キャッシング増額の審査落ちより低リスクでお金を借りる方法

この記事は、現在カードローンでキャッシングしており増額を検討している人のために書きました。

キャッシング増額で、こんなお悩み中ではないですか?

「金欠だからキャッシングしたいけど限度額いっぱい…どうしよう」

カードローンはキャッシングの増額申請をすれば、追加でお金を借りられます。

ただ、キャッシング増額申請をすれば再審査が行われ、仮に増額の審査落ちすると大きなリスクが伴います!

今まさにお金のピンチであれば、カードローンキャッシングの増額申請よりも、消費者金融のカードローン新規申し込みがおすすめ!

キャッシング増額申請よりも低リスクだし、土日でも即日融資OKですぐにお金を借りられます。

キャッシング増額より低リスクなのは、カードローンの新規申込

どうしてもお金が必要になったら、カードローンキャッシングの増額申請よりも、消費者金融のカードローンの申し込みをしましょう。

というのも、カードローンキャッシングの増額申請には、こんなデメリットやリスクが伴います。

増額申請のデメリットとリスク

✓ 新規申し込みのような再審査がある
✓ 属性の変化や利用実績がないと審査落ちの可能性大
✓ 限度額が下げられるリスクが伴う

ローンキャッシングの増額申請をすると、申し込んだときと同じような「審査」に通過しないといけません。

年収アップなどの変化がないとキャッシング増額の審査は否決されやすいし、審査結果によっては今の利用限度額を下げられる可能性もあります。

カードローンキャッシングの増額のリスクについて、詳しくは「キャッシング増額申請のリスクと審査落ちのよくある理由」をご覧ください。

キャッシング増額して100万円超えれば利息は下がるけど…

キャッシング増額は全てがデメリットというわけではなく、審査に通過して限度額が100万円を超えれば、実質年率が下がるというメリットがあります。
※100万円以上の融資は実質年率15%以下と定められている

ただ、1社で100万円以上の借入ができるのは、年収が高くて利用実績がとても良い一部の優良会員のみ。

1社で100万円以上の借入はあまり現実的ではないので、さほど大きなメリットとは言えません

キャッシング増額申請するよりも、プロミス新規申し込みがおすすめ

今持っているカードローンのキャッシング増額審査をするよりも、プロミスなどのカードローン新規申し込みをおすすめします。

カードローンの新規申し込みだと30万円くらいの融資がつくし、仮に審査に落ちても今のカードローンの限度額に影響することはありません。

カードローンキャッシングの新規申し込みをするなら、プロミスがおすすめ!

どうしてプロミスをおすすめするのかは…記事の後半で紹介します!

増額審査は落ちると危険!しかも否決されやすい

カードローンのキャッシング増額の審査では以下の内容を主にチェックされ、仮に審査落ちすれば限度額引き下げや利用停止になる可能性があります

  • 利用実績
  • 信用情報
  • 個人属性

キャッシング増額をするには少なくとも半年以上の利用実績があり、返済履歴は延滞・滞納なしが最低ライン。

他社カードローンやクレジットカードで金融事故や延滞をしていないかなど、信用情報も再確認されます。

転職していれば職場への在籍確認も再度行われるし、年収アップ・昇進・転職などの個人属性の変化もチェックされます。

イメージしづらいと思うので、審査に通りやすい例や審査落ちしやすい例を紹介しておきますね。

【増額審査に通りやすい例】
  • カードローン申し込み時はアルバイトだったけど、今は正社員で勤務年数1年以上
  • 転職をして年収が大幅アップ、利用状況も良く1年以上勤務している
【増額審査落ちしやすい例】
  • カードローン申し込み時から年収が変わらず、申し込みから半年経過していない
  • 年収は上がったけど転職したて、延滞履歴も何度かある
キャッシング増額審査の条件や落ちやすい人の特徴について、詳しくは「キャッシング増額申請のリスクと審査落ちのよくある理由」で紹介しているので併せて読んでみてください。

キャッシング増額案内が来た人は審査通過しやすい

キャッシング増額を申請する理由は、以下の2つあるかと思います。

  1. キャッシング増額案内が来たから申請する
  2. 自分からキャッシング増額を申請する

キャッシング増額申請の理由がどちらであれ、在籍確認を含む審査に通過しないといけません。

ただし、キャッシング増額案内が来た人の方が、審査には通過しやすい傾向にあります。

①キャッシング増額案内が来たから申請

カードローン会社からキャッシング増額申請が来た場合、すでに利用実績が良いと判断しているため増額審査には比較的通りやすいかと思います。

口コミ体験談などを見ていると、1年間延滞・滞納なく返済をしていればメールや電話などで案内が来るようです。

自分からキャッシング増額申請するよりも審査通過しやすいですが、もちろん審査落ちする人もいます。

年収が1,000万円くらいある人で将来的に100万円以上借入する予定が無ければ、他社カードローンの申し込みをした方が賢明です。

②自分からキャッシング増額申請

自分からキャッシング増額申請をする人は、「限度額いっぱいまでキャッシングしているけど今月ピンチ!」という状況かと思います。

ただ、カードローンの良い利用実績が半年以上、さらに早め返済・多め返済・延滞なし、年収などの個人属性に良い変化がないと審査落ちしやすいです。

カードローンキャッシングの増額を考えるよりも、他社カードローンの申し込みを選択しましょう。

キャッシング枠を増額できたとしても10万円程度

そもそも「カードローンのキャッシング増額」がよく分からない人も多いかと思うので、簡単に解説しておきますね!

キャッシング枠とは初回契約時に決められた利用限度額のことを指し、キャッシング枠の増額とは「利用限度額」自体を上げることを言います。

カードローンキャッシングの増額は審査が必要となり、審査に否決されるだけならまだマシ。

最悪の場合、元々の利用限度額を下げられる・利用停止になることもあります

キャッシング増額は+10万円が相場、新規カードローンの方が借りられる

カードローンのキャッシング増額申請をして審査に通過しても、口コミ体験談などを見ていると増額されるのは10万円が相場となります。

これは銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも共通しており、数十万円の増額は難しいです。

リスクを抱えてキャッシング増額の審査を行って10万円の増額なら、リスクのない他社カードローンで新規申し込みをした方が楽!

仮にあなたが会社員で年収400万円以上、他社カードローンが1社目であれば30万円程度の融資はつくかと思います。

キャッシング増額は収入証明書が必要なケースもある

消費者金融のキャッシング増額で、以下の場合は収入証明書の提出が必要となります。

  • 増額後の希望限度額が50万円を超える
  • 他社借入との合計額が100万円を超える

この「収入証明書」とは、最新の源泉徴収票や確定申告書、直近数か月分の給与明細書や所得証明書となります。

10万円程度の増額で収入証明書の提出を求められるのは…はっきり言って面倒ですよね。

他社カードローンで新規申し込みをすれば、借入合計が100万円を超えない限り収入証明書の提出は必要ありません。

キャッシング増額の審査期間は、新規申し込みよりも時間がかかる

カードローンキャッシングの増額審査は、新規申し込みの審査よりも時間がかかります。

カードローン増額審査にかかる期間

【消費者金融】平日申し込みなら最短即日
【銀行】平日申し込みなら最短2日

プロミスをはじめとする大手消費者金融ではキャッシング増額の審査は、平日の増額申請であれば最短即日で結果がメールで通知されます。

多くの消費者金融のカードローンは新規申し込みであれば土日でも即日審査が可能ですが、既存会員のキャッシング増額の審査は平日のみとなります(アコムは土日も増額審査OK)

また、銀行カードローンは2018年に金融庁から審査の厳格化や自主規制を求められ、従来よりも審査が厳しくなっています

平日にキャッシング増額申請をしても警察庁とのデータ照合の必要があるため、審査にかかる期間は最短2日~1週間かかります。

融資を急いでいるならキャッシング枠の増額よりも、消費者金融のカードローンの新規申し込みをした方がお金を借りられるまでのスピードが速いです。

銀行のカードローンの即日審査が不可になった理由について詳しくは「即日審査なら消費者金融カードローン!銀行・クレジットカードは×」をご覧ください。

消費者金融カードローンは18時までの新規申し込みで即日融資OK

消費者金融のカードローンは新規申し込みの場合、基本即日融資が可能となります。

平日であれ土日であれ夕方18時までにWEB申し込みをすれば、どの消費者金融でも即日審査&即日融資が可能です(審査状況によって異なります)

CHECK

土日祝で即日審査・即日融資を希望するなら、キャッシング増額申請ではなくカードローン新規申し込みしか選択肢はありません。

キャッシング増額よりもプロミスの新規申込みがおすすめ

プロミスは2014年から2018年までの4年間で、審査通過率が約5%も上昇!!

近年のプロミスは、大手消費者金融の中で審査に通りやすい傾向にあります。

しかもプロミスは、サービスや利便性の良さが大手消費者金融No1!!

プロミスを選択するメリット

✓ 安心のSMBCグループ
✓ 実質年率17.8%(クレカのキャッシングより低い)
✓ 無利息期間が実質長い
✓ 手数料無料の借入・返済方が豊富

自社ATMでの借入・返済の手数料が無料なのは当たり前ですが、三井住友銀行ATMも手数料無料で利用できます◎

更にプロミスは“瞬フリ”サービスがあり、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・MUFG三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座へ24時間すぐに振込融資できます!

アコムやアイフルの既存会員で、カードローンの新規申し込みをどこにするか迷っているなら、プロミスを選択して間違いありませんよ♪

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミス既存会員なら、アイフル新規申し込みがおすすめ

すでにプロミス会員で限度額いっぱいまで借りているなら、アイフルの新規申し込みがおすすめです。

アイフルは大手消費者金融の中でも申し込みや審査に関するサービスが優れており、電話での在籍確認を書類確認にすることもできます◎

急いでいる人専用の「お急ぎダイヤル」を利用すれば、他の人の審査待ちをすることなく即審査ができるのも魅力的です。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー