消費者金融アイフルの無利息期間は罠?体験談から分かりやすく解説

大手消費者金融会社「アイフル」では、初回の借り入れに限り、30日間無利息サービスを利用することができます。

つまり、30日間以内に返済ができるなら、たとえば5万円を借り入れても5万円を返すだけで済むんです!

これはとてもお得ですし、友人・知人からお金を借り入れるよりも後腐れがなく便利でしょう。

でも、こんなにおいしい話は、「もしかして罠なんじゃないか……」と、お金のことだけに疑ってしまいますよね。

そこで、この記事ではアイフルの無利息サービスについて徹底的に調べ上げました。

公式サイトの情報はもちろんのこと、実際に30日間無利息サービスを利用した方の口コミ体験談も調べ上げたので、よりリアルな情報を知ることができますよ。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アイフルの30日間無利息サービスの概要

契約限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%(実質年率)
担保・連帯保証人どちらも不要
無利息サービス適用日契約日の翌日から30日間

アイフルでは、30日間の無利息サービスをおこなっていますが、実際にこのサービスを利用することでどのぐらいお得になるのでしょうか。具体例をあげてチェックしてみましょう。

借入&返済例1

借入額5万円(金利18.0%)
契約日2018年2月1日
返済日同年2月25日
返済額5万円
利息額0円

まず、こちらはアイフルの無利息サービスを利用した上で借り入れをおこない、契約日翌日から30日以内に返済した場合です。

無利息サービスが適用されている30日以内に返済をおこなえば、この通り、利息はゼロ。借りた金額をそのまま返すだけになります。

たとえば、「給料日直前だけどどうしても行きたい飲み会が!」というときに借り入れて、給料日にはすぐに返済するといったケースなら、キャッシングで一番不安になる利息面のデメリットが一切ありません。

借入&返済例2

借入額10万円(金利18.0%)
契約日2018年2月1日
返済日同年8月2日
返済額106,521円(108,000円)
利息額7,395円(8,874円)

こちらは契約日翌日に借り入れを行い、半年後に返済した場合です。

カッコ内が無利息サービスを適用していなかった場合に支払わなければいけない額ですが、1,479円分がお得になっています。

また、この金額は借入額が大きくなればなるほど大きくなり、50万円の借り入れなら7,395円もお得になります。

無利息サービスを使わない手はない!

上記の通り、借入額や返済までの期間に関係なく、無利息サービスは1ヶ月分の利息がゼロ円になります。

また、無利息サービスを利用したからといって、「必ず◯ヶ月間で返済をおこなわなくてはいけない」など、無利息期間中に全額返済ができないようにされているといった罠もないので、ご安心くださいね。

それでは、次にアイフルの30日間無利息サービスを利用して、お金を借り入れるまでの流れを見ていきましょう。

アイフルの30日間無利息サービスの適応ルール

  • アイフルの理由がはじめてであること
  • 無担保キャッシングローンを利用すること
  • 満20歳~69歳であること
  • 審査に受かること

アイフルの30日間無利息サービスを利用するには、上記の条件を満たしている必要があります。

上記3点については特に問題ないと思いますが、4つ目の審査については、もう少し詳しくチェックしていきましょう。

アイフルの審査とは

アイフルと契約を結ぶ際には、必ず審査というものがおこなわれます。

これは返済能力があるかどうかを審査するためのもので、どこの消費者金融会社でも実施しているものです。

いざお金を貸したところで返済することができなければ、アイフルとしても困ってしまいますからね。

ただ、この審査がやや手間であることもあり、「どうしても早急にお金を貸してもらいたい」と審査なしのヤミ金融に手を出してしまう方もいますが、これは絶対に避けるようにしましょう。

すぐに借り入れができ、その瞬間だけは良いかもしれませんが、ヤミ金融は法外な金利を設定しているほか、返済が無理となれば家や会社に押し入るなど違法な取り立てをおこなうこともあります。

そのように人生を壊されてしまわないように、必ずアイフルなど審査ありの消費者金融会社を選ぶようにしてください。

審査で行われること

  • 申し込み情報の確認
  • 申し込み情報と相違がないか勤務先への在籍確認
  • ほかに借り入れや過去に延滞をしていないか信用情報の確認

審査でおこなわれるのは、主に上記のような情報の確認です。

申し込み時にアイフルへと送った情報に誤りがないか、まずは勤務先に電話をかけ、在籍確認がおこなわれます。

これに対して、「職場の人にキャッシングローンの利用がバレるのでは」と不安になる方がいますが、そのようなことがないようアイフルでは、会社名を名乗ることなく、「◯◯さんはいらっしゃいますか?」とたずねるだけです。

このときにあなたが出社しているのであれば、電話を変わることになりますが、不自然のないように2、3の受け答えの後、電話は切られます。

また、出社していない場合でも、「◯◯は離席しております」などの返答が得られれば、それだけで在籍確認はOK。こちらも不自然のないように電話を切ってくれることになっています。

それから、信用情報の確認についてですが、これは「CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)」と呼ばれる機関に問い合わせておこなわれます。

CICには消費者金融会社やクレジット会社の利用履歴が残っているため、そこで過去の借入額や返済の延滞情報を確認し、返済能力があるかどうかを見極めることができるのです。

以上のように、申し込み内容に問題がなく、返済能力にも問題がなければ、審査を通過。そして、アイフルと契約を結び、早速借り入れをおこなうことができるようになります。

アイフルの審査について詳しくは「アイフルの審査時間と基準~早い遅い?難易度は?口コミからも検証」をご覧ください。

アイフルの無利息サービスを使えば銀行ローンよりお得?

アイフルの無利息サービスのお得さを大手銀行ローンと比較して、チェックしてみましょう。

オリックス銀行カードローンと利息額を比較

【アイフル/金利18.0%】

30日60日90日8年
0円1,479円2,958円140,505円

【オリックス銀行カードローン/金利17.8%】

30日60日90日8年
1,463円2,926円4,389円140,448円

※30日を1ヶ月と考えての年単位計算のため、実際には多少の差異があります。

アイフルでもオリックス銀行カードローンでも10万円を借り入れた場合の例です。

ご覧の通り、無利息サービスを利用していると、最大金利が0.2%低いオリックス銀行カードローンとでは、7年以内の返済であれば、アイフルの利息総額のほうが安く済みます

三井住友銀行カードローンと利息額を比較

【アイフル/金利18.0%】

30日60日90日180日
0円1,479円2,958円7,395円

【三井住友銀行カードローン/金利14.5%】

30日60日90日180日
1,191円2,382円3,573円7,176円

アイフルでも三井住友銀行カードローンでも10万円を借り入れた場合の例です。

三井住友銀行カードローンは、アイフルよりも金利が3.5%も低いですが、5ヶ月以内の返済であれば、アイフルの利息総額のほうが安く済みます

借入期間によっては断然お得

以上の通り、借り入れから返済までの期間が一定の間は、銀行のカードローンと比較しても、アイフルの無利息期間30日はとてもメリットが大きいことが分かります。

ただ、多額を何年もかけて返済していく場合には、銀行カードローンのほうがお得になることもあるため、必ず「どのくらいで返済できそうか」を踏まえて比較するようにしましょう。

アコムやプロミスよりお得?

続いて、アコムやプロミスといったアイフルと同様に無利息期間のある消費者金融会社と比較してみましょう。

アコムのカードローンと比較

【アイフル/金利18.0%】

30日60日90日120日
0円1,479円2,958円4,437円

【アコム/金利18.0%】

30日60日90日120日
0円1,479円2,958円4,437円

アイフルでもアコムでも10万円を借り入れた場合の例です。

アイフルもアコムも金利が同じな上、無利息期間が30日と同じなため、どちらも利息額に差がありません

プロミスのカードローンと比較

【アイフル/金利18.0%】

30日60日90日120日
0円1,479円2,958円4,437円

【プロミス/金利17.8%】

30日60日90日120日
0円1,463円2,926円4,389円

アイフルでもプロミスでも10万円を借り入れた場合の例です。

アイフルもプロミスも無利息期間は30日ですが、金利はわずかにプロミスのほうが低いため、若干ながらプロミスの利息が安く済んでいます

ちなみに、プロミスの無利息サービスは借入日の翌日から30日間無利息です。

アイフルは契約日の翌日からなので、契約したその日にお金を借りないと、30日間無利息になりません。

プロミスの無利息サービスについては「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由」で解説しています。

無利息サービス以外の強みがポイント

上記の通り、大手消費者金融会社では無利息期間を設けていることが多く、利息額に大きな差がつくことは少ないのが現状です。

そのため、大手消費者金融会社から選ぶときには、無利息サービス以外のサービスで比較検討することをおすすめします。

たとえば、アコムはカードレスでの契約が不可なため、必ず契約後に自宅に郵送物が届き、一人暮らしでない場合にはこれを避けたいということもあるでしょう。

一方、アイフルやプロミスは郵送物なしのカードレス契約が可能。その上、アイフルの場合は、スマホアプリをダウンロードすることで、スマホをカード代わりに使用することができます。

そのため、Webから借り入れ手続きをして、銀行に振り込むことしかできないプロミスのカードレス契約とは違い、アイフルではWebからの振込融資だけでなく、最寄りのATMでサクっと借り入れすることもできるといったメリットがあるのです。

このように自分が実際に利用する上で、どこの大手消費者金融会社に多くのメリットを感じられるかを比較してみてください。

アイフルと他社の金利比較について詳しくは「アイフルの金利は高い?他社比較と利息計算で徹底調査しました」をご覧ください。

アイフルの契約手続き&借入方法

無利息サービスやアイフルそのもののメリットを知ったところで、契約から借り入れるまでの流れをチェックしてみましょう。

申し込み方法は3パターン

  • インターネット
  • 店頭or無人契約機
  • 電話

アイフルの契約申し込み方法は上記3パターンです。それぞれのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

インターネット

【メリット】

  • 24時間365日申し込みが可能
  • 知人にバレる可能性が少ない
  • カードレス契約が可能
【デメリット】

  • 相談しながらの申し込みができない

インターネットから契約申し込みをした場合のメリットは、上記の通り、「気軽で便利である」ことが最大でしょう。

唯一のデメリットとして、スタッフに相談することができないといった点が挙げられますが、どうしても相談したいことがない限りは、こちらの方法をおすすめします。

店頭or無人契約機

【メリット】

  • 相談しながら契約が可能
  • その場でカードを受け取ることができ郵送がない
  • その場で審査が始まる
【デメリット】

  • 知人に見られる心配がある
  • 店舗ごとに利用時間が決まっている

アイフルのお店や無人契約機まで足を運び契約申し込みをした場合のメリットは、店頭ならその場でスタッフと、無人契約機なら契約機に備え付けの電話で「スタッフに相談をすることができる」点でしょう。

また、その場で審査をおこなってくれるため、比較的スムーズに借り入れまで進むといったメリットも大きいです。

ただ、出向くことでお店に入っていったことが知人に見られてしまうと、「お金に困っているんだ」などの印象を与えてしまいかねないことから、敬遠する方も少なくはありません。

電話

【メリット】

  • 相談しながら契約が可能
【デメリット】

  • 利用時間が決まっている

電話で契約申し込みをした場合のメリットは、店頭などと同じく「相談しながら契約が可能」な点でしょう。

ただ、利用時間が決まっているほか、場合によっては通話中でなかなか繋がらないといったことも考えられるため、特に相談したいことがなかったり、インターネット環境がないや利用が不得手という場合以外ではあまりおすすめできません。

どの方法でも必要書類はあるため、先に準備を

なお、どの申し込み方法を選んだとしても、必ず「本人確認書類」が必要なほか、アイフルから50万円以上の借り入れを望む場合や、他社の借入総額を合わせたときに100万円以上になる場合には、「収入証明書類」が必要です。

本人確認書類は運転免許証やパスポートなど、顔写真付きのものが望ましいですが、これらを用意できない場合には、書類を複数提出することで本人確認書類としてもらうことができます。

具体的にどんなものが必要かについては、公式サイトや下記記事をよくご確認ください。

アイフルの必要書類ついて詳しくは「アイフルは必要書類をWEBから提出できるけどWEB完結には注意?」をご覧ください。

申込み後に審査がおこなわれる

申し込みが済むと審査がおこなわれますが、インターネット申し込みの場合には下記の点に注意してください。

審査受付時間に注意

インターネットでの申し込みは24時間365日受け付けていますが、審査に関しては受付時間が9:00~21:00と決まっています。

そのため、21時に近づけば近づくほど、翌日に審査が持ち越しになる可能性が高くなり、即日借り入れができなくなってしまうのです。

目安として、その日の午前中に申し込みをおこなえば、即日借り入れが可能だとは言われています。

しかし、たまたま申込者が多い日もあるので、なるべく余裕をもって申し込みをするようにしましょう。

また、どうしても即日借り入れをしたいというときには店頭や無人契約機で申し込みすることをおすすめします。

アイフルはカードレス契約が可能

審査に無事に通過した場合には、メールもしくは電話でその旨が伝えられ、契約を締結。すぐにインターネットから借り入れ手続きをおこなうことができます。

また、通常の契約を選ぶと、数日後に自宅にATMで利用できるカードが送付されてきますが、カードレス契約を選んだ場合には、特に郵送物はなく、完全なWeb完結での契約が可能です。こちらは好みで選ぶようにしてください。

借入方法は3パターン

  • ATM
  • インターネット
  • 電話

借り入れはATMにてカード、もしくはスマホアプリを用いて、その場でお金を引き出すか、公式サイトのマイページや電話から振り込み手続きをおこなうことでできます。

基本的には、その場ですぐにお金が欲しいのであればATM、人の目が気になるようならインターネットからがおすすめです。

アイフルの返済方法

契約から借り入れまでの流れが理解できたなら、次は返済方法も押さえておきましょう。

返済方法は4パターン

  • ATM
  • 金融機関
  • コンビニ
  • 口座振替

アイフルへの返済は、ATMや金融機関、コンビニを利用して振り込みができるほか、毎月決まった日に自動で引き落としてもらうことのできる口座振替でおこなうことができます。

無利息サービスを最大限活かすなら口座振替以外が安心

4パターンの返済方法がありますが、口座振替では返済日が6・23・27日と引き落とし日が決まっています。

つまり、契約日との関係によって、無利息期間が過ぎた後に引き落としになってしまい、無駄に利息を多く支払うことになってしまう恐れもあるのです。

そのため、無利息サービスを最大限活かしたいのであれば、返済の目処がついたらすぐに返済をおこなうことのできる口座振替以外の方法をおすすめします。

返済期日ギリギリなら金融機関やコンビニも避けよう

また、返済期日ギリギリに返済することになった場合には、ATMからの直接振り込みがおすすめです。

金融機関やコンビニを間に通すと、実際に手続きを行ってから振り込みまでに時間がかかる恐れがあります。

返済期日に遅れると遅延損害金が発生

アイフルでは、「約定日制」という毎月決まった日にちを返済期日とするパターンと、「サイクル制」という35日ごとに返済期日がやってくるパターンを採用しており、このどちらかを選ぶことになります。

そして、どちらにしても返済期日に間に合わなかった場合には、「遅延損害金」という罰金を支払わなくてはいけません。

アイフルの遅延損害金は金利20.0%(年率)となっているため、10万円の借入残高があり、返済が5日遅れた場合には、109円(100,000×20.0÷365×5=109)の遅延損害金を支払う必要があります。

このように短期間の遅れであれば、そこまで大きな損失にはなりませんが、延滞日数が延びれば延びるほど損失が大きくなるため、気をつけてください。

また、どうしても返済が滞りそうなときには、アイフルに相談の電話を入れるのも吉。返済方法の変更など、具体的な提案をしてもらえる可能性が高いです。

1,000円未満は無利息残高になる

アイフルへの返済は基本的にATMなどを用いて、1,000円単位でおこなうことになります。

そのため、借入残高が1,000円を下回った場合には、「無利息残高」に変更され、以後、新たな借り入れをするまでは、利息が一切発生しなくなるといった仕組みがあるのです。

また、無利息残高については支払い義務もなく、放置してしまって問題ないことも覚えておきましょう。

返済後はアイフルを解約すべきか

無利息残高を残り、アイフルへの返済を終えた後は、そのままにしておいても良いのでしょうか。

解約した場合のメリットとデメリットから、その点を考えていきましょう。

解約した場合のメリット

  • 増額の通知などが来なくなる
  • 精神的にスッキリする
  • 住宅ローン審査などでの不利益がない

アイフルを契約していると、「借入額の上限を増額しませんか?」などの通知が登録アドレスに送られてくることがありますが、解約をすればもちろん来なくなります。

また、すでに別途借り入れがあるとなると、住宅ローンなど大型のローンにおいて審査にマイナスの影響を受ける恐れがなくなるというのも大きいでしょう。

解約した場合のデメリット

  • 無利息残高を支払わなければいけない
  • また借りたくなったら再度審査を受けなくてはいけない

一方、アイフルを解約するときには、無利息残高まですべて返済しなくてはいけないため、その手間などがかかってしまいます。

また、再度お金を借りる必要ができたときには、もう一度審査を受け、契約をし直す必要があるのも大きなデメリット。

「もしかしたらまたアイフルを利用するかも」という場合には、解約をせずにおいたほうが良いかもしれませんね。

なお解約は電話一本で可能

アイフルを解約するときには、その旨を電話で伝えればそれだけでOKです。

また、その際に無理に引き止められるといったこともないため、メリットやデメリットを踏まえて検討した上で必要ないとなったときには、気軽に解約をおこなうことができます。

アイフルの30日間無利息サービスの口コミ体験談

最後に、アイフルの30日間無利息サービスを実際に利用した方たちの口コミ体験談をまとめましたので、リアルな声をチェックしてみましょう。

口コミ体験談まとめ

ホントに利息は一切なかったです
10万円を借りましたが、翌月に全額返済したので金利は全く払う必要が無かったです。

奈良県/20代・女性/学生

やはり、アイフルには、「無利息期間中に完済すれば、利息ゼロなのが良い」という口コミが多く寄せられています。

三重県/30代・男性/会社員

一方、無利息期間が良いという声も多い反面、「返済ペースが遅い場合には、その恩恵が薄れてしまう」との口コミもあり。

記事内でも記載していますが、やはり借入額と返済までにかかる期間はあらかじめ計算してから、契約を申し込んだほうが良さそうですね。

アイフルの無利息サービスはすぐに返せれば返せるほどお得

ここまでアイフルの詳細や口コミを調べてみると、アイフルの無利息サービスは、特に罠もなく、お得であることは間違いないことが分かります。

ただ、特別金利が安い訳ではないため、返済までに時間がかかればかかるほど、利息額は大きくなってしまうのが難点。

以上のことから、アイフルは下記のような方におすすめだと言えるでしょう。

【アイフルはこんな人に向いている】

  • すぐに借り入れたい人
  • 返済の目処はついている人
  • 対応も重視する人

上記に当てはまるのであれば、アイフルは他社と比較してもとても魅力的な消費者金融会社です。どうぞ利用をご検討ください。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー