一時的にお金を借りたいときに考えるべき3つの手段!あなたに合うのはどの借り入れ先?

次の給料日までどうしてもお金が足りずに「一時的にお金を借りたい」という方に向けてこの記事を書きました。

実は、いざというときにお金を借りる方法は一つではありません。

よく検討せずに慌てて借り入れ方を決めてしまうと、自分に向いていなくて損してしまうこともありますよ

この記事では、一時的にお金を借りたいときの手段を最初に紹介します。

そのうえで、タイプに合わせておすすめの借り入れ方を解説していきます。

一時的にお金を借りたいときに考えるべき3つの手段

一時的にお金を借りる手段として主なものは3つあります。

  • 緊急小口資金貸付制度
  • カードローン
  • 質屋

それぞれ、特徴を確認していきましょう。

緊急小口資金貸付制度

緊急小口資金貸付制度は、緊急かつ一時的に資金が必要な世帯に対してお金をかしてくれる社会福祉制度です。

地方自治体によって細かなルールは異なりますが、東京都・大阪府の場合最大10万円を無利子で借りられます。

返済期間も12ヶ月と長めに設けられているのは魅力でしょう。

融資には審査が必要で、最短5営業日必要なので時間がないときには使えません。

また、緊急の用途に限った貸付である点には注意が必要です。

しかし、1年間利息がかからないのは大きな利点であるため、時間に少しだけ余裕がある場合はお住まいの地域の条件を調べてみることをおすすめします。

カードローン

カードローンの特徴は、資金調達の速さにあります。

土日でも即日で融資をしているところもあるので、急きょお金を工面する必要があるときには最も頼りになる方法でしょう。

条件限定ですが利息なしで貸付を行っているところもあります。

デメリットは、返済までの期間が長いと利息がかさんでいく点です。

ゆっくりとお金を返していきたい場合には向きません。

カードローンのメリット・デメリットを詳しく知りたい人は「カードローンのメリット・デメリットを徹底解説【実際どうなの?】」をご覧ください。

質屋を利用する

質屋は、ブランド品を始めとする物品を元にお金を手に入れることが出来ます。

質屋では「質入れ」と「買い取り」という2つの手段で現金にすることが可能です。

質入れ:品物を預けそれを担保に融資を受ける
買い取り:品物と引き換えに代金を受け取る

質入れであれば、返済期限までにお金を返済すれば、物品を失うことはありません。

基本的に3ヶ月以内に支払いがなければ、預けた品物は質屋のものとなります。

どの方法で一時的にお金を借りるべき?タイプ別に解説

一時的にお金を借りるときの手段を3つ紹介してきましたが、状況によっておすすめの方法は異なります。

ここでは、タイプ別にどの方法が良いかを解説しました。

貸付までに時間の余裕があるなら緊急小口資金貸付制度

「次の支払日のお金が足りないことがわかっているが、まだ少し猶予がある」という場合は、緊急小口資金貸付制度が良いでしょう。

審査の時間はかかりますが、1年間無利子で借りられるところはなかなかありません。

「病院代などで一時的にお金が足りなくなってしまった」という状況を支援するために作られた制度なので、この記事を読んでいる方にはぴったりです。

次の仕事は見つかっているが給料日までのお金がない場合も対象になるので、ぜひ相談してみてください。

今日すぐにお金がほしいならカードローン

急な葬儀や事故などで今日中にお金が必要になってしまったという場合はカードローンを選びましょう。最も早くお金が借りられます。

最短の場合、融資審査にかかる時間は1時間程度です。ぜひ会社をしっかりと選んで、審査時間の短いところに申し込んでみてください。

即日融資が可能なカードローンは「即日発行が可能なカードローン【2019年最新版】~口コミ&条件で徹底比較~」をご覧ください。

審査に自信がない場合は質屋

緊急小口資金貸付制度、カードローンはそれぞれ審査が必要です。

審査に通る自信がない場合は質屋を選びましょう。たとえば下記の条件に当てはまる場合は、質屋が良いでしょう。

  • クレジットカードのブラックリストに乗っている
  • 収入が入る見込みがない
  • 生活保護を受けている
  • すでに負債が多い

上記のような状態で返済能力が低いとみなされると、審査に通りません。

質屋ならば特に審査はないので、誰でも使えるのがメリットです。借り入れ先に困っている場合は、質屋がおすすめです。

まとまった金額がほしいならカードローン

まとまったお金を借りられる可能性が高いのはカードローンです。

緊急小口資金貸付では上限が10万円に制限されています。

それ以上必要な場合は他の工面方法を考えなければいけません。

また、質屋で得られる金額は手持ちの物に依存します。

一般的に、新品同様の物を担保にした場合も購入価格の2割減程度しか借りられません。さらに物品の状態により借入額は下がります。

年収にもよりますが、カードローンならば初回でも借入限度額は30〜50万円に設定されると言われています。

10万円以上必要な場合はカードローンを選びましょう。

カードローンで一体どのくらい借りられそうなのか?詳しくは「カードローンの限度額の仕組みと限度額を上がる3つの仕組み」をご覧ください。

無利息希望ならカードローンか緊急小口資金貸付制度

利息を払いたくない人は、カードローンか緊急小口資金貸付の中から条件に合う方を選びましょう。

緊急小口資金貸付は12ヶ月無利息です。また、カードローンは、条件付きで無利息の期間をつけていることもあります。

ゆっくり返済をする場合は、緊急小口資金貸付のほうが無利息の期間が長くお得です。

ただし、上述した他の条件も踏まえた上で、合う方を選べばよいでしょう。

カードローンでお得にお金を借りたい方は「無利息カードローンおすすめ3選とお得にお金を借りる2つのコツ」をご覧ください。

無利息のカードローンを選べば損しない!おすすめの会社4選

住んでいる場所で借り入れ先が決まる緊急小口資金貸付に対し、カードローンは会社が多いので選ぶのに悩みますよね。

ここでは、無利息期間を設けているおすすめのカードローン会社を4つ紹介します。

プロミス

プロミスは上限金利が17.8%と他社の消費者金融カードローンに比べて少しだけ金利が安いのが特徴です。

また、借り入れ方法が豊富で、借り入れから返済まで全てWebで完結できる方法もあるので使いやすいでしょう。

30日間は無利息で、審査もはやいので初心者でも使いやすいのもメリットです。当サイトの口コミ評価も高く、SMBCグループが母体なので安心感もあります。

カードローンを使うのが初めてという方におすすめです。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

アイフル

アイフルは最短30分で審査が完了する、スピード感が魅力です。また、女性専用やお急ぎの方専用の電話窓口が用意されていて、相談しやすい環境が整えられています。

年収が十分にある場合は、上限金利9.5%のファーストプレミアムカードローンを設けているのも特徴です。

融資額も大きいカードローンなので、多めにお金を借りたいときによいでしょう。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アコム

アコムも融資が早く、無利息期間を設けているカードローンです。アコムの魅力は最低返済額が3,000円と低いことにあります。その分返済期間が伸びるので総額は増えますが、困っているときには助かるでしょう。

安定した収入があれば、主婦や学生でもお金を借りられる可能性があります。最大手という安心感に加え、借りられる間口が広いおが魅力です。

アコム キャプチャ ボタン

レイクALSA

レイクALSAは無利息期間の長さが最大のメリットです。Web申し込みなら60日間、借入額が5万円以下なら180日間無利息になります。長期的に借り入れをしたい方はレイクALSAがよいでしょう。

無利息期間に返しきらなかった場合でも、利息がかかる期間が短くなるので相対的にお得です。

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン レイク ポイント

一時的にお金を借りたいなら損しない方法を選ぼう!

一時的にお金を借りる方法を3つ紹介し、どれが向いているか解説してきました。

お金が必要になったときは、慌てず自分にあった方法を選ぶことが大切です。手段により、借り入れまでの期間や金額、利息がかわって来ますよ。

慌てずにしっかりと方法を比較して、損しないものを選んでくださいね。