アコムの必要書類は何がある?書類の種類から準備の仕方まで紹介!

この記事は「アコムの必要書類に関して知りたい!」という人に向けて書きました。

「アコムの必要書類って何があるの?」
「所得証明書って絶対に必要なのかな?」
「本人確認で使える書類ってどれ?」

こうした不安ってありますよね。

結論アコムでは基本的に本人確認書類のみでOKですが、所得証明書が必要な場合もあります

ちょっと複雑ですが最初に表でまとめてありますので、ぜひご覧ください!

アコムの必要書類は本人確認書類のみ!場合によっては収入証明書が必要

アコムでお金を借りるときに必要な書類は、基本的には本人確認書類のみです。

ただし所得証明書も必要になるケースもあります。

一体どんな時は本人確認書類だけでよいのか?所得証明書が必要になるときはどんな時なのか?を表にまとめました!

50万円以下を借りたい51万円以上を借りたい他社借入と合わせると、借金が100万円以上になる
給料をもらっている人本人確認書類本人確認書類+所得証明書
自営業や個人事業主など本人確認書類+所得証明書?本人確認書類+所得証明書

大抵の人は給料をもらっていると思いますし、50万円も借りないと思います。

そのため基本的には本人確認書類だけで十分です。

問題は自営業や個人事業主の方です。

彼らは少額の融資でも所得証明書が必要になるケースが多いです。

所得証明書を提出できないと融資は長引きますし、下手をすると審査に落ちる可能性もあります。

一応いかなる場合にも備えて所得証明書も準備しておきましょう。

【ポイント】所得証明書を自主的に提出することで先手を打とう!

審査に通過するポイントとして、自主的に所得証明書を提出することがあります

特に所得の安定性を疑われやすい、水商売・派遣社員や自営業主などにおすすめです。

自主的に提出してこられると、審査担当者も信用しやすいですよね。

それでは次は本人確認書類や収入証明書に何が使えるのか?紹介します。

アコムで提出できる本人確認書類と収入証明書をわかりやすく紹介

本人確認書類や収入証明書として利用できる書類を紹介します。

意外と複雑ですので、チェックしていく順番でわかりやすくまとめました。

まずは全員必要になる本人確認書類からです。

本人確認書類は顔写真付き→現住所確認→顔写真なしの順番

本人確認書類でチェックしていきたい順番が以下の通りです。

まずは顔写真付きの書類を持っているのかを確認しよう。

顔写真付きの本人確認書類は次の通りです。

【顔写真付きの本人確認書類】
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

このどれか1つでも持っているかどうかを確認します。

そして次はこれらの書類の住所が現住所と合っているのか?を確認しましょう。

書類の住所が現住所と違う場合は他の書類も必要になる

顔写真付き本人確認書類の書類が現住所と合っているか確認しましょう。

現住所と合っている場合には、その書類だけで本人確認書類はOKです。

現住所と合っていない場合には、次の書類から1つ用意しましょう。

【現住所になっている書類】
  • 健康保険証(表面と裏面)
  • 住民票(本籍地・マイナンバー・住民票コードなし)
  • 公共料金の領収書(電機水道ガス・固定電話・NHK)
  • 納税証明書(ただし発行日から6ヶ月以内のもの)

これらの書類から1つ+住所が違う顔写真付き書類を合わせて提出すればOKです。

最後に顔写真付きの書類がなかったときを紹介します。

顔写真なしの書類を2つ用意しましょう

顔写真付きの書類がなかったときは、健康保険証(表面・裏面)+その他の顔写真なしの書類1枚が必要となります。

顔写真なしの書類としては次の書類が利用できます。

【顔写真なしの本人確認書類】
◎健康保険証(表面と裏面)←絶対必要
・住民票(本籍地・マイナンバー・住民票コードなし)
・公共料金の領収書(電機水道ガス・固定電話・NHK)
・納税証明書(ただし発行日から6ヶ月以内のもの)

以上が本人確認書類に関する説明となります。

次は収入証明書に関する説明をいたしますね。

収入証明書の一覧表~おすすめは源泉徴収票~

収入証明書は次の書類から1つ用意しましょう。

注意点はその書類が最新のものか確認することです。

書類名書類の発行時期
源泉徴収票最新年度の書類
給与明細書直近2ヶ月
(賞与がある人は賞与明細書も)
市民税・県民税額決定通知書現在発行される「最新年度」
所得証明書現在発行される「最新年度」
確定申告書・青色申告書・収支内訳書最新年度の書類

おすすめは源泉徴収票です。

源泉徴収票は1年間の所得がわかるうえに、早く用意することができます。

【補足】外国籍の方の場合には永住者証明書が必要になります

日本に永住している外国籍の方はカードローンを利用する際に、特別な書類が必要です。

在留カードか特別永住者証明書のいずれか1つを用意しておきましょう。

以上で必要書類として使える書類の説明は終わりです。

次は必要書類が全くないという人に向けて、書類を用意する方法を簡単に説明します。

必要書類がない?必要書類を用意する方法を紹介

ここでは必要書類を用意する方法を紹介します。

なお直近でお金を借りたい人と考えて、準備に時間のかかる書類は省略しますね。

教習所に通って免許を取れ!なんて非現実的化と思いますので(笑)

まずは本人確認書類についてからです。

おすすめは住民票~顔写真付きは時間がかかります~

おすすめは住民票です。

市役所・区役所で申請すればすぐに発行してもらえます。

また港区など一部の地域ではコンビニでも発行できるみたいなので、自分の地域を確認してみましょう。

なお顔写真付きの証明書は最短でも1週間はかかってしまいます(パスポート)。

おすすめは源泉徴収票

源泉徴収票の発行は会社に頼めば、すぐに再発行してくれます。

なかには会社に頼むのが嫌な人もいるでしょう。

その場合には確定申告書ならば会社へ届ける必要はありません。

ただし1ヶ月はかかってしまいますので、おすすめはできません。

最後に必要書類を提出する際に気を付けてほしいことを紹介します。

必要書類を提出する際に気を付けてほしいこと

必要書類を提出する際に気を付けてほしいことは以下の通りです。

  • 記載内容がはっきり見えるようにする
  • マイナンバーは隠す

特に重要なことが、記載内容をはっきりわかるように提出することです。

アコムでは基本的に必要書類を写真に撮って、アップロードすることになります。

このときアップロードした写真が不明瞭ですと、審査がなかなか進みません。

下手をすると再提出となり、審査が大幅に遅れてしまうでしょう。

必要書類の準備ができたなら早速アコムに申し込もう

さっそく必要書類が準備できた人はアコムに申し込みましょう!!

アコム キャプチャ ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー