HOME  お役立ち記事明日までに200万円稼ぐことは難しい カードローンなどで徐々にお金を作る方法

お役立ち記事
明日までに200万円稼ぐことは難しい カードローンなどで徐々にお金を作る方法

明日までに200万円稼ぐことは難しい カードローンなどで徐々にお金を作る方法

この記事は明日までに200万円を稼ぐ方法を知りたい人向けに書きました。

1日で200万稼ぐのはとても難しいので、一気に稼ごうとせず副業や報酬などで自分のペースでお金を作ったり、カードローンで資金を用意したりするところから始めましょう。

ある程度まとまったお金があれば、それを元手に借りる以外で200万円作ることもできるはずです。

明日までに200万円稼ぐ方法はとても少ない

明日までに200万円稼ぐ方法はとても少ない

明日までに200万円を用意するのはとても難しいことです。

稼ぐにしても借りるにしても、その方法は非常に限られます。

まず、明日までに200万円用意する方法を考えてみましょう。

200万即金で手に入れたい人は宝くじやギャンブルに挑戦

200万円もの大金を即金で手に入れられる方法でもっとも現実的なのは、ギャンブルや宝くじを当てることです。

当たりさえすれば、その時点で200万円を即金で手に入れることが決まるからです。

ただし確実性に欠けるうえ、非常に確率が低いのは言うまでもありません。

消費者金融や銀行で200万円借りるのはハードルが高い

200万円は消費者金融や銀行で借りられる範囲の金額ですが、大金なので厳しく審査されることは間違いありません。

仮に審査に通る見込みがあったとしても時間がかかるので、明日までに借りるのは難しいでしょう。

ただし、即日融資が可能な大手消費者金融の場合は、明日までに借りられる可能性があります。

ビジネスでも明日200万円の売り上げを手に入れるのは難しい

ビジネスは一定規模の取引なら、200万円を超える案件は珍しくありません。

フリーランスでも案件の内容によっては、1つで200万円以上売り上げが入ることもあるでしょう。

ただし、ビジネスの支払いは仕事が完了したあとになりますし、そこからさらに1ヶ月後の支払いであることがほとんどです。

200万円の仕事を受注しても、明日お金を手に入れることは難しいでしょう。

副業などで1万円など少額の稼ぎを積み重ねていくのがおすすめ

結論としては、1日で200万円を手に入れるためにはギャンブルや宝くじを当てる以外の方法は、どれも難しいといえます。

1万円くらいの少額なら当日払いのアルバイトなど方法はいくつかあるため、そうした方法で稼ぐのを積み重ねていきましょう。

消費者金融のカードローンは総量規制という縛りがある

消費者金融のカードローンは総量規制という縛りがある

消費者金融は融資限度額が200万円以上のところが多く、また大手の場合は即日融資に対応しているので、スムーズに審査を通過すれば200万円借りられるかもしれません。

しかし、実際に借りられるかといえば、実際のところかなり厳しいでしょう。

ここでは、消費者金融で200万円借りることの難しさについて解説します。

消費者金融のカードローンで200万円のお金を借りるには年収600万円が必要

消費者金融は貸金業法という法律に基づいて営業しており、そのなかに総量規制があります。

総量規制とは、融資希望者の年収の1/3以上の金額を貸してはいけないという規制です。

つまり、200万円の融資をするには、希望者が年収600万円以上なければなりません。

総量規制について詳しくは「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制」 をご覧ください。

200万円を借りたいとなれば審査も厳しくなる

仮に年収600万円以上あって総量規制をクリアしていても、200万円はかなりの大金なので、消費者金融は審査を慎重に行うでしょう。

特に消費者金融を初めて利用する人は返済実績がないので、消費者金融も慎重に審査するため、それなりに時間がかかります。

もし即日、または明日までにどうしてもお金を手に入れたいなら、50万円程度なら即日融資してもらえる可能性が高まります。

200万即金で手に入れてもそれは返さなければいけないお金

忘れてはいけないのは、消費者金融から借りたお金は返す必要があるということです。

借金で手に入れた200万円は稼いだわけではないので、厳密には自分のお金ではないということを肝に銘じておきましょう。

消費者金融で借りたお金を仕事の元手にする

消費者金融で借りたお金を仕事の元手にする

明日までには難しくても、長く時間をかけるなら200万円稼ぐことは決して不可能ではありません。

そのとき、元手になるお金があったほうがより効率よく稼げるでしょう。

消費者金融はそのための資金を借りる手段としてぴったりといえます。

仕事で使う機材を購入する

消費者金融で借りたお金で副業を始めるのに必要なものを買うのは、200万円を稼ぐひとつの手段です。

今はひとりでも気軽に始められる副業が豊富にあるので、自分に合ったものを選びましょう。

性能のいい自転車を買ってUber Eatsで報酬を得る

Uber Eatsは飲食店のメニューをデリバリーする仕事で、自分の好きな時間だけ働けるのが特長です。

配達の仕事なので乗り物が必要になり、自転車を使う人が多いため、できるだけ高性能な自転車を使うのがいいでしょう。

需要のある商品を仕入れて高く売る

ヤフオクやメルカリなどの売買サービスは、誰もが気軽に出品できることから人気を集めています。

不要品を売ることが正しい使い方ですが、需要のあるものを手に入れて高く売り、その差額で利益を出す人も多くいます。

ただし、高く売れるからといって買い占めるのは非常識な行為なので、節度を持って利用しましょう。

自分で動画を撮影してYouTubeに投稿する

YouTubeは人気が出てたくさんのチャンネル登録者数や再生回数を得られれば、収益化することも可能です。

動画を撮れるカメラと動画編集ソフト、そのためのパソコンがあれば誰でも始められることから、多くの人がYouTubeに動画をアップしています。

また動画の撮影・編集技術を身につければ他人の動画作成を手伝うこともできます。

クラウドソーシングには動画編集依頼の案件もあるので、興味がある人はチェックしてみましょう、

少額の稼ぎを確実に積み重ねて200万円を目指そう

少額の稼ぎを確実に積み重ねて200万円を目指そう

一気に200万円稼ぐのは、会社単位で取り組むような大型案件でないと難しいでしょう。

個人レベルでは少ない稼ぎを積み重ねて200万円を目指す方が、時間はかかりますが確実といえます。

ここでは、どんな方法があるのかを解説します。

自分の隙間時間を使って副業でお金を稼ぐ方法は取り入れやすい

今よりも稼ぐお金を多くするのに確実な方法は、仕事を増やすことです。

すでに本業を持っている人の場合、自分の隙間時間で少しずつ作業できる副業が取り入れやすいでしょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは仕事を発注したい人と受注したい人が、インターネット経由でつながって取引を行う仕事のやり方です。

ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングのマッチングサービスは多く、また豊富なジャンルの案件があるので、自分のスキルで対応できる仕事が見つかるでしょう。

短期アルバイト

短期アルバイトのメリットは、1日〜数日間働いてすぐにお金が手に入ることです。

時間に融通の利きやすい学生やフリーターにおすすめの方法です。

YouTubeやnote

YouTubeは動画で収益を上げられて、noteは読み物記事を販売できるプラットフォームです。

ライターやカメラマン、デザイナーといったクリエイティブなスキルを身につけている人なら、自分のコンテンツを公開してみるのも手です。

仮想通貨やFXなどの短期投資

短期投資は、1日単位で価値が変動する資産を持っておき、頻繁に売買を繰り返して利益を積み重ねていく投資方法です。

仮想通貨やFX(外国為替証拠金取引)は短期投資に多く利用されています。

投資なので経済状況によって損をする可能性がありますが、うまくいけば短期間で200万円の利益をあげられる可能性もある、ハイリスクハイリターンな方法です。

200万円稼ぐための元手を借りるのにおすすめのカードローン

200万円稼ぐための元手を借りるのにおすすめのカードローン

何を始めるにも元手が必要なので、そのためのお金は自分で用意しなければいけません。

消費者金融は借りたお金の利用目的が問われないので、200万円を稼ぐための元手に使えます。

大手消費者金融なら即日融資も可能なので、ぜひ検討してみてください。

カードローンランキング1位は
3秒診断で結果が早い
プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

まとめ

明日までに200万円稼ぐというのは非常に難しいため、もっと長い時間をかけて少しずつ稼ぎながら200万円を目指す方法を採りましょう。

そのための方法は副業から投資までいろいろありますが、何をするにも元手となる資金が必要です。

その資金を用意するために消費者金融はおすすめです。