銀行でお金を借りる条件は厳しい?即日融資なら消費者金融がイイ

この記事は、銀行でお金を借りるための条件を知りたい人のために書きました。

「お金を借りる」にあたって、銀行カードローンは金利も低く、安心感があります。

しかし、金利が低くくなるのに比例して、審査は厳しくなりやすいもの。

そのうえ、2018年以降は目に見えて、銀行側が貸付を自粛しており、なおのこと狭き門になりつつあります。

なぜ、銀行カードローンがそのようなことになっているのか。

この記事では、それを解説するとともに、あなたが銀行からお金を借りる条件を満たしているかどうかをチェックできるようにまとめています。

銀行からお金を借りる条件は厳しい

結論から言って、銀行からお金を借りる条件は、「消費者金融と比較して厳しい」と言えます。

これは消費者金融よりも金利が低い以上は仕方のないことでしょう。

しかし、そんな前提があるうえで、近年の銀行カードローンはさらに借りる条件が厳しくなっていると言われています。

注意!銀行は即日融資「不可」

まず、「銀行から即日融資でお金を借りたい」と思っているなら、それは条件に関わらず不可能ということを知っておきましょう。

銀行では2018年1月から、原則、即日融資ができなくなりました。

審査にあたって警察庁のデータベース照会が義務づけられ、これに数日を要してしまうためです。

即日融資不可となった原因は?

即日でお金を借りることができなくなったのは、銀行が安易にお金を貸しすぎて破産者が増えていることや、審査が不十分で反社会的勢力(暴力団など)にまで融資してしまったためです。

これらが問題視されたことで、銀行は即日融資を自粛する流れとなりました。

即日融資を受ける方法について詳しくは「即日審査なら消費者金融カードローン!銀行・クレジットカードは×」をご覧ください。

2018年以降、大口貸付を自粛する銀行が続出

こちらも即日お金を借りることができなくなったのと同様の原因によって起こっています。

そもそも銀行は消費者金融と違い、法律によって「年収のいくらまでしか貸してはいけない」という条件が制定されていません。

しかし、これによって返済できないケースが増えることを指摘され、近年は銀行ごとに大口貸付を自粛しているようです。

たとえば、みずほ銀行などでは貸付上限額を変更。これまでは「年収の2分の1まで」としていたところを、「3分の1まで」としています。

また、収入証明書類の提出を必須とする上限金額を引き下げている銀行も多く見られます。

結果、少額ならまだしも、「たくさんお金を借りたい」と思っている人にとっては、銀行カードローンの条件は厳しくなってしまいました。

求められる最低年収目安が高めの設定

銀行からお金を借りるとき、少額なら条件はそれほど厳しくないと思われるかもしれません。

しかし、最低条件として、年収200万円は欲しいと言われています。

つまり、消費者金融と違い、大学生アルバイトやパートなどでは条件を満たすことが難しいでしょう。

銀行からお金を借りれない人の条件・5つ

銀行からお金を借りる条件は、比較的厳しいもの。

その中でもこのような条件に当てはまる人は、「銀行からお金を借りることはまず難しい」でしょう。

継続的に安定した収入がない人、無職の人

銀行からお金を借りた場合、毎月コンスタントに返済をくり返すことになります。

そのため、返済額を毎月安定して用意できるだけの収入がなければ、契約条件を満たすことができません。

これに当てはまるのは無職の人はもちろんのこと、収入があっても自営業や水商売など、収入が不安定とされる職の場合は、審査に不利となってしまいます。

そのほか、専業主婦の場合は、夫に安定した収入がある場合に限り、契約可能という銀行もありますが、近年の傾向から考えるとその条件は厳しくなっていると考えてよいでしょう。

信用情報に延滞履歴などが残っている

信用情報とは、ローンやクレジットカードなどの利用歴の記録です。

CICと呼ばれる機関にて記録が残されており、銀行でカードローンを申し込んだ場合には、必ずこの情報が照会されます。

そのため、これまでにローン等の延滞歴があったり、自己破産や任意整理などの債務整理をおこなったりといった履歴が残っている場合には、まず契約条件を満たすことができません。

ただし、これらの履歴はすべて残される期間が決まっているため、一定期間を置き、情報が抹消された場合には問題がありません。

信用情報は個人でもCICに問い合わせることで照会が可能なため、気になる方は手続きをしてみてください。

勤続年数が短い

安定して収入を得ているとみなされる条件のひとつに、「勤続年数が長いこと」があります。

目安として、1年未満だと審査通過条件を満たしづらいでしょう。

他社借入金額や件数が多い

ほかの銀行や消費者金融などからお金を借りている場合、その金額や件数によっては、審査落ちする可能性が高くなります。

金額については年収に応じて変動するため、具体的な数字は言えません。

ただ、近年の傾向としては、銀行カードローンも消費者金融と同様に、年収の3分の1に近い金額であれば落ちる可能性が高いでしょう。

件数については、銀行カードローンだと2件以上ある場合は難しいと考えられています。

なお、消費者金融については5件以上で難しいと言われていることからも、銀行カードローンの条件は厳しいことが分かるでしょう。

住所不定など信用に欠ける

銀行からお金を借りるにあたって、多くの条件はありますが、結局のところ大切なのは、「返済能力があるか」のほか、「信用に値するか」ということです。

この返済能力と信用度を銀行では、年齢・職業・年収・家族構成・居住形態などといったさまざまな属性から判断します。

そのため、たとえば住所不定や保険に入っていないなど、信用に欠ける点が多ければ多いほど、契約条件を満たすことは厳しくなるでしょう。

即日融資可の消費者金融カードローンも検討しよう

銀行カードローンは最低でも年収200万円以上が必要だと言われていますし、近年は特に審査が厳しくなりつつある傾向にあります。

そのため、「審査を通過できるか自信がない」や「すぐにお金が欲しい」という場合には、消費者金融カードローンも検討してみましょう。

消費者金融から借りるなら年収100万円以下でもOK

消費者金融からお金を借りるのなら、下記にまとめた口コミの通り、「年収100万円以下でも審査に通過」できる可能性があります。

少なくとも、年収に自信がないのなら、消費者金融を選ぶのがベターでしょう。

学生でもプロミスはいけた!

現在21歳、大学生ですがアルバイトで月に5万ほど稼いでいます。お小遣いの足しにしたくてプロミスに申し込みましたが、審査は無事に通過。通過連絡も申し込んだその日の内にきました。

青森県/20代・男性/学生アルバイト

年収ギリギリ100万足らずで

普段パートタイムで月収8万ほど、年収に直すと96万程度です。年収に自信がないので、学生バイトでもOKと謳っていたアイフルに申し込んだところ、借り入れできました。

奈良県/30代・女性/パート主婦

銀行ローンに落ちましたが、消費者金融はいけました

どうせお金を借りるなら低金利の銀行ローンと思ったのですが、一週間ほど審査に待たされたうえに結果は不可。急いで消費者金融に申し込みましたが、こちらは即日融資してもらえて助かりました。

東京都/30代・男性/派遣社員

低年収の借入について詳しくは「プロミスは年収100万以下でも審査に通る!嘘はつかずに誠実に申込もう」をご覧ください。

即日融資OKのおすすめカードローン

こちらはすべて即日融資OKの消費者金融系カードローンです。

どこも「20~69歳(レイクALSAのみ70歳まで)」で「安定した収入がある」という最低条件だけを満たしていれば、審査通過の可能性があります!

プロミス

融資額500万円まで
金利4.5~17.8%(実質年率)
即日融資の可否
審査所要時間最短30分
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 10万円分の選べるプレゼント抽選
  • WEB完結申し込みアリ

プロミスは、5大消費者金融の中で、唯一「上限金利が17.8%」と、少し低金利になっているのが特徴。

新規契約の場合は、ほぼ間違いなく上限金利での契約となるため、これは大きな利点です。

「少しでも低金利でお金を借りる」といった条件で選ぶのなら、プロミスが断然おすすめです。

また、三井住友銀行などをはじめとしたSMBCグループ提供というだけあって、安心感もバツグンでしょう。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

アイフル

融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
審査所要時間最短30分
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 最高10万円分のVプリカギフト抽選
  • WEB完結申し込みアリ

アイフルは上限金利と融資額の上限以外は、ほぼプロミスと変わらないサービス内容となっています。

低金利にこだわらないのであれば、特典などの条件から好きなほうを選んでみましょう。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アコム

融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
審査所要時間最短30分
特典
  • 30日間の無利息サービス

アコムのサービスはかなりシンプル。

30日間の無利息サービスはついていますが、これに関してはプロミスやアイフルなどほかの消費者金融も取り組んでいるため、他社に差をつけることはできません。

ただ、大手消費者金融の中でも知名度は高く、利用者数もトップ。それだけあって、会員ページや会員サービスの使いやすさに優れています

アコム キャプチャ ボタン

SMBCモビット

融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
審査所要時間最短30分
特典
  • WEB完結申し込みアリ
  • 三井住友銀行ATM手数料無料

SMBCモビットはプロミスの会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの子会社です。

プロミスとの最大の違いはというと、「WEB完結申込」において条件を満たせば、電話による在籍確認を一切行わないという点でしょう。

「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること」と「社会保険証か、組合保険証を持っていること」といった2つの条件を満たしている場合には、とても便利な消費者金融です。

SMBCモビット モビット 限度額 ボタン モビット ニュー3つのポイント

レイクALSA

融資額500万円まで
金利4.5~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
審査所要時間最短60分
特典
  • 全額60日間or5万円まで180日間の選べる無利息サービス
  • WEB完結申し込みアリ
  • 提携ATM手数料無料

レイクALSAは5社の中で唯一、無利息サービスが2種類用意されている消費者金融です。

ひとつは「借入金額すべてを60日間無利息」とするサービス、もうひとつは「借入金額の内、5万円までを180日間無利息」とするサービス。(※前者については期間限定。通常時は30日間無利息)

返済までに時間がかかりそうだというときほど、断然お得になるでしょう。

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン レイク ポイント