キャッシングとは?キャッシングの概要とカードローンとの違いや使い方

アイキャッチ画像

クレジットカードを使って簡単にお金を借りれるキャッシングですが、どんなものなのかいまいちわからないという方は少なくありません。

実際、私の友人もよくわからないという人が結構います。 

そこで今回は、キャッシングとはなにか?というものをまとめてみました。 

もちろん、キャッシングの利用方法利用する際の注意点などもご紹介していくので、キャッシングを考えているという方は、参考にしてみて下さい。

目次
1.キャッシングとは
2.キャッシングとカードローンの違い
キャッシングのメリット・デメリット
カードローンのメリット・デメリット
キャッシングとカードローンの使い分け
3.キャッシング枠の考え方
限度額・ショッピング枠・キャッシング枠
キャッシング枠とショッピング枠の関係
4.キャッシングで発生する利息と手数料
5.キャッシングの利用方法
そもそもキャッシング枠がない(わからない)場合
キャッシングの利用方法
6.キャッシングを利用する際の3つの注意点
注意点1.借金であることを強く認識する
注意点2.返済金額を低くしすぎない
注意点3.利用中は買い物にカードを利用しない
7.まとめ
おまけ.キャッシングにおすすめのクレジットカードはない

1.キャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる行為の事になります。 

キャッシング枠は、基本的に全てのクレジットカードについているため、お金が必要になったタイミングで、いつでもお金を借りる事ができます。 

キャッシング

ただ、クレジットカードの申し込み時に「キャッシング枠=0円」と記載していると、キャッシング枠の審査から受ける必要がありますので、その辺は5章でお話しします。 

2.キャッシングとカードローンの違い

キャッシングと同じように、お金を借りる事ができるのがカードローンですが、明確な違いは「利用するカードが違う」という事しかありません。 

キャッシングとカードローンの違い

ただ、それぞれメリット・デメリットがあり、利用目的やタイミングによって、キャッシングとカードローンを使い分けていく事がお得に使うポイントになります。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングのメリットとデメリットは次のようになります。 

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングでは、手続きなしでお金を借りれる事や海外で現地通貨を手に入れれる事がメリットになります。 

ちなみに、キャッシングは海外の現地通貨を手に入れる最もお得な方法になります。 

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットとデメリットは次のようになります。 

カードローンのメリット・デメリット

カードローンは、お金を借りる事に特化したカードですので、少額の借入~多額の借入までさまざまなニーズを満たしてくれます。 

さらに、無利息サービスや多種多様な借入・返済方法があるため、キャッシングよりお得にお金を借りる事ができます。 

キャッシングとカードローンの使い分け

キャッシングとカードローンをおすすめの利用目的別に分けてみると、次のようになります。 

ただ、カードローンも最短1時間あればお金を借りる事ができるので、海外利用時以外はカードローンをおすすめします。 

借入方法別こんな人におすすめ

3.キャッシング枠の考え方

キャッシングはキャッシング枠を利用して行うため、キャッシング枠は非常に重要になります。 

そこで、キャッシング枠の考え方とショッピング枠の関係ついてご紹介していきます。 

限度額・ショッピング枠・キャッシング枠

限度額というのは、クレジットカードで使えるMAXの金額の事になります。 

ショッピング枠というのは、クレジットカードを使って買い物をするための枠の事になります。 

キャッシング枠というのは、先ほどもご紹介した通り、クレジットカードを使ってお金を貯めるための枠の事になります。 

下記は、限度額50万円ショッピング枠50万円キャッシング枠30万円のクレジットカードの例になります。 

限度額とショッピング枠とキャッシング枠

キャッシング枠とショッピング枠の関係

ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が30万円の場合、買い物で50万円・借り入れで30万円使えそうな気がしますが、実は違います。 

というのも、クレジットカードの限度額は50万円であり、キャッシング枠はショッピング枠の中に入っているため、正確な枠の関係は次のようになるからです。 

限度額とショッピング枠とキャッシング枠の関係

つまり、実際に利用できるのは、ショッピング枠とキャッシング枠の合計で50万円(限度額)まであり、キャッシング枠単体では30万円(キャッシング枠)までという事になります。 

4.キャッシングで発生する利息と手数料

キャッシングは、クレジットカード会社からお金を借りる事になるので、当然利息が発生します。 

また、キャッシングでお金を借りる際は、ATM手数料が発生するため、注意が必要となります。 

利息が発生する仕組み

キャッシングでお金を借りた場合、借入日の翌日~返済日まで利息が発生します。 

例えば、1日にお金を借りて30日に返済した場合、29日分の利息が発生する事になります。 

利息が発生する仕組み

利息の計算方法

キャッシングの利息の計算方法もカードローンと同じになります。 

具体的な計算方法は次のようになります。 

利息の計算

例えば、1日~31日まで5万円借りた場合、30日分の利息が発生するため、利息は740円になります(年利18.0%のクレジットカードの場合) 。

30日間5万円借りた場合ににかかる利息

また、JCBの公式サイトで、借入金額や年利を変更して、返済シミュレーションを受ける事ができるので、計算が面倒だという方は、こちらを参考にしてみてください。 →JCBカードの返済シミュレーションはこちら 

5.キャッシングの利用方法

キャッシングの利用方法はとても簡単です。 

お金を借りる時は、ATMでお金をおろす時と同じような感覚で利用できますし、返済する時は、クレジットカードの支払いに使用している口座から自動的に引き落とされます。 

そこで、ATMを使った借入方法を簡単にご紹介していきますが、その前のキャッシング枠を付ける方法も簡単にご紹介していきます。 

そもそもキャッシング枠がない(わからない)場合

「そもそもキャッシング枠がない」「あるかどうかわからない」という場合は、クレジットカード裏面に記載してある電話番号に電話してしまうのが一番です。 

もし、キャッシング枠がある場合は限度額を教えてもらえますし、キャッシング枠がない場合は、希望の限度額を伝える事で、審査をスタートしてくれます。 

最短30分で審査が終わるクレジットカードもありますが、余裕をもって数時間はかかると思っておきましょう。 

また、急いでいる場合は、その旨を伝え審査時間の目安を聞くとある程度教えてもらえる事が多いです。

審査時間を早め、審査に通る可能性を高める方法は、希望限度額を極力小さくする事です。 

キャッシングの利用方法

次の4つの手順を踏むだけで、キャッシングでお金を借りる事ができます。 

  1. カードを挿入し「引き出し」を選択
  2. 暗証番号を入力
  3. 返済方法を選択
  4. 借入金額を入力 

暗証番号は、クレジットカードの支払いの際に利用するもので大丈夫です。 

また、返済方法は、1括返済できない場合は、リボ払いを選択するようにしましょう。 

キャッシングの借り入れフロー

6.キャッシングを利用する際の3つの注意点

キャッシングは非常に便利なサービスですが、使い方を間違えると借金をどんどん増やしてしまいます。 

借金を増やさないためにも、利用する際には次の3つの事に注意するようにしましょう。 

  • 注意点1.借金であることを強く認識する
  • 注意点2.返済金額を低くしすぎない
  • 注意点3.利用中は買い物にカードを利用しない 

注意点1.借金であることを強く認識する

キャッシングは非常に便利なサービスですので、ついついお金を借りすぎてしまうという方も少なくありません。 

そうして、借入と返済を繰り返していると、いつの間にか自分の貯金のような感覚になってしまう事があります。(よく言われる事ですが、1回利用すると2回目以降は抵抗がなくなります。。。) 

そうならないためにも、借金をしてると強くイメージしましょう。 

ちなみに、毎日(もしくは毎週)利息分を貯金箱に入れるなどすると、借金を強くイメージできるのでおすすめです! 

注意点2.返済金額を低くしすぎない

1括返済を選択した場合は問題ありませんが、リボ払いによる返済を選択した場合は、自分で返済金額を選択する事ができるので、ある程度大きな金額を返済するようにしましょう。
※クレジットカードの公式ページにログインする必要があります。

返済金額を小さくしてしまうと、それだけ返済期間が延び、利息が増えてしまいます。

なにより、毎月の返済金額が少なくなるため、実際に借金している金額をイメージできず、新たな借り入れをしてしまうケースが少なくありません。

しかも、キャッシングの返済金額は10万円単位で増える事が多く、数万円だけ借入金額を増やしただけでは返済金額も変わらないので、余計借金を増やしてしまうリスクが高くなります。

例えば、3万円借りていて毎月5千円返済していたとします。その後、2万円追加で借入を行っても、毎月の返済額は5千円のままという事になります。

返済金額は変わらない

注意点3.利用中は買い物にカードを利用しない

キャッシングを利用しているという事は、借金をしているという事ですので、つけ払いであるショッピングの利用も控えるようにしましょう。

こちらも、借金を増やさないために必要なことになります。

7.まとめ

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りる行為の事であり、必要な時にすぐお金を借りる事ができます。

非常に便利なサービスではありますが、利息も発生してしまうので、使いすぎないように注意する事も重要です。

おまけ.キャッシングにおすすめのクレジットカードはない

キャッシングの利用を目的としたクレジットカードのおすすめはありません。

そこで、おすすめのカードローンを3つご紹介しておきます。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、他社が提供しているほぼすべてのサービスを提供しており、最短即日でお金を借りることができ、お金を借りてから30日間の無利息サービスを受けることができます。

特に、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

また、審査対象も広く安定した収入さえあれば正社員でなくても審査対象になるため、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

新生銀行カードローン レイク

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの大きな特徴として下記の2つの無利息サービスがあります。

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

30日間無利息サービスは他のカードローンでもやっているサービスではありますが、2つ目の「5万円まで180日間無利息」は独自のサービスになっており、少額のお金を借りて少しづつ返済していくという人には、とてもおすすめのサービスになります。

だいたい26万円くらいまでの借入であれば、低金利カードローンや消費者金融と比較しても、「5万円まで180日間無利息」を利用した方がお得にお金を借りることができます。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

アイフル

アイフル 限度額

ボタン

アイフル 3つのポイント

詳細

アイフルは最短30分で審査完了!融資まで最短1時間と、審査から融資までのスピードが 早いのが特徴です。

また、申込前に融資が可能かの目安が分かる「1秒診断」というサービスがあります。

はじめてのご利用で審査が不安な方は、パソコンやスマホでサイトにアクセスし、 申込前に診断をしてみるのも良いですね。

家族に秘密で借りたい方向けに、「えらべーる」というサービスがあり、指定した時間帯に 契約カードを配達、受け取りも本人限定となっているため、 個人のプライバシーに配慮したサービスにも定評があります。

インターネットなら24時間申し込みを受付けているので、早朝や深夜でも時間を気にする ことなく申し込みが出来ます。更に、ご利用限度額が50万円以下であれば、収入証明書は 原則不要なので、お急ぎの方も安心してご利用頂けます。

クレカ大バナー

アイキャッチ画像