HOME  消費者金融  アコムアコムの自動契約機(むじんくん)は融資まで最も早い!利用方法や注意点まで

アコム
アコムの自動契約機(むじんくん)は融資まで最も早い!利用方法や注意点まで

この記事は「アコムの自動契約機(むじんくん)でお金を借りようかな?」と思う人へ書きました。

「アコムの自動契約機(むじんくん)ってどうなんだろう?」
「今日中に借りたい場合にはおすすめなのかな?」

こういう疑問ってありますよね?

結論からいうと、アコムの自動契約機(むじんくん)は早くお金を借りたい人に最適です!

ポイントはインターネットで事前に申し込みをしてから、むじん君へ来店することです。

アコムの自動契約機(むじんくん)は早くお金を借りたい人にはおすすめ!

アコムでお金を借りる場合には次のような手順を踏みます。

  1. 申込み
  2. 仮審査
  3. 審査
  4. 契約
  5. カード発行
  6. 借入

即日融資を受けるには、この手順をわずか1日で完了する必要があります

その際に最もおすすめの方法が、アコムの自動契約機(むじんくん)です。

その理由は次の2つがあります。

  1. ネット申込と併用すると審査時間を短縮できる
  2. 即日融資に対応している時間が最も長い
すぐに自動契約機(むじんくん)で申込みしたい人は【早速アコムの自動契約機(むじんくん)でお金を借りてみよう!】をご覧ください。

ここからは、おすすめする理由について詳しくご説明します。

自動契約機(むじんくん)なら審査時間を短縮・効率化することができる

自動契約機(むじんくん)で審査時間を短縮・効率化できる理由は次の2点です。

  • インターネットで審査だけ事前に済ませられる。
  • 来店後は契約だけでアコムを利用できる。

インターネット申込で事前に審査を済ますことができる

自動契約機(むじんくん)では、個人情報などの必要事項をタッチパネルで入力したり、必要書類を備付けの機械でスキャンして送信します。

これらの作業で意外に時間がかかってしまうんですよね。

しかしネット申込みを利用することで、この審査時間を大幅に短縮し、効率化することができるのです。

そしてそのまま借入までできるため、トータルでのかかる時間が短くなるのです。

下の表は、ネットで申込んだ後、自動契約機(むじんくん)で契約・借入する流れです。

  1. ホームページで申込み
  2. 必要書類をスキャンまたは撮影して送信
  3. 審査が行われる
  4. メールまたは電話で審査結果報告
  5. 自動契約機(むじんくん)へ行く
  6. 契約書を確認して、署名。
  7. 備え付けの機械で契約書をスキャンする
  8. カードが発行される
  9. 備え付けのATMでキャッシング

自動契約機(むじんくん)に行くまでに「必要事項の入力」「必要書類の送信」「審査」という「時間のかかる手続き」が終わっていることが分かります。

時間に余裕のあるときにネット申込みで審査までの手続きを済ませて、都合の良いタイミングで自動契約機(むじんくん)に行き、契約→カード発行→キャッシングを行いましょう。

自動契約機(むじんくん)でのカード発行は最短で10分!

ネット申込みで事前に審査を済ませておけば、自動契約機(むじんくん)で契約後、最短10分程度でカードが発行されます

カードが発行されれば、備付けのATMやコンビニのATMでいつでもキャッシングすることが可能です。

契約書やカードは自動契約機(むじんくん)内で受取ることができるので、自宅にアコムからの郵便物が届く心配もありません

自動契約機(むじんくん)は即日融資を受けられる対応時間が長い

即日融資を受けたくても仕事などで忙しく、申込みや手続きの時間が取れない場合もあります。

その点自動契約機(むじんくん)は即日融資を受けられる対応時間が長いことが特徴となっています。

年中無休で9時~21時までと営業時間が長い!

アコムの自動契約機(むじんくん)は年中無休で9時~21時まで営業(年末年始を除く、一部店舗により異なる)しています。

そのため休日の朝から申込み→即日キャッシング→午後からは買い物にといった使い方や、平日仕事終わりに申込み→即日キャッシング→食事といった利用法も可能です。

20時までに申し込めば審査→当日融資が可能

自動契約機(むじんくん)では21時まで審査に対応しています。

そのため余裕を持って20時までに申込みを済ませれば、当日融資を受けることが可能です。

その場合は在籍確認用の書類を用意しておく

一連の審査過程の中に「在籍確認」という項目があります。

これは申込みをした人が申告した勤務先に「本当に在籍しているか」を確認する作業です。

本人が電話に出る必要はなく、会社の方に「○○は現在席を外しております」「○○は本日お休みを頂戴しております」という対応をしてもらえれば問題ありません。

ただ20時からの審査の場合、職場には誰もいないというケースも考えられます。

その場合でもアコムの審査は柔軟に対応してもらうことが可能です。

社員証や勤務先の名前が入っている健康保険証、給与明細書といった「在籍を確認できる書類」で代用することができます。

土日・祝日や夜遅くに審査を申込む場合は、在籍確認書類も忘れずに持参するようにしてください。

※楽天銀行なら24時間即時融資可能

申込みの当日融資を受けたい場合、営業時間内には自動契約機(むじんくん)に入りカードの発行を受ける必要があります。

しかし仕事や様々な事情で自動契約機(むじんくん)に行くことができず、カードの発行が受けられない場合もあります

そんな時は楽天銀行への振込を利用しましょう。

楽天銀行であれば平日・土日・祝日を問わず、24時間(23:49~0:10の間はシステムのメンテナンス)振り込んでもらうことが可能です。

インターネットで振込を依頼すれば1分程度で口座にお金が振り込まれます

また火曜日~金曜日に限りますが、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行でも同様の振込を依頼することができます。

詳しくは下の表を確認してみてください。

金融機関曜日受付時間振込実施の目安
楽天銀行月曜 ~ 日曜・祝日0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
月曜0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49受付完了から1分程度
火曜~金曜0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
土・日・祝日0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49翌日 9:30頃

ここまで、自動契約機(むじんくん)をおすすめする理由をお伝えしました。

ここからは「実際に自動契約機(むじんくん)を利用する際の注意点」をご説明します。

自動契約機(むじんくん)を利用するときの注意点

即日・スピーディーにお金を借りることができるのが、アコムの自動契約機(むじんくん)です。

しかし、スムーズにそして確実に利用するためにはいくつかの注意点があります。

  • 必要書類を忘れないようにする
  • 在籍確認に必要なものを確認する
  • 混雑していると即日融資ができない可能性もある

必要書類を忘れない

即日融資を受けようと自動契約機(むじんくん)に行っても、必要書類を忘れると審査を受けることができません

そうなると当然契約をすることはできず、キャッシングもできません。

そのため本人確認書類、収入証明書、在籍確認書類といった必要書類は絶対に忘れないようにしてください(収入証明書、在籍確認書類は必要ない場合もあります)。

在籍確認書類に使えるもの

自動契約機(むじんくん)での申込みが土日・祝日や会社の休業日だった場合、また会社の就業時間外に申込みをした場合、電話による勤務先の在籍確認を行うことができません

そのため社員証や勤務先の名前が入っている健康保険証、給与明細書といった在籍確認書類が必要となります。

混雑しているとカード発行まで時間がかかることも

広告などでは「最短1時間で融資OK」とうたっているアコムの自動契約機(むじんくん)。

しかし混雑していると審査に時間がかかり、カードの発行間まで数時間かかってしまう場合もあります。

特に土日、月曜、平日の18時以降は申込みが集中し、カードを受け取りキャッシングができるようになるまでかなりの時間がかかってしまいます。

ただそんな時でも「ネット申込み」「スマホアプリ申込み」で事前に審査を済ませておけば、大幅に時間を短縮することができます。

早速アコムの自動契約機(むじんくん)でお金を借りてみよう!

ネット申込み+自動契約機(むじんくん)で安心確実な即日融資を実現しましょう。

アコム キャプチャ

ボタン

チェック
アコムの審査に関するあらゆる情報は「アコムの審査に落ちる人を口コミから分析!アコム審査の全てを解説」で詳しく解説しています。

なお、アコムの自動契約機(むじんくん)の場所は、ホームページで探してみましょう。

【アコムの自動契約機(むじんくん)位置】

【補足】アコムの自動契約機(むじんくん)で返済は「毎月の指定日」or「35日ごと」

返済は重要なポイントなので、最後に少しだけ触れておきます。

返済方法は自動契約機(むじんくん)などアコムのATMで行う方法の他、セブン銀行などの提携ATMやネットでも返済することができます。

手数料のかからない自動契約機(むじんくん)での返済か、ネット返済がおすすめです。

また返済日はATM返済や振込の場合、「35日ごと」「毎月指定期日」を選ぶことができます。

「35日ごと」の返済は、給料日にうっかり返済を忘れても5日分の猶予があるという嬉しい仕組みです。