親や友人に言い訳をしてお金を借りると信頼を失うという話

この記事は、「親や親戚、友人、彼女からお金を借りたいけど、いい言い訳や理由が思いつかない…」と悩んでいる人に向けて書きました。

「どんな言い訳をすればスムーズにお金を借りれるんだろう?」

「お金を借りるのに嘘の理由を話しても大丈夫なんだろうか?」

「お金を借りたい本当の理由を話したら借金を断られるかもしれない…」

様々な不安や心配があるでしょう。

でも少し落ち着いて考えてみましょう。

その借金が元で、親や親戚、友人や恋人との関係性が悪化するかもしれません。

どれだけ仲のいい身近な人であったとしても、お金の貸し借りは高確率でトラブルにつながります。

そこで今回は、なぜお金を借りると関係性が悪化するのかや、信頼を失いにくい借金の頼み方や言い訳についてまとめてみました。

なぜお金を借りると信頼関係が失われるのか?

身近な人からお金を借りると、必ずと言っていいほど関係性は悪化します。

これまで築いてきた信頼関係が失われるからです。

では、なぜ借金で信頼関係が失われてしまうのでしょうか?

以下にその理由をまとめてみました。

  • 借金をすると対等な関係でなくなるから
  • 約束通り返済される保証がないから
  • 返済が滞っても取り立てることが難しいから

それぞれを詳しく説明していきます。

借金をすると対等な関係でなくなるから

人間関係には様々な形がありますが、お金を借りる相手となると、比較的親しい間柄の人になるのではないでしょうか。

親や親戚、友人、恋人などがそうです。

これらの人たちは、「親しい間柄=利害関係のない対等な間柄」ということになります。

しかし借金をお願いした時点で、お互いの関係性が対等ではなくなってしまうのです。

特に日本人は、借金は悪いことと思っている人が多いので、「借金のお願いをされただけでも不快」という人が大勢います。

つまり「お金の無心をするなんてATMか何かと思われているんだろうか?」という印象を与えてしまうということです。

その反対に、借金をお願いされると「よくぞ自分を頼ってくれた」と思ってもらえるケースもあります。

親のような近い関係性の相手に借金を頼んだケースです。

しかし借金の返済中に、相手からの信頼を裏切るようなことをしてしまった場合、強い失望感から関係性が悪化することでしょう。

約束通り返済される保証がないから

お金を借りるときには「必ず返済する」と約束するのではないでしょうか。

しかしこれはただの「口約束」でしかなく、確実に返済されるという保証はどこにもないのです。

当たり前の話ですが、「友人にお金を貸すかもしれない」と考えながら生活している人はいませんので、お金を貸す場合は自分の生活費を切り崩すことになります。

1,000円や2,000円なら「明日返してくれればいいよ」で済む話ですが、10万円、20万円になるとそう気楽に貸すことはできません。

もしも返してもらえなかったら、今度は自分が困ることになるからです。

返済が滞っても取り立てることが難しいから

身近な人からお金を取り立てることは非常に難しいです。

本来であれば、約束した通りにお金を返してもらうことは当たり前です。

しかし関係性が近い相手に、「早くお金を返して欲しい」と訴えかけることはそう簡単ではありません。

あまりに強く返済を求めてしまうと、これまで築いた関係性が壊れてしまうのではないかと考えてしまうからです。

大切な友人や身内がお金に困っている状況を手助けしている手前、お金を貸した側としては「あまりに強く返済を求めるのは気の毒かな?」といった心理が強く働きます。

約束した通りに返済していれば何の問題もありませんが、返済中に何が起こるかはわかりません。

そもそもお金に困って借金をしている人が、借金を完済しきれる保証はありませんので、この不安はもっともなものと言えます。

信頼関係を全く損なわずにお金を借りることはできない

身近な人からお金を借りるという行為は、非常にリスキーです。

借金をお願いするだけでも、お互いを見る目が変わってしまいます。

また首尾よくお金を借りることができた場合でも、何らかのアクシデントが発生して返済が滞った時点でアウトです。必ず関係性は悪化します。

人間関係はお金にはかえられない大切なものです。

その大切なものを失うくらいなら、カードローンの利用をおすすめします。

特にプロミスは審査の通過率も高く、即日融資にも対応しているので非常にオススメです。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

信頼を失いにくいお金を借りる言い訳・理由

何らかの事情があって、どうしても身近な人からお金を借りる必要がある人もいると思います。

トラブルなくお金を借りるためには、言い訳や理由が非常に重要です。

借金を申し込んだ相手が、「そんな事情があるなら仕方ないね」と思うような言い訳や理由がなければ、お金を借りることができません。

そこでここでは、相手がお金を貸してくれやすい言い訳・理由を紹介します。

以下は無難にお金を借りることができそうな言い訳一覧です。

  • 冠婚葬祭が続いて急にお金が必要になった
  • 必要なものを買うためのお金が足りない
  • 生活費が足りなくなった
  • 水道・光熱費が払えない
  • 滞納した家賃が払えない
  • 病院代が欲しい
  • 子供の給食費・学費が払えない
  • 交通違反の罰金が払えない
  • 交通事故を起こしてしまった
  • 財布を落としてしまった
  • 資格取得のためのお金が足りない

詳しく説明します。

冠婚葬祭が続いて急にお金が必要になった

結婚式に出席するときはご祝儀、お葬式なら香典といった具合に、慶事や弔事にはある程度の出費がつきものです。

「冠婚葬祭貧乏」という表現があるくらいですので、冠婚葬祭関連の行事が連続して発生することは、決して珍しくありません。

冠婚葬祭を理由に借金をするのであれば、お金を借りる相手に合わせて、言い訳の内容に矛盾が出ないように気を付けましょう。

同じ身内が何回も亡くなることはありません。

また冠婚葬祭を理由に借りられる金額は、相場から考えて30,000円〜50,000円程度です。

必要なものを買うためのお金が足りない

「どうしても買わないといけないものがある」というのも、お金を借りる定番の言い訳です。

しかし何を買いたいのかによっては、お金を貸してもらえないかもしれません。

例えば「趣味の買い物をしたいけどお金が足りない」という理由でお金を借りようとしても、「お金を貯めて買えばいいのでは?」と思われるだけです。

ある程度緊急性があり、お金を貸す側が「できる限り手助けをしたい」と思わせる理由を選ぶようにしましょう。

また借りられる金額は、購入しなければいけない理由によって大きく左右されます。

この理由で借りられる金額は、10,000円程度が限界です。

生活費が足りなくなった

突発的な出費のせいで、生活費が足りなくなることは珍しくありません。

懐に余裕のある身近な人に、「給料日までに〇〇万円足りない」と具体的な金額を伝えてお願いすれば、ある程度融通してもらえるケースは多いです。

また生活費の不足を理由に頻繁に借金を申し込むと、「金ヅル扱いなのかな?」と思われてしまうので、十分に注意する必要があります。

この理由で借りられる金額は、だいたい20,000円〜30,000円程度です。

水道・光熱費が払えない

水道・光熱費を理由にお金を借りるのは、多少難易度が高いです。

しかし生活費の不足と同じく、止められてしまった場合は生活に大きな支障が出る費用ですので、身近な人ならお金を貸してくれる可能性はあります。

しかし「これ以上滞納すると止められてしまう」というギリギリのタイミングでければ、お金を貸してもらえないでしょう。

水道であれば滞納3、4ヶ月程度、電気・ガスなら50日程度は猶予期間がありますので、「猶予期間の間になんとかできるのでは?」と思われてしまうからです。

この理由で借りられる金額は、10,000円程度が限界と思われます。

滞納した家賃が払えない

滞納した家賃の支払いを理由にお金を借りるのは、それなりに難易度が高いと言えます。

生活費や水道・光熱費と似た理由ですが、必要になる金額がより高額になるからです。

また「これ以上滞納すると強制退去になってしまう」というタイミングでお願いしなければ、お金を貸してもらえないことが多いでしょう。

まとまった金額の借金をお願いすることになるので、借りられる金額は相手の懐具合にかかっています。

病院代が欲しい

病院代を理由にお金を借りることはあまり難しくありません。

病気やケガは予測のできないものであり、予定外の出費に対応できないことは珍しいことではないからです。

お願いをすれば、10,000円程度なら貸してもらえることが多いです。

しかし手術や入院といった理由をつけた場合、費用が高額になるので必要な金額を借りることができないかもしれないので気をつけましょう。

子供の給食費・学費が払えない

給食費や学費を支払えないと、子供が学校で肩身の狭い思いをしたり、いじめられることもあります。

場合によってはある程度まとまった金額が必要になりますが、大抵の場合は親や親戚に相談すればお金を融通してくれるかもしれません。

親や親戚に相談できない事情がある場合は、友人にお願いすることになると思いますが、「就学援助制度や奨学金制度を使わないの?」と思われてしまいますので注意が必要です。

交通違反の罰金が払えない

交通違反の罰金は高額になりやすい上に、支払いまでの猶予期間が短いです。

また交通違反は突発的に起こることですので、親やある程度仲のいい友人であれば、お金を貸してもらえる可能性は高いです。

借りられる金額は、理由にした違反の内容によります。

交通事故を起こしてしまった

交通違反と同じく、交通事故もお金を借りやすい理由の1つです。

特に会社で社用車を利用している人であれば、「会社にばれずに修理するお金を用意したい」といった理由は有効でしょう。

個人所有の車で起こした事故を理由にする場合、「どうして保険が使えないの?」と思われてしまうので、お金を借りる理由には適しません。

借りられる金額は50,000円前後が限界です。

財布を落としてしまった

不注意から財布を落とすことは珍しくありません。

ある程度の大金を入れていた場合は、生活費が足りなくなる可能性もあるので、それなりにまとまった金額の借金もお願いしやすいしやすい理由と言えます。

借りられる金額は、昼食代程度の1,000円から生活に必要な数万円まで幅広いです。

資格取得のためのお金が足りない

資格取得を取得するためにはある程度のお金が必要ですので、借金をお願いする理由としてはメジャーです。

特にキャリアアップのために必要なものであるとしっかり説明できれば、それなりの金額でも借りれる可能性が高まります。

借りられる金額は、取得に必要な費用に影響されますが、50,000円以内が限界です。

やむを得ない理由なら信頼関係は悪化しにくい

やむを得ない理由であれば、お金を借りやすく関係性も悪化しにくいと言えます。

実際にお金を借りられるかどうかは、借金をお願いした相手が「真っ当な理由がある」と納得するかどうかにかかっているということです。

「無計画に散財した結果お金が足りない」では、誰もお金を貸してくれません。

また必要な金額を全額貸してもらうのではなく、「後○万円足りない」という頼み方をする方がいいでしょう。

しかし正直なところ、嘘の理由や言い訳でお金を借りることはおすすめしません。

身近な人は「困っているなら助けたい」という気持ちでお金を貸してくれます。

にも関わらず「その理由が嘘だった」とバレた場合、相手は大きな失望を感じ、裏切られたと捉えるからです。

不信感を持たれてしまうと、その印象を覆すことは非常に難しいです。

その結果、本当に困ったときに相談しても「また嘘をついてるんだろう」と思われることになります。

確実に信頼が失われるお金を借りる言い訳・理由

身近な人からお金を借りる場合に、言ってはいけない言い訳や理由が存在します。

以下の理由を伝えて借金をお願いした場合、お金を借りることができないばかりか、必ず関係性が壊れます。

  • 遊ぶお金が欲しい
  • ギャンブルをするお金が欲しい
  • 必ず稼げると聞いたビジネスでまとまったお金が必要
  • FX・仮想通貨・株に投資したい

詳しく説明します。

遊ぶお金が欲しい

遊ぶお金が足りないという理由でお金を借りることはできません。当たり前ですね。

「そんなものは自分で用意すべき」と思われるのが関の山です。

人間関係も修復不能なほど悪化することが予想されます。

ギャンブルをするお金が欲しい

ギャンブルを理由にお金を借りることはできません。これも当たり前ですね。

カードローンのような金融業者も、借金の理由がギャンブルの場合はお金を貸してくれません。

実際に自分が「パチンコ・スロット行くからお金貸して」と頼まれたらどう思うかを考えてみましょう。

「一度貸すと延々とせびられそう」と考え疎遠になるのではないでしょうか。

必ず稼げると聞いたビジネスでまとまったお金が必要

「必ず稼げるビジネス」という言葉ほど怪しい謳い文句はそうそうありません。

必ず稼げるなら銀行をはじめとする金融機関が融資をしてくれます。家族や友人から金策をする必要などありません。

借金をお願いした相手からは、「何か詐欺に引っかかっているのでは?」と思われることでしょう。

また、「変な勧誘をされたら嫌だからあまり近寄らないようにしよう」と思われるかもしれません。

気づけばその人と疎遠になっていることでしょう。

FX・仮想通貨・株に投資したい

FX・仮想通貨・株など、投資を理由するのもNGです。なぜなら、投資は自分のお金でやるものだからです。

また、必死になって説得すればするほど怪しさが増します。

「誰かに騙されているのでは?」という印象を持たれてしまうことでしょう。

当然関係性は壊れます。「面倒ごとを持ち込んでくる厄介な人」という印象を与えてしまうからです。

身勝手な理由での借金は確実に関係性が壊れる

相手が身勝手と感じる理由で借金をお願いした場合、確実に相手との関係性は壊れます。

またギャンブルや怪しいビジネス、投資を理由にお金を借りようとしたことを他の知人にも触れ回られた場合、借金をお願いした相手以外の人からも距離を置かれます。

お金を借りることはできず、周囲から人がいなくなってしまうでしょう。

他にもまだある!身近な人からお金を借りるリスク

身近な人からお金を借りた場合、関係性が悪化する可能性以外にも、大きなリスクが存在しています。

場合によっては、余計な税金を支払うことになったり、法的な問題に発展することがあるのです。

以下2点がそのリスクです。

  • 親からお金を借りると贈与税がかかるかも?!
  • お金を借りるときに嘘をつくと詐欺罪?!

詳しく説明します。

親からお金を借りると贈与税がかかるかも?!

人から借金をした場合、贈与税がかかるケースがあります。

贈与税は110万円を超える金額を受け取った場合に課される税金です。

親や親戚からだけでなく、友人、知人から受け取った場合も課税対象となります。

かりたお金をしっかり返済すれば贈与税の対象とはなりませんが、お金の貸し借りを証明するものがなければ借金とは認められません。

当人同士が「これは借金です」と主張をしても、税務署が借金と認めなければ贈与となってしまいます。

贈与税を回避する具体的な方法

確実に贈与税を課されないようにするためには、「借用書」の作成が必要です。

また借用書を作成することで、「返済する意思がある」ことを相手に示すことができますので、お金を貸してもらいやすくなります。

また面倒かもしれませんが、返済は銀行振込にすることをおすすめします。

返済するたびに入出金の履歴が残りますので、返したはずの借金を未返済とされることもありません。

どれだけ信頼している相手であっても、お金の貸し借りはトラブルの元です。

間違いがないように、些細なことでもしっかりと管理する必要があります。

お金を借りるときに嘘をつくと詐欺罪?!

お金を借りる際に、小さいな嘘をつくことは往々にしてあります。

しかしこの軽い気持ちでついた嘘が元で、詐欺罪として立証されることもあるのです。

少額の借金で訴えられることはそうそうありませんが、高額になった場合は罪が重くなります。

場合によっては、10年以下の懲役が課せられることもあります。

初めから騙すつもりがなかったと判断された場合は立証されることはありません。

しかし嘘をついてお金を借りるという行為には、思っている以上の大きなリスクが付いて回ることを覚えておきましょう。

トラブルを避けたいならカードローンを使ってみよう

しっかりとした理由があれば、親や親戚、友人などからお金を借りることは可能です。

しかし人間関係に影響が出たり、税金がかかる可能性、場合によっては犯罪になることを考えると、あまりにもリスクが高すぎます。

しかしカードローンを利用すれば、そうしたリスクは一切ありません

以下はカードローンを利用する3つのメリットです。

  • メリットその1.余計な嘘をつかなくていい
  • メリットその2.身近な人に負い目を感じる必要がない
  • メリットその3.いつでもすぐに借りられる

詳しくご説明します。

メリットその1.余計な嘘をつかなくていい

最も大きいメリットは、余計な嘘をつく必要がなくなることです。

生活費が足りなければそう伝えればいいですし、欲しいものを買うためならばそう伝えれば問題ありません。

嘘をついてしまうと、過去の発言と矛盾が出ないように立ち回らなければいけなくなりますし、嘘を隠すためにさらに嘘をつく必要も出てきます。

わずかな金利を支払うことで、不要なストレスから解放されるなら安いものではないでしょうか。

ただし、ギャンブルのための資金はカードローンも貸してくれませんので注意が必要です。

メリットその2.身近な人に負い目を感じる必要がない

身近な人にお金を借りると、今まで通りの関係性ではいられなくなることが多いです。

お金を貸した側が変わってしまうこともありますが、借りた側にも大きな影響があります。

借金をしてしまうと、今まで通りの態度ではいられません。

人付き合いの中で気に入らないことがあっても、「今自分はお金を借りているのだから我慢をしなければいけない」と思ってしまう人は多いです。

しかしカードローンを利用していれば負い目を感じる必要はないですし、人間関係に影響が出ることもありません。

メリットその3.いつでもすぐに借りられる

いつでもどこでも、必要な時にすぐにお金を借りられる点もカードローンのメリットと言えます。

審査に通ってさえいれば、いつでも設定されている限度額内で自由にお金を借りることができるのです。

支払日の当日にお金が足りないことに気づいても問題ありません。

コンビニや銀行のATMからすぐにお金を借りられます。

また最近はプロミスの瞬フリをはじめとする、スマホアプリから借入を申し込むと、ものの数十秒で口座にお金が振り込まれるサービスも提供されています。

身近な人からお金を借りるときに重要なことは誠意

トラブルを起こさずに身近な人からお金を借りることは非常に難しいです。

しかしプロミスやアコム、アイフルといった消費者金融、銀行系のカードローンであれば、余計なことを気にせずお金を借りることができます。

消費者金融系のカードローンは、仕事さえしてれば審査に通る可能性はかなり高いです。 また正社員として働いていて信用情報に自信があるのであれば、銀行系のカードローンを利用するのもいいでしょう。

なんらかの事情があってカードローンを利用できない場合は、身近な人からお金を借りるしかありません。しかし嘘をついてお金を借りることはやめましょう。

不思議なものですが、お金の貸し借りで嘘をつくと高確率で揉め事に発展します。

身近な人からお金を借りる場合は、素直にお金が必要な理由を伝え、誠意を持って頼むことが重要です。

必要な金額を確実に借りられるかはわかりませんが、人間関係を壊してしまうようなことにはならないからです。