金利、審査、安心!失敗しない銀行カードローンランキング

どうせお金を借りるなら、低金利で安心できる銀行カードローンが良いですよね。

実際、消費者金融のCMが頻繁にテレビで流れているので、昔より安心感がありますが、それでも「消費者金融=サラ金」というイメージから、怖さがあるという人も少なくないですし、金利も高めです。

銀行カードローンは、そういった心配を全て無くしてくれています。

ただ、消費者金融と違って「審査」が厳しく設定されていますし、銀行カードローンと言っても種類があります。

そこで今回は、銀行カードローンに絞って、おすすめの銀行カードローンを紹介していきます。

銀行カードローンランキング

今回は、次の3つの点を重視して決めています。

  • 低金利
  • 審査基準
  • 安心感

1位.安心のメガバンク「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行 ボタン

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です

評価ポイント

☆3大メガバンクの1つ
☆3大メガバンクで最も低金利

詳細

1位はメガバンクからみずほ銀行を選出します。

銀行系には全国に展開しているメガバンク、都市銀行、地方銀行、さらにネット銀行まで存在しています。

その中でも、お金を借りるうえで「安心感」があるというのは何にも代えがたい価値だと思います。

特にお金を初めて借りるような場合であればなおさらです。

正直、3大メガバンクのカードローンは、ほとんど違いがありません(イメージ的には、どの銀行で口座を作ってもほとんど変わりがないのと同じです)。

そんな中で、みずほ銀行を選んだ理由は、3大メガバンクの中で最も低金利だからです。

カードローンの金利比較
みずほ銀行カードローン     :年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン    :4.0%~14.5%
バンクイック(三菱東京UFJ銀行):4.6%~14.6%

このように、最高金利でも最低金利でも最も低金利となっています

ただ、銀行に限らず金利の低さは審査の厳しさと密接にかかわっており、金利が低い分、借入時の審査は厳しいと理解しておきましょう

2位.auユーザーなら色々とお得 じぶん銀行

じぶん銀行スペック ボタン

評価ポイント

☆auユーザーなら金利が最大年0.1%優遇

詳細

ネット銀行からじぶん銀行の選出です。

銀行の名前だと気づかない人もいると思うのですが、じぶん銀行はKDDIと三菱UFJ銀行が共同で出資したインターネット銀行です

KDDIが関わっていることもあり、auユーザーには嬉しい特典がたくさんあります

中でも、「au限定割」は、auユーザーであれば金利が最大年0.1%優遇、借り換えなら最大年0.5%優遇されるという特典です(2017年9月27日現在)。

さらに、auユーザー専門の申し込みフォームから申し込みが可能ですので、情報入力がとてもスムーズに行えますし、新規口座開設の際に引き落とし先をじぶん銀行に変えると、2年間最大合計4,800walletポイントがもらえるチャンスもあります

提携ATMで借入・返済をすればATM手数料はかからず、365日24時間利用可能、しかも利用回数無制限なので、急な時でも安心して利用出来ます(提携ATM:MUFG、E.net、ローソンATM、セブン銀行、ゆうちょ銀行)。

毎月の返済額は1,000円からなので、初めてカードローンを利用する方でも無理なく安心して利用出来ます。(ちなみにみずほ銀行だと返済額は10,000円からになります)

3位.圧倒的低金利カードローン住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアム)

住信sbi キャプチャ ボタン

評価ポイント

☆最高金利7.99%という圧倒的点金利

詳細

ネット銀行から住信SBIネット銀行Mr.カードローンを選出しました。

住信SBIネット銀行Mr.カードローンには、スタンダードコースとプレミアムコースの2種類がありますが、このプレミアムコースが超低金利カードローンになります

なんと金利が最高で7.99%と圧倒的な金額に設定されています。

もちろん、お金を借りるためには審査に通る必要があり、低金利なだけあって審査基準はかなり厳しめです。

具体的なものは分かりませんが、少なくても勤続年数1年以上の正社員でなければ、審査に通るのはほぼ不可能です

また、申し込み段階では、スタンダードコースとプレミアムコースを選ぶことができず、審査結果で振り分けられます。

そのため、プレミアムコースを狙って申し込んでも、スタンダードコースに振り分けられてしまうということもありますので、よく考えたうえで申し込みましょう。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンの主なメリットは、何と言っても低金利という事が挙げられます。

消費者金融のカードローンは、審査時間の短さやサービスが充実していますが、金利は銀行カードローンの方が確実に低くなっています。

そのため、銀行カードローンは長期的に付き合っていけますし、銀行ならではの安心感があるので、「消費者金融=サラ金⇒怖い」というイメージを持っている方にもおすすめです。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンの中には、即日融資可能なものが増えてきていますが、それでも消費者金融のカードローンに比べると、スピードではどうしても勝てません。

即日発行を希望する方は「即日発行ならこれできまり!!即日発行カードローンランキング」をご覧ください。

また、審査基準がどうしても消費者金融より高くなってしまうので、借りたくても借りれないという状況はどうしても出てきてしまいます。

ただ、銀行カードローンであっても、パートやアルバイトでもお金を借りれる時代なので、1人で生計を立てている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

まとめ

最後に、今回の内容を簡単にまとめていきます。

銀行カードローンの魅力は何と言っても低金利であるという点です。ただ、即日融資の可能性や審査基準の高さなど、消費者金融に劣る点もあります。

銀行カードローンランキング

1位.みずほ銀行カードローン
2位.じぶん銀行
3位.住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアム)