お金を借りる最終手段は公的機関?カードローン?~安全にお金を借りる

この記事は、お金を借りたいけれどなかなか借りられない人のために書きました。

お金を借りる最終手段としてオススメの方法は、公的機関の貸付制度です。

信頼性と安全性の両方が高い方法なので、最終手段として活用しましょう。

お金を借りる最終手段のオススメは公的機関の貸付制度

支払いなどでお金が必要だけど手元にない場合、どうするのがベストなのでしょうか?

家族や知人から借りたり、カードローンに申し込んだりなどの方法が一般的です。これらの手段を使っている人は多いでしょう。

しかし、断られたり、返す目途が立たなかったりする場合は、それも難しくなってしまいます。

お金を借りるのが難しい場合の最終手段として挙げられるのが、公的機関からお金を借りることです。

公的機関や自治体などがお金を貸す制度を用意している

公的機関とは、自治体や特殊法人などのことです。

こうした組織でも、お金を貸す制度を用意しています。

カードローンや銀行といった民間のように利益を追求する組織ではなく、公共性が高いことから、多くの人にお金を貸すための門戸を開いています。

条件や目的に応じて利用できる・できないが決まる

ただし、公共性が高いがゆえに、柔軟な対応がしにくいというデメリットもあります。

公的機関の貸付制度には借りたお金の使いみちが決められているので、自由に使うことができないのです。

お金が必要な理由に合った貸付制度を正しく選ぶことが必要です。

おもな公的機関の貸付制度

お金を貸す制度をもつ公的機関には、どのようなものがあるのでしょうか?

おもな公的機関の貸付制度をピックアップしてみました。

生活福祉資金貸付制度

都道府県の社会福祉協議会が行っている貸付制度です。生活を支えるための資金を借りることができます。

借りられるのはお金を借りることが難しい低所得者や、高齢者、障害者の世帯です。

資金の種類には、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があります。

求職者支援資金融資制度

厚生労働省・労働局・ハローワークによる貸付制度で、求職中の人の生活を支えることが目的です。

求職者支援制度による職業訓練受給給付金を受け取っていて、それだけでは生活が成り立たない人が借りられます。

年金担保融資制度

独立行政法人福祉医療機構が、国民年金や厚生年金を受給する権利を担保にお金を貸す制度です。

現在年金をもらっている人が、生活のために一時的に資金が必要な場合に借りることができます。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

厚生労働省が所轄する、母子家庭・父子家庭向けの貸付制度です。

生活資金や教育資金、事業資金など、多彩な目的に応じて必要なお金を借りられます。

公的機関はお金を借りる相手としての信頼性が抜群

なぜ、公的機関の貸付制度がお金を借りる最終手段としておすすめかというと、社会的や財務的に非常に信頼が高いからです。

民間のカードローンや銀行は倒産やサービス停止の可能性があります。しかし、公的機関にはその心配はありません。

ただし、制度が改正や廃止されることもあるので、情報はしっかりチェックしておくことが必要です。

公的機関なので法律に基づいて融資が運用されている

公的機関は法律に基づいて運営されているため、その点においても安心感があります。

ただしそれは法律で決められていない運用はできないという融通の効かなさにもつながるため、融資を受けるときは機関の担当者に詳しく話を聞くといいでしょう。

闇金はトラブルの危険性が高い

反対に、法律を守らずに運営されているのが闇金です。

闇金はとても高い金利や脅迫めいた取り立てなど、犯罪行為を行うケースもあります。

どこからも借りられないからといって、闇金に手を出すのは絶対にやめましょう!

個人間融資は人間関係が悪化することがある

家族や友人などから借りる個人間での融資は、親しい相手なら頼みやすいかもしれませんが、人間関係を壊さないよう注意しましょう。

お金のやり取りがずさんだと、どんな間柄でも付き合い方を見直されるおそれがあります。

自分の立ちふるまいひとつで大切な信用を失う可能性がある点は、個人間融資の大きなリスクです。

できれば、家族や友人に借りるよりは、公的機関の貸付制度を利用することをおすすめします。

カードローンや銀行も信頼性の面では安心

カードローンや銀行も法律に基づいて経営されているので、信頼性では公的機関と同じくらい安心して利用できます。

借りたお金の使いみちは自由で、融資がスピーディーに行われるなど、公的機関よりも優れたところもたくさんあります。

まずはカードローンや銀行からお金を借りられるか申し込んでみて、借りられなかったら公的機関に頼るのがいいでしょう。

おすすめカードローン

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

公的機関は無利子または低金利でお金を借りられる

公的機関の貸付制度がおすすめのもうひとつの理由が、無利子または低金利でお金を借りられることです。

無利子または低金利なら、返済の負担がとても少なくなるので、お金に困っている人でも安心して借りることができるでしょう。

カードローンは公的機関に比べると金利が高い

公的機関に比べてカードローンは金利が高く設定されています。

金利が高いと返済金額が高くなるので、同じ金額を借りてもカードローンの方が返済の負担が大きくなります。

カードローンを使っても大丈夫なのは一定の返済能力をもつ人といえます。

カードローンは審査から融資まで即日のスピード対応もできる

カードローンは金利が高いかわりに、融資が実行されるスピードが速いというメリットがあります。

速ければ申し込んだ当日にお金を受け取ることも可能です。

急いでお金が必要なときは、カードローンのスピード対応はとても助かるでしょう。

公的機関は手続きに時間がかかるため、融資までに数日待たされることも少なくありません。

あらかじめ時間がかかることを見越して申し込みましょう。

公的機関の貸付制度の利息状況

公的機関の貸付制度は、具体的にどのくらいの利息なのか調べてみました。

制度の種類資金の種類金利の内容
生活福祉資金貸付制度総合支援資金保証人あり…無利子
保証人なし…年1.5%
福祉資金福祉費保証人あり…無利子
保証人なし…年1.5%
緊急小口資金無利子
教育支援資金無利子
不動産担保型生活資金年3%、または長期プライムレートのいずれか低い利率
求職者支援資金融資制度年3.0%
年金担保融資制度年2.8%
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度事業開始資金保証人あり…無利子
保証人なし…年1.0%
事業継続資金
技能習得資金
就職支度資金
生活資金
住宅資金
転宅資金
結婚資金
修学資金無利子
修業資金
就学支度資金

※2019年8月現在の情報です。

いちばん高い求職者支援資金融資制度でも年3.0%となっており、年10%以上になることも多いカードローンに比べるとかなり低くなっています。

お金を“作る”よりも借りた方がリスクは低い

お金を用意するのに、借りるよりは稼いだ方がよりリスクが少ないといえますが、例外もあります。

それは、お金を確実に用意する必要があるときです。

お金を自分で稼ぐ、作る場合のリスクについて解説します。

メルカリやヤフオクは売れないとお金ができない

不要品を売ればある程度のお金になりますが、それには買ってくれる人が必要です。

メルカリやヤフオクを使えば不要品を簡単に売れますが、買ってくれる人がいないとお金になりません

どうしてもお金が必要な場合にメルカリやヤフオクをあてにすると、売れなかったときのリスクが大きくなってしまいます。

メルカリやヤフオクは、売れなくても大丈夫なときに利用するよう心がけましょう。

仕事の掛け持ちは時間と体力を消耗する

仕事を増やせばそれだけ収入も増えますが、自分の時間と体力を大きく使ってしまうリスクがあります。

長時間労働は体力を消耗するほか、仕事に追われて精神的にも疲れる可能性があるので、健康を損なって体を壊してしまったら何にもなりません。

高額の短期アルバイトはリスクを踏まえて行うこと

短期のアルバイトは、それほど待たずにまとまったお金が手に入るメリットがあります。

ただし、深夜の肉体労働は体力を消耗しますし、試薬試験のモニターは健康を害するおそれがあるなど、仕事によってさまざまなリスクがあります

これらのリスクをしっかりと考えたうえで、アルバイトを行いましょう。

おすすめの公的機関の貸付制度

お金を借りる最終手段として公的機関の貸付制度がおすすめですが、いずれも目的が決まっています。

そのため、自分がどうしてお金が必要なのかをきちんと整理して、それに合った制度を使うことが大切です。

ここでは、各制度がどんな目的なら借りられるかをまとめました。

生活福祉資金貸付制度

低所得者や高齢者、障害者の世帯を対象とした貸付制度です。

資金の種類と目的がたくさん用意されているので、公的機関の中では借りやすい部類に入るといえるでしょう。

生活福祉資金貸付制度で借りられる資金の種類と目的

資金の種類目的
総合支援資金生活支援費
住宅入居費
一時生活再建費
福祉資金福祉費
緊急小口資金
教育支援資金教育支援費
就学支度費
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金
要保護世帯向け不動産担保型生活資金

求職者支援資金融資制度

雇用保険を受給できない求職者は、ハローワークに申請すると職業訓練受講給付金をもらえます。

この職業訓練受講給付金だけでは生活費が足りない場合にお金を借りられるのが、求職者支援資金融資制度です。

雇用保険が受けられず求職中という人でなければ利用できませんが、借りたお金の使いみちが厳しく決められているわけではないのが特徴です。

年金担保融資制度

国民年金や厚生年金などをもらっている人が受けられる貸付制度です。

何らかの理由でまとまったお金が必要な年金受給者が、その理由に必要なお金を借りることができます。

年金をもらえる高齢者でないと使えない制度である点に注意しましょう。

年金担保融資制度で借りる資金の使用目的は以下の通りです。

  • 保健/医療
  • 介護/福祉
  • 住宅改修等
  • 教育
  • 冠婚葬祭
  • 事業維持
  • 債務等の一括整理
  • 生活必需物品の購入

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子家庭や父子家庭、いわゆるひとり親の世帯の経済的自立や、そこの子供のための資金としてお金を借りられる制度です。

資金の目的は多く設定されており、仕事用の資金としても使うことができます。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度で借りられる資金の種類

  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 技能習得資金
  • 就職支度資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 結婚資金
  • 修学資金
  • 修業資金
  • 就学支度資金

急いでお金を借りたい場合はカードローンの方がおすすめ

公的機関の貸付制度は融資されるまでに時間がかかるので、すぐにお金が必要な人にとっては使いづらいかもしれません。

今すぐお金が必要な場合は、融資までのスピードが早いカードローンのほうがおすすめです。

早い時間帯に申し込めば、即日で融資を受けることも可能です。

即日融資について詳しくは、「失敗しない即日振込キャッシング~即日融資のための6つのポイント!」をご覧ください。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

アイフル

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

まとめ

公的機関は信頼性が高いので安心してお金を借りられる相手ですが、貸付条件が細かく設定されており、また融資までに時間がかかる可能性があります。

それらのポイントをきちんと理解したうえで利用するなら、お金を借りる最終手段として検討する価値はあるでしょう。

スピード融資で借りたお金の使いみちも自由なカードローンとくらべて、自分に合ったところからお金を借りてください。