お金借りる簡単な方法はココにあり!どうしても借りたい事情のある方へ

この記事は、「簡単にお金に借りたい」人のために書きました。

「どうにかしてでもお金を工面しないといけない」

そんな切羽つまった状況だと焦りが生まれるものです。

しかし、だからといって適当にお金を借りる場所を決めては詐欺に引っかかる恐れもあります。

ここでは「即日融資を受けたい方」「低金利で融資を受けたい方」にそれぞれおすすめのお金を借りる方法を紹介。

さらにはそれらの方法が利用できないという無職の方や学生、未成年の方向けのお金を作る方法をまとめました。

どうしてもお金が必要なときにチェックしてください。

すぐにお金を借りる簡単な方法!即日OK

まず、すぐにお金を借りたいのなら大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は即日融資も可能としているため、急ぎのときこそ頼りになります

また、そんな大手消費者金融の中でもおすすめなのは「プロミス」。

プロミスがおすすめな理由は主に「ネットのみで契約可能」「30日間の無利息サービスあり」「相場よりも金利がやや低い」といったものが挙げられます。

プロミスカードローンのメリット

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスのカードローンは、最短で即日融資が可能。契約後は土日祝日も夜間でも、原則24時間365日いつでも簡単にお金を借りることができます

Web完結申込

プロミスではWeb完結での申し込みが可能です。

公式サイトにて申し込みをおこなう際に「Web(契約方法の項目)」を選び、契約手続きにて「カード不要」を選択してみてください。

Web完結を選べば、申し込みするタイミングも24時間365日いつでもOKですし、自宅にキャッシュカードや契約書類が届きません。

そのため、家族や同居人に内緒でお金を借りたいというときにも便利でしょう。

なお、カードレス契約であってもネットからの振込融資だけでなく、ATMを利用して融資を受けることも可能です。

ATMを利用したい場合には、プロミスの公式アプリをカード代わりに使用してください。

30日間の無利息サービス

プロミスでは30日間の無利息サービスが用意されています。

契約後にメールアドレスとWeb明細利用の登録をおこなえば、借入日の翌日から無利息サービスがスタート。

以後、30日間は利息がかからないため、気軽にお金を借りることができるでしょう。

相場よりもやや低めの金利

プロミスの金利は年利率4.5%~17.8%。ここで注目してもらいたいのは最高金利の17.8%です。

消費者金融の最高金利相場は18.0%のため、ほんの少しですが低い設定になっています。

初回契約時はプロミスに限らず消費者金融では、ほぼ確実に最高金利の設定となります。

そのため、少しでも最高金利の低いプロミスが大手消費者金融の中でもおすすめなのです。

プロミスカードローンのデメリット

プロミスのカードローンは大手消費者金融の中で比較すると、利便性も高く、金利面でも優秀。これといって大きなデメリットはありません。

しかし、銀行のカードローンと比較してしまうと、プロミスは金利が高めの設定です。

長期間に渡ってお金を借りるとなると、利息も大きく膨らんでしまう恐れがあるでしょう。

銀行カードローンにもデメリットはあるため、どちらのデメリットがあなたにとって大きいかを十分に検討したうえで選んでみてください。

プロミス利用者の口コミ・お金借りる理由

プロミスを実際に利用している、もしくはしていた人たちの口コミもチェックしてみましょう。

即日融資を受けられました

思っていた以上にお金を使いすぎてしまい、このままではクレジットカードの支払いを延滞してしまうというときにプロミスを使いました。
引き落とし日が近かったので間に合うか不安だったんですが、申し込みから2時間で審査に通過し、すぐに借りることができたのでよかったです!

神奈川県/20代・女性/派遣社員

他社借入20万でも審査通過!

すでにほかのキャッシング会社から20万を借りているなかで、プロミスに申し込みました。
結果、10万と少額の借入限度額ではありましたが無事に審査に通過でき、お金も借りられました。

東京都/40代・男性/フリーター

オペレーターの対応がやさしい

一度、返済が少し遅れてしまいそうになり、プロミスにその旨を連絡しました。
何かしら注意を受けるだろうと内心ビクビクしていたのですが、オペレーターからは「ご連絡くださってありがとうございます」というお礼と「普段、ご誠実にご利用いただいているので大丈夫ですよ」とやさしい言葉をかけられました。

愛知県/20代・男性/フリーター

プロミスについてさらに詳しくは「プロミスを借りる理由とは?みんながプロミスを安心して利用できる理由」をご覧ください。

簡単&お得にお金借りる方法

消費者金融のように即日融資は受けられませんが、これまた簡単かつお得にお金を借りるなら、銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも低金利であることが多いのですが、申し込みに関しては消費者金融同様に簡単。ネットから申し込み可能なカードローンも多くあります。

なかでも「楽天銀行カードローン」は、「入会&利用特典が優れている」や「楽天サービスの利用内容に応じて審査優遇」といった点などでおすすめです。

楽天銀行カードローンのメリット

楽天銀行カードローンは、年利率1.9%~14.5%という低金利の商品です。

ネットからの申し込みも受け付けているため、気軽に申し込みできます。

入会&利用キャンペーン

楽天銀行カードローンに入会すると、もれなく1,000円相当の楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

また、キャッシングの利用状況によっては、500~30,000ポイントが追加でプレゼント

貯めたポイントは楽天市場での買い物に使えるほか、提携店(飲食店、ドラッグストア、ファッションショップなど)でも利用可能です。

楽天会員ランクに応じて審査優遇

楽天会員ランクとは、楽天スーパーポイントの獲得に応じてランクが定められるサービスです。

ランク条件
シルバーランク過去6ヶ月で200ポイント以上&2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク過去6ヶ月で700ポイント以上&7回以上ポイントを獲得
プラチナランク過去6ヶ月で2,000ポイント以上&15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク過去6ヶ月で4,000ポイント以上&30回以上ポイントを獲得&楽天カードを保有

これらのランクが高ければ高いほど楽天銀行カードローンは審査を優遇しています。

楽天スーパーポイントは楽天カードや楽天銀行などの利用で貯まるため、楽天サービスの利用頻度が高い人ほど審査に有利となるでしょう。

基本的に銀行カードローンは審査が厳しいとされているため、このように明確に優遇制度を設けているのは大きなメリットとなります。

総量規制の対象外

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制(年収の3分の1以内であること)が適用されます。

一方、銀行カードローンでは総量規制が適用されないため、原則消費者金融よりも大きな金額を借りることができます

ただし銀行カードローンであっても、申込者が無理なく返済できる金額までの融資となっているため、過度な期待は禁物です。

楽天銀行カードローンのデメリット

楽天銀行カードローンに限ったことではありませんが、銀行カードローンは即日融資ができません。

というのも2018年以降、銀行カードローンの審査において、警察庁のデータベース照会が義務づけられました。

このデータベース照会に早くても数日、遅いと1週間、2週間と時間がかかってしまうのです。

そのため、すぐにお金を借りる必要がある場合には、楽天銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンはおすすめできません。

楽天銀行カードローン利用者の口コミ・お金借りる理由

楽天銀行カードローンの口コミもチェックしていきましょう。

3日後に借入スタート

ネットから申し込みまして、それから3日後に審査通過の連絡、その後はすぐにお金を借りることができました。
パートでも契約できたので、そこまで審査難易度は高くないのではないでしょうか。

東京都/30代・女性/パート

思っていたよりも簡単

銀行のカードローンと聞くと、なんとなく手続きなどが面倒な気がしていたんですが、楽天銀行カードローンはネットから申し込みができとても簡単でした。

山梨県/20代・男性/正社員

楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天のクレジットカードや銀行をもともと利用していたので、楽天銀行カードローンを選びました。
カードローンの返済口座を楽天銀行にしていると楽天スーパーポイントが貯まるので便利です。

東京都/30代・男性/正社員

楽天銀行カードローン

楽天スーパーローン キャプチャ 楽天銀行 限度額 ボタン 楽天銀行カードローン3つの魅力

番外編!審査通らないときにおすすめの対処法

ここでは「無職の場合は?」や「未成年は?」など、プロミスや楽天銀行カードローンを利用できない人向けの対処法を紹介しています。

「どうしてもお金を作らないといけない!助けて!」といったときにご参考ください。

無職なら不用品売買か、市役所で借りる

無職の場合、一番簡単なのはリサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどを利用して不用品を売る方法でしょう。

不用品だけではなくハンドメイド作品をフリマアプリで売っている人もいます。

また、不用品の売買が難しいようであれば、「生活福祉資金貸付制度」の利用も検討してみましょう。

消費者金融や銀行のカードローンよりも審査は厳しく、時間がかることもありますが、より低金利でお金を借りることができます。

生活福祉資金貸付制度を利用するための条件はさまざまですが、なかでも無職の人の場合は、「求職に努めているかどうか」がポイントとなるでしょう。

生活福祉資金貸付制度は、あくまでお金を借りる制度のため、「いずれは働き始め、返済が可能な状態である」と判断されないことには利用できないのです。

なお、職につけないなんらかの事情がある場合には、生活保護などまたほかの制度を利用できる可能性もあります。

まずは市役所にて相談してみてください。

高校生や未成年なら不用品売買か、親から借りる

一般的にどこの消費者金融も銀行も、契約条件として20歳以上であることを挙げているため、高校生をはじめとした未成年はこれらからお金を借りることはできません。

そのため、お金を借りるのであれば親や友人、知人などから直接貸してもらうしかないでしょう。

親をはじめ周囲に頼りたくないという状況であれば、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどで不用品の売買を検討してください。

未成年の大学生なら学生向けローンやクレジットカード

大学生であっても20歳以上であればカードローンの申し込みが可能です。

また、未成年でも大学生ならOKとした学生向けローンのほか、クレジットカードもあります。

未成年もOKな学生向けローンは闇金融まがいな企業も少なくはないので、必ず事前に口コミ等は調べるようにしてください。

クレジットカードについてはキャッシング機能がついていれば、お金を借りることもできます。

それに、クレジットカードは後払いシステムのため、「次の給料日までのつなぎに」などといった使い方もできるでしょう。

ブラックでも闇金融だけは絶対にNG

過去に延滞や多重申込みなどをして、カードローン審査にまったく受からなくなった状態のことを指す「ブラック」。

そんなブラックでも貸すといった甘い謳い文句を挙げている消費者金融がときにはありますが、それは間違いなく闇金融です。

一度、闇金融からお金を借りれば、膨大に利息がふくらみ、恐喝や暴力による違法な取り立てを受ける可能性が大

金銭面だけでなく、心身ともにボロボロになってしまうでしょう。

人生を棒に振らないためにも、闇金融に手を出すことだけは避けてください。

そのほかお金の作り方について詳しくは「今すぐお金が必要なときの具体的対処法!学生・無職・ブラックまで」をご覧ください

お金借りるのは簡単!困った時には賢く利用しよう!

消費者金融にしろ、銀行にしろ、カードローンでお金を借りることはとても簡単です。

ほかにもお金を借りる方法としては、担保や保証人ありのローンや、国の制度を利用するといった方法もありますが、簡単&スピーディーといえばカードローンが間違いないでしょう。

お金に困ったときにはまず消費者金融と銀行のカードローンを検討してみてください。

ローン大バナー