キャッシングとカードローンの違いとおすすめの借入方法

キャッシング カードローン 違い

キャッシングとカードローンの違いって意外とよくわからないですよね。

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りることで、カードローンとは、ローンカードでお金を借りることなんですが、正直同じ気がしますよね。。。

実際、お金を借りる際に使用するカード以外に明確な違いがなく、キャッシングという言葉がカードローンでも使われるため、この2つの違いが非常にあいまいになっています。

そこで今回は、キャッシングとカードローンの違いやあいまいになってしまった理由についてお話し、状況に応じたおすすめの借入方法もご紹介します。

目次
1.キャッシングとカードローンの3つの違い
 1-1.借入方法
 1-2.返済期日
 1-3.返済方法
2.キャッシングという言葉が複雑になってしまった理由
3.お金を借りるならカードローンがおすすめな3つの理由
 理由1.利息が少ない
 理由2.返済方法が豊富
 理由3.返済が楽
4.クレジットカードでお金を借りる必要がある2つのパターン
 パターン1.海外旅行中に現金がなくなった
 パターン2.今すぐにお金が必要
5.おすすめのカードローン
6.まとめ

1.キャッシングとカードローンの3つの違い

キャッシングとカードローンには、次の3つの違いがあります。

  • 借入方法
  • 返済期日
  • 返済方法

1-1.借入方法

キャッシングはクレジットカードを使って行い、カードローンはローンカードを使ってお金を借りるので、キャッシングとカードローンでは、借入方法が明確に異なります。

クレジットカードには、お金を借りるためのキャッシング機能というが機能がついており、それを使ってお金を借りるのでキャッシングと言います。(申込時にキャッシング機能を外すこともできます)

消費者金融や銀行でお金を借りる際には、ローンカードという専用のカードが発行されます。それを使ってお金を借りるため、消費者金融や銀行でお金を借りる行為をカードローンと言います。

1-2.返済期日

キャッシングでは、毎月決まった日に返済する義務があるのに対し、カードローンでは、決まった日までであれば、いつ返済しても構いません。

キャッシングでお金を借りた場合の返済日の変化

キャッシング 返済日の変化なし 図

6月30日が返済日だとすると、キャッシングでは必ず30日にも返済する必要があります。

図のように、30日の前に1部を返済したとしても、返済日に決まった金額が口座から引き落とされます。

全額返済の場合は、残金が全額引き落とされ、分割返済の場合は、途中で支払った金額に関わらず、予定していた金額が引き落とされます。

カードローンでお金を借りた場合の返済日の変化

カードローン 返済日の変化 図

同じように、6月30日が返済日だとすると、カードローンは30日までであればいつでも返済できます。

しかも、キャッシングとは違い、最低限の金額を返済してしまえば、次の返済日が一定期間(だいたい1ヶ月)伸びます。

もちろん、一括で全額返済することも可能なので、お財布と相談しながら自分のペースで返済していくことができます。

1-3.返済方法

以前は、キャッシングが口座引落し、カードローンはATM等を使った返済という形で明確な違いがあったのですが、今では両方とも同じように返済できるため、違いがなくなってしまいました。

ただ主な返済方法までは変わっていないので、キャッシングといえば基本的に口座引落し、カードローンといえば基本的にATM、という形になっています。

2.キャッシングという言葉が複雑になってしまった理由

キャッシングという言葉がいろんな意味で使われているので、カードローンの違いがあいまいになってしまいました。

ここからは、キャッシングと言う言葉がわかりにくくなってしまった過程を、簡単にご紹介していきます。

この一連の流れを知って頂ければ、キャッシングの意味が明確にわかり、カードローンとの違いも自然とイメージできるかと思います。

今回は便宜上、事実とは異なる見方をしている部分もありますが、あくまでキャッシングとカードローンの違いを知るためのものとしてみてください。

流れ1 ~お金を借りるキャッシングの登場~

もともとクレジットカードを使った借入で、決められた日に1括返済しなければならないキャッシングというものがありました。

決められた日に1括で返済するというのは、分割返済より利息が少なくないというメリットはありましたが、返済するのはかなり大変でした。

クレカ キャッシング イメージ図1

流れ2 ~分割返済できるカードローンの登場~

そこで、分割返済も可能で決められた日までに返済すればいいというカードローンが登場しました。

分割にしてしまうと支払う利息は多くなってしまいますが、返済金額や返済日を自分で決められるため、多くの人が利用するようになりました。

カードローン キャッシング イメージ図2

流れ3 ~キャッシングでも分割返済が可能に~

キャッシングを利用していた人が、カードローンを利用するようになってしまったため、キャッシングの利用者が減ってしまったので、キャッシングもカードローンと同じように、分割返済や返済日前の返済を認める事にしました。

今ではクレジットカードでお金を借りたらキャッシング、ローンカードでお金を借りたらカードローンという違いしかなくなってしまいました。

クレカ キャッシング イメージ図3

流れ4 ~現在のキャッシングのイメージに~

このような流れと、キャッシングはカードローンよりお金を借りることがイメージしやすいため、「お金を借りる=キャッシング」と認識をしている人も多く、違いがあいまいになってしまいました。

お金を借りる=キャッシング 図4

3.お金を借りるならカードローンがおすすめな3つの理由

キャッシングとカードローンでは、お金を借りるという点においては同じですが、まだまだ利便性ではカードローンの方が優れています。

そのため、お金を借りるのであれば、基本的にカードローンがおすすめです。カードローンがおすすめな理由は、次の3つがあります。

  • 利息が少ない
  • 返済方法が豊富
  • 返済が楽

理由1.利息が少ない

これが一番大きな利点ですが、キャッシングよりカードローンの方が安くお金を借りることができます。

銀行のカードローンの審査に通れば、クレジットカードより数%低い利子でお金を借りることができます。

また、無利子キャンペーンをやっているカードローンも多く、1度しか借りない場合もかなりお得にお金を借りることができます。

理由2.返済方法が豊富

カードローンでは、ATMはもちろん、銀行振り込み。口座引き落とし、ネットバンクとさまざまな方法で返済することができます。

また、返済日を知らせるメールを送ってくれるサービスもあり、お金の返し忘れの心配がありません。

理由3.返済が楽

カードローンでは、返済した日から次の返済日まで30日以上の猶予があります。そのため、無理なく返済していくことが可能です。

これがキャッシングとなると、返済日が固定されていることが多く、返済日前に返済したとしても返済日にも返済する必要があります。

4.クレジットカードでお金を借りる必要がある2つのパターン

お金を借りるのであればカードローンの方がおすすめですが、次の2つのパターンでは、クレジットカードでお金を借りる必要があります

  • 海外旅行中で現金がなくなった
  • 今すぐにお金が必要

パターン1.海外旅行中に現金がなくなった

海外旅行中に現金がなくなった場合、クレジットカードのキャッシング機能を使うことでお金を借りることができます。

カードローンでは、海外でお金を借りることはできませんし、日本円を現地の通貨に両替するよりお得なので、海外旅行ではキャッシングを積極的に使うことをオススメします。

詳細は「クレジットカードを海外で利用した時にかかってしまう手数料の謎」を参考にしてみてください。

パターン2.今すぐにお金が必要

あと30分前後でお金が必要など、本当に緊急性がある場合は、クレジットカードのキャッシングを使う必要があります。

逆を言えば、最短で1時間ほどあればカードローンでもお金を借りることができるので、今日明日中にお金が必要という場合であれば、キャッシングを使う必要はありません。

5.おすすめのカードローン

お金を借りる際におすすめのカードローンをタイプ別に3つご紹介します。

プロミス~もうすぐお金が必要な方におすすめ~

ボタン

詳細

プロミスは、初めて利用する方に限り、30日間の無利息サービスを受けることができます。

他のカードローンは契約日から無利息サービスがスタートしてしまうので、すぐにお金を借りないという人は数日分損してしまいますが、プロミスの無利息サービスは「お金を借りてからサービスが適用されるため、お金が必要な時に備える」という使い方ができます。

しかも、女性オペレーター専用のダイアルも用意されているので、疑問点や契約について女性に確認することができます。

初めてカードローンを利用する際は、いろいろと不安な部分が出てくるかと思います。そうした疑問を怖いイメージのある男性ではなく女性に聞けるというのは、女性はもちろん男性にも嬉しいサービスではないでしょうか?

もちろん、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方にもおすすめです。

アコム~もうすぐお金が必要な方におすすめ~

ボタン

詳細

アコムはプロミス同様、最短即日でお金を借りる事ができ、審査スピードも業界トップクラスです。

しかも、初めて利用する方には最大30日金利0円のサービスがついており、支払う利息も少なくできます。

限度額50万円以下なら収入証明不要でお金をかりることができるので、はじめてキャッシングを利用する場合には負担が少なく便利に利用できます。

新生銀行レイク~20万円前後までの借り入れにおすすめ~

レイクのキャプチャ レイク 限度額 ボタン レイク ポイント

詳細

新生銀行レイクも、初めて利用する方に限り2つの無利息サービスを受けることができます。

その1つである「5万円まで180日間無利息サービス」は、借り入れ金額の10分の1以下(10万円なら1万円、15万円なら1万5千円)のお金を毎月返済していく場合、26万円までであれば大手銀行よりお得にお金を借りることができます。

5万円以下の借り入れであれば、180日間(約半年)利息を払う必要がないというのは、非常にお得ではないでしょうか?

ちなみに、無利息サービスがない状態で金利18%で5万円借りると、1年間で9千円くらい利息が発生してしまいます。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

みずほ銀行~30万円以上の借入れや長期間お金を借りるのにおすすめ~

みずほ銀行 ボタン みずほ銀行カードローン キャプチャ

詳細

お金を借りるのであれば、やはり大手銀行のカードローンがおすすめです。

先におすすめした2つのカードローンは、初めて利用する方にはおすすめですが、複数回利用するのであれば金利の低い銀行のカードローンが最もお得になります。

例えば、大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

無利息サービスは1回しか利用することができないので、何度も利用する可能性があったり、もしもの時の1枚として持っておくのであれば、銀行のカードローンがおすすめです。

6.まとめ

キャッシングとカードローンの違いは、現在ほとんどなくなってきています。というのも、キャッシングでも分割返済や、返済日前の返済ができるようになっているためです。

そのため、明確な違いをあげるとしたら、クレジットカードで借りるかカードローンのカードで借りるかという違いしかありません。

しかし、アコムのクレジットカードにはカードローンがついており、この先こういった会社が増えれば、いよいよ境目がなくなるかもしれません。

現状では、カードローンの方が様々な面で充実していますが、海外でお金を借りれるという点においてはキャッシングの方が勝っています。

ローン大バナー

キャッシング カードローン 違い