アコムとプロミスの違いは?両社を徹底比較

プロミス アコム 違い

カードローンを利用したいとき、自分でも知っている会社だと安心しますよね。

アコムとプロミスはCMや広告でもよく見かけますし、どちらも大手の会社です。

でも、実際に利用することを考えると、どちらがいいのか決められない!という方がほとんどだと思います。

そこで今回は、アコムとプロミスを徹底的に比較し、いろんな観点からどちらが優れているのか解説していきたいと思います。

目次
1.6つの視点から見たアコムとプロミスの違い
視点1.審査基準
視点2.金利
視点3.限度額
視点4.審査時間・融資時間
視点5.借入・返済方法
視点6.サービス内容
2.アコムとプロミス、どちらがおすすめ?
3.アコムとプロミスの申込方法
3-1.アコムの申込方法
3-2.プロミスの申込方法
4.アコムかプロミスに申し込む 5.まとめ

アコムとプロミス

アコム

ボタン

詳細

アコムは消費者金融最大手のカードローンになります。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

アコムは、最短即日でお金を借りることができ、スマホ等を使うことで「申し込み~契約」までをWEBで完結できるため、来店せずにお金を借りることも可能です。

もちろん、後日カードを郵送してもらうことや、審査終了後自動契約機を使ってお金を借りる事もできます。

また、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

また、アコムでは30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めて利用するのであれば30日間はタダでお金を借りることができます。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、カードローンで受けたいと思うサービスのほぼすべてを提供しています。

その中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

プロミスなら最短即日でお金を借りることができるのはもちろん、30日間の無利息サービスも受けることができます。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスは、正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

1.6つの視点から見たアコムとプロミスの違い

まず、両社のスペックを簡単に比較してみましょう。

プロミス アコム 違い1※金利は変動する可能性があります。

最大金利はプロミスの方が0.2%低くなっています。

最大限度額はプロミスが500万円アコムが800万円と、アコムの方が高めに設定されています。

審査時間・融資時間は両社とも違いはなく、最短1時間で借入可能となっています。

アコムとプロミスの特徴については下記で詳しくご紹介しています。
アコムの特徴と審査ポイントを大公開!アコムがおすすめな人は?
プロミスの5つの特徴からわかる利用に向いている人・いない人

視点1.審査基準

両社の審査基準を比較してみましょう。

プロミス アコム 違い2

両社とも、安定した収入があればパート・アルバイトでも審査対象となります。

大手消費者金融では、各社とも審査基準に大きな違いはなく、「ここは審査が甘いから通りやすい」「ここは厳しいから通りにくい」というようなことはありません。

「確実に審査に通る!」という正確な条件は公開されていませんが、下記の条件を満たしているようであれば審査に通過する可能性があると言えます。

プロミス アコム 違い3

より詳しく調べたい方は下記の記事をご覧ください。
アコムの審査は通りやすい?審査に通る基準と落ちてしまう原因
プロミスの審査で落とされる6つの原因・対策と最短で借りる方法

視点2.金利

アコムは3.0%~18.0%プロミスは4.5%~17.8%という金利になっています。

はじめて利用する場合、基本的に最大金利が適用されますので、プロミスの方がお得に利用できる可能性が高いと言えます。

実際に、アコムとプロミスの最大金利で借りた場合、返済額にどれだけ差が出るのか見てみましょう。

プロミス アコム 違い4

一括返済の場合だと16円1万円ずつ返済する場合だと94円の差があります。

少しでも安く利用したいという人は、プロミスの方が向いていると言えます。

アコムとプロミスの金利については下記で詳しくご紹介しています。
アコムの特徴と審査ポイントを大公開!アコムがおすすめな人は?
プロミスの5つの特徴からわかる利用に向いている人・いない人

視点3.限度額

アコムは最大800万円プロミスは500万円まで設定可能となっています。

500万円超えの借入を希望している人はアコムを利用しましょう。

消費者金融で最大限度額で利用するのは難しい

消費者金融で最大限度額で設定される人はかなり限られています。

消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の1/3以上の借入はできません

プロミス アコム 違い5

アコムの最大金利800万円で利用できる人は年収2400万円以上プロミスの最大金利500万円で利用できる人は年収1500万円以上が必要であるということです。

視点4.審査時間・融資時間

この項目では両社にほとんど差はないようです。

両社とも、審査時間最短30分・融資時間最短1時間となっており、即日融資にも対応しています。

ただし、即日融資のタイムリミットを比べると、プロミスの方が遅い時間まで対応可能となっています。

アコムは21時までに契約完了プロミスは22時までに契約完了という条件になっています。

アコムとプロミスの審査基準については下記を参考にしてみてください。
アコムの審査は通りやすい?審査に通る基準と落ちてしまう原因
プロミスの審査で落とされる6つの原因・対策と最短で借りる方法

視点5.借入・返済方法

借入・返済方法はプロミスの方が優れています。

実際に両社の借入・返済方法と手数料を比較してみましょう。

プロミス アコム 違い6※ローソン・ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポート

両社の手数料は下記の通りです。

プロミス アコム 違い7

プロミスでは、自社ATMと三井住友銀行ATMが無料で利用可能となっており、また返済方法としてコンビニに設置されているLoppiFamiポートも無料で利用できます。

手数料は両社とも違いはないようですが、プロミスではポイントサービスを利用することで、一定期間無料にすることができます

アコムとプロミスの返済方法については下記で詳しくご紹介しています。
アコムで返済!知らないと損?お得に返済する方法♪
プロミスでお金を借りた時の返済金額とおすすめの返済方法

視点6.サービス内容

サービス内容ではプロミスの方が充実しています。

実際に両社のサービス内容を比較してみましょう。

プロミス アコム 違い8

プロミスではポイントサービスを実施しており、ポイントを貯めることで無利息期間を追加したり、ATM手数料を無料にすることができます。

また、プロミスでは「おとくらぶ」というサービスを実施しており、プロミス会員であればレジャー・宿泊施設・飲食店の利用で割引を受けられます。

プロミスのポイントサービス・おとくらぶについては下記の記事をご覧ください。
プロミスってお得なの?プロミスを利用するメリットを徹底解説

30日間無利息サービスはプロミスの方がお得

アコム・プロミスの両社とも実施咲いている30日間無利息サービスですが、実は適用期間に違いがあります

アコムは「契約日の翌日から」プロミスは「借入日の翌日から」適用となります。

アコムは契約したその日の内に借りなければ30日間フルで適用とはなりません。

プロミスは契約した日に借りなくても、借りた翌日からカウントされるため、一日も無駄にすることなく利用できるのです。

プロミス アコム 違い9

2.アコムとプロミス、どちらがおすすめ?

ずばりプロミスをおすすめします。

金利の低さ・サービス内容からアコムよりお得に利用しやすいためです。

ただ、借入方法として口座振込を利用する場合、楽天銀行の口座を持っているならアコム三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているならプロミスの方が使いやすくなっています。

アコムは楽天銀行の口座であれば24時間最短1分で振込、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば24時間最短10秒で振込可能となっています。

プロミス アコム 違い10

その他、アコム・プロミスそれぞれのおすすめポイントは下記の通りです。

プロミス アコム 違い11

3.アコムとプロミスの申込方法

両社の申し込み方法として、オススメなものを紹介します。

アコムの申込方法

簡単に手続きできるインターネットか、夜遅くまで対応可能なむじんくんでの申し込みがオススメです。

プロミス アコム 違い12 プロミス アコム 違い13

必要な書類は下記の通りです。

プロミス アコム 違い14

プロミスの申込方法

WEBだけで契約可能なWEB完結か、夜遅くまで対応可能な自動契約機での申し込みがオススメです。

プロミス アコム 違い15 プロミス アコム 違い16

必要な書類は下記の通りです。

プロミス アコム 違い17

4.アコムかプロミスに申し込む

最後にアコムとプロミスの特徴をまとめましたので、ご紹介します。

アコム

ボタン

詳細

アコムは消費者金融最大手のカードローンになります。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

アコムは、最短即日でお金を借りることができ、スマホ等を使うことで「申し込み~契約」までをWEBで完結できるため、来店せずにお金を借りることも可能です。

もちろん、後日カードを郵送してもらうことや、審査終了後自動契約機を使ってお金を借りる事もできます。

また、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

また、アコムでは30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めて利用するのであれば30日間はタダでお金を借りることができます。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、カードローンで受けたいと思うサービスのほぼすべてを提供しています。

その中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

プロミスなら最短即日でお金を借りることができるのはもちろん、30日間の無利息サービスも受けることができます。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスは、正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

5.まとめ

基本的にはプロミスをおすすめしますが、両社とも大手消費者金融であり、安心して利用できるカードローンとなっています。

また、少額・短期的な借入であればそこまで大きな差が生まれることはありません。

実際に利用することをシミュレーションし、自分の使いやすい方を選択しましょう。

ローン大バナー

プロミス アコム 違い