アコムの金利って高い?借りた金額ごとの返済額やお得な利用方法まで

アコムを利用してみたいと思ったとき、金利って気になりますよね。

やっぱり消費者金融なので、アコムの金利って高いの?実際どれくらいの返済額になるの?など、よくわからない点も多いかと思います。

しかし、実際の金額を把握しておかないと、借り入れたあとに、返済で全然余裕がない!こっちのプランの方がお得だった!と後悔してしまうかもしれません。

そこで今回は、金利と利息の関係から、返済方法による違い、さらに借り入れ金額に対する利息の例お得に利用する方法などをまとめて紹介していきたいと思います。

目次
1.アコムで借りた場合の金利
2.金利と利息の関係
3.アコムの返済方法
①35日毎
②毎日指定期日
4.お得に利用するには
①毎回の返済額を多めにする
②35日毎の返済方法で月1回返済していく
③余裕があるときは追加入金をする
④返済方法は無料のものを使用する
5.その他の大手消費者金融と比べてみよう
6.まとめ

1.アコムで借りた場合の金利

まず、アコムの金利ですが3.0~18.0%となっています。

どこの消費者金融も、初めて利用する人には基本的に最大金利を設定しているので、アコムの場合は18.0%が適用されます。

もちろん、借入金額によって最大金利は変わってくるので、下記表を参考にしてみてください。

アコム 金利

表にあるように、基本的に100万円以下の借り入れの場合も最大金利が適用される場合が多いようです。

2.金利と利息の関係

まず、利息の計算方法ですが、下記の式で計算可能です。

借入金額(借入残高)×金利(0.18)÷365日(※)×利用日数=利息
※平年の場合の日数(うるう年は366日で計算します)

実際に借り入れる金額ごとに、30日間でどれくらいの利息になるのか見てみましょう。

利息 30万円

※最大金利で計算した場合の金額です。

10万円借り入れる場合の計算は次のようになります。

10万 × 0.18 ÷ 365日 × 30 = 1,479円

300万円の借り入れの場合、最大金利が7.7%まで下がるので、次のように計算します。

300万 × 0.077 ÷ 365日 × 30 = 18,986円

3.アコムの返済方法

アコムの返済方法は決まっていますが、実は返済方法によってかかる利息が違ってきます

下記二種類がアコムの返済方法です。

  1. 35日毎
  2. 毎月指定期日

それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 35日毎

返済日の翌日から数えて35日ごとに返済していく返済方法で、初回利用時は借入日の翌日から数えて35日以内となります。

こちらの返済方法では、30日間無利息サービスを利用できるため、基本的にはこちらの返済方法の方が利息安くなります

ただ、長期間の返済で、支払い期日ギリギリに返済をする場合、次にご紹介する毎月指定期日よりも支払いのサイクルが遅くなるため、利息が高くなってしまう場合もあるので、35日単位ではなく月に1回づつ返済してくことをおすすめします。

35日毎
30日間無利息サービスは契約日の翌日から適用される

30日間無利息サービスですが、適用されるのは「借り入れた日」からではなく「契約日の翌日」からカウントされてしまうので、利用したい場合は契約後すぐに借り入れましょう。

② 毎月指定期日

利用者が毎月の返済日を決められる返済方法です(口座振替を利用する場合、毎月6日に設定されます)。

長期間の返済になる場合はこちらの返済方法の方がお得になる場合があります。

また、こちらの返済方法だと、毎月決まった日に返済をしていくので、返済日を忘れてしまったなどのリスクを避けることができます。

結局35日毎と毎月指定期日はどちらがお得なの?

アコムでお金を借りる場合、35日毎の返済を選び、毎月1回づつ返済していく事が最もお得です。

35日毎の返済方法では、30日間無利息サービスが利用できるので、毎月1回のペースで返済していくと、毎月指定期日に返済するより、1か月分利息がお得になります。

4.お得に利用するには

下記の4つがあげられます。

  1. 毎回の返済額を多めにする
  2. 35日毎の返済方法で月1回返済していく
  3. 余裕があるときは追加入金をする
  4. 返済方法は無料のものを使用する

①毎回の返済額を多めにする

一番の方法は「毎回の支払い額を少しでも多くする」ことです。

利息は、元金(借入残高)に金利を掛けた額になるので、当然元金が少なければ少ないほど利息は安くなります。

毎回の返済額を多くすることでそれだけ元金は早く減っていき結果利息も安く済むのです。

②35日毎の返済方法で月1回返済していく

先ほどもご紹介しましたが、アコムでお金を返済する際は、35日毎に返済を選択し、無利息サービスを利用した上で毎月一回ペースでの返済していくのが最もお得です。

アコムでお金を借りる場合は、必ずこの方法を利用しましょう。

③余裕があるときは追加入金をする

追加入金とは毎月の支払いとは別に返済することを言います。

支払い期日より15日以上前の入金で追加入金という扱いになります。

毎月の支払いには必ず利息が含まれていますが、追加入金の場合は利息が含まれず、すべて元金の返済に充てられます

追加入金で多いのは、ボーナスが入ったときに一気に元金を返済してしまうという方法になります。

④返済方法は無料のものを使用する

返済方法によって無料のもの手数料が発生するものがあります。

無料の返済方法を利用することで、毎回の返済にかかる手数料を節約することができます

下の表で確認してみましょう。

返済方法 手数料 利用可能時間

口座振替、インターネット、アコムATM、店頭窓口での返済は手数料が無料となっています。

手数料は、表でみると少額に見えますが、返済の度にかかってしまうことを考えると軽視できない金額なのです。

金利18.0%1万円1カ月借りた時の利息が約150円という事を考えると、ATM手数料は非常にもったいないです

5.その他の大手消費者金融の金利と比べてみよう

アコムは消費者金融の中で最大のシェアを誇っていますが、その他の大手消費者金融の金利と大した違いはありません

下の表で各社の金利を比べてみましょう。

大手消費者金融の金利

最大金利はほとんど変わりませんが、強いて言えばプロミスが最も低く17.8%になっています。

ただ、この金利の違いはそこまで気にする必要はありません。

例えば、アコムとプロミスで10万円を借り入れ、毎月1万円台で返済していく場合、アコムプロミスの利息の違いは95円になります。

アコム プロミス 利息 比較

アコムとプロミスのサービスにはほとんど違いがないため、少しでも安くお金を借りたいのであれば、アコムよりプロミスをおすすめします

一方で、アコムモビット最低金利が3.0%と低くなっていますが、消費者金融で最低金利が適用されるケースはほとんどないので、気にする必要はありません。

~消費者金融の最大金利はなぜ18.0%が多い?~

主な消費者金融では18.0%(プロミスは17.8%)という最大金利が設定されていますが、これは利息制限法に基づく金利なのです。

◎利息制限法に基づく上限金利

・年率:20%
→元本の額が10万円未満の場合

・年率:18.0%
→元本の額が10万円以上100万円未満の場合

・年率:15%
→元本の額が100万円以上の場合

6.まとめ

アコムの金利について、いかがでしたでしょうか?

返済方法の違いを把握し、返済プランをしっかりと立てることで、お得に利用できるということがおわかりいただけたかと思います。

自分に合った返済プランを立て、今回ご紹介した節約方法を参考に、かしこくカードローンを利用しましょう。

アコム

ボタン

詳細

アコムの最大金利は18.0%ですので、初めてお金を借りる際は18%が適用されると考えて問題ありません。

アコムでは30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めて利用するのであれば30日間はタダでお金を借りることができます。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

アコムでは、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

申し込みは、24時間365日受け付けており、審査自体は平日や土日関わらず最短30分で終わるので、お急ぎの方でも安心です。 

しかも、アコムは、最短即日でお金を借りることができ、スマホ等を使うことで「申し込み~契約」までをWEBで完結できるため、来店せずにお金を借りることも可能です。

ただ、審査対応時間は9時~22時までですので、当日中にお金が必要であれば遅くても20時までには申し込みをしましょう。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

しかも、プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

また、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

もちろん、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方にも安心です。

数あるサービスの中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

新生銀行カードローン レイク

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの金利は4.5%~18.0%と大手消費者金融と違いはありません。

ただ、新生銀行カードローン レイクには2つの無利息サービスがあり、「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスを提供しています。 

このサービスを使えば、28万円までの借入で毎月の返済金額が6万円未満であれば、消費者金融や銀行カードローンよりお得にお金を借りることができます。

また、新生銀行カードローンレイクは、セブン銀行、ローソンATM等の提携ATMの利用手数料は無料ですので、利息以外に余計なお金を払う必要もありません。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー