お金を借りるのに必要なもの~ローン別・目的別に全て掲載~

お金を借りるときに必要なものは、どのローンを利用するかによって変わります。

また、目的によってもいろいろな種類のローンがあり、自分が持っていくべきものは何なのかわかりにくい場合も…。

この記事では自分がお金を借りようと思っているローン別に必要なものをまとめました。

また、必要になる書類の注意事項についても記載していますので、しっかり確認して出先でめんどくさい思いをしないように準備をしましょう!

お金を借りるときどんな場合にも必要なもの

お金を借りるにあたってどんな場合にも必要になるものとして「身分証明書」と「所得証明書」があります。

このふたつがないとお金を借りるのは難しくなるので、必ず準備しておきましょう。

身分証明書

お金を借りる人が本人かどうか確認できなければ、信用関係は成り立たず、お金を借りることができません。

お金を借りる人が本人だと証明するために有効になる書類は以下の通りです。

  • 免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 健康保険証

上記の中でも「免許証」「パスポート」はそれ単体で本人確認書類として使用することができます

「個人番号カード」「健康保険証」については追加で住所確認書類などが必要になる場合があるので、注意が必要です。

所得証明書

所得証明書とは1年間にどのくらいの収入を得たかを証明するための書類で、「収入証明書」とも呼ばれます。

多くの場合、50万円以上のお金を借りるときに必要になります。所得証明書にあたる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書

これらの書類は、取得するのに時間がかかるものや、紛失してしまうと再発行が不可能なものもあります。

また、雇用形態によっても必要になるものが変わってきますので、自分の場合はどの書類が必要かしっかり確認しましょう。

これらのお金を借りる際に必要なものの取得方法も記載していますので、参考にしてみてください。

自由な目的でお金を借りるときに必要なもの

海外旅行や留学など自由な目的で利用できるローンには、カードローンやフリーローンなどがあります。

それぞれでお金を借りるのに必要なものを紹介します。

カードローン

カードローンは無担保・無保証人で借入・返済ができる個人向け融資です。審査の時間も短く、即日融資を受けることも可能です

利用限度額の範囲内なら、自由に何度でも銀行やコンビニ等のATMやインターネットから利用することができます。

カードローンでお金を借りる際に必要なものをご紹介します。

アコムアイフルプロミス
本人確認書類
1点のみで可
下記いずれか
運転免許証/個人番号カード
下記いずれか
運転免許証/個人番号カード(通知カードは不可)/パスポート/住民基本台帳カード/特別永住者証明書/在留カード
下記いずれか
運転免許証/パスポート
本人確認書類
複数必要
健康保険証と下記いずれか
住民票/公共料金領収書/納税証明書
(A)健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
(B)戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等
  • (A)から2点
  • (A)から1点と、(B)または「補完書類」から1点の計2点
  • (B)から1点と、当社より簡易書留送付
健康保険証+1点(住民票など)
外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせて用意
収入証明書下記いずれか
源泉徴収票/給与明細書/市民税・県民税額決定通知書/所得証明書/確定申告書・青色申告書・収支内訳書
下記いずれか
源泉徴収票/給与明細書/住民税額決定通知書/所得証明書/確定申告書
下記いずれか
源泉徴収票/確定申告書/給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
*注意事項*

上記表以外にも追加で必要になるものがある可能性があります。

おすすめカードローン

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスはサービスが充実しており、他社でも実施している「30日間無利息サービス」のほか、「瞬フリサービス」や「ポイントサービス」があります。

ユーザーの満足度も高いカードローンなので、初めての方はぜひご検討ください。

プロミスユーザーの口コミは「プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ」で紹介しています。

フリーローン

フリーローンはカードローンと似ており、無担保・無保証人で借入・返済ができる個人向け融資です。

カードローンと違う部分は借り入れ金額が一括で入金され、追加の借り入れは基本的には難しいという特徴があります

フリーローンでお金を借りる際に必要なものをご紹介します。

三井住友銀行みずほ銀行
本人確認書類
1点のみで可
下記いずれか
運転免許証/パスポート/個人番号カード/住民基本台帳カード(顔写真付き)
下記いずれか
運転免許証(変更事項がある場合両面)/運転経歴証明書(変更事項がある場合両面)/パスポート
/各種健康保険証/印鑑証明書/住民票/在留カード(変更事項がある場合両面)/特別永住者証明書(変更事項がある場合両面)/年金受給証明書
年収確認書類
(給与所得者の場合)
下記いずれか
源泉徴収票(直近1期分)/市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等、直近1期分)
下記いずれか
源泉徴収票/住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書(その 1・その 2)
年収確認書類
(個人事業主の場合)
下記いずれか
確定申告書、同付表(直近1期分)/納税証明書(その1およびその2、直近1期分)
住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書(その 1・その 2)
使用目的確認書類金額等がわかる請求書、契約書、注文書等見積書・請求書・契約書など
印鑑銀行印
*注意事項*

確定申告書…付表を含めたすべての申告書類を提出
上記表以外にも追加で必要になるものがある可能性があります。

住宅関係でお金を借りるときに必要なもの

住宅にまつわるローンにはいくつかの種類がありますが、その中でも最も利用されているのは住宅ローンです。

住宅ローンとは購入する住宅を担保にしてお金を借りるローンのことで、リフォームや建て替えなどにも利用することができます

住宅ローンでお金を借りる際に必要なものをご紹介します。

住宅ローン

住宅ローンはどのような場合にお金を借りるかによって、必要になる物件確認書類が変わります

また、どのような雇用形態かによっても必要なものは変わりますので、しっかり確認しましょう。

三井住友銀行みずほ銀行三菱UFJ銀行
住所確認書類住民票住民票住民票
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 会社員の場合→名刺、健康保険証
  • 運転免許証、パスポート(本籍地記載不要)
  • 健康保険証
  • 運転免許証、パスポート、個人番号カード等
  • 健康保険証
年収確認書類
(給与所得者の場合)
  • 源泉徴収票
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
年収確認書類
(給与所得者+確定申告をしている場合)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)
  • 確定申告書
年収確認書類
(個人事業主の場合)
  • 納税証明書(その1・その2)*前年度分
  • 確定申告書(過去2年度分)
  • 納税証明書(その1・その2)*前年度分
  • 確定申告書(過去2年度分)
  • 納税証明書(その1・その2)*直近3期分
  • 確定申告書(直近3期分)
年収確認書類
(法人代表者の場合)
  • 納税証明書(その1・その2)*前年度分
  • 確定申告書(過去2年度分)
  • 法人の決算報告書(過去2年度分)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 法人の決算報告書(直近3年度分)
年収確認書類
(法人代表者+確定申告をしている場合)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 法人の決算報告書(過去3年度分)
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)*前年度分
物件確認書類
(売買契約済の場合)
  • 不動産売買契約書
  • 重要事項説明書
該当物件によって異なる該当物件によって異なる
物件確認書類
(売買契約未の場合)
  • 不動産広告チラシ
印鑑預金印・実印
印鑑証明書2通または3通発行後3か月以内のもの、計3通
その他返済予定明細表
*注意事項*

住民票…世帯全員(続柄を含む)が記載されたもの、原本、本籍地・マイナンバー記載ないものを用意
本人確認書類…有効期限内のもの
確定申告書…付表を含めたすべての申告書類を提出
上記表以外にも追加で必要になるものがある可能性があります。

住宅ローンを検討する場合は、事前に公式ホームページなどで自分がどの書類が必要になるのか確認しておきましょう。

三井住友銀行公式「住宅ローン(新規)お申込 事前準備」

教育関係でお金を借りるときに必要なもの

お子様が進学するにあたってもお金を借りる場面が出てくると思います。

その中で利用されるのが教育ローン。教育ローンとは家計の教育費の負担を軽減し、子供たちの進学・在学を支援するために設けられています

教育ローン

教育ローンには国が設けているものと民間が設けているものがあり、どちらのローンでお金を借りるかによっても必要になるものは変わります

教育ローンでお金を借りる際に必要なものをご紹介します。

日本政策金融機構

教育ローン日本政策金融機構(国)
借り入れ申込書教育コールセンターへ請求
原本
住所確認書類以下のうちいずれか
住民票の写し/住民票記載事項証明書
本人確認書類以下のうちいずれか
運転免許証/パスポート/個人番号カード/
住民基本台帳カード(顔写真付き)
年収確認書類源泉徴収票、確定申告書(控)いずれか
預金通帳
  • 最近6か月分以上
  • 住宅ローン(または家賃)と公共料金の両方の支払い状況を確認できるもの
資金使途確認書類【利用目的が入学資金の場合】
合格を確認できる書類
(合格通知書、入学許可証など)
【利用目的が在学資金の場合】
在学を確認できる書類
(学生証、在学証明書など)
印鑑

日本政策金融公庫公式 「教育一般貸付 (国の教育ローン)」

民間銀行

教育ローン三井住友銀行三井住友銀行(有担保)みずほ銀行UFJ
借り入れ申込書申込内容ご確認シート
(ダウンロードして記入可)
住所確認書類住民票の写し
本人確認書類以下のうちいずれか
運転免許証/パスポート/個人番号カード/住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 運転免許証/パスポート
    (上記書類がない場合)
    印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 健康保険証
以下のうちいずれか
運転免許証/運転経歴証明書/パスポート(写真およびご住所のページ)
/各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)/印鑑証明書/住民票/在留カード/特別永住者証明書/年金受給証明書
以下のうちいずれか
運転免許証(表・裏の両面)/パスポート(顔写真付きページと所持人記入欄)/在留カード(表・裏の両面)
/住民基本台帳カード(顔写真付き)(表・裏の両面)/個人番号カード(マイナンバーカード)(表面のみ)
年収確認書類体系によって変わる
以下確認
体系によって変わる
以下確認
体系によって変わる
以下確認
源泉徴収票/住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書(その1・その2)
年収確認書類
(給与所得者の場合)
以下のうちいずれか
源泉徴収票(直近1期分)/市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等、直近1期分)
左記と同様源泉徴収票/住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書(その1・その2)
年収確認書類
(個人事業主の場合)
以下のうちいずれか
確定申告書、同付表(直近1期分)/納税証明書(その1およびその2、直近1期分)
以下のうちいずれか
確定申告書、同付表(直近1期分)/納税証明書(その1およびその2、直近3期分
住民税決定通知書または課税証明書/納税証明書(その1・その2)
預金通帳学生本人が、借り換え資金目的でローンを組む場合
資金使途確認書類【利用目的が学校等に納付する資金の場合】
金額のわかる納付書やパンフレット等
合格を確認できる書類 以下のうちいずれか
合格通知書/在学証明書/学生証
【利用目的が学校等に納付する資金の場合】
入学金・学費納付書など
納付書等(氏名、金額、振込先、支払期日等の記載があるもの)
【借り換え資金の場合】
返済予定表等(教育資金として借り入れされたことがわかるもの)
資金使途が確認できる書類 以下のいずれか
学校宛納付書/パンフレット/学校案内
【借り換え資金の場合】
返済予定表等(教育資金として借り入れされたことがわかるもの)
関係確認書類
(親が借りる場合)
住民票謄本(発行後1ヵ月以内、世帯全員記載、続柄要、本籍不要)以下のうちいずれか
住民票謄本(発行後3ヵ月以内のもの)/戸籍謄本(発行後3ヵ月以内のもの)/健康保険証
関係確認書類
(学生本人が借りる場合)
在学証明書または合格通知等
印鑑
その他(すでに自己資金でお支払い済の場合)
お支払い済であることを確認できるもの
入学金や授業料の納付書/領収書など
申込日から2ヶ月以内の領収書
*注意事項*

住民票…世帯全員(続柄を含む)が記載されたもの、原本、本籍地・マイナンバー記載ないものを用意
本人確認書類…有効期限内のもの
有効期限がない書類…発行後(または直近)3ヵ月以内のものを用意
上記表以外にも追加で必要になるものがある可能性があります。

教育ローンを有担保型で借りるか無担保型で借りるかによっても必要なものは変わりますので、事前に公式ホームページなどで自分はどの書類が必要になるのか確認しておきましょう。

三井住友銀行公式 「教育ローン(無担保型)」

車やバイクの購入にあたってお金を借りるときに必要なもの

自動車ローンとも呼ばれ、銀行からお金を借りることができるものとディーラーからお金を借りることができるものがあります。

銀行のものに比べてディーラーのもののほうが必要な書類は少ないのですが、金利が少し高い場合が多いです。ここでは銀行からの借り入れの場合に必要になるものを紹介します。

マイカーローン

新車や中古車の購入をはじめ、修理・車検費用など、自動車周りの様々な用途に利用できるローンです。

マイカーローンでお金を借りる際には、使用目的がわかる書類も必要になるので、しっかり確認しましょう。

三井住友銀行三菱UFJ銀行
本人確認書類下記いずれか
運転免許証/パスポート/個人番号カード/住民基本台帳カード(顔写真付き)
健康保険証と下記いずれか
運転免許証(表・裏の両面)/パスポート(顔写真付きページと所持人記入欄)/住民基本台帳カード(顔写真付き)(表・裏の両面)
年収確認書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書 第1表・第2表(税務署収受印のあるもの、電子申告の場合は受付番号の記載があるもの)
  • 納税証明書 その1・その2 等
年収確認書類
(給与所得者の場合)
下記いずれか
源泉徴収票(直近1期分)/市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等、直近1期分)
年収確認書類
(個人事業主の場合)
下記いずれか
確定申告書、同付表(直近1期分)/納税証明書(その1およびその2、直近1期分)
使用目的確認書類金額等がわかる請求書、契約書、注文書等
  • 見積書、注文書
使用目的確認書類
(借り替えの場合)
  • 契約書等
  • ローン返済予定表
  • 直近3ヵ月の返済実績資料(通帳のコピー等)
  • 車検証のコピー
*注意事項*

使用目的確認書類…氏名、金額、振込先が記載されているもの
健康保険証…住所欄に現住所のご記入があるもの
上記表以外にも追加で必要になるものがある可能性があります。

三井住友銀行公式 「マイカーローン」

バイクローン

バイクの購入をはじめ、修理・車検費用など様々な用途に利用できるローンです。

バイクの購入の場合はマイカーローンでお金を借りることもできますが、バイクローンとして独立したローンを行っているところもあります。

バイクローンスルガ銀行
本人確認書類運転免許証など
年収確認書類50万以上の場合
収入確認書類(源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書 第1表・第2表(税務署収受印のあるもの、電子申告の場合は受付番号の記載があるもの)
  • 納税証明書 その1・その2 等など)
使用目的確認書類見積書・領収書など

スルガ銀行公式 「バイク購入ローン」

事業資金としてお金を借りるときに必要なもの

ビジネスローンとも呼ばれる中小企業や個人事業主向けのローンです。

カードローンなどは事業目的で利用することができないので、資金調達や運用資金の準備には事業ローンを利用します。

事業ローン

事業ローンでお金を借りるときに必要なものは「本人確認書類」と「税務申告書」「納税証明書」「商業登記簿謄本」などが一般的です。

会社の規模や形態によって印鑑などさまざまなものが必要になりますので、事前に検討している銀行へ問い合わせをしましょう。

必要書類をどこで手に入れるか

上記であげた必要書類をどこで取得できるかについて紹介します。

身分証明書は普段から手元にある人が多いかもしれませんが、有効期限が切れていないか、引っ越しをして免許の住所変更がまだだということはないでしょうか

また、所得証明書はあまり使用する機会がないのでいざとなったときにどこにやったっけ?とならないようにしっかり保管しておきましょう。

身分証明書

お金を借りる際に必ず必要になる「本人確認書類」。

多くの書類をすでに取得している方が多いのではないでしょうか。

ほとんどのものが最寄りの市区町村の役場や警察署で受け取ることができます。

「本人確認書類」はコピーを提出することが多いのですが、免許証などは裏面にも記載事項がある場合、両面コピーをとることを忘れないようにしましょう

マイナンバーカードは2016年にできたので、まだ取得していない方も多いのではないでしょうか。

マイナンバーカードの取得方法は以下を参考にしてみてください。

また、マイナンバーカードのコピーを提出する場合は個人番号を隠した状態のものを求められる場合が多いので注意しましょう。

取得場所必要書類注意事項
マイナンバーカード交付通知書に記載された窓口交付通知書(事前に準備)・通知カード・本人確認書類・住民基本台帳カード取得までに1か月程度

所得証明書

所得証明書は勤務先から1年に1度渡されるものや、なくしてしまうと再発行ができないものもあります。

また、場合によって直近1~3年分の所得証明書を求められる場合もありますので、勤務先からもらった書類はなくさないようにしっかり保管しておきましょう。

取得場所必要書類注意事項
源泉徴収票勤務先より発行される年末調整を行った後に勤務先より渡される。要保管。
住民税決定通知書5月~6月ごろに勤務先あるいは
住んでいる市区町村から送られてくる
課税証明書勤務先あるいは
住んでいる市区町村から送られてくる
再発行不可
納税証明書現在の住所地(納税地)を所轄する税務署の窓口またはオンラインか郵送で請求本人確認書類・マイナンバーカード(通知カードでも可)
確定申告書1年に1回2月~3月ごろに申請し控えを保管

住民票

「住民票」は自分が住んでいる市区町村の役場にて取得することができます。

本人確認書類を提出して申請します。お金を借りる際に提出する住民票にはマイナンバーの記載がないものを求められることが多いので、注意しましょう。

印鑑証明書

「印鑑証明書」は自分が住んでいる市区町村の役場にて取得することができます。登録をする印鑑と本人確認書類を提出して申請します

お金を借りるときに必要なものはさまざま

ご紹介してきた通り、目的別にさまざまな種類のローンがあります。

またローンの種類によっても必要になる書類は変わってきます。有効期限や取得してからの期限など、注意するところもたくさんあるのでしっかりと確認して、お金を借りるときに困らないように準備をしましょう!