HOME  カードローン部  お金借りる審査なしで10万を借りるには?審査が通らないときの最終手段も紹介

お金借りる
審査なしで10万を借りるには?審査が通らないときの最終手段も紹介

「審査なしで10万を借りる方法を知りたい……」と思っていませんか?

この記事では、そもそもカードローン借入では審査は必要か?という点とともに、少額融資の実態、また審査不要でお金を借りる方法についても解説します。

お伝えする内容をもとに、お金のピンチを乗り切りましょう。

審査なしでお金を借りることはできる?

手軽に10万を借りる方法としておすすめなのが、消費者金融のカードローンです。

しかし、消費者金融からの借入は審査が必須です。そのため審査が通らないと、別の方法を検討しなくてはいけません。

そもそも、カードローンではどうして審査が必要なのでしょうか?

なぜ審査が必要?

消費者金融で審査が必要なのは、「貸金業法」という法律により審査が義務付けられているからです。

貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者を対象とした法律のこと。借金が膨らみ、返済できなくなる人の存在が社会問題となったことを受け、2010年に現在の貸金業法の枠組みがつくられました。

審査は、貸し手だけでなく、借り手自身を守るためにも欠かせないものです。

貸し手側の消費者金融は、お金が返ってこなければ収益になりません。貸金業はビジネスです。ビジネスで生じた損失は、その会社が負担することが当然だからですね。

そのため貸し手としては、借金が返せなくなる可能性がある人に貸し付けるのはリスクです。そこで審査を行うことで、貸し倒れのリスクを未然に防いでいるのです。

一方で借り手側としては、返せる目途もないのに借金ができてしまうと、後で返済できずに困窮してしまいます。そのため審査を受けることで、自分自身が将来的に困るリスクを減らせるのです。

総量規制とは

借金を返せなくなるリスクを抑えるため、貸金業法では「総量規制」というルールも定められています。

総量規制とは、貸金業者によるの貸付合計 額の上限を定めたルールのこと。具体的には、年収の3分の1を超える額の貸し付けを禁止しています。
たとえば年収が300万円の人は、3分の1の100万円までしか貸金業者からの融資を受けられません。

総量規制も含め、貸金業者を通した貸し借りには多くの規制が存在します。一見すると厳しい基準に見えるかもしれませんが、これも全ては借り手と貸し手の双方を守るために必須要なもの決まり事なのです。

「少額融資は審査なし」はウソ

ちなみに、10万円などの少額を消費者金融から借りるときは審査がいらない、と聞いたことがある方もいるかもしれません。しかしこれは、ウソです。

消費者金融では、1万円を借りたい場合でも審査は必ず行われます。少額だからといって、審査基準が緩くなることもありません。

ただ大手消費者金融の審査の場合、原則50万円までの借入であれば収入証明書の提出が不要となっています。そのため「収入が少ないから審査に通らないかも……」と不安な方でも、審査に通る可能性は十分にあります。

「ブラックで審査通らない……」は思い込みの可能性も!

消費者金融の審査では、個人の信用情報がチェックされます。

信用情報とは、クレジットやローンなどの返済状況や契約情報のこと。「住宅ローンの引き落としが間に合わなかった」というのも信用情報に関わることです。

ローンなどが返済できないことが続くと、いわゆる「ブラック」な人としてお金を貸してもらえない可能性が高まりますつまり、信用情報に傷が付いている状態ですね。

ローンなどの返済が滞ってしまった記憶がある人は、「自分はブラックだから審査は通らないだろうな……」と思い込んでしまうこともあります。そして「審査なし」という甘い言葉に踊らされ、詐欺などの被害に遭ってしまうことがあるのです。

しかし、消費者金融によって審査の基準は異なります。A社の審査には落ちたけど、B社の審査に通過した、といったことはよくある話。そのため、自分はブラックと早合点せず、まずは審査に臨んでみることも大切です。

ちなみに、「ブラック」というのは法律で定義された言葉ではありません。そして一口に「ブラック」といっても、以下の2つのパターンに分けられます。

  • 金融ブラック
  • 申し込みブラック

それぞれ説明しますね。

金融ブラック

金融ブラックとは、返済などが滞ってしまったことが原因で信用を失ってしまった状態のことです。

お金の取引に関わる情報は、「信用情報機関」という専門機関が一元管理しています。「この人は〇月〇日にクレジットカードの返済が遅れた」といった情報もすべて記録されているんですね。

そして返済遅延などの情報があると、カードローンなどの審査に通りにくくなります。これが、俗に言うところの「ブラックリストに載る」という状態です。

ちなみに「ブラック」として記録される情報には、主に以下の4つがあるとされます。

  • 61日以上、または3か月以上の支払い遅延(延滞)
  • 債務整理を行った記録
  • 代位弁済を行った記録
  • 自己破産の記録

申し込みブラック

申し込みブラックとは、複数の金融機関に短期間で集中して審査を申し込むことで、審査に落ちやすくなってしまう状態のこと。審査に落ちやすくなる理由は、「返済能力がなく、手あたり次第にお金を借りようとしている人」といった評価を受けてしまうからです。

具体的には、半年のあいだに3社以上のローン申し込みを行うと「申し込みブラック」になるといわれています。

個人信用情報を確認してみる

カードローンの審査の前に、自分の信用情報に傷があるかを確かめる方法があります。それは、信用情報機関に問い合わせることです。

日本には信用情報機関が3社ありますが、カードローンに関わる信用情報は「JICC(日本信用情報機構)」がメインで管轄しています。

JICCの場合、申し込みから1週間~10日ほどで結果が届きます。「返済を遅延した記憶がある」など、自分の信用情報に不安がある方は、まずは信用情報機関に問い合わせてみると良いでしょう。

JICC

すぐにお金が欲しい場合は「プロミス」

自分の信用情報に問題がなさそうであれば、消費者金融の審査に申し込んでみましょう。
特に「お金が今すぐにでも欲しい」といった場合は、消費者金融大手の「プロミス」がおすすめです。

プロミスは、審査スピードが早いというメリットがあります。場合によっては、申し込みから審査完了まで30分、最短1時間で融資を受けられることも。

プロミスを初めて利用する場合は、30日間無利子でお金を借りることもできます。

カードローンランキング1位 プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

「お金を借りたいけど審査が通らない」ときに10万借りる方法

10万円を借りたい方のなかには、「消費者金融の審査になかなか通らない……」と悩む方もいるかもしれません。

このような場合でも、諦めるのはまだ早いです。ここでは、審査不要でお金を借りられる3つの方法を紹介します。

  • 質屋
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 生命保険「契約者貸付制度」

それぞれ説明しますね。

質屋

まずおすすめなのが、質屋を使うことです。

質屋とは、自分の持ち物を査定に出すことで、その査定額ぶんのお金を貸してくれる店舗のこと。審査不要で、当日中に現金を手に入れることができます。

持ち物を返してもらいたいときは、借入額に利息を加えた金額を質屋に返済します。返済を滞りなく済ますことができれば、質屋に渡していた持ち物は自分のもとに帰ってくる、という仕組みです。

また「質流れ」といって、質屋に預けた持ち物の所有権を放棄することもできます。この場合、持ち物は失ってしまいますが、借りた額を返済する必要はなくなります。

質屋は便利な方法ですが、一方で注意したいのが金利です。

一般的に、消費者金融の利息は「年利」で計算されますが、質屋の金利は「月利」。たとえば月利10%で10万円借りた場合、3か月後には13万円もの返済が必要になります。

また、質屋の利息は月割計算であることがほとんど。1日でもお金を借りると、1か月分の金利を請求されてしまいます。

審査がなく、手軽にお金を借りられることから、カードローン審査に通らない人には質屋は特におすすめの方法です。

ただ、大切な持ち物がなくなる可能性がある、金利が高いといったマイナス面も確かに存在します。
そのため質屋を使うときは、良い面だけでなく、デメリットも冷静に検討したうえで利用するようにしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

これは意外と盲点ですが、審査不要でお金を借りる方法として「クレジットカードのキャッシング枠」を使うという手もあります。

クレジットカードを契約するときに、多くの人は契約の流れのなかでキャッシング枠も同時に設定していることでしょう。設定している場合は、設定額のなかで借り入れが可能です。クレジットカードの契約の際に審査は終えているので、改めて審査されることもありません。

クレジットカードのキャッシング枠は、意外に見落としがちな方法です。まずは、持っているクレジットカードにキャッシング枠の設定があるか確認してみましょう。

生命保険「契約者貸付制度」

生命保険の「契約者貸付制度」も、審査不要でお金を借りられる方法としておすすめです。

契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の一部を借りられる制度のこと。借り入れにあたって追加で審査されることもなく、生命保険を解約する必要もありません。

また、消費者金融と比べて金利が低いといった特徴もあります。大手消費者金融の場合、利率が最大20%のことが多いですが、契約者貸付制度の利率は約2~6%。そのため、負担を抑えつつお金を借りることができます。

生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度を検討してみましょう。

「即金!審査なしで10万円ご融資します」の言葉には要注意!

少額でもいいのですぐに10万円欲しい場合、審査の時間も惜しく感じてしまうかもしれません。しかし、焦っているときこそ詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性が高まるので、注意が必要です。

特に、「即金でお金貸します!」「審査不要」といった言葉には騙されてはいけません騙されたと気付いたときには、かなりのお金を取って逃げられてしまっていることが多いからです。

具体的には、以下の2つの借入方法には絶対に手を出さないようにしましょう。

  • ヤミ金
  • 個人間融資

それぞれ説明します。

ヤミ金

どんなにお金がないときでも、ヤミ金からお金を借りてはいけません

ヤミ金とは、貸金業者として認められていないにも関わらずお金を貸し付ける違法集団のこと。「ブラックでもお金を貸します」「審査なしで貸します」といった甘い言葉で誘惑してきますが、一度でもお金を借りてしまうと辛い現実が待っているので注意が必要です。

たとえばヤミ金は、超高金利でお金を貸し付けてきます。そして払えないことが分かると、自宅や会社に取り立てに来ることもあります。

そもそも貸金業法では、「金利は最大20%まで」「強引な取り立ての禁止」といったことが明文化されています。しかしヤミ金は、こうした規定は一切無視。借り手の状態など知ることもなく、奪えるだけのお金を奪おうとしてきます。

そのためヤミ金に一度でも手を出してしまうと、精神的にかなり辛い状況に追い込まれてしまうのです。

特に、「10万借りるくらいなら、少しくらい金利が高くても問題ないだろう」といった考えはかなり危険です。気づけば借金が膨らみ自己破産……といった可能性もあるので、ヤミ金には絶対に手を出さないようにしましょう。

個人間融資

個人間融資にも手を出してはいけません。

個人間融資とは、個人同士が直接お金の貸し借りを行うこと。ネットに個人間融資の専用掲示板があったり、Twitterでは「#個人にお金貸します」といったハッシュタグが出回ったりもしています。
SNSなどで簡単にお金を借りられることから、個人間融資は特に若い人が多く利用する傾向にあります。

しかし個人間融資の貸し手は、ヤミ金や詐欺師であることがほとんど。前金を振り込んだらそのまま逃げられた、といった個人間融資の被害も多発しています。

そもそも、顔も知らない個人同士でお金のやり取りをすることは、リスクがかなり高いことです。良識のある人であれば、身元も知らない個人にお金を貸すなんてこともしないでしょう。

手軽に借りられる方法には、必ず罠があります。そのため、個人間融資にも近づかないようにしてください。

審査なしで10万借りる方法はある!お金のピンチを乗り切ろう

「10万くらいなら、審査をしなくても貸してくれよ……」と思う方もいるかもしれません。

ただ最初は10万でも、気付けば何倍にも膨らんでいることがあるのが借金の怖いところ。審査は、あとで自分が困らないためにも欠かせないものなのです。

もちろん、返済できる見込みがあり、しっかりとした計画のもと借金を返せるのであれば、カードローンなどはお金が欲しいときの心強い味方となります。

そして審査に通らない場合でも、今回紹介したように審査不要で借り入れができる方法も存在します。お金がピンチなときは、まずは自分が取り組める方法から試してみてくださいね。

カードローンランキング1位 プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン