お金借りるには審査通らないといけない~どうしても審査通らない人へ~

この記事は「審査落ちたけどお金借りたい」「どうしても審査が通らない」とお悩み中の人のために書きました。

お金借りるには、審査通らないといけません。

これは銀行カードローン・クレジットカードのキャッシング枠・消費者金融カードローン、全てに共通して言えることです。

審査無しでお金を借りることは貸金業法違反となるため、「絶対審査が通るカードローン」「絶対借りれる個人融資」などのうたい文句があれば、闇金と判断して間違いありません。

ただし「あなたがどの種類の借入の審査に落ちたのか」「審査落ちした原因は何なのか」を究明すれば、もしかしたらお金を借りることができるかもしれません

今回はすごいカード相談所が、お金借りるための審査通らない人のために「結局どうすればいいのか」を紹介したいと思います。

お金借りるには審査通らないといけない~審査難易度を知ろう~

銀行カードロ―ン・クレジットカードのキャッシング枠・消費者金融カードローンなど、お金借りるには必ず審査通らないといけません

冒頭でも紹介しましたが、審査無しでお金を借りることは「貸金業法」に違反するため、仮に「無審査」をうたい文句にしている会社があればアウト!

こんな誇大広告を出している会社があれば「闇金」と思って間違いないので、絶対に申し込みや契約をしないでください。

闇金でよくある誇大広告の文言
  • 絶対審査が通るカードローン
  • 絶対借りれる個人融資
  • 無審査で誰でも借りられる
  • ローンが通らない人のためのローン
  • ブラックの人でも100万円借りられるところはココ
  • 他で断られても借りれるところ

「どうしても審査が通らない」という人は、もしかしたら申し込みをする場所(種類)や順番を間違えている可能性もあります。

カードローンの種類別で、審査の難易度を紹介するので参考にしてください。

例えば、銀行カードローンの審査落ちしたなら、次は大手消費者金融にチャレンジ!

大手消費者金融の審査に落ちても、中小規模の消費者金融(いわゆる街金)ならお金を借りられる可能性は残っています。

ただ、中小消費者金融と闇金を見分けるのは難しいし、本当にお金を借りて良いのか迷うかと思います。

闇金と中小規模の消費者金融の見分け方については、「ヤミ金と普通の消費者金融を見分ける3つの方法」をご覧ください。

「中小消費者金融なら多重債務やブラックでも相談をすれば貸してくれるの?」という疑問に関しては、以下のページで詳しく紹介しているのでご覧ください。

どうしても審査が通らない…まずは審査落ちした原因を知って

どうしても審査が通らないということは、何かしら審査落ちした原因があるということ。

カードローンの審査に落ちる原因は沢山ありますが、どのカードローンの審査も落ちるというのは以下が原因であるケースが多いです。

✔ 金融ブラック(信用情報に事故登録情報が記載)
✔ 複数社で借入している
✔ 他社での借入総額が多い

この記事内では、この3つの原因について詳しく解説していきます。

審査通らない原因は他にも、複数社に同時に申し込みをする「申し込みブラック」や、クレジットヒストリーが全くない「スーパーホワイト」である可能性もあります。

カードローンの審査に落ちる様々な原因について、詳しくは「カードローン審査に落ちる理由とは?連絡がこないときの対処法も解説」をご覧ください。

金融ブラックの人は信用情報をクリアにするのが先決

お金借りるための審査通らない確率が100%なのは、「金融ブラック認定されている」という人。

金融ブラックというのは、信用情報(通称:クレジットヒストリー)に「異動情報(事故登録情報)」が記載されている人のことを指します。

過去のクレジットカードやカードローンの支払いで、このようなトラブルはありませんか?

金融ブラックの判定基準
  • カードローンの返済を61日以上無断で滞納した
  • クレジットカードの支払いを61日以上無断で滞納した
  • ショッピングローンの支払いを61日以上無断で滞納した
  • 過去に自己破産・特別調停・任意整理をしたことがある

ここで注目したいのは、「61日以上」「無断で」という2つのポイント

数日~数週間の延滞や滞納、電話連絡をした上での延滞(支払い済)で異動情報が記載されることはないので安心してください。

「あれ?ブラックじゃないかも?」という人は、他に原因がある可能性が高いので審査通らない原因をもう一度よく考えてください。

CHECK

信用情報は、手数料を支払えば自分で開示(確認)できます。
金融ブラック認定されているかも?という人は、念のために第三者機関であるCICやJICCなどで情報開示をしましょう。

完済して信用情報がクリアになるまで待つしかない

信用情報に「異動」と記載されると、完済から5年間は事故登録情報が記載され続けます。

この異動情報が記載されている期間は、銀行カードローン・クレジットカードのキャッシング枠・大手の消費者金融カードローンでお金を借りることはまず無理

完済して5年経過するのを待つか、任意整理(債務整理)などを視野に入れて弁護士に相談をしてください。

ただし、審査通る可能性低く融資金額も少なくはなりますが、お金を借りられる可能性は0%ではありません

詳しくは「ブラックでも即日融資に騙されないでお金を借りる2つの方法」で解説しているので、併せてご覧ください。

他社借入や借入総額が多い人は、おまとめローンで返済に集中

他社借入の数が多い・他社借入との総額が多い人も、お金借りるための審査通らない可能性が高いです。

具体的に「どのような人が審査通らないのか」が分からないと思うので、解説しておきますね。

審査通らない人の特徴

✔ 2社以上から借り入れしている
✔ 借入総額が年収の1/3に近い

すでに2社以上からお金を借りているということは、借入総額は100万円以上になっている可能性が高いと思います。

クレジットカードのキャッシング枠・消費者金融のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象。

年収の1/3以下しか、お金借りることはできません。

ちなみに、銀行のカードローンは貸金業法の対象外のため、借入金額に制限はありません。

ただし2017年に銀行の過剰貸し付けが問題となり、2018年に金融庁から厳格化の指導が入りました。

現在大手銀行のカードローンは消費者金融と同等の上限額しか付かず、審査の難易度自体が高くなっているので現実的ではないでしょう。

銀行カードロ―ンの審査厳格化について、詳しくは「即日審査なら消費者金融カードローン!銀行・クレジットカードは×」をご覧ください。

おまとめローンで返済1本化がおすすめ

2社以上から借り入れしている人や借入総額が年収の1/3に近い人は、銀行・クレジットカード・大手消費者金融からお金を借りるのは難しいかと思います。

中小消費者金融で少額融資であれば審査通る可能性もありますが、数万円を借りても今の借金の利息が膨れ上がるだけで意味はありません

まずはおまとめローンなどに借り換えをして返済に集中をし、元金そのものを減らすことを考えましょう。

借入総額さえ減らすことができれば、将来的にまたカードローン契約ができる可能性が高くなります。

「おまとめローンって何?借り換えって何?」という人は、「おまとめローンの仕組みと利用法が6分でわかるおまとめ講座」を併せてご覧ください。
CHECK

あなたの借入総額が110~300万円ならプロミスのおまとめローン、100万円以下・310万円以上ならアイフルのおまとめMAX(かりかえMAX)がおすすめ!
この選択をすれば、他社よりも利息がお得になるor毎月返済額が少し低くなる可能性があります。
詳しくは以下ページで紹介しているので、参考にしてください。

「お金を借りる」ではなく「お金を作る方法」に切り替える

お金借りるには審査通らないといけませんが、どうしても審査落ちするなら「お金を作る方法」に切り替えてみてはいかがでしょうか。

今はネットやアプリが充実している時代、数年前よりもお金を作る方法は沢山あります。

お金を作る方法
  • 不要品を売る
  • 日払いのアルバイトをする
  • 副業を始める

例えば、読み終わった本・着なくなった洋服などは、メルカリやヤフオクなどを使えば売れる可能性があります。

ブランドバッグ・家電などは質屋に持っていけば、即金でお金に換えることができます。

繁華街の深夜帯の飲食店であれば日払いで雇ってくれる確率は高いし、ネットやアプリを使えば簡単に副業を始めることができます。

闇金だけは絶対に手を出しちゃダメ

お金借りるには審査通らないといけないのに、どうしても審査が通らない。

売れる物は全て売ったし副業もしているけど、毎月の返済で生活費がままならない…

それでも、闇金には絶対に手を出さないでください

闇金は法外な利息の請求や違法取り立てなど、ありとあらゆる手段でお金を回収します。

仮に知らずに闇金からお金を借りてしまった場合、すぐに弁護士会や法テラスなどの無料相談へ行くことをおすすめします。

闇金や悪徳業社に関して、詳しくは「審査なしで即日お金が借りられる!?悪徳業者の罠にご注意!」で解説しているのでご覧ください。

お金借りる=審査通らないといけない…状況に合わせて方法を見極めて

お金借りるには審査通らないといけません、これは銀行・クレジットカード・消費者金融全てに共通して言えることです。

ただし審査の難易度はお金を借りる方法によって異なるため、徐々に審査難易度を下げて再チャレンジすることをおすすめします。

それでも「どうしても審査が通らない」というのは必ず原因があり、ここをクリアしないと何社申し込みをしても結果は同じになります。

もしあなたが以下の3つの項目をクリアしているなら、大手消費者金融であれば審査に通ってお金を借りることができるかもしれません。

  • 銀行カードローンの審査に落ちた
  • 金融ブラックではない
  • 他社借入などはしていない
  • 安定した収入がある(金額は関係なし)

この3つに当てはまる人であれば、中小消費者金融に駆け込む前にまずはプロミスのWEB申し込みをすることをおすすめします。

消費者金融カードローンならプロミスがおすすめ

大手消費者金融といえばCMや広告で見かけるだけでも沢山ありますが、すごいカード相談所がおすすめするのは「プロミス」です。

プロミスは大手消費者金融の中でも実質年率(金利)が少し低く、初めてのキャッシングから30日間は無利息サービスがあります!

借入や返済の利便性もとても良く、ポイントを貯めればコンビニATMの手数料を一定期間0円にできることも♪

大手消費者金融で申し込みをするなら、まずはプロミスのWEB申し込み!

プロミスについてもっと知りたい人は、以下のページを参考にしてくださいね♪

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン