キャッシングリボ払いについて大解説!カードローンとの違いはコレ!

キャッシングリボ

急にお金が必要になった時、キャッシングやカードローンというサービスが浮かびますよね。

クレジットカードを持っている人は、いざという時に頼りになるサービスがキャッシングです。

ただ、キャッシング機能を使ったことないしよく分からない、リボ払いってどうするの?リボ払いって損するイメージかも・・と不安に思う人は多いように思います。

今回は、キャッシングリボの仕組みはもちろん返済方法利用する際のポイントについて詳しく紹介してきます!

また最後には、キャッシングとカードローンの違いもお伝えしますので、カードローンと悩んでる方にもおすすめの記事となっています♪

目次
0.キャッシングとリボ払い
0-1.キャッシングとは?
0-2.リボ払いとは?
1.キャッシングリボとは
1-1.キャッシングリボの仕組み
1-2.キャッシングリボの金利と利息
2.キャッシングリボの金額の決まり方
2-1.標準タイプ
2-2.定額タイプ
3.キャッシングリボのメリットデメリット
4.キャッシングリボを利用する際に知っておいて欲しいこと
4-1.①キャッシング枠はショッピング枠の中にある
4-2.②締め日
5.キャッシングリボの利用方法
5-1.キャッシングのやり方
5-2.リボ払い以外の返済もできる
6.キャッシングリボとカードローンの違い
7.自分にあった借り方をしよう!
7-1.キャッシングリボがお勧めの人
7-2.カードローンがお勧めの人
8.おすすめのカードローン
9.まとめ

0.キャッシングとリボ払い

キャッシングとは?リボ払いって?なんとなく分かっているようで分からないという方が多いと思いますので、ここで解決していきましょう!

①キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って提携先のATMやキャッシュディスペンサーなどからお金を借りるサービスのことを言います。

クレジットカードを作った際に、キャッシング枠の限度額を記入する欄があれば、そのカードにはキャッシング機能が付いています(キャッシング枠記入欄がなく自動で付いている場合もあります)。

すでにカードを持っているということは審査に通っているということなので、利用限度額内で現金を借入することが可能です。

キャッシングリボ1

②リボ払いとは?

リボ払いとは「リボルビング払い」の略称で、基本的に毎月決まった一定の返済額を支払う(返済額を固定する)方式になります。

毎月の支払いが一定の額に抑えられるので、無理なく計画的に支払うことができるのが特徴ですが、利用するには利息がかかります

一方よく混合されがちな分割払いですが、分割払いは買い物の際に支払い回数を指定して、それにもとづいて支払いしていく方法で全く別物となりますので注意してください。

キャッシングリボ2

1.キャッシングリボとは

‘キャッシング’と‘リボ’が組み合わさった「キャッシングリボ」、その意味は、クレジットカードのキャッシング枠で借りたお金をリボ払いで月々返済していくことを指します。

キャッシングリボは、キャッシング枠の範囲内なら何度でも利用することができます

もう少し細かく見ていきましょう。

①キャッシングリボの仕組み

キャッシングリボは、毎月一定の返済額をショッピング等の利用代金と合せて、カード代金の支払日に支払口座から引き落しになります。

例えば、5万円キャッシングをし、毎月1万円リボ払いにした場合は下記のようになります。

キャッシングリボ3

1万円は元金だけでなく利息が含まれているため、6回で終わる形になります。

②キャッシングリボの金利と利息

キャッシングのリボ払いはカードローンを利用する時と同じように利息が発生します。

一般的な利息の計算方法はこちらになります。

キャッシングリボ4

金利はカード会社や自分の持っているカードの種類によって異なりますが、年率14%~18%に設定されているところが多いです。

利息の計算方法で1点気を付けてほしいところは、1回目の借入日数は締め日により決まることです。

例えば・・・
月末締めの翌月25日払いのカードで、1日に5万円キャッシング(年率18%)をし、毎月1万円のリボ払いとした場合は下記のようになります。

キャッシングリボ5

つまり、初回は55日分の利息が発生するため、利息の金額が少し大きくなってしまいます

具体的に計算してみると次のようになります。

キャッシングリボ6

50,000円金利18%30日間借りた時の利息は739円ですので、617円も多くの利息を支払うことになります。

2.キャッシングリボの金額の決まり方

キャッシングリボの返済金額の決まり方は各カード会社によりさまざまではあるのですが、一般的に多いのが標準タイプ定額タイプです。

①標準タイプ

標準タイプは、1回毎の返済金額が「最低返済額」のタイプになります。

最低返済額はとは毎月返済しなければいけない最少の金額なので、返済しやすい少額となっているのが特徴です。

例えば5万円以下だと5千円10万円までなら1万円・・・という具合ですが、詳細はクレジットカードによって異なります。

毎月の返済額がネットに掲載されてるところもあれば、自分で電話確認をしないと分からないところもあります。

カード発行時に初期設定とされる場合は、標準タイプが適用されていることが多いようです。

②定額タイプ

定額タイプは、自分の支払いペースに合わせた金額に設定できるタイプです。

最低金額以上であれば千円単位や万単位で、自分の都合に合わせて金額を設定でき、また途中でも変更が可能です。

カード会社によっては、申込時に設定できるところと、定額コースの金額が予め決まっているところなどさまざまです。

今回、手持ちのクレジットカードで確認をとってみたところ、1つは5千円もうひとつは1万円での最低返済額での返済でしたが、どちらも定額タイプへ変更できるということが分かりました。
※確認したクレジットカードは三菱東京UFJVISAカードと三井住友VISAカードになります。

3.キャッシングリボのメリットデメリット

キャッシングリボの特徴は、無理なく返済ができて毎月の返済額に変動がないという点ですが、その特徴から、使い方次第ではデメリットに繋がることになるかもしれません!

ここでキャッシングリボのメリットデメリットについてご紹介していきます。

キャッシングリボ7
メリットデメリットから・・・

リボ払いは返済計画が立てやすいので、返済額はある程度大きく設定することをオススメします。

利用期間が長いと利息を多く支払うことになるので、返せるタイミングで繰り上げ返済をするのもポイントですし、何よりキャッシングリボを重ねて利用しないことが重要と言えるでしょう。

4.キャッシングリボを利用する際に知っておいて欲しいこと

キャッシングリボを利用する際に知っておいて欲しい2つのことを紹介いたします。

①キャッシング枠はショッピング枠の中にある

クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」「利用限度額」の3つの関係があります。

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の中にあるため、キャッシングとショッピング両用の場合は、利用限度額の計算と把握に注意が必要です。

例)クレジットカード限度額が50万円の場合
ショッピング枠で40万円を利用するとキャシング枠は10万円の利用になります。

キャッシングリボ8

②締め日

1章でも触れたことなのですが、「締め日」が初回の利息に大きく関わってくるため注意が必要です。

例えば毎月月末が締め日で、翌月の1日が引き落としの場合、締め日である月末にキャッシングをした場合の支払いは、翌月の25日となり利息は25日分(約1ヶ月)です。

しかし、締め日の翌日の1日にお金をかりた場合の支払いは翌々月の25日となり、利息は55日分(約2カ月)となってしまいます。

キャッシングリボ9

利息は日割りで計算されているため、1日の違いで大きく異なるため借入日には気を付けてくださいね。

もっとも損しない方法は、繰り上げ返済を利用して1括で返済してしまう事です。

また、1括返済が難しい場合は、1回目の返済日の前に繰り上げ返済を利用して、1円でも多く返済しておくことが重要です。

5.キャッシングリボの利用方法

キャッシングリボの利用方法を紹介します♪

①キャッシングのやり方

キャッシングは、手持ちのクレジットカードを使ってキャッシュディスペンサー(CD)やATMや提携金融機関で簡単に現金を引き出すことができます

また、インターネットや電話からの口座への振込みでも利用できるカード会社もあります。

返済方法はそのほとんどが、ショッピング代金と合せて口座振替での自動引き落しによる支払いとなります。

②リボ払い以外の返済もできる

多くのキャッシングリボは、繰り上げ返済や一括返済が可能です。

利息を減らし短期完済のために、いつもよりお金に余裕がある時は、繰り上げ返済をすることをオススメします!

その手続きなどはカード会社によってバラバラですが、電話・WEB・振込みやATMで返済をすることができます。

具体的な方法は各クレジットカードのホームページ等で確認をした上で、積極的に追加返済をしていただければと思います。

6.キャッシングリボとカードローンの違い

キャッシングリボとカードローンはどちらも毎月返済していく点では非常に似ているのですが、違いは次の4点になります。

  • 借入専用カードを持つか持たないか
  • 借りれる金額の大きさ
  • 返済方法の種類
  • 借入れスピード
キャッシングリボ10

7.自分にあった借り方をしよう!

お金を借りる時、自分にあった借り方をするのはとても大切ですね。
さきほど、キャッシングリボとカードローンの違いをお伝えしましたので、ではどういったタイプの人がどちらの借り方が向いているのかお伝えします!

①キャッシングリボがお勧めの人

キャッシングリボ11

②カードローンがお勧めの人

キャッシングリボ12

8.おすすめのカードローン

クレジットカードは今お使いの物で大丈夫だと思いますので、おすすめのカードローンを3つご紹介します。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、カードローンで受けたいと思うサービスのほぼすべてを提供しています。

その中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

プロミスなら最短即日でお金を借りることができるのはもちろん、30日間の無利息サービスも受けることができます。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスは、正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

モビット

モビット キャプチャ

モビット 限度額

ボタン

モビット ポイント

詳細

モビットは他のカードローンにはない、次の2つの特徴的なサービスが魅力です。

  • WEB完結で電話連絡なし
  • スマホでATMからお金を引き出す

モビットはWEB完結を利用することで、勤務先への在籍確認の電話連絡をなくすことができます。
※在籍確認は書類で行われます。

WEB完結では、書類も電子化できるので郵送物やローンカードを使わず、口座だけでお金の借入・返済を行えます。

モビットのアプリである「My モビ」を利用すれば、セブン銀行ATMからお金の借入・返済を行うことができます。

この方法を使えば、口座に情報が残る事もなく、ローンカードすら持たずにモビットを利用する事ができます。 

しかも、この方法であれば、銀行の営業時間や無人契約機を気にする必要がないので、モビットの審査対応時間である22時までに審査が完了すれば、その日のうちにいつでもお金を借りることができます。

これは全カードローンの即日融資サービスを踏まえても、最も優れたものと言えます。 

新生銀行カードローン レイク

レイク

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの大きな特徴として下記の2つの無利息サービスがあります。

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

30日間無利息サービスは他のカードローンでもやっているサービスではありますが、2つ目の「5万円まで180日間無利息」は独自のサービスになっており、少額のお金を借りて少しづつ返済していくという人には、とてもおすすめのサービスになります。

だいたい26万円くらいまでの借入であれば、低金利カードローンや消費者金融と比較しても、「5万円まで180日間無利息」を利用した方がお得にお金を借りることができます。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

9.まとめ

キャッシングをリボ払いでする時のポイントなどを紹介してきましたが、いかができたでしょうか。

クレジットカードのキャッシングは上手に使うことが出来れば、いざという時にはとても便利なサービスです。

しかし簡単に利用でき、ショッピング枠と合せて自動引き落としされるため、幾ら引き出し、いくら返済してるのか把握しにくく、ついつい・・・と気づけば返済額が膨らんでしまった!という事態になりかねません。

キャッシングリボ払いを利用する際は、その点に気をつけて上手に借りて返済しましょう!ご利用は計画的に♪ですね。

クレカ大バナー

キャッシングリボ