パチンコが原因で借金を作らないために知っておきたい4つのこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
パチンコ借金メイン画像

パチンコが原因で、借金が100万円や200万円という話はざらにあります。

そのため、自分だけでなく、恋人や友人、家族がパチンコが大好きという方は、どうすればそうしたことを防げるのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、パチンコが原因で借金を背負ってしまう原因はもちろん、そうならないための対策や、気をつけるべき目安についてお話ししていきます。

パチンコで借金を作らないためには次の4つのことを知る必要があります。

1つ目.パチンコで借金を作ってしまう原因
2つ目.パチンコが原因で借金を作ってしまう過程
3つ目.パチンコで借金を作らないためにすべき事
4つ目.パチンコで借金を背負った結果起こる事

それでは、1つづつ順にお話ししていきます。

目次
1.パチンコで多額の借金を背負ってしまう原因
2.パチンコが原因で借金を背負ってしまう3つの段階
 段階1.稼ぐことを目的にパチンコに行く
 段階2.何よりもパチンコを優先する
 段階3.感覚が完全にマヒする
3.パチンコが原因で借金を背負わないためにすべき3つ対策
 対策1.娯楽として遊ぶ
 対策2.財布を持ってパチンコに行かない
 対策3.他の事にお金を使う
4.パチンコで借金を背負った結果起こる事
5.まとめ

1.パチンコで多額の借金を背負ってしまう原因

パチンコ代として数万円のお金を借りてしまうことが、パチンコで多額の借金を作ってしまう原因となります。

もちろん、数万円の借入がいきなり数百万円の借金になるという事はなく、最終的にはパチンコ依存症がその原因となります。

ただ、その前段階として、パチンコのために借金をするようになったら、かなりの高確率で借金地獄になってしまうと考えて間違いありません。

借金で多額の借金を背負ってしまう人でも、最初のうちはお金を借りる事に抵抗があるため、給料日前に数万円のお金をパチンコ代として借りて、買ったら返済負けたら給料で返済という行動をとります。

しかし、お金を借りる事に慣れが生じてしまうと、借りる金額が5万→10万→20万と自然と膨れ上がっていきます。

なぜなら、最初は「給料で返せる金額を借りよう」と思いますが、何回か勝つ事で自信が付き「買ったお金で返そう」と思うようになります。

こうなってしまったら、借金地獄へ一直線です。

そのため、パチンコのために数万円でもお金を借り始めたら、パチンコを止めなければ多額の借金を抱えると考えて間違いありません。

パチンコが危険な理由

パチンコの還元率は70~90%であり、1万円使って7~9千円戻ってくる計算になります。

仮に、この数字通りの成果を出した場合、1万円で1~3千円しか損しないため、1か月10万円使ったとしても3万円ほどしか損しない計算になります。

そのため、きちんと自分で生計を立てている大人の趣味としては、そこまで危険ではありません。

しかし、パチンコに勝った人は気持ちが大きくなってしまい、多くの人が勝ったお金を浪費してしまいます。

そのため、結局はパチンコで使ったお金の大半を、無駄に消費してしまい、お金が足りなくなってしまいます。

これが、パチンコが危険な理由となります。

2.パチンコが原因で借金を背負ってしまう3つの段階

パチンコが原因で借金を背負うようになるためには、おおむね次のような3つの段階を踏んでいくことになります。

段階1.稼ぐことを目的にパチンコに行く

稼ぐことを目的にパチンコに行きだすと、借金を背負う可能性が出てきます。

借金を背負わない人は、娯楽として遊びに行ったり勝ちに行ったりして、パチンコを楽しんでいます。

そのため、勝ったらラッキーと考えます。

しかし、借金を背負ってしまう人は、欲しいものを買うためや、遊びに行くお金を作るためにパチンコに行くようになります。

ここで失敗してしまえばいいのですが、変に成功してしまうと、もしもの時はパチンコでお金を作れると考えるようになり、どんどんパチンコの悪い魅力にはまっていってしまいます。

段階2.何よりもパチンコを優先する

ここまで来ると、かなり危なくなります。

何よりもパチンコを優先してしまうくらいのめり込んでしまうと、普通の趣味に没頭するのとは話が違い、一種の依存症のような状態になります。

具体的には、当たった時の興奮や店内の騒音、店内の空気など、人によって目的は違いますが、とりあえずパチンコに行かないといけないという衝動に駆られてしまいます。

このような、依存状態になると、パチンコから抜け出すのがかなり難しくなります。

段階3.感覚が完全にマヒする

パチンコ依存症になってしまうと、感覚が完全にマヒしてしまいます。

1日数万円擦るのが普通であり、パチンコに行くことが当たり前となってしまいます。

その状態を続けるために、返す当てもない金額のお金を借りてしまい、勝ったら返そうと言い訳を続ける事で、どんどん借金が増えていってしまいます。

3.パチンコが原因で借金を背負わないためにすべき3つ対策

パチンコが原因の借金を作らないためには、段階的に次の3つの対策があります。

対策1.娯楽として遊ぶ
対策2.財布を持っていかない
対策3.他の事にお金を使う

対策1.娯楽として遊ぶ

これは対策と言えるかわかりませんが、パチンコを単なる娯楽として利用するのであれば、借金を背負う事はありません。

娯楽として利用できている目安としては、財布に3万円入った状態で、1万円だけパチンコで遊ぼうとした場合、負けても1万円で止める事ができるかどうかがになります。

逆に言えば、そうした遊び方ができないのであれば、パチンコはすべきではありません。

対策2.財布を持ってパチンコに行かない

パチンコに行ってしまうと熱中し過ぎてしまうが、パチンコが好きでどうしてもやめられないという場合は、1日に使う予定のお金を現金で持ち、財布を家においていくという方法があります。

これなら、熱中し過ぎてお金を使いすぎる事はなくなります。

また、この方法は財布を持っている時は絶対に行かないことが前提の為、仕事帰りやついでにパチンコに行くことはできなくなります。

その結果、トータルで使う予算も少なくできます。

対策3.他の事にお金を使う

この方法は、パチンコを止められる気がしないという人向けのものですが、パチンコで使うお金を、全て別の事に使うというのは、とても有効な対策になります。

パチンコを止められる気がしないという状態になってしまうと、パチンコで使うお金があると、ほぼ間違いなく行ってしまいます。

そのため、貯金することはいったん忘れて、他の趣味や興味のあることにどんどんお金を使っていくことが、重要になります。

そうすることで、パチンコに行く時間がもったいないような趣味や、好きなことができると、自然とパチンコに行かなくて大丈夫になり、お金があってもいけなくなります。

4.パチンコで借金を背負った結果起こる事

パチンコが原因で多額の借金を背負ってしまった場合、次のようなことが起こります。

  • 自己破産などの債務整理
  • 家族や友人を失う
  • 職を失う

パチンコによって多額の借金を背負ってしまった場合、上記のうち少なくとも1つは経験することになります。

そのため、十分に気をつける必要があります。

5.まとめ

それでは最後に、簡単にまとめを行っていきます。

  • パチンコによる借金の原因は、数万円の借入が始まり
  • パチンコは娯楽として楽しむ
  • 娯楽として楽しめなくなったら、パチンコにはいかない
  • パチンコによる借金は多くのものを失うことになる
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事