ゴールドカードのステータスがわかる3つの基準とメリット

ゴールドカード ステータス

ゴールドカードに対して、前ほどすごいとは思わなくなりましたよね。

以前のゴールドカードは、一般のクレジットカードより、年齢制限や審査が厳しいため、ゴールドカードを持っていることがステータスの1つとして認められていましたが、ゴールドカード以上のステータスカードや20代でも持てるゴールドカード、年会費無料のゴールドカードの登場によって、ゴールドカードのステータス性というのは、減少しつつあります。

ただ、一部のゴールドカードには、今でも一定のステータス性は存在しています。

そこで今回は、今でもステータスのあるゴールドカードについてご紹介した後、ゴールドカードのステータスについて様々な角度からお話ししていきます。

目次
1.ステータスのある5つのゴールドカード
2.ゴールドカード3つのステータス基準
 基準1.カードとしての歴史と認知度のあるカード
 基準2.カードの入手難易度が一定基準以上のカード
 基準3.ゴールドカードと言えるカード
3.客観的に見たゴールドカードのステータス性
 視点1.クレジットカードに詳しくない人から見たステータス性
 視点2.クレジットカードに詳しい人から見たステータス性
 視点3.クレジットカード内でみたゴールドカード

4.ステータス性のあるゴールドカードを持つ方法
5.ゴールドカードのステータス的な3つのメリット
 メリット1.ゴールドデスク
 メリット2.様々な補償や空港のラウンジ使用料無料
 メリット3.様々な優待キャンペーン
6.ゴールドカードよりさらにステータスのあるカード
7.まとめ

 

1.ステータスのあるオススメのゴールドカード

まずは、ステータスのあるゴールドカードをご紹介します。

どのゴールドカードもステータス・サービスともに文句のないゴールドカードになっています。

「ステータスのあるゴールドカードが欲しい!!」という場合は、今回ご紹介している物の中から選ぶと間違いありません!

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメックス ゴールド キャプチャ アメックス ゴールド 年会費 ボタン アメックス ゴールド ポイント

詳細

ゴールドカードと聞くと、このカードを思い浮かべる人も多いのではないではないでしょうか?

そのくらい、ゴールドカード代名詞的な位置にいるのが、このアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードになります。

ステータスのあるゴールドカードの中では、最も持ちやすいカードにも関わらず、ステータスではゴールドカードの最上位と考えているカードでもあるので、ステータスを意識する方には最もおすすめのカードになります。

アメックスには、プラチナカードとセンチュリオン(ブラックカード)という2つの上位カードがあるので、ゴールドカードはなるべく多くの人に持ってもらい、その良さを実感してもらうことを目的としています。

 

ダイナースクラブカード

ダイナース キャプチャ ダイナース 年会費 ボタン ダイナース ポイント

詳細

アメックスゴールドと並ぶと考えられているのが、このダイナースクラブカードになります。世界初のクレジットカードでもあり、そのステータスは万人が認めるものとなっています。

アメックスゴールドは誰が見てもすぐにわかる目立つゴールドカードであるのに対し、ダイナースクラブカードは分かる人には分かる大人のステータスカードと言えます。

取得するハードルはアメックスゴールドより若干高くなってしまいますが、あまり目立たないステータスカードが欲しいという方には、ダイナースクラブカードがおすすめです。

クレジットカードについて多少なりとも知っている人が見れば高いステータスを感じられるカードですが、まったく詳しくない人が見ると普通のカードですので、1人でも多くの人にステータスを感じて欲しい場合はアメックスゴールドを選ぶようにしましょう。

 

三井住友VISAゴールドカード

三井住友 ゴールド キャプチャ 三井住友 ゴールド 年会費 ボタン 三井住友 ゴールド ポイント

詳細

三井住友VISAゴールドカードは、万人受けするステータスとサービスを兼ね備えています。

アメックスやダイナースと比べると、ステータスを感じてもらえる確立は少なくなってしまいますが、嫌みのないカードですので、誰が使っても違和感のでないカードでもあります。

アメックスゴールドは、どうしてもステータス感が出すぎてしまいますし、ダイナースクラブカードを若い人が持つと生意気と思われてしまうことも少なくありません。

そうした事を考えると、三井住友VISAゴールドカードはちょうど良いカードとも言えます。

ただ、いきなり審査に通るのは難しいので、仮に審査に落ちてしまった場合は一般カードヤングゴールドをある程度使ってから申す込むことをおすすめします。(理由は2章の基準2_指標3や4章でお話しています。)

 

JCBゴールドカード

jcb ゴールド キャプチャ jcb ゴールド 年会費 ボタン jcb ゴールド ポイント

詳細

JCBゴールドカードは、三井住友VISAゴールドカードと同等のステータスとサービスがあり、メリットはほぼ同じです。

三井住友VISAゴールドカード同様、いきなり取得するのは少しハードルの高いカードですので、一般カードヤングゴールドをある程度使ってから申し込むと取得の可能性がグッと高まります。

ただ、JCBゴールドカードには「JCB ゴールド ザ・プレミア」というゴールドカードの最上位カード(アメックスやダイナースより上)があり、それ目当てでこのカードを使っている人も少なくありません。(年間100万円の利用を2年間続けると取得できます)

 

JCBゴールドザプレミア キャプチャ
JCB ゴールド ザ・プレミア

(現在は発行廃止)シティゴールドカード

シティゴールドカード キャプチャ

詳細:以前は格安の年会費にも関わらず海外利用時にステータスを発揮したカードですが、現在は発行廃止になっています。

 

これらのカードにはステータスがあり、クレジットカードに詳しくない人はもちろん、詳しい人に対してもステータスのあるカードとして認識されます。

それでは、これらのカード踏まえた上で、まずはクレジットカードに詳しくない人のゴールドカードに対する認識と、ステータスがあると言える条件とその理由についてお話ししていきます。

2.ゴールドカード3つのステータス基準

ゴールドカードの種類が大量に増え、ステータスとして機能しないものも数多く存在しますが、今でもステータスとして機能するゴールドカードがいくつかあります。

具体的には、次の3つの基準を満たしているものが、ステータス性のあるゴールドカードと言えます。

ステータスのあるゴールドカードの3つの条件

基準1.カードとしての歴史と認知度のあるカード

ゴールドカードにはいろいろな種類がありますが、次の2点を満たしているゴールドカードが、ステータスのあるゴールドカードとなります。

  • 歴史がある
  • 世間の認知度が高い

そもそも、ステータスというのは、評価する人がいて初めて意味があります。

歴史のあるゴールドカードは多くの人に認知されているため、ゴールドカードとしてのステータスを築いています。

また、一言に歴史と言っても、ゴールドカードのステータスにおいては、世界で最初のクレジットカードというタイプのものとお金持ちがみんな使っているという口コミ的なものの2種類のものがあります。

それらを踏まえて、先ほど挙げたゴールドカードを見てみると、表のような歴史があります。

 歴史
ダイナースクラブカード世界で最初のクレジットカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードバブル期の影響でゴールドカード=このカードという認識の人が多い
三井住友VISAゴールドカード日本で初めてVISAブランドを発行した会社
JCBゴールド日本で唯一の国際ブランドであり、プロパーカード発行会社。
シティゴールドカード世界有数の銀行が発行しているカード

※アメックスは、バブル期にお金を持っていた人たちがこぞって使っていたため、かなりのステータスがあり、その時の名残りで今でもゴールドカードの代名詞となっています。

このように、ステータスのあるゴールドカードには、なにかしらすごい歴史があります。

もちろん、これらのカードは、ゴールドカードならではの優れたサービスを提供しているため、ステータスのあるゴールドカードとして自然と認知されるようになりました。

ちなみに、JCBのプロパーカードというのは、カード発行会社が独自に発行しているもので、ダイナースやアメックスもこのプロパーカードとなります。

逆に、三井住友VISAカードのように三井住友銀行がVISAと提携して発行しているカードを提携カードと言います。

クレジットカードは、プロパーカードの方がステータスは高いのですが、例外的に三井住友とシティのカードもステータスが高くなっています。

基準2.カードの入手難易度が一定基準以上のカード

ゴールドカードのステータスを決めるためには、次の3つの指標を基に考えていきます。

ゴールドカード 入手難易度の3つの指標

この3つの指標を踏まえることで、自分の価値観に合ったステータスのあるゴールドカードを選ぶことができると思います。

指標1.参考年収

今ではほとんど年齢だけしか明記されていませんが、以前は入会基準として年収が明記されていました。

そのため、その年収と年齢がステータスの担保となっており、現在でも以前公表されていたものをステータスの1つの指標とする人も少なくありません。

先程紹介した5つのゴールドカードの、入会に必要な年齢と参考年収は次の表のようになります。

 年齢参考年収
三井住友VISAゴールドカード30歳以上500万円以上
ダイナースクラブカード27歳以上500万円以上
JCBゴールド20歳以上400~500万円以上
シティゴールドカード25歳以上400万円以上
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード20歳以上300~400万円以上

これだけでは少しわかりにくいので、日本の男女別平均年収とサラリーマンの平均年収の図を見てみてください。

平成25年度年代別・男女別平均年収(引用元:年収ラボ)

男女別平均年収

URL: http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

サラリーマンの平均年収(引用元:年収ラボ)

サラリーマン平均年収

URL:http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

このデータからも分かるように、20代後半から30代後半までの男性の平均年収(300万円~500万円)がゴールドカードには必要になります。

また、平成25年度のサラリーマンの平均年収は414万円であり、年収500万円以上を必要とする三井住友VISAカードとダイナースクラブカードのステータスは、高いと言えます。

指標2.年会費

ゴールドカードのステータスを測る際、年会費の高さも1つの基準として考えられます。

年会費が高いという事は、「この年会費を払い続ける余裕がある、この年会費を上回るサービスを受けるほどの余裕がある」という見方ができるからです。

ゴールドカードは、ポイントよりもサービスに重きを置いています。

例えば、1人1万円~2万円のコース料理を食べに行った際、2人以上で行くと1人分無料になるというサービスがあります。

このサービスを年会費3万円のゴールドカードで受ける場合、最低でも2回行かないと年会費の元はとれません。

もちろん、仮に4人で食事に行ったとしても、3人分の食費は払う事になりますし、ドリンク代なども払う事になります。

このように、年会費分の元を取ろうと思うと、それなりの出費もすることになるため、年会費の高いゴールドカードを持てる人は、それだけ余裕がある証拠ともとることができるのです。

先程あげた5つのゴールドカードを年会費順に並べると、次のようになります。

 年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード29,000円
ダイナースクラブカード22,000円
シティゴールドカード12,000円
JCBゴールド10,000円
三井住友VISAゴールドカード10,000円

年会費を基準にみると、アメックスが圧倒的に高く次にダイナースが来ます。また、三井住友VISAカードは、条件によって年会費を4000円にすることができるので、5位としました。

そのため、年齢と参考年収で見た場合、最も条件の厳しかった三井住友が最下位となってしまいます。

標3.審査のブレ

ゴールドカードの審査にはブレが存在します。ブレと言うのは、審査を受ける人の状況によって、審査の基準を変える事です。

ここでいう審査の基準を変えるとは、自社が発行しているゴールドカードより低いステータスのカード(一般カードや20代向けゴールドカード)を使っていたユーザーを優遇するというものです。

この優遇によるブレ小さい順で先程の5つのゴールドカードを並べると図のようになります。

ゴールドカード 審査 ブレ 図

このブレの問題でみると、ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはブレが少ないことがわかります。特にダイナースは、ダイナースクラブカードが最もステータスの低いカードなので、このブレは一切ありません。

基準3.ゴールドカードと言えるカード

ゴールドカードには、冒頭でご紹介したようなカードと、格安ゴールドやヤングゴールドと言われるものがあります。

この中でステータスがあるのは、通常のゴールドカードのみになります。

格安ゴールドカードは、なんちゃってゴールドとも言われ、一切ステータスはありません。

また、ヤングゴールドは、見た目は通常のゴールドとあまり違いはない若い人向けのゴールドカードなので、正確に言うとステータスはありませんが、カードに詳しくない人が見たらステータスを感じてしまうカードになります。

3.客観的に見たゴールドカードのステータス性

ゴールドカードを客観的に見た時、どのくらいのステータスがあるのかは気になるポイントだと思います。

そこで、客観的に見たゴールドカードのステータス性について、次の3つの視点からお話ししていきます。

客観的に見たゴールドカードのステータス性_3つの視点

視点1.クレジットカードに詳しくない人から見たステータス性

クレジットカードに詳しくない人のゴールドカードに対する認識は、次の3つになります。

クレジットカードに詳しくない人の3つの認識

基本的に、2か3の認識の人が多く、ゴールドカードのステータスはまだまだ高いものがあります。

1のような人たちは一定数いますが、大半というわけではないです。

2のような人たちは、自分が持っている格安ゴールドカードやそれに近いゴールドカードに対しては評価が低いですが、それ以外のものに関しては、すごいと考えています。

また、日本全体で見た時、詳しい人よりも詳しくない人の方が多数派なため、これだけでもゴールドカードにステータスがあると言えます。

視点2.クレジットカードに詳しい人から見たステータス性

クレジットカードに詳しい人のゴールドカードに対する認識は、詳しくない人に比べて、少し複雑になってきます。具体的には、次の4つの認識があります。

クレジットカードに詳しい人から見たゴールドカードのステータス

この中の、2と3のような認識の人が増えているため、ゴールドカードのステータスが下がったと感じている人は少なくありません。

近年、格安ゴールドカードが増えただけでなく、一般のゴールドカードの審査基準もかなり引き下げられています。(もっというと、プラチナカードの審査基準も減少傾向にあります…)

細かな理由は省略しますが、簡単に言うとカード会員を増やして年会費で利益を上げようとしていることと、どれだけカードを利用してくれているかを重視するようになってきていることが、主な理由です。

そのため、クレジットカードに詳しい人の中では、ゴールドカードのステータス性というのは、かなり減少してしまっています。

また、クレジットカードに詳しい人は、ステータスカード(ゴールドカード以上のカード)を持っており、「自分が持てる(た)のだから、ゴールドカードにステータスはない」と言う人も少なくないです。

視点3.クレジットカード内でのゴールドカードのステータス

大雑把にですが、クレジットカードの中でのゴールドカードの位置を図にしてみたので、まずはこちらを見てみてください。(ちなみに、格安ゴールドカードと20代向けゴールドカードのように、同じグループ内の上下は字数で決めています。)

クレジットカードステータスピラミッド

このように、クレジットカード全体で見たときのゴールドカードのステータスは、真ん中か真ん中よりも下という事になります。

こうした見方をするとゴールドカードにステータス性はないように思えます。

しかし、ゴールドカードの保有率は、だいたい15%程とそこまで多くありません。(カードを持っていない人も含みます)
※株式会社ウェブクルーエージェンシーさんが調査した資料

このことから言えることは、20代向けのものや格安ゴールドカードを持っている人も含めてゴールドカードの保有者が約6~7人に1人という事であり、冒頭で挙げたようなゴールドカードを持っている人は10%を切るということです。

こうした見方をすると、ゴールドカードにステータスはあると言えます。

4.ステータス性のあるゴールドカードを持つ方法

ステータス性のあるゴールドカードを持つには、持ちたいカードのワンランク下のカードを持つのが最も早いです。

例えば、JCBゴールドが欲しい場合は、JCBカードをメインカードとして使う事で、JCBゴールドカードの審査が有利になります。

また、すぐにでもステータスのあるゴールドカードが欲しいという方には、次の3のゴールドカードがオススメになります。

  1. JCB GOLD EXTAGE
  2. 三井住友VISAプライムゴールドカード
  3. シティエリートカード

この32つのゴールドカードは、20代や若い人向けのものなので、比較的審査に通りやすいです。

さらに、シティのゴールドカードは、JCBや三井住友と違い、20代向けに発行されているゴールドカードに年齢制限がないため、20代でなくとも手にすることができます。

また、JCBと三井住友の20代向けのゴールドカードは、クレジットカードに詳しい人が見たらステータスがあるとは思いませんが、より上のカードを目指していると思ってもらえますし、知らない人が見たらすごいと思ってもらえます。

5.ゴールドカードのステータス的な3つのメリット

ここから、ゴールドカードのステータス的なメリットについてお話ししていきます。

具体的には、次の3つが挙げられます。

ゴールドカードのステータス的な3つのメリット

メリット1.ゴールドデスク

おそらく、最も多くの人がステータスを感じる事のできるサービスが、このゴールドデスクになります。

ゴールドデスクとは、簡易的な秘書サービスのようなもので、優れたものだと条件を伝えるだけで、旅行プランを組んでもらえたり、急な宿の手配を手伝ってくれたりします。

また、このデスクはゴールドカード会員専用なので、電話が込み合って待たされるという事はほとんどありません。

自分の秘書を持ったような感覚や、時間短縮できるなどは、まさにゴールドカードならではのステータスではないでしょうか。

メリット2.様々な補償や空港のラウンジ使用料無料

次に、ゴールドカードの代表的なメリットである、空港のラウンジ使用料無料についてお話ししていきます。

空港を利用する際は、ついつい早く着き過ぎるという事も少なくないと思います。

そんな時に、無料で空港のラウンジを利用できれば、優雅な時間を過ごすことができます。

ラウンジによって異なりますが、ドリンクは無料で飲めますし、無料のwi-fiや新聞などがあるためゆっくりでできますし、お金を払う事でアルコールやシャワー、マッサージ機を利用することができます。

よく飛行機を使う人にとっては、こうしたサービスを無料で受けられるというのは、かなり大きなメリットではないでしょうか。

メリット3.様々な優待キャンペーン

ゴールドカードには、様々な優待がついており、一流ホテルや旅館、レストラン等でも優待サービスを受ける事ができます。

特に、ダイナースクラブカードのサインレス・スタイルは、サポートデスクを通してレストランを予約することで、対象のお店であれば、当日の支払いを「サインレス・カードレス」で済ませる事ができます。

つまり、誰がお金を払うというやり取りをすることや、料金を支払うシーンを見られて気を使わせることなく、食事を楽しむことができます。

これは、かなりおすすめのサービスになります。

6.ゴールドカードよりさらにステータスのあるカード

ゴールドカードの上となると、プラチナカードがありますが、プラチナカードともなると年齢や年収等の審査が厳しくなるため、なかなか持つことができません。

その分、持つことさえできれば、それなりのステータスを示すことができます。(格安プラチナカードはゴールドカード程度しかありません)

基本的に、プラチナカードを手にする方法は、インビテーション(招待)と言って、「プラチナカードにしませんか?」という招待を受けるしかありませんでしたが、最近は自分で申し込む事ができるカードも増えています。

7.まとめ

最後に、ゴールドカードのステータスについてまとめていきます。

ゴールドカードのステータスは、ステータス性のあるカードであれば十分あると言えます。

しかし、ゴールドカードより上のステータスカードの存在や、審査の甘いゴールドカードの増加によって、その価値は下がりつつあります。

クレジットカードにステータスを求めるのであれば、ゴールドカードに留まらず、より上のプラチナカードに挑戦することもおすすめします。

クレカ大バナー

ゴールドカード ステータス