レイクについてまとめた結果おすすめの使い方がわかりました!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
新生銀行レイク

新生銀行レイクの良さって、結局のところよくわからくないですか?

確かに、CM等で有名で昔から知ってはいますが、他の消費者金融と比べて、何が良くて何がダメなのかよくわからないと思います。

そこで今回は、新生銀行レイクとは?という話から、レイクでお金を借りるのが向いている人やレイクの借入・返済方法まで、レイクに関する情報を全てお話ししていきます。

1.新生銀行レイクとは

「レイクちゃ~ん♪」というCMでおなじみの新生銀行レイクは、消費者金融ではなく銀行のカードローンになります。

昔のレイクは消費者金融だったので、そのイメージが強く、いまだに消費者金融と思っている人も多いですが、今は銀行になっています。

そのような経緯もあり、レイクのカードローンは銀行カードローンと消費者金カードローンの中間のようなサービスになっています。

2.新生銀行レイクの特徴

新生銀行レイクの特徴は、消費者金融のような様々なサービスと金利でありながら、銀行ならではの安心感を持っている事です。

このような形は、消費者金融から銀行に生まれ変わった新生銀行レイクしか持っていません。

レイク 特徴

3.レイクに向いている人と向いていない人

レイクに向いている人は、「26万円以下のお金を借りる予定であり、毎月1~5万円くらいしか返済しない」という人です。
※レイクを初めて利用する人に限ります。

逆を言えば、

  • 26万円以上借りる予定
  • 毎月6万円以上返済する

このどちらかに当てはまる場合は、無理して選ぶ必要はありません。

ちなみに、26万円以上お金を借りる場合は、レイク以外の銀行カードローンがおすすめですし、毎月6万円以上返済する場合は、30日間無利息サービスを使ったほうがお得になる可能性が高くなります。

4.レイクの最も優れたメリットと最も残念なデメリット

今回は、最も特徴的なメリットとデメリットを1つずつしか紹介しませんが、より詳しく知りたい場合は、「レイクのメリットとデメリットからわかったレイクの特徴」を参考にしてみてください。

レイクのメリットは無利息サービスにあり

レイク最大のメリットは、「30日間無利息サービス」と「5万円まで180日間無利息サービス」という2つの無利息サービスがある事です。

30日間無利息サービスは、大手消費者金融でも提供していることも多いですが、5万円まで180日間無利息サービスを提供しているカードローンはレイクしかありません。

無利息サービスについては、「レイクの2つの無利息サービスを徹底比較」を参考にしてみてください。

また、他にもATM手数料無料やレディースレイクといった様々なメリットがあります。

レイクのデメリットは消費者金融と金利が変わらない事

レイクは銀行のカードローンですが、金利が消費者金融と変わりません。

レイクの金利表

せっかく総量規制といった制限がないにもかかわらず、金利がこれだけ高いというのは、非常に残念な事です。

他にも、専業主婦は申し込めない等のデメリットはあるにはありますが、正直「これさえなければ最高なのにな~」って感じで、ほぼこれくらいしかデメリットはありません。

5.借入方法

レイクには、さまざまな借入方法があり、1時間前後でお金を借りる事ができます。

ウェブやアプリ、電話、自動契約機等で申し込むことができ、実際にお金を借りる方法も振り込みとATMの2種類から選ぶことができます。

レイク 申し込み~借り入れまでの流れ

レイクでお金を借りるまでの時間

借り入れ方法に関する詳しい情報はこちら⇒「新生銀行レイクで最短でお金を借りる方法と借り入れの疑問解決

そもそも審査に通るか心配って場合はこちら⇒「レイクの審査の謎がすぐわかる!審査に関する疑問を解決

6.金利

レイクの金利は大手消費者金融とほぼ同じです。

レイクの金利表

そのため、30万円以上の大きな金額を借りる事を考えると、あまりおすすめできません。

その場合は、他の銀行カードローンでの借入を検討した方が無難です。

金利に関する詳しい情報はこちら⇒「レイクってお得なの?気になるレイクの金利とお得なプラン

7.返済方法

レイクでは、振り込み・自動引落し・ATMという3つの方法で返済することができます。

この中でおすすめの方法というのはないで、自分に合った方法で返済していくことをおすすめします。

返済方法に関する詳しい情報はこちら⇒「レイクの返済金額と返済方法から理想の返済方法がわかる!

8.借り換え・おまとめ方法

レイクは借り換えには向いていますが、おまとめには向いていません。

また、借り換えをする際にも、今の借金の総額が26万円以下であることが、お得に借り換えを行う大前提になります。

実際に借り換えを行う場合は、申し込みの段階で借り換え目的で申し込んでいることをしっかり伝えるようにしましょう。

なぜ借り換えがおすすめで、おまとめがおすすめじゃないのかは「レイクで借り換えやおまとめはお得なの?気になる疑問を解決」で詳しくお話ししています。

9.まとめ

新生銀行レイクは消費者金融から銀行になったことで、銀行のような消費者金融のような不思議なカードローンです。

そのおかげで、少額の借入であれば、レイクに勝てるカードローンはないというくらい、おすすめのカードローンになります。

とりあえず、26万円以下の借入で、毎月1~5万円程しか返済しないのであれば、レイクが最もお得にお金を借りれるカードローンで間違いありません。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に「すごいカード相談所」を受け取る事が出来ます。

関連記事