アコムのコンビニATMでの借入・返済方法を紹介!手数料や利用時間まで

この記事は「アコムをコンビニATMで利用したい!」人に向けて書きました。

  • アコムのコンビニATMで借入・返済ってどうやるの?
  • 利用時間や手数料はどうなっている?

こういった疑問ってありますよね?

この記事では、コンビニATMでアコムを利用する際に必要なことを全てご説明します。

アコムを利用できるコンビニATMを金融機関別に紹介

アコムカードローンはアコムの専用ATM以外では、コンビニでの借入・返済が可能です。

提携している主要の金融機関は以下の通りです。(2019年1月16日現在)

三菱UFJ銀行
セブン銀行
イーネット
ローソン銀行
イオン銀行
北海道銀行
北陸銀行
東京スター銀行
八十二銀行
第三銀行
広島銀行
西日本シティ銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
クレディセゾン

これらの金融機関ATMならば、カードローンの借入・返済が可能です。

ただしイーネットに関しては、イーネットのマークがあるコンビニATMで利用できます。

イーネットのマークがあるコンビニATMは主に次の3つのコンビニです。

  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ

次は実際にコンビニATMでの借入方法について紹介します。

アコムのコンビニATMでの借入方法を図を用いて紹介

コンビニでの借入手順(方法)は以下になります。

ここでは、提携数の多い、セブン銀行ATMでの借入手順を説明します。

提携ATMによって多少操作手順は、変わる可能性があります。

①コンビニATMにアコムカードを挿入する

矢印

②タッチパネル又はボタンの「出金(借入)」を選択する

矢印
③「暗証番号」を入力する。

矢印
④取引金額と「円」という画面右下のボタンを押す。(なお硬貨は利用できない)

矢印
⑤明細票とアコムカードを受け取る。

矢印
⑥紙幣を受け取る

次はアコムのコンビニATMでの返済方法を紹介します。

アコムのコンビニATMでの返済方法を図を用いて紹介

コンビニでの返済方法は以下になります。借入方法と同様に、提携数の多い、セブン銀行ATMでの返済手順で説明しますね。

①アコムカードをコンビニATMに挿入する

矢印
②タッチパネル又はボタンの「入金(返済)」を選択する

矢印
③「暗証番号」を入力する。

矢印
④ご希望の返済取引を選択する。(入金する口座も選択する)

矢印
⑤紙幣をコンビニATMに入れる。

矢印
⑥入金内枠を確認する(注意:確認を押した後は取引できません)

矢印
⑦明細票とアコムカードを受け取る

以上がコンビニATMでアコムを返済する方法になります。

ただし「カードローン」と「ショッピング」を二つとも返済したい場合には、一回ずつ別々に入金手続きを行ってください。

次はコンビニATMを利用する際に気を付けたい注意事項を2つ紹介します。

アコムをコンビニATMで利用する際の2つの注意点

コンビニATMは多くの場所に存在しており、非常に利便性が高いです。

しかし利用する際には、次の2つの注意点を意識しましょう。

  • コンビニATMでは手数料がかかってしまう
  • 利用時間に制限がかかってしまう

それぞれ詳しく説明します。

アコムをコンビニATMで利用すると手数料がかかってしまう

アコムカードローンをコンビニの提携ATMで利用した場合には、金額に応じて手数料がかかります。

借入・返済にかかる手数料は以下の通りです。

取引金額手数料
10,000円以下108円
10,000円以上216円

108円など金額でみると少額に思えるかもしれません。

しかし毎回利用する場合には、その金額は意外と馬鹿にならないかもしれません。

もし手数料がどうしても気になる方は、アコムの専用ATMを利用しましょう。

アコムの専用ATMならば手数料は全くかかりません。

アコムの専用ATMがある場所は以下のリンク先から確認できます。

【アコムの公式ATMの場所】

インターネットバンキングは手数料無料だが、事前申し込みが必要

手数料を無料にしたい方には、返済ならばインターネットバンキングもおすすめです。

インターネットバンキングならば、365日、24時間いつでも手数料無料で返済できます。

ただし事前の申し込みが必要なので、注意してください。

インターネット返済に関しては「プロミスでお金を借りた時の返済金額【おすすめの返済方法も紹介】」をご覧ください。

アコムのコンビニATM利用時間について

アコムをコンビニATMでの利用できる時間は以下の通りです。

提携先ATM利用時間(平日・土日・祝日)
セブン銀行ATM0:10~23:50
イオン銀行ATM0:10~23:45
ローソン銀行ATM0:10~23:50

借入・返済問わず、この時間となっています。

なお注意点として、毎週月曜日1:00~5:00は定期点検のため、利用できません。

またeネット、銀行ATMなどに関しては各ATMにより時間が異なります。確認は各銀行サイトでお願いします。

つぎはここで紹介した以外のよくある質問にお答えしますね。

アコムのコンビニATMでよくある質問集

ここではアコムのコンビニATMに関して、よくある次の4つの質問にお答えします。

  • コンビニATMでアコムは土日に利用できるのか?
  • アコムの返済で小銭(端数)は利用できるのか?
  • 数千円の少額借入は可能なのか?
  • コンビニからでも一括返済はできるのか?

順番に説明しますね。

コンビニATMでアコムを土日に利用できます

以下の提携金融機関のATMならば、土日でもコンビニATMを利用できます。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネットATM

イーネットATMが設置してあるコンビニの代表は以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • デイリーヤマザキ
  • コミュニティー・ストア
  • ニューデイズ

注意したい点は、ファミリーマートの場合はゆうちょ銀行ATMを設置してあるコンビニがあります

ゆうちょ銀行の土日に利用することができないので注意してください。

またイーネットが設置してあるファミリーマートの場合には、システムメンテナンスがあります。

それゆえに3:00~5:00の間で15分程度利用できない時間があります。

コンビニATMでアコムを利用する時には端数は返済できません

コンビニATMでは返済する際に小銭(端数)を利用することはできません。

必ず千円単位での返済(入金)を行います。

この時に心配なのが「返済金の端数が残ってしまう」ことです。

この端数はアコム側で遅速・手数料を付けずに支払い期限も設定されない残高として記録されます。

このような残高を無利息残高といいます。

無利息残高は、最終的に借入金額を全て返済する時にまとめて支払うことで対応できます。

しかしこの記録は信用情報機関には残ってしまうというデメリットがあります。

住宅ローンなど新しくローンを結ぶ際に、審査で悪影響となってしまいます。

出来れば毎回端数まできっちり返済することが理想です。

三菱UFJ銀行ATMまたは、インターネット返済ならば小銭も利用できますよ!

数千円の少額借入はセブン銀行ならばコンビニでも可能

千円単位での借入(出金)に対応しているコンビニはセブン銀行ATMです。

それ以外のATMでは、一万円単位での借入(出金)の対応となってしまいます。

そのため千円単位での借入(出金)を希望するならば、セブン銀行もしくは、アコムATMでの借入(出金)をおすすめします。

コンビニATMでもアコムを一括返済できる

アコムの一括返済はコンビニATMからでも可能です。

ただしコンビニ利用は、千円単位の取り扱いとなり端数は返済できません。

千円単位での返済(入金)を行い、端数のみコンビニ返済以外の方法で返済する。

こうすることによって、アコムの一括返済が可能になるでしょう。

*アコム完済時の端数金額には利息・手数料・支払い期限は一切ありません。端数分はインターネット返済や店頭窓口、銀行振込での支払いが可能です。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー