キャッシングとカードローンの5つの違いと状況別!おすすめの借入方法

キャッシング カードローン 違い トップ

キャッシングとカードローンの違いが分からないという方は意外と多いです。

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りることで、カードローンとは、ローンカードでお金を借りることなんですが、正直同じ気がしますよね。。。

実際、お金を借りる際に使用するカード以外に明確な違いがなく、キャッシングという言葉がカードローンでも使われるため、この2つの違いが非常にあいまいになっています。

そこで今回は、キャッシングとカードローンの違いはもちろん、違いがよく分からなくなってしまった理由についてもご紹介していきます。

状況に応じたおすすめの借入方法もご紹介していくので、借入方法に迷ったらそちらも参考にしてみて下さい。

目次
1.キャッシングとカードローン
2.キャッシングとカードローンの5つの違い
違い1.使用するカード
違い2.返済頻度と期限
違い3.返済方法の自由度
違い4.利用できるスピード
違い5.サービスの充実度
3.キャッシングという言葉が複雑になってしまった理由
流れ1 ~お金を借りるキャッシングの登場~
流れ2 ~分割返済できるカードローンの登場~
流れ3 ~キャッシングでも分割返済が可能に~
流れ4 ~現在のキャッシングのイメージに~
4.6つの状況別!おすすめの借入方法
キャッシング機能がついていないクレジットカードしかない場合
今すぐお金が必要な場合
今日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できる)
今日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できない場合)
近日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できる場合)
近日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できない場合)
5.お金を借りるならカードローンがおすすめな3つの理由
理由1.利息が少ない
理由2.返済方法が豊富
理由3.返済が楽
6.おすすめのカードローン3選
7.まとめ

1.キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローンの違いについてお話しする前に、「そもそもなぜ呼び方が異なるのか?」という部分からご紹介していきます。

クレジットカードには、お金を借りるためのキャッシング機能という機能がついており、それを使ってお金を借りるのでキャッシングと言います。

一方カードローンは、消費者金融や銀行から無担保でお金を借りる際に、ローンカードという専用のカードが発行されます。

それを使ってお金を借りる為、消費者金融や銀行から無担保でお金を借りる行為をカードローンと言います。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングについては「もう怖くない!クレジットカードのキャッシングがまるわかり」で、カードローンについては「これで完璧!カードローンの全てがまるわかり」で、クレジットカードについては「たった7分でクレジットカードとは何かかがわかる!クレカ講座」で、詳しくご紹介しています。

2.キャッシングとカードローンの5つの違い

キャッシングとカードローンには、次の5つの違いがあります。

キャッシングとカードローンの5つの違い

違い1.使用するカード

キャッシングではクレジットカードを使ってお金を借りますが、カードローンではローンカードを使ってお金を借ります。

キャッシングとカードローンの一番の違いは、このカードの違いになります。

キャッシング カードローン 違い

違い2.返済頻度と期限

キャッシングとカードローンでは、返済頻度と返済期限が異なります。

キャッシングでは、指定日に必ず返済する必要がありますが、カードローンでは、指定日までに返済すれば大丈夫です。

例えば、支払期日が30日だと仮定し、キャッシングとカードローンの違いをご紹介します。

キャッシングは、返済日前に繰り上げ返済をしたとしても「返済日」が変わる事はありません。

キャッシングの返済期限の仕組み

ただ、カードローンの場合は、繰り上げ返済すると「返済日」も連動して変化します。

カードローンの返済期限の仕組み

違い3.返済方法の自由度

キャッシングもカードローンも、利用出来る返済方法に大きな違いはありませんが、返済方法の自由度が異なります。

初期設定では、キャッシングは口座引落しがメインであるのに対し、カードローンはATMを使った返済がメインとなっています。

ただ、違い2でご紹介した通り、キャッシングでお金を借りた場合は、ATMや口座振込を使って繰り上げ返済をしても口座引落しは行われますが、カードローンでは返済方法を完全に切り替える事が出来ます。

キャッシングとカードローンの返済方法

違い4.利用できるスピード

クレジットカードにキャッシング機能がついている場合、必要になったタイミングでいつでも利用する事が出来ます。

カードローンを利用する場合は、必ず「申込⇒審査⇒借入」というステップを踏む必要があり、少なくとも1時間くらいは時間が必要になってしまいます(それでも十分早いですが。。。)。

ただ、クレジットカードにキャッシング機能がついていない場合は、カードローンと同じように審査を受ける必要がある為、カードローンと同じくらいの時間がかかってしまいます。

キャッシングとカードローンの借入スピード

違い5.サービスの充実度

キャッシングがクレジットカードの機能の1つであるのに対し、カードローンはお金を借りる専用のカードですので、うれしいサービスが充実しています。

先ほどご紹介した返済方法を自分で設定できるのはもちろん、無利息サービスや返済日の設定、秘密保持への協力など、さまざまな面でサポートしてもらう事が出来ます。

サービス面で唯一キャッシングがカードローンより優れている点で言えば、「海外でも利用出来る」という点になります。

その他のサービスで、カードローンより優れている事はありませんが、海外で利用出来るという点においては、カードローンにはないオリジナルのサービスになります。

また、キャッシングを海外で利用すると両替所よりお得なので、興味があればこちらの記事も参考にしてみて下さい。「海外キャッシングは両替より断然お得!クレジットカード活用術

3.キャッシングという言葉が複雑になってしまった理由

キャッシングという言葉がいろんな意味で使われているので、カードローンの違いがあいまいになってしまいました。

ここからは、キャッシングと言う言葉が分かりにくくなってしまった過程を、簡単にご紹介していきます。

この一連の流れを知って頂ければ、キャッシングの意味が明確に分かり、カードローンとの違いも自然とイメージ出来るかと思います。

今回は便宜上、事実とは異なる見方をしている部分もありますが、あくまでキャッシングとカードローンの違いを知るためのものとしてみてください。

流れ1 ~お金を借りるキャッシングの登場~

もともとクレジットカードを使った借入で、決められた日に1括返済しなければならないキャッシングというものがありました。

決められた日に1括で返済するというのは、分割返済より利息が少なくないというメリットはありましたが、返済するのはかなり大変でした。

キャッシング

流れ2 ~分割返済できるカードローンの登場~

そこで、分割返済も可能で決められた日までに返済すればいいというカードローンが登場しました。

分割にしてしまうと支払う利息は多くなってしまいますが、返済金額や返済日を自分で決められる為、多くの人が利用するようになりました。

カードローン

流れ3 ~キャッシングでも分割返済が可能に~

キャッシングを利用していた人が、カードローンを利用するようになってしまった為、キャッシングの利用者が減ってしまったので、キャッシングもカードローンと同じように、分割返済や返済日前の返済を認める事にしました。

今ではクレジットカードでお金を借りたらキャッシング、ローンカードでお金を借りたらカードローンという違いしかなくなってしまいました。

キャッシング 分割返済

流れ4 ~現在のキャッシングのイメージに~

このような流れと、キャッシングはカードローンよりお金を借りることがイメージしやすい為、「お金を借りる=キャッシング」と認識をしている人も多く、違いがあいまいになってしまいました。

現在のキャッシング

4.6つの状況別!おすすめの借入方法

キャッシングとカードローンでは、状況に応じておすすめの借入方法が異なります。

そこで、6つの状況別におすすめの借入方法をご紹介していきます。

状況別 おすすめの借入方法

状況1.キャッシング機能がついていないクレジットカードしかない場合

基本的に、キャッシングよりカードローンの方がお得ですので、キャッシング機能がついていないクレジットカードしか持っていない場合は、カードローンを利用するようにしましょう。

ただ、海外でお金を借りるのであれば、キャッシングに申込む必要があります。

状況2.今すぐお金が必要な場合

今すぐお金を必要な場合はキャッシングをおすすめします(審査なしでお金を借りれるのはキャッシングだけです)。

ただ、カードローンを申し込んでも数時間あればお金を借りる事が出来るので、可能であればカードローンを申し込むようにしましょう。

状況3.今日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できる)

数カ月で完済出来るような少額のお金が、今日中に必要な場合は、カードローンを申し込むようにしましょう。

ただ、カードローンに申込む時間がなかったり、数万円程度の借入であれば、キャッシングを利用しても、大きく損はしません(差が開いても1,000円くらいの違いです)。

つまり、少しでもお得に利用するならカードローン、面倒な手続きをしたくない場合はキャッシングを利用しましょう。

状況4.今日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できない場合)

数カ月で完済できない金額のお金が必要な場合は、カードローンを利用するようにしましょう。

今日中にカードローンでお金を借りられない場合は、次の2つから選ぶことになります。

  • 友達に借りるなど、明日以降の支払いにする
  • 一旦キャッシングを利用し、後日借り換えを行う

借り換えについては、「カードローンの借り換え先の選び方とおすすめの借り換え先」で詳しくご紹介しています。

状況5.近日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できる場合)

近日中にお金が必要で、金額が数カ月で完済出来るものであれば、プロミスやアコムのような消費者金融カードローンでも、みずほやレイクのような銀行カードローンのどちらかを選ぶようにしましょう。

やはり、キャッシングよりもカードローンの方がお得になるので、数日後にお金が必要という場合は、カードローンを選ぶようにしましょう。

特におすすめなのは、プロミスと新生銀行カードローンレイクの2つになります。

状況6.近日中にお金が必要な場合(数カ月で完済できない場合)

近日中にお金が必要で、数カ月で完済出来ない場合は、金利の低い銀行カードローンを利用するようにしましょう。

具体的には、みずほ銀行カードローンバンクイック(三菱東京UFJ銀行)三井住友銀行カードローンが挙げられます。

また、J.score(ジェイスコア)は、カードローンではありませんが、低金利でお金を借りられるサービスですのでおすすめです。

J.score(ジェイスコア)については、「J.ScoreのAIスコア・レンディングはお得!概要~使い方まで徹底解説」でご紹介しています。

5.お金を借りるならカードローンがおすすめな3つの理由

キャッシングとカードローンでは、お金を借りるという点においては同じですが、まだまだ利便性ではカードローンの方が優れています。

そのため、お金を借りるのであれば基本的にカードローンがおすすめです。カードローンがおすすめな理由は、次の3つがあります。

  • 利息が少ない
  • 返済方法が豊富
  • 返済が楽

理由1.利息が少ない

これが一番大きな利点ですが、キャッシングよりカードローンの方が安くお金を借りることが出来ます。

銀行のカードローンの審査に通れば、クレジットカードより数%低い利子でお金を借りることが出来ます。

また、キャッシングと金利は同じでも、無利子キャンペーンをやっているカードローンも多く、1度しか借りない場合は、かなりお得にお金を借りることが出来ます。

理由2.返済方法が豊富

カードローンでは、ATMはもちろん銀行振り込み、口座引き落とし、ネットバンクとさまざまな方法で返済することが出来ます。

また、返済日を知らせるメールを送ってくれるサービスもあり、お金の返し忘れの心配がありません。

理由3.返済が楽

カードローンでは、返済した日から次の返済日まで30日以上の猶予があります。その為、無理なく返済していくことが可能です。

これがキャッシングとなると、返済日が固定されていることが多く、返済日前に返済したとしても返済日にも返済する必要があります。

6.おすすめのカードローン3選

お金を借りる際におすすめのカードローンをタイプ別に3つご紹介します。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、他社が提供しているほぼすべてのサービスを提供しており、最短即日でお金を借りることができ、お金を借りてから30日間の無利息サービスを受けることができます。

特に、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

また、審査対象も広く安定した収入さえあれば正社員でなくても審査対象になるため、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

新生銀行カードローン レイク

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの大きな特徴として下記の2つの無利息サービスがあります。

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

30日間無利息サービスは他のカードローンでもやっているサービスではありますが、2つ目の「5万円まで180日間無利息」は独自のサービスになっており、少額のお金を借りて少しづつ返済していくという人には、とてもおすすめのサービスになります。

だいたい26万円くらいまでの借入であれば、低金利カードローンや消費者金融と比較しても、「5万円まで180日間無利息」を利用した方がお得にお金を借りることができます。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ボタン

年会費 -min

詳細

多額のお金や繰り返し利用するのであれば、やはり大手銀行のカードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンは、初めて利用する方にはおすすめですが、複数回利用するのであれば金利の低い銀行のカードローンが最もお得になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

7.まとめ

キャッシングとカードローンの違いは、現在ほとんどなくなってきています。

今では、利用するカードや返済日の固定の有無などが挙げられる大きな違いとなっています。

ただ、アコムのクレジットカードにはカードローンがついており、この先こういった会社が増えれば、いよいよ境目がなくなるかもしれません。

現状では、カードローンの方が様々な面で充実していますが、海外でお金を借りれるという点においてはキャッシングの方が勝っています。

ローン大バナー

キャッシング カードローン 違い トップ