード感があまりないのが、デメリットになります。

 

~番外編~楽天プレミアムカード

 

楽天プレミアムカード キャプチャ

詳細を見る_オレンジ

特徴

プライオリティパスのプレステージ会員が無料でついてくる
楽天ユーザーにはうれしい高還元率カード

詳細

楽天プレミアムカードは、ステータスカードではないにもかかわらず、年会費1万円(税抜)と高めの金額になっています。

しかし、プライオリティパスのプレステージ会員は、通常4万円前後の年会費がかかるため、これが無料でついてくるだけでも年会費1万円以上の価値があります。

また、楽天市場の利用で、通常の楽天カード以上のポイントがもらえるため、楽天ユーザーでプライオリティパスを使うのであれば、検討してみる価値は十分にあるカードになります。

もちろん、審査基準はオリコカードザポイントプレミアムゴールドとほとんど変わらないので、そこまで難しいものではありません。

 

2.ゴールドカードの審査基準

ゴールドカードの審査基準は、年々下がってきています。

審査に絶対はないのですが、今では次のような状況であれば、ゴールドカードの審査に通る可能性は非常に高いです。

  • 30歳前後
  • 年収が300~500万円ほど
  • 同じ会社で3年以上働いている

カード毎の細かい審査基準は、先ほどのカードの紹介の詳細部分でお話ししていますので、そちらを確認してみてください。

 

3.ゴールドカード選びの注意点

とりあえずゴールドカードを持とうという場合には、格安ゴールドカードを選ぶのだけはやめるようにしてください。

というのも、ゴールドカードを使うという場面に出くわした際に、高ステータスカードじゃないと格好がつかないからです。(格安ゴールドカードは、それしか持っていないと少しダサいです)

それならば、いっそのこと高還元率系のカードや航空系のカードを利用して、ステータスに興味がないというスタンスの方が、大人な感じがあります。

 

4.おすすめのゴールドカードの持ち方

ゴールドカードを持ちたいと思う人は、基本的に次の2つのタイプに分けることができます。

タイプ1.とりあえず持っておきたい人
タイプ2.ステータスとして持っておきたい人

もちろん、それぞれ持っておきたいおすすめのカードは違いますので、タイプ別におすすめのゴールドカードの選び方を紹介していきます。

また、最後に「すごいカード相談所」オリジナルの、おすすめのカードを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

タイプ1.とりあえず持っておきたい人

先程も少しお話ししましたが、ゴールドカードをとりあえず持っておきたい場合は、ステータスカードを1枚持っておけば問題ありません。

というのも、ゴールドカードは多かれ少なかれ年会費が掛かってしまうので、複数枚持つのは無駄ですし、1枚あればだいたいの場面で助けてもらえるからです。

 

タイプ2.ステータスとして持っておきたい人

ステータスとして持っておきたい人に最もおすすめなのが、ステータス系ゴールドカード1枚と格安ゴールドカード2枚という組み合わせになります。

なぜ3枚かというと、財布の中身がチラッと見えた時に見栄えがしますし、ブランドや限度額の問題で主要ゴールドカードが使えないという時にも、ゴールドカードを利用する事ができるからです。

まぁ可能であればステータス系3枚が最も良いのですが、それだけのカードを持つと、さすがに年会費がもったいないです…

 

すごいカード相談所おすすめのゴールドカードの持ち方

最後に、すごいカード相談所おすすめのゴールドカードの持ち方を紹介していきます。

 

とりあえずゴールドカードが欲しいあなた

三井住友VISAゴールドカード×ヤフージャパンカード

三井住友VISAゴールドカード×ヤフージャパンカード

三井住友VISAゴールドカードは、誰が見ても分かる高ステータスゴールドカードであり、年会費も1万円と高ステータスカードの年会費の最安値になります。

とりあえずでも、アメックスゴールドが最もおすすめですが、年会費が高くてどうしても…という場合は、三井住友VISAゴールドカードで問題ありません。

また、ヤフージャパンカードは、Tポイントが貯まる高還元率カードですので、使い勝手の良い1枚になります。

もちろん、ヤフージャパンカードは年会費無料なので、年会費を気にすることなく持つことができます。(ヤフージャパンカードの国際ブランドはJCBにしてください

 

最低限見栄えのするカードを持ちたいあなた

アメックスゴールド×三井住友VISAカード

アメックスゴールド×三井住友VISAカード

アメックスゴールドには圧倒的な認知度があるので、ゴールドカードの中でのステータス性はNo.1です。

ですので、ステータスの面は心配いりません。

ただ、アメックスは稀に使えないというケースが起こるため、VISAブランドのクレジットカードである、三井住友VISAカードが最もおすすめです。

ただ、年会費が1,000円ちょっと掛かってしまうので、年会費無料の高還元率カードである、楽天カードも選択肢の1つにしても良いかもしれません。

 

見栄えのする高ステータスを求めるあなた

アメックスゴールド×MUFGゴールド2枚

アメックスゴールド×MUFGゴールド2枚

先程もお話ししましたが、アメックスゴールドがあれば、ステータスは問題ありません。

あとは、万が一アメックスが使えなかった時の対策と、財布の中身がチラッと見えた時の対策として、予備のゴールドカードを持っておくことになります。

ですので、格安ゴールドカードで、券面がゴールドであれば、正直なんでも大丈夫です。

 

圧倒的な高ステータスがほしいあなた

ダイナース×アメックスゴールド×JALゴールド

ダイナース×アメックスゴールド×JALゴールド

ダイナースクラブカードアメックスゴールドが、ゴールドカードの2大ステータスカードになります。

ですので、圧倒的な高ステータスを求めるのであれば、この2枚は絶対に外せません。

そして、最後の1枚ですが、航空系カードを持っておく見栄えも利便性もあるかと思います。(ここではANAのJALカード CLUB-Aゴールドカードにしています)

ただ、飛行機に乗る機会がないのであれば、三井住友VISAゴールドとJCBゴールドの好きな方をチョイスしておけば良いと思います。

 

6.まとめ

ゴールドカードは、ただ持てばよいというわけではなく、きちんと自分にあったカードを選ぶ必要があります。

正直、ゴールドカードにポイント還元率を求めるのは賢い方法ではなく、一番にステータスを意識することをおすすめします。
※還元率を求めるのであれば、年会費無料のカードの方が優れています。

また、航空系カードはステータスもコスパも良いですが、マイルを使わない人にとっては、どっちつかずのカードになってしまうので、注意が必要です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事