キャッシング増額申請のリスクと審査落ちのよくある理由

この記事は、これからカードローン利用者でキャッシング枠の増額を検討している人のために書きました。

キャッシングで増額申請をすると申し込み時のような審査が行われ、主に以下の3つのポイントをチェックされます。

増額審査3つのチェックポイント
  1. 個人属性(年収アップや転職の有無)
  2. 利用状況(利用年数や延滞の有無)
  3. 信用情報(他社借入状況や金融事故の有無)

3つのポイントをすべてクリアしていることが望ましいですが、最低限クリアしないといけない条件はあります。

今回はすごいカード相談所が、カードローンキャッシングの増額審査でチェックされる3つのポイントや、よくある増額の審査落ちする理由を紹介していきます。

CHECK

そもそもキャッシング増額って何?審査にかかる期間はどれくらい?という人は「キャッシング増額の審査落ちより、低リスクでお金を借りる方法」を併せてご覧ください。
カードローンキャッシングの増額の基礎を、わかりやすく解説しています。

キャッシングの増額審査はリスク大!カードローン新規申込みがベター

カードローンのキャッシング増額の審査落ちすれば、今の利用限度額を減らされる・カードの利用停止になるリスクが高まります。

ちなみに、増額審査は落ちる可能性の方が高いです!!!

カードローン会社の審査は「返済能力を見極める」ためのもの。

申し込み当時と年収などの個人属性が変わっていなければ、返済能力もさほど変わっていないですよね。

それに申し込み時は他社借入がなくても、増額申請をした時に他社で借入や金融事故を起こしていれば信用度はガタ落ち!

増額申請による審査=現在の返済能力のチェックとなるので、条件が合わなければ問答無用で利用限度額を下げられます。

キャッシング増額はリスク大で10万円程度の借入のみ

リスクを抱えてキャッシング増額の再審査に通過しても、10万円程度しか借入できません。

同じカードローン会社の審査を受けるなら、頭を切り替えて「他社カードローンの新規申し込み」をした方が低リスク!

消費者金融のカードローンなら土日でも即日審査&即日融資OK、その日のうちにお金を借りられます。

仮に新規申し込みの審査落ちしても、今のカードローンの限度額を下げられることはありません。

カードローンの新規申し込みならプロミスがおすすめ

カードローンの新規申し込みをするなら、プロミスがおすすめです!

消費者金融のカードローンって沢山ありますが、プロミスは大手消費者金融カードローンの中でも、サービスや利便性が最も優れています!

プロミスをおすすめする理由については、記事の後半で詳しく解説していきます。

CHECK 銀行のカードローンはおすすめしません

銀行のカードローンは金利が低いという魅力がありますが、2018年から即日審査や融資はできなくなりました
これは銀行の過剰貸し付けが問題になり、金融庁から改善を要求されたため。
銀行カードローンの審査は最低でも2日~1週間はかかるうえ、審査もさらに厳しくなっているのでおすすめしません。

銀行のカードローンが即日審査できなくなった理由について、詳しくは「即日審査なら消費者金融カードローン!銀行・クレジットカードは×」をご覧ください。

キャッシング増額審査は年収アップや昇進などが必須

カードローンの申し込み時から増額申請時までに、「個人属性(個人情報)に良い変化」が無ければ増額審査通過は難しいです。

「個人属性の良い変化」とは…

✓ 年収アップ
✓ 役職などへの昇進
✓ ポジティブな転職
✓ 勤続年数の増加

例えば、カードローンに申し込んだ当時は契約社員で利用限度額が10万円だったけど、増額申請するときには正社員雇用となって年収もアップ!

さらに勤務年数が1年以上になっていれば、キャッシングの増額審査は通過しやすいです。

年収アップ=審査通過とは限らない

必ずしも「年収アップすれば全員が増額審査に通過する」とは限りません。

カードローンなどの審査では「スコアリング」が採用されており、個人情報を細かくポイント化して総合得点で可否を判断します。

契約当時より年収がアップしていても、転職したてで勤続年数が数か月であればスコアリング評価はさほど上がりません。

また、転職も正社員雇用などのポジティブな内容であれば良いですが、水商売への転職や独立開業したてなどであれば、安定収入への不安があるため審査に落ちやすくなります。

転職していれば在籍確認がある

キャッシング増額審査は基本、職場への在籍確認はありません。

ただ、カードローン契約当時から転職をしている場合は、新しい職場への在籍確認が行われます。

1つ気を付けてほしいのが、転職したことをカードローン会社にちゃんと申請していたかどうか。

仮に転職して年収が下がっていることがバレると、その時点で利用限度額が下げられる可能性があります。

CHECK

触らぬ神に祟りなし!
あえてリスクを負って増額審査をするなら、別のカードローンの新規申し込みをした方がリスクは低いです。

キャッシング増額審査は、利用実績が半年以下だと厳しい

カードローンキャッシングの増額審査でまずチェックされるのは、申し込みから増額申請までの利用実績です。

「利用実績」で見られること

✓初回借入から何か月経過しているか
✓延滞や滞納などの履歴はないか

具体的にどんな内容なのか、解説していきますね。

初回借入から半年以上経過していることが望ましい

キャッシング増額審査に通過したければ、初回借入から半年以上経過していることが望ましいです。(会社によって異なります)

そもそも申し込みから半年以内で、個人属性が大きく変わることは稀ですよね。

仮に転職して年収がアップしたとしても、勤務年数が少ないのでスコアリングの総合評価は高くありません。
※スコアリング…個人属性をポイント化し、総合判定する審査基準

直近半年以内で延滞・滞納があれば増額審査は厳しい

数年の利用実績があっても延滞や滞納の履歴があれば「延滞=返済に困っている=お金に困っている」と判断され、カードローンキャッシングの増額審査落ちしやすいです。

会社によって規定が様々なので何とも言えませんが、直近半年以内に1度でも延滞していれば増額審査の通過は厳しいと思っておきましょう。

他社やクレカの延滞・滞納があれば、増額申請は否決

カードローンキャッシングの増額審査では、クレヒスと呼ばれる信用情報も再度確認します。

信用情報を再確認する理由

✓他社借入の状況
✓クレジットカードや他社での延滞履歴
✓金融事故を起こしていないか

カードローン契約当時から他社借入をしていない、クレジットカードの支払いも延滞していなければ特に問題はありません。

ただし、これから紹介するケースでは、信用情報が原因で増額審査に落ちる可能性があります。

信用情報・クレヒスとは?

CICやJICCなどの第三者機関が公開している、あなたのクレジットヒストリー。
クレジットカードやカードローンの残高、過去数年分の申し込みや滞納などの利用履歴、金融事故情報などが掲載される。

他社借入との総額が総量規制に引っかかっている

消費者金融のカードローンでは「総量規制」と呼ばれる貸金業法が適用され、借入総額は年収の1/3までと決められています。

例えばあなたが年収300万円で、増額を考えているカードローンAの支払い残高が50万円、他にB社で40万円の残高があるとします。

2社での借入合計は90万円、これは年収300万円の1/3に値するので、増額申請をしても否決されます。

ちなみに、銀行のカードローンは総量規制の対象外となりますが、2018年からは消費者金融の総量規制と同じくらいの金額しか借入できなくなりました。

他社カードローンやクレジットカードの延滞履歴がある

カードローンキャッシングの増額審査をして信用情報を再確認したとき、クレジットカードや他社返済の延滞・滞納があれば増額審査には通りづらくなります。

自社カードローンの延滞がある場合も増額審査通過は難しいですが、「他社延滞=お金に困っている=返済能力に疑問あり」と判定されてしまいます。

信用情報には延滞記録が2~3年分掲載されますが、「数年前に1度だけ」というレベルであれば特に問題はありません。

ただ、直近で延滞している・何度も繰り返して延滞しているという場合、増額審査には通りづらくなり、利用限度額を下げられる可能性もあります。

金融事故を起こしている

キャッシング増額申請したいカードローンの契約時は特に何もなくても、申し込みから増額申請までの間に金融事故を起こしている人は絶対に増額できません。

増額どころか、バレた時点でカードの利用停止は免れません。

金融事故とは「2ヶ月以上返済滞納」や「破産」などで、内容にかかわらず信用情報には「異動」と記載されます。

一度「異動」記載されると、完済をしても5年間は信用情報にデータが残ります。

短期間に3社以上に申し込みをしている場合も増額審査落ち

信用情報には利用状況だけではなく、申し込み履歴も数か月記載されます。
短い期間に3社以上の申し込みをしていることが分かれば、「よっぽどお金に困っている」と判断されて審査落ちします。
「審査落ちるかもしれないから」と不安になって、手当たり次第にカードローンやクレジットカードの申し込みをするのは絶対にやめましょう。

キャッシングの増額申請よりプロミスへの新規申込がおすすめ

カードローンのキャッシング増額申請をするよりも、他社のカードローン新規契約をした方が低リスクでお金を借りられます。

すごいカード相談所がおすすめしているのは、消費者金融カードローンの中でも特にサービスや利便性が優れているプロミス!

メガバンクであるSMBCグループだから安心だし、WEB申し込みの「フル入力」を選択すれば本人確認の電話も回避できます◎

他にも、プロミスを選択するメリットはこんなにも沢山♪

プロミスのメリット

✓ 借入や返済の利便性が良い
✓ 三井住友銀行ATMの手数料無料
✓ 一部銀行口座へ24時間振込OK
✓ 実質年率17.8%(クレカのキャッシングより低い)
✓ 無利息期間が実質長い

近年のプロミスは審査通過率も上昇しており、審査に通りやすい傾向にあります。

アイフルやアコム利用中の人がカード枚数を増やすなら、迷わずにプロミスを選択してOKです◎

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスユーザーならアイフルがおすすめ

もしあなたがプロミス会員で増額申請を考えているなら、アイフルの新規申し込みがおすすめです。

アイフルは審査や申し込みに関するサービスが優れており、職場への電話なしで書類での在籍確認ができます。

更に「お急ぎ専用ダイヤル」があるため、他の人の審査待ちをすることなく即審査もできます。

まずは公式サイトの「1秒診断」で審査通過の簡易診断をしてから、WEB申し込みをしましょう。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー