専業主婦・パート主婦がお金を借りる方法【旦那に内緒で】

主婦だからこそお金が必要という場面は少なくないと思います。

事実、多くの主婦がお金を借りています。

ただ、パートなどで収入がある方と専業主婦ではお金を借りる方法は変わります

今回は、パート主婦、専業主婦それぞれにおすすめのお金の借り方を解説します。もちろん、旦那に内緒で借りられます

目次
0.主婦がお金を借りる3つの方法
方法1.クレジットカードのキャッシング機能を使って借りる
方法2.消費者金融でお金を借りる
方法3.銀行カードローンでお金を借りる
1.主婦がお金を借りるのにカードローンをおすすめする3つの理由
理由1.旦那さんにばれない
理由2.返済方法が豊富
理由3.手数料が掛からない
2.パート主婦にお勧めのカードローン
3.専業主婦の方にお勧めの銀行カードローン
4.お金を借りた主婦の口コミ
5.カードローンでお金を借りる4つの手順
手順1.お金を借りるカード会社を選ぶ
手順2.インターネットや電話(FAX)、無人契約機で申し込む
手順3.審査を受ける
手順4.お金を受け取る
6.まとめ

0.主婦がお金を借りる3つの方法

主婦がお金を借りる方法は、大きく分けて次の3つがあります。

  • クレカのキャッシング機能を使う
  • 消費者金融でお金を借りる
  • 銀行カードローンでお金を借りる

それでは、もう少し細かくお話ししていきます。

方法1.クレジットカードのキャッシング機能を使って借りる

クレジットカードには、キャッシング機能というお金を借りる機能がついています。

そのため、次の4つの条件を満たしているのであれば、この機能を使う事が最も手っ取り早く、旦那さんにもバレずにお金を借りる方法になります。

主婦 クレジットカード お金借りる基準 図

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードとコンビニがあれば簡単に出来ます

ただ利子を考えて使わないと大変なので、注意が必要となります。

方法2.消費者金融からお金を借りる

消費者金融というとマイナスのイメージを持つかもしれませんが、実際に多くの主婦が消費者金融を利用しています

プロミスやアコムなどは大手で安心ですし、30日間無利息サービスを実施していてお得です。

そして、旦那にバレないように配慮してくれる点も主婦に選ばれる理由です。

方法3.銀行からお金を借りる

専業主婦がお金を借りる方法で、最も一般的なのが銀行からお金を借りる事です。

消費者金融は、自分の年収に対して3分の1までのお金しか借りる事の出来ない総量規制というものがあるので、収入がない専業主婦は利用出来ません

そのため、旦那さんの収入を基に銀行からお金を借りる事になります。ただ、お金を借りたからといって旦那さんにバレるという事はありません。

【タイプ別】主婦のお金の借り方

  • パートなど収入がある主婦
    ⇒上記の方法3つともOK
  • 専業主婦
    ⇒クレジットカードのキャッシングor銀行カードローン

※銀行カードローンであっても、収入のない専業主婦ではお金を借りる事ができない銀行もあるので、その点は気をつけてください。

ともあれ、お金を借りるのであればクレジットカードのキャッシングよりもカードローン(消費者金融、銀行)がおすすめです。

1.主婦がお金を借りるのにカードローンをおすすめする3つの理由

カードローンをオススメする理由は、主に次の3つになります。

  • 理由1.旦那さんにばれない
  • 理由2.返済方法が豊富
  • 理由3.手数料が掛からない

理由1.旦那さんにばれない

クレジットカードとカードローンでは、お金を借りた証拠が残る仕組みが違います。

その為、主婦の方ですとカードローンの方が旦那さんにバレる可能性が低くなります。

これから、クレジットカードとカードローンでお金を借りた場合を比較していきます。

クレジットカードでお金を借りた場合

クレジットカードでお金を借りた場合、通帳にクレジットカードの利用としてお金が表示されます。普段、水道光熱費で4万円ほどしか使っていない状態で、3万円の借入を行ってしまうと、その月は7万円使ったことになります。

これを旦那さんに見られ、何に使ったのかという話になった場合、お金を借りたとばれる可能性が大きくなります。

専業主婦 クレジットカードでお金を借りた場合 図

カードローンでお金を借りた場合

カードローンでお金を借りる場合、基本的には専用のカードが発行されます。

そのカードを見られてしまったら、お金を借りていることがバレてしまいますが、逆にこのカードを見られない限り、お金を借りた証拠はないので、このことがバレる事はありません。

専業主婦 カードローンでお金を借りた場合 図
カードレスで利用できるカードローンもある

プロミスやレイクALSAでは、カードレス(なし)での利用も可能です。スマホアプリだけで借入・返済ができるのです。

また、銀行のカードローンではカードローン一体型のキャッシュカードを作ることが出来ます。カードローン用のカードを持たなくてもいいので、カードを見られてバレるというリスクもなくすことが出来ます。

理由2.返済方法が豊富

カードローンでお金を借りると返済方法が豊富です。クレジットカードの場合、ATMで返すか毎月の支払日にカードの利用料と一緒に返すかしか方法がありません。

しかし、カードローンの場合、ATMはもちろん、店頭ネット口座引落などを使って返済出来るので、自分のライフスタイルに合わせてお金を返すことが出来ます。

理由3.手数料が掛からない

カードローンはWEB上で借り入れ・返済ができて、手数料は基本的に一切かかりません。

また、ATMを利用する場合も利用手数料が掛からないところも多くあります。その為、ATMの利用手数料分だけ安くお金を借りる事が出来ます。これはうまく使う事で、普通にお金をおろすより得することが出来ます。

例えば、日曜日に手持ちがなくてコンビニのATM1万円おろした場合手数料で108円ほどとられてしまいます。

しかし、年利15%のカードローンでお金を借りた場合、1週間借りても利息は29円しか掛かりません。

そのため、わざと借金して翌日ATM手数料が無料な時にお金をおろして、利息分と一緒にお金を返すという使い方をする人もいます。

パートなどで収入がある主婦は消費者金融の方がいい

カードローンも大きく分けて消費者金融と銀行がありますが、働いている主婦には消費者金融がおすすめです。

というのも、銀行カードローンは審査が厳しいからです。

消費者金融なら決して高くはないパート収入でも十分審査に通過できます。銀行カードローンよりも若干金利が高いですが、「無利息サービス」を活用すれば銀行よりもお得になるケースもあります。
そして即日融資OK審査が早いのも消費者金融の強みです。

繰り返しますが、収入がない専業主婦は銀行カードローンがおすすめです。

2.パート主婦にお勧めのカードローン

プロミス

プロミス 新キャプチャ ボタン

おすすめポイント

借入の方法が豊富
☆30日間の無利息サービス(メールアドレスの登録とweb明細利用の登録が必要です)
☆他の大手消費者金融より年利が少しだけ低い

アコム

アコム キャプチャ ボタン

おすすめポイント

業界最大手という安心感
☆30日間は金利がタダ
☆審査が早い

3.専業主婦の方にお勧めのカードローン

三菱UFJ銀行

三菱東京UFJ キャプチャ
  • 即日融資を受けられる
  • 土日もOK
  • 30万円まで

イオン銀行

イオン 主婦 キャプチャ
  • 買い物ついでに返済しやすい
  • 年利が低い
  • 月々の最低返済額が少ない

4.お金を借りた主婦の口コミ

パート月収7万円で15万円も融資してもらえました。

ママ友との旅行費用のためにアコムでお金を借りることにしました。
10万円ほど借りられたらいいな、ぐらいに考えていたのですが限度枠が15万円だったので驚きました。実際に借りたのは7~8万円だったのですが、翌月には全て返済しました。利息もサービス期間中だったためか数百円で済んだので良かったです。

(岐阜県/主婦/30代)

旦那に内緒で今でも借りています

昔から浪費癖?があり、パートの収入だけでは足りないのでプロミスでお金を借りています。私はカードなしで契約したので、スマホでコッソリお金を借りて、返しています。何より旦那には絶対に知られたくなかったのですが、今でもバレずに利用できているので満足です。

(広島県/主婦/20代)

5.カードローンでお金を借りる4つの手順

これから、カードローンでお金を借りる具体的な方法をお話ししていきます。ただ、細かい部分は会社によって異なってくるので、あくまで一般的な流れお話しします。

主婦がお金を借りる手順 

手順1.お金を借りるカード会社を選ぶ

会社を選ぶ基準は様々だと思いますが・・・

  • 近くに自動契約機(店舗)がある
  • 月々の返済負担が少ない
  • サービスが充実している
  • 金利が低い
  • 即日融資してもらえる

何を重視するかはあなた次第ですが、金利はそれほど気にしなくてもいいでしょう。

金利(年利)を気にする必要がない理由

確かに金利が低い方が利息も少なく済みますが、正直1~5万円くらいまで借りる場合は大差がありません

年利18%と年利15%で5万円借りた場合を比べてみます。

年利18%30日借りた場合の利息は約740円
年利15%30日借りた場合の利息は約616円

このように、年利が3%違っても1月134円ほどの違いしかありません。これが、年利15%と14%のように1%の違いですと、41円ほどの違いしかありません。

そのため、年利の大小より手数料の方が大きく影響してくるので、返済の利便性や手数料を優先することが大事になってきます。

詳しい年利の計算方法を知りたい方は、「利息の計算方法~年利と利息の関係~」を参考にしてみてください。

手順2.WEB(インターネット)から申し込む

カードローンの申し込みは、WEB(インターネット)電話(FAX)自動契約機で行う事が出来ます。この他にも、店舗や郵送でも行えますが、スピードと他人にばれるというリスクを考慮して、この2つはおすすめしません。

また電話や自動契約機は営業時間が限らていますし、様々な手間を考えるとWEBで申し込むのがベストです

申し込みは顔写真付きの身分証明書があれば出来るので、収入証明等は必要ありません。

手順3.審査を受ける

お金を借りるには審査を受ける必要があります。審査では、申込書に記載した内容を基にお金を貸しても大丈夫かどうかを調べるだけなので、何もする必要がありませんし、専業主婦の方であれば多くの場合通ることが出来ます。

ただ、申込書に書く内容を間違えてしまいますと、しっかりしていない人とみなされることがあり、審査に通らない可能性があるので、気をつけてください。

また、審査そのものは、最短で30分から1時間ほどで終わります。

手順4.お金を受け取る

カードローンの場合、基本的にはカードを発行してもらい、そのカードを使ってお金を借りたり返したりします。

その為、審査に通ったらカードを発行してもらうために、カードの発行が可能な場所(自動契約機)に行く必要があります。

もちろん、カードを発行しなくても銀行振込でお金を借りる事や郵送でカードを受け取ることも出来ます。

6.主婦がお金を借りる方法まとめ

それでは最後に、今回の記事のまとめを行っていきます。

主婦の方がお金を借りるには次の3つの方法があります。

  • クレジットカードのキャッシング機能で借りる
  • 消費者金融で借りる
  • 銀行のカードローンで借りる

方法は3つありますが、収入がある主婦なら消費者金融、専業主婦なら銀行カードローンがおすすめです。

ローン大バナー