HOME  カードローン部  お金借りる至急でお金を必ず借りる方法を伝授!土日祝日でも消費者金融なら即日OK

お金借りる
至急でお金を必ず借りる方法を伝授!土日祝日でも消費者金融なら即日OK

至急 お金借りる メイン

この記事は至急でお金を借りたい人に向けて書きました。

即日で欲しいほど急いでお金を借りたい場合、平日だけでなく土日祝日も対応してくれます。

ただ、土日祝日は注意が必要です。

そこで、土日祝日でも至急お金を借りられる方法について解説します。

土日でも至急でお金を借りるための方法

土日

至急でお金が必要になって、それが土日や祝日だった場合、どこで借りられるのでしょうか。

ここでは、土日祝日でもお金を至急借りられる方法について解説します。

土日祝日の融資に対応している消費者金融を選ぶ

消費者金融の中には、土日祝日でも融資をしてくれるところがあります。

プロミス、アコム、アイフルといった大手の消費者金融がその代表格です。

大手3社以外も土日祝日の融資に対応しているところもあるので、Webサイトなどで確認しましょう。

スピード融資をしてもらうための方法を確認

急いでお金を借りたいならば、ただ単に申し込むだけでなく、スピード融資をしてもらえる対策をしましょう。

スピード融資の対策は消費者金融によって異なるので、Webサイトで確認するか、コールセンターに電話して聞いてみましょう。

提携している金融機関に振り込んでもらう

消費者金融の中には、金融機関と提携しているところがあります。

提携している金融機関の口座を持っていれば、そこには他の口座に比べてずっと早く振り込んでもらえるのです。

もちろん、振り込んでもらうには審査に通過する必要があるのを忘れずに。

店頭窓口か自動契約機で出金する

店頭窓口や無人契約機は、こちらから出向く必要があるのでネット申し込みに比べて申込時の手間がかかります。

その代わり、審査に通過すればその場でお金を受け取ることができるメリットがあります。

消費者金融の店舗や無人契約機が近くにあるなら、この方法もおすすめです。

早い時間帯に申し込むのが基本

急いでお金を借りたいなら、申し込みも早めに行うのが大切です。

申し込んだその日にお金を受け取りたい、いわゆる即日融資をして欲しいなら特に重要です。

遅くとも正午までに申し込みを済ませるようにしましょう。

至急でお金を借りるための申し込み準備

申し込み準備

少しでも早くお金を借りたいなら、申し込みをスムーズに行いましょう。

ここでは、申し込みをミスやロスなく済ませるための方法について解説します。

本人確認書類を用意する

運転免許証や健康保険証といった本人確認書類は、消費者金融の申し込みに絶対必要です。

まずは本人確認書類を用意しましょう。

本人確認書類について詳しくは「消費者金融は免許証のみでOK!免許証がない場合の本人確認書類は?」をご覧ください。

即日融資をしてくれる消費者金融に申し込む

大手3社をはじめ、即日融資に対応している消費者金融を選びます。

消費者金融のWebサイトで申し込み方法を確認しましょう。

インターネット・スマートフォンなら簡単

もっとも手軽で素早い申し込み方法は、インターネットからの申し込みです。

パソコン、スマートフォンどちらからでも申し込めるのでおすすめです。

店頭窓口・ATM

店頭窓口やATMからも消費者金融へ融資を申し込めます。

ATMは提携している金融機関のものに限られるので、Webサイトで確認しましょう。

ATMはスマホアプリと連携しているので、まず先にスマホに消費者金融のアプリをインストールしておけばスムーズに申し込めます。

スマホからの申し込みついて詳しくは「スマホ(携帯)でお金を借りる方法~注意点や選び方も解説~」をご覧ください。

電話

電話は担当者と直接話せるため、パソコンやスマホがあまり得意ではない人や、近くに店舗がない人にとっては使いやすい申し込み方法です。

ただし、電話の後に改めて店頭で契約手続きを行う必要があるので、時間がかかります。

とにかく急ぎたい人は、インターネットなど他の方法で申し込むことをおすすめします。

至急でお金を借りる場合も返済計画はしっかり立てる

返済計画

どんなに急いでお金を借りたくても、返済計画を忘れてはいけません。

借りた後に無理なく返せるよう、返済計画まできちんと立ててから借りましょう。

ここでは、返済計画について解説します。

借りられる金額は年収の1/3までが限度

消費者金融でお金を借りるときは、年収の1/3までしか借りられません

これは高額の借り入れで返済負担が大きくなりすぎることを防ぐために、貸金業法で規制されているためです。

この規制を総量規制と呼びます。

総量規制について詳しくは「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制」をご覧ください。

大手消費者金融の金利比較

返済計画で重要なもののひとつが金利です。

金利は借入金額に対して一定の割合で発生する手数料といえます。

金利は消費者金融各社で異なり、少しでも安いところから借りればそれだけ返済金額を減らせます。

大手3社の金利は以下の通りです。

  • プロミス…4.5%~17.8%(実質年率)
  • アコム…3.0%~18.0%(実質年率)
  • アイフル…3.0%~18.0%(実質年率)

初めて申し込む人には無利息サービスが適用される

消費者金融では、初めての利用者は一定期間利息がつかない無利息サービスを用意しています。

まだ利用したことがない消費者金融があるなら、無利息サービスを利用した方がお得です。

大手消費者金融の無利息サービスは30日間

プロミス・アコム・アイフル大手3社の無利息サービスは共通しており、30日の間は利息がつきません

30日以内に完済すれば利息ゼロとなります。

30日を過ぎた時点で返済が残っている場合は、残りの返済分に利息がつきます。

安定した収入がないとお金を借りるのは難しい

どんなに急ぎでお金が必要な人でも、消費者金融は安定した収入のない人は審査に通さないので、お金を貸してくれません。

そもそも収入が安定しない場合は、消費者金融で借りることよりももっと別の対策が必要といえます。

消費者金融で借りたければ、借りたお金をきちんと返せるだけの安定した収入を得ましょう。

無職や専業主婦は審査に落ちやすい

消費者金融でお金を借りるためには安定した収入が必要なので、無職や専業主婦は審査に通りにくいといえます。

専業主婦は働いている配偶者がどれだけ稼いでいても、本人に収入がないので消費者金融から借りることができないのです。

パートで長期間働いていれば安定した収入があると見なせるので、借りられる可能性が高くなります。

学生はアルバイトを続けていれば借りやすい

収入がないという点では学生も同じで、消費者金融で借りることは難しいといえます。

ただし、アルバイトを長期間続けていれば安定した収入があるといえるので、消費者金融で借りることができるでしょう。

なお、消費者金融は20歳未満の人は申し込めないので、未成年はアルバイトをしていても借りることはできません。

審査を通るには借入金額はできるだけ低くするのがコツ

低くするのがコツ

至急でお金を借りたい場合、申し込んで審査を通り、お金を受け取るまでの時間をいかに短縮するかが大切です。

そのために有効な手段は、借入希望金額をあまり高くしないことです。

多額の借入希望は消費者金融が慎重に審査する

消費者金融の審査は、借り入れ希望額が高いほど慎重に行われます。

貸す金額が高くなるほど消費者金融にとってリスクが大きくなるので、申込者の返済能力をしっかりとチェックするためです。

審査をスムーズに通過したければ、借り入れ希望額をあまり高く設定しないようにしましょう。

50万円以上の申し込みは収入証明書が必要

借り入れ希望額が50万円を超える場合は、申込時に収入証明書が必要です。

収入証明書とは、給与明細や源泉徴収票など収入の額を証明する書類です。

消費者金融が申込者の収入がいくらあるかを審査で正確にチェックするのです。

他社と合わせて100万円以上になる場合も収入証明書がいる

申込者が他の消費者金融からすでに借りているときにもう1社申し込んだ場合、借入金額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書が必要になります。

たとえば、ほかの消費者金融ですでに70万円借りている状態だと、新たに借りる場合は30万円から収入証明書が必要になるのです。

土日でも至急でお金を借りられるおすすめの消費者金融

おすすめの消費者金融

土日でも至急でお金を借りられるのは大手の消費者金融です。

ここでは、プロミス・アコム・アイフルの各社から至急でお金を借りるとき、どのような特徴があるのかについて解説します。

プロミス

プロミスはWeb契約なら24時間365日申し込みを受け付けており、早ければその日のうちに融資を受けられます。

Web契約は郵送物がないので自宅にプロミスを利用したことがわかるものが届かないというメリットもあります。

最短10秒で融資が可能な瞬フリ(振込キャッシング)

プロミスは瞬フリ(振込キャッシング)というサービスを用意しています。

プロミスの会員サービスにログインして振込先口座を登録し、振込キャッシングを申し込みます。

最短10秒という超スピードでお金が受け取れるので便利です。

登録する口座は全国約200の金融機関が対象なので、多くの人が利用できるでしょう。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

アコム

アコムも土日祝日の申し込みに対応していて、24時間365日融資できる体制をもっています。

そのうえで、急いで借りたい人向けの申し込み方法を紹介します。

審査に通ったら店頭窓口か自動契約機へ行く

アコムで至急お金を借りたい場合は、インターネットまたは電話で申し込みをしたのち、審査に通ったら店頭窓口か自動契約機に向かいましょう。

その場でお金を受け取ることができます。

楽天銀行へは最短1分で振込完了

銀行振込で急いで借りたい場合は、楽天銀行の口座を用意しましょう。

アコムは楽天銀行へは月曜~日曜と祝日の0:10~23:49で、最短1分で振り込んでくれます。

アコム キャプチャ

ボタン

アイフル

アイフルもほかの2社と同様、24時間365日の申し込みに対応しています。

審査は最短30分で完了するので、即日融資も可能です。

ネット申し込み後に電話で優先審査を依頼する

アイフルでとにかく急いでお金を借りたい場合は、申し込みが完了したら指定のフリーダイヤルへ電話しましょう。

そこに電話をすると急いでいることがアイフルに伝わるので、優先的に審査を進めてくれるのです。

アイフル キャプチャ

ボタン

まとめ

土日祝日でも至急でお金を借りたいときに頼りになるのは、やはり大手の消費者金融です。

普通に申し込みでも即日融資をしてくれることもあるスピード対応が特長です。

さらに、提携した金融機関の口座を登録したり、電話で優先審査をお願いしたりするなど、お金を受け取れるまでのスピードをさらにアップできる方法も用意されているのです。