HOME  カードローン部  おすすめ比較・口コミ今すぐ30万が必要!カードローンVSキャッシング枠どっちがおすすめ?

おすすめ比較・口コミ
今すぐ30万が必要!カードローンVSキャッシング枠どっちがおすすめ?

今すぐ30万が必要!カードローンVSキャッシング枠どっちがおすすめ?

この記事は「今すぐ30万円が必要!」という人に向けて書きました。

30万円をすぐに用意する方法として利用しやすいのが、「カードローン」と「クレジットカードのキャッシング枠」の2つです。

このため、「カードローンとクレジットカードのキャッシング枠ならどっちらおすすめなのか?」という疑問がある人も多いでしょう。

結論から言うと、「今すぐ30万円を借りたい!」という場合、クレジットカードのキャッシング枠よりもカードローンのほうが最適です。

この記事では、今すぐ30万円を用意する方法としてカードローンとクレジットカードのキャッシング枠を比較して解説しています。

今すぐ30万が必要なとき最適なのは「カードローン」

「今すぐ!」と早急にお金が必要なら、カードローンのほうがクレジットカードのキャッシング枠よりも優れています。

なぜなら、「まとまったお金が借りやすい」・「審査が早く即日融資が可能」・「即日融資を受けやすい体制が整っている」という3つの理由があるからです。

 まとまったお金が借りやすい

カードローンの限度額は人によって異なりますが、30万円~50万円というのが平均的です。

まとまったお金が借りやすいため、30万円という希望額を借入できる可能性が十分あります。

審査が早く即日融資が可能

カードローンは審査が早く、最短で即日融資が可能です。

特に「アコム」や「プロミス」といった大手消費者金融は審査が最短30分であり、融資も早ければ1時間程度で実行されます。

このため、申し込みしてからすぐに借りやすいのです。

即日融資を受けやすい体制が整っている

カードローンは即日融資を受けやすい体制が整っているというメリットもあります。

たとえば、プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、24時間365日最短10秒で振込をしてくれます。

また、自動契約機によって即日カードを発行してもらえたり、セブン銀行のスマホATMを利用できたりするというような点も便利です。

クレジットカードのキャッシング枠がおすすめできない理由

今すぐ30万が必要なときはクレジットカードのキャッシング枠は向いていません。

次のような理由があるからです。

  • これから付属させる場合は即日融資が期待できない
  • 限度額がショッピング枠と共通

上記の詳細については次章で解説しています。

これから付属させる場合は即日融資が期待できない

クレジットカードのキャッシング枠は付属済みであれば、審査なしですぐに利用できます。

しかし、まだ付属していない場合は審査があり、審査が即日終わることは稀です。

審査時間はカード会社によって異なりますが、数日程度かかるのが基本であるため、即日融資は期待できません。

限度額がショッピング枠と共通

クレジットカードのキャッシング枠は、限度額がショッピング枠と共通という大きなデメリットがあります。

たとえば、以下のような限度額になっているとしましょう。

ショッピング枠:100万円
キャッシング枠:30万円

上記の場合、2つを合計して130万円の限度額が使えるのではなく、ショッピング枠100万円の中にキャッシング枠30万円が含まれています。

よって、キャッシング枠を利用するとショッピング枠も減ってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠にはこうした特徴があるため、利用は数万円程度の少額借入が最適です。

30万円も利用するとカード自体の限度額が大きく減ってしまい、使いたいときにカードが残高不足になる可能性もあるため、おすすめできないのです。

カードローンで今すぐ30万借りるなら「プロミス」が最適

ここまでお伝えしたように今すぐ30万円を借りるなら、クレジットカードのキャッシング枠よりもカードローンのほうが向いています。

そんなカードローンでおすすめなのが「プロミス」です。

プロミスは次のような特徴があるため、スピーディーに借りたい人に最適なのです。

  1. 審査時間が最短30分&最短1時間で融資可能
  2. 瞬フリなら24時間365日最短10秒で振込
  3. 自動契約機と店頭窓口で即日カード発行できる
  4. セブン銀行のスマホATMの利用が可能

それぞれの項目については以下より解説していきます。

審査時間が最短30分&最短1時間で融資可能

プロミスは審査時間が最短30分であり、最短1時間で融資をしてくれます。

融資までが非常に早いため、必要な時間までにお金を用意できる可能性が高くなっています。

瞬フリなら24時間365日最短10秒で振込

プロミスの「瞬フリ」は、24時間365日最短10秒で振込をしてくれます。

土日祝や深夜早朝であってもすぐに振込されるため、スピーディーな借入が可能です。

瞬フリが利用できる金融機関も約200あるため、非常に使い勝手が良いです。

瞬フリについては、「プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較【最短10秒】 」でも解説しています。

自動契約機と店頭窓口で即日カード発行できる

プロミスは自動契約機か店頭窓口で契約をすれば、その場でカードを発行してもらえます。

発行したカードはすぐに使えるため、プロミスATMや提携ATMから即借入ができます。

セブン銀行のスマホATMの利用が可能

プロミスは「セブン銀行のスマホATM」と提携しています。

セブン銀行のスマホATMとは、スマートフォンのアプリで金融機関の取引ができるサービスです。

プロミスの公式アプリ「アプリローン」をスマートフォンにダウンロードすれば、セブン銀行のスマホATMの利用が可能になります。

セブン銀行のスマホATMは原則24時間365日利用できるため、時間や曜日を選ばずに借入できます。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

プロミスで今すぐ30万借りる際の注意点4つ

プロミスで今すぐ30万借りたい場合は次の4つに注意しておきましょう。

  1. 年収は最低でも90万円以上必要
  2. 審査を21時までに終わらす
  3. 当日中に在籍確認ができるようにする
  4. 瞬フリが使えるか確認しておく

上記を確認しておかないと30万円を借りるのが無理であったり、借入までに時間がかかってしまったりするので詳細にしっかり目を通しておいてください。

年収は最低でも90万円以上必要

プロミスで30万円を借りるには、年収が最低でも90万円以上必要です。

プロミスは総量規制の対象になり、年収の1/3までしか借入できないからです。

また、年収の1/3にはプロミスだけでなく、すべての貸金業者の借入を含める必要があります。

(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

このため、貸金業者からの借入がある際はその借入額もすべて含めて、30万円借入できるか計算しておかないといけません。

総量規制については、「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制 」でもお伝えしています。

審査を21時までに終わらす

できる限り早く借入するには審査を当日中に終わらせる必要があります。

プロミスが審査をしてくれるのは「21時まで」であるため、21時までに審査を終えられるように申し込みしましょう。

どんなに遅くても19時までには、申し込みを完了させておくのがおすすめです。

当日中に在籍確認ができるようにする

借入のスピードを重視するなら、当日中に「在籍確認」ができるようにしておくのも重要です。

在籍確認では申込時に申告した勤め先に電話があり、この電話に対応できないと審査が完了しないからです。

なお、在籍確認は自分で対応しなくてもクリアできます。

勤め先の人が対応しても申込者が在籍しているかの確認はとれるため、問題ないのです。

電話も「非通知・担当者の個人名」でされるため、他人が対応してもプロミスからの電話だとは分らないので安心してください。

プロミスの在籍確認については、「プロミスは在籍確認なしって本当?職場への電話を回避する方法 」でもお伝えしています。

瞬フリが使えるか確認しておく

なるべく早く融資してもらうには、瞬フリが一番簡単で手っ取り早いです。

ただし、すべての金融機関が瞬フリに対応しているわけではなく、振込が反映される時間も違うため、事前に「金融機関別振込実施時間検索 」で確認しておくようにしてください。

瞬フリが無理ならカード発行かアプリをダウンロードする

お使いの金融機関が瞬フリに対応していない場合は、次のいずれかの方法を利用すれば契約後すぐに借入できます。

  • 自動契約機か店頭窓口でカード発行→ATMから借入
  • スマートフォンにアプリローンをダウンロード→セブン銀行のスマホATMで借入

なお、自動契約機と店頭窓口は次のように営業時間が決まっているので確認しておきましょう。

カード発行場所

営業時間
自動契約機9:00~22:00
店頭窓口平日10:00~18:00

※店舗によって営業時間が異なるケースあり

プロミスに申し込みして今すぐ30万借りるまでの流れ

この章では、プロミスの申し込みの流れをお伝えしていきますので、申込前の最終確認にしてください。

必要書類を準備しておこう

申込前に必要書類を準備しておきましょう。

そうしておけば、提出を迅速にすることができ、申込手続をスムーズに進めることが可能です。

プロミスの必要書類は「本人確認書類」となり、WEB申し込みであれば次のとおりです。

  提出条件 有効な書類
本人確認書類必須運転免許証
パスポート
収入証明・希望限度額が50万円超になる場合源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)

・プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

なお、限度額30万円なら収入証明は不要です。

ただし、他の貸金業者から借入しており、プロミスの借入希望額と合計して100万円を超える場合は収入証明が必要です。

収入証明が必要になった場合は次の中から1点用意してください。

 源泉徴収票(最新のもの)
 確定申告書(最新のもの)
 税額通知書(最新のもの)
 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

申し込みから借入までの流れ

申し込みから借入までの流れは、WEB申し込みの場合ですと以下のようになります。

1. プロミスの公式サイトより申し込み
2. 審査~希望の方法(メール・電話)で審査結果を通知
3. 契約方法の選択(WEB・来店)
4. 借入

基本的な流れは上記のとおりですので、申し込みから借入までは非常に簡単です。

審査も最短30分で完了し、借入は早ければ1時間程度で可能です。

なお、契約方法にWEBを選択した場合、カードの有無の選択ができます。

カード有にすると自宅に郵送されてきますので、郵送物を防ぎたい人はカード無にしておくのがおすすめです。

 まとめ

「今すぐ30万円を借りたい!」という場合、クレジットカードのキャッシング枠よりもカードローンのほうが最適です。

■カードローンをおすすめする理由

 限度額の平均は30万円~50万円なので30万円が借入しやすい
 審査や融資までが早い
 即日融資に強い

■クレジットカードのキャッシング枠をおすすめしない理由

 審査を受ける場合、即日融資が難しい
 限度額がショッピング枠と共通であるため、30万円もの大金を借りるのは向いていない

カードローンの中でもおすすめなのが「プロミス」です。

プロミスは数あるカードローンの中でも融資までのスピードがトップクラスであり、サービスも非常に優れているため、とても利便性が良いです。

そのため、プロミスに申し込みして30万円の借入に成功してください。