法人カード・ビジネスカード・コーポレートカードの違いをまとめてみた。

企業や個人事業主向けのクレジットカードについて調べているとき、「法人カード」「ビジネスカード」「コーポレードカード」というのが出てきて紛らわしいなと思ったことはありませんか?

これらは法人向けのクレジットカードという点で同じですが、多くの場合、会社の規模やカード会社によって名称が変わっています。

今回は、そんな紛らわしい名称の使われ方を説明していきたいと思います。

1.コーポレートカードとは

一般的にコーポレートカードは大企業向けのカードのことです。

数千人以上の従業員を抱えている企業が申し込む場合は、コーポレートカードになります。

また、コーポレートカードは法人口座のみならず、個人口座を引き落とし口座として指定できる場合もあります。

個人口座を引き落とし口座として指定した場合は、コーポレートカードが福利厚生の一つとして使われる場合が多いです。

年会費は会社負担で、ショッピングなどで使った費用は個人で負担していきます。

そのため、会社の経費のみにカードを使うのではなく、プライベートなどの日常利用も可能となっていることがほとんどです。

コーポレートカードとは1 コーポレートカードとは2

2.法人カード&ビジネスカードとは

一般的に法人カードやビジネスカードは中小企業や個人事業主向けカードのことです。

カード会社によっては法人カードとビジネスカードで異なったものを指している場合もありますが、多くのカード会社が同じ意味として扱っています。

通常、法人カードやビジネスカードは法人口座からの引き落としですが、代表者個人の口座を指定できる場合もあります。

そのため、個人事業主や事業を始めたばかりの法人などでもカードを申し込める可能性は十分あります。

3.法人向けカードの例

多くのカード会社が、企業の規模ごとに名前を変えているので参考にしてみて下さい。

アメリカン・エキスプレス

「アメリカンエキスプレス・コーポレートカード」→大企業向け
amex_view_all_cards_corporate_green_3011

amex_view_all_cards_gold_3011
「アメリカンエキスプレス・ビジネスカード」→中小企業・個人事業主向け

クレディセゾン

「UCコーポレートカード」→大企業向け
card_crp_img01
「UC法人カード」→中小企業・個人事業主向け
uc-card_b02
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」→個人事業主向け
spb_amex_main

三井住友

「三井住友コーポレートカード」→大企業向け
card_corp_detail
「三井住友ビジネスカード」→中小企業向け
card_smcc_biz_detail

JCB

「JCBコーポレートカード」(法人口座指定) →大企業向け
107-a-el

「JCBビジネスカード」(個人口座指定) →大企業向け(例外)
106-a-el

「JCB法人カード」→中小企業向け
109-c-el

以上のように多くのカード会社がコーポレートカードを大企業向け、法人カード・ビジネスカードを中小企業・個人事業主向けとしています。

JCBのビジネスカードだけ例外となっていますので、気を付けて下さいね。

4.おすすめ法人カード・ビジネスカード

コーポレートカードは原則インターネットから申し込むことはできません

したがって、今回は中小企業・個人事業主向けにおすすめの法人カード・ビジネスカードをご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード メイン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 年会費

ボタン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード ポイント

詳細

アメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)はステータスの高いカードとして有名ですよね。

特に個人向けゴールドカードは審査の厳しいことで知られています。

ただ、アメックス法人カードも審査が厳しいかというと、実は非常に甘いのが事実です。個人カードで審査に落ちてしまった方でもビビらず申し込んでみて下さい。

気になる利用限度額は特に決まってなく、個々のカード会員の利用状況や支払い状況などによって変わって来ます。

また、アメックスということもあり、保険関係も充実しております。海外旅行保険は最高1億円で家族も保障されたり、しかも自動付帯でもっているだけで利用することができます。

一つ気になる点は年会費が高いところですね。

年会費分のサービスは充実していますが、もし高く感じられるなら他の法人カードの申込を優先した方がいいと思います。

EX Gold for Biz iD×QUICPay

ボタン

詳細

EX Gold for Biz iD×QUICPayは、iDとQUICPay搭載により、少額のお買い物でもスピーディーに買い物することができます。

ポイントも貯まり、カードショッピング1,000円につき1スマイルポイント貯まります。スマイルポイントは幅広く交換できるのでポイントの使い道には困りません。

また、MasterCardビジネスアシストまたはVISAビジネスオファー付帯のゴールドビジネスカードにより、日本国内だけでなく海外でも様々な特典が受けられます。

さらに、死亡・後遺障害保険だけの額を見ると低いと感じてしまうかもしれませんが、そのほかの障害治療保険や疾病治療保険、携行品損害や賠償責任など多くの補償をカバーしてくれています。

年会費・ポイント・使いやすさのなどを総合的にみておすすめな法人カードとなっています。

JCBゴールド法人カード

ボタン

詳細

通常の法人カードと異なり、このカードにはビジネスに役立つ特典がたくさん用意されており、年会費に対するコストパフォーマンスは高いです。

また、JCBが発行している「ETCスルーカードN」を無料で何枚でも発行することができます

Oki Dokiポイント1,000円につき1ポイントがたまり、様々な使い道ができます。

審査の基準は比較的に緩めと言われていて、電話番号欄に「携帯電話を記入している」などの実態が分からない会社でないかぎりほとんど通ると言われています。

ANA JCB法人カード(ワイドゴールド)

image ボタン

特徴
☆年会費19,000円
☆カード利用枠50~250万円
☆ANAのマイルが貯まる

詳細
ANA JCB法人ワイドゴールドカードには最高1億円の海外旅行傷害保険最高5,000万円の国内航空傷害保険最高500万円のショッピング保険が付帯しています。
海外旅行傷害保険に関しては旅費などをカード決済しなくても自動付帯にて5,000万円まで保険が適用されますが、ANA便をカード利用した海外出張の場合は1億円まで保険が適用されます。したがって、マイル獲得と保険内容を考慮してもANAの航空機を使うのがおすすめです。

JAL法人カード(CLUB-Aカード)

jal%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89club-a%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89 ボタン

特徴
☆年会費10,800円
☆フライトマイル・ボーナスマイルの充実
☆ビジネスカウンターでスマートチェックイン可

詳細
JAL法人カードCLUB-Aは、普通カードと5倍も値段が違いちょっと遠慮がちになってしまうかもしれません。でも、このカードは最高5,000万円の国内・海外旅行保険が自動付帯していますので、国内・海外への出張が頻繁にあるビジネスマンには安心の一枚だと思います。
また、このカードにはショッピングマイルは貯まりません。その代わりに「DCハッピープレゼント」のポイントが貯まります。還元率も0.5%と法人カードとしては十分の還元率となっています。
また、オンラインでの申し込みは出来ず、電話で入会申込書を請求する形になります。
2017年7月28日現在、JAL・JCB法人カードの新規の申込受付は停止しております。

5.まとめ

今回は法人向けクレジットカードの名前の違いを説明しました。

基本的に「コーポレートカード」は大企業向け「法人カード」と「ビジネスカード」は中小企業・個人事業主向けと覚えておけば問題ありません。

ただ、「法人カード」・「ビジネスカード」でも券面にはCORPORATEと記入されているカードが結構あるので、券面だけでの判断は難しそうです。

クレカ大バナー