HOME  お役立ち記事家賃や敷金礼金など引っ越しの初期費用 払えないなら節約してカードローンで払おう

お役立ち記事
家賃や敷金礼金など引っ越しの初期費用 払えないなら節約してカードローンで払おう

家賃や敷金礼金など引っ越しの初期費用 払えないなら節約してカードローンで払おう

この記事は引っ越しの初期費用を払えない人に向けて書きました。

敷金や礼金など引っ越しの初期費用は物件や不動産会社、引っ越しの内容によって大きく変わり、場合によってはかなり高額になることも。

引っ越しの初期費用が払えない場合、もっとも手早い方法はカードローンで借りることです。

カードローンはどんな目的でもお金を借りられるうえ、素早く返せば金利も発生しないからです。

初期費用を安く抑える工夫も組み合わせて、賢く引っ越ししましょう。

引っ越しの初期費用を節約してカードローンの借入額を減らそう

引っ越しの初期費用を節約してカードローンの借入額を減らそう

引っ越しの初期費用はある程度高い金額になることが多いので、引っ越し時にはまとまった現金を用意しておく必要があります。

現金がないから分割払いにできるかというと対応していないケースもあるため、一括払いできるだけの準備はしておいた方がいいでしょう。

もし現金の持ち合わせがない場合は、カードローンで借りることおすすめします。

カードローンで借りるときは初期費用を節約する方法も組み合わせて、できるだけ借入金額を低く抑えるようにしましょう。

新生活資金のために初期費用は分割や後払いにしない

不動産会社の中には、引っ越しの初期費用を分割払いや後払いにしてくれるところも一部にあります。

ただ、可能であれば初期費用は最初に一括で支払うことをおすすめします。

引っ越し直後は生活基盤を整えるために何かと出費が多いので、支出を先送りにすると負担が大きくなる可能性があるからです。

カードローンの借入額を減らせば返済負荷が軽くなる

カードローンを借りれば引っ越し費用の支払いは対応できますが、その後返済を忘れてはいけません。

返済は分割払いになりますが、できるだけ返済負荷を軽く抑えておくことが大切です。

返済負荷を軽く抑えるには、借入金額を少なくすることが有効です。

敷金や礼金など引っ越しの初期費用で節約できること

引っ越しの初期費用は、家賃や敷金礼金など内訳があるので、節約する特はひとつずつ細かく削っていくことになります。

中には物件によっては最初から発生しない費用もあるので、そうした物件に絞って探すのもコツです。

引っ越しの初期費用の内訳と家賃や敷金礼金などの節約ポイント

引っ越しの初期費用の内訳と家賃や敷金礼金などの節約ポイント

引っ越しの初期費用が払えない場合、金策よりも先に節約することを考えましょう。

できるだけ費用を安く抑えられれば、それだけお金も用意しやすくなります。

まずは、引っ越しの初期費用にはどんな内訳があるのかを把握しましょう。

賃貸物件の初期費用は家賃や敷金礼金

賃貸物件の場合、初期費用には家賃や敷金・礼金などが含まれます。

・家賃…入居する月の家賃を前払いで支払う。入居するのが月の途中の場合、日割りで計算
・敷金…部屋を退去するときの原状復帰費用。家賃1ヶ月分が相場
・礼金…部屋を貸してくれる大家に対するお礼の意味合いが含まれた費用。家賃1ヶ月分が相場

火災保険料

火災や漏水といったトラブルに対処するための保険料です。

不動産会社が用意してくれる保険に入るのが手軽ですが、自分で選ぶこともできるので、できるだけ安価な保険を探せば節約できます。

仲介手数料

引っ越しの契約を行った不動産会社へ払う手数料です。

上限が家賃1ヶ月分と法律で定められており、その範囲内で不動産会社が決めます。

節約にはあらかじめ金額を明記しているところから安いところを選ぶか、交渉してみましょう。

家賃や敷金礼金など引っ越しの初期費用を安く抑える方法

家賃や敷金礼金など引っ越しの初期費用を安く抑える方法

引っ越しの初期費用について把握すれば、それらの節約ポイントはわかりやすいです。

家賃など絶対発生するものは、できるだけ安くできないかを検討しましょう。

費用によっては最初からゼロにできるものもあります。

引っ越しの労力や引っ越し後の生活の利便性などのバランスを考えながら、賢く節約を検討してください。

家賃相場の安い地域で探す

家賃は毎月必ず出ていくコストなので、その後の生活費のやりくりを考えた場合、節約する前提で検討すべき費用です。

家賃相場は駅からの距離や物件のコンディションなど多くの要素に左右され、特に大きいポイントは地域です。

同じ条件の物件でも地域によって家賃は大きく差がでるので、まずは家賃相場の安い地域で探してみましょう。

敷金と礼金のない物件を探す

敷金と礼金は物件によっては発生しないケースがあるので、その物件にしぼって探すのがいいでしょう。

最近は礼金ゼロをアピールしている物件もあるので、探すのはそれほど難しくありません。

また敷金は部屋をきれいに使えばそのぶん復帰費用も安く済み、差額が戻ってくる可能性もあります。

入居後の家賃が一定期間無料のフリーレント物件を選ぶ

フリーレント物件とは、一定期間家賃が無料になる物件のことです。

ここ数年で登場した条件で、物件探しのときに選んでもらいやすくなるようアピールポイントとして考え出されたといわれています。

家賃が無料になるフリーレント期間は半月から数カ月間と、物件によってさまざまです。

まだフリーレント物件は数が多いとはいえないので、フリーレントを必須条件とすると探しにくくなる可能性がありますが、フリーレント期間の家賃がゼロになるのは大きな魅力です。

不動産会社に初期費用を抑えたいことを相談する

不動産会社は引っ越し希望者と大家さんを仲介する業務なので、お互いのさまざまな希望を調整してくれます。

初期費用については契約や法律で決められていることもありますが、希望や条件を伝えればその範囲内で善処してくれるでしょう。

どんな節約方法でもダメもとで相談してみれば、不動産会社によっては実現してくれるかもしれません。

引越業者の代金や家具・家電の購入費を抑える

引越業者の代金や家具・家電の購入費は自分でコントロールできるので、節約しやすいコストです。

引越業者は複数社に見積もりを出してもらって、いちばん安いところを選べばOKです。

また家族や友人に協力してもらって自分たちだけで荷物を運べば、業者に頼むコストがゼロになります。

家具や家電は今まで使っていたものをそのまま使って、買い足す数を減らしましょう。

買い足す場合は中古や型落ちなどで安く済ませて節約しましょう。

カードローンの返済負担を調整する方法は分割回数

カードローンの返済負担を調整する方法は分割回数

ここまで解説してきた初期費用を払うとき、現金の持ち合わせがなければカードローンで借りることをおすすめします。

ここでは、引っ越し費用をカードローンでまかなうときのアドバイスを紹介します。

借り入れ金額を低く抑える

できるだけ節約したり、いらない費用はゼロにしたりして、引っ越し費用の総額を低く抑えれば、消費者金融から借りる金額も少なくなります。

借り入れ金額をできるだけ少なくすることが、返済負担を抑える最大のポイントです。

返済期間を長く設定して毎月の返済額を抑える

返済負荷の調整は、毎月の返済額と返済期間のバランスで調整できます。

返済期間を長く設定すれば、そのぶん毎月の返済額は少なくなるので、家計に余裕がない場合は返済額を低く抑えるのがいいでしょう。

そのぶん返済が長くなり、支払う金利がかさんで返済総額は高くなるというデメリットもあります。

返済期間を短く設定して返済期間を短くする

返済期間を短くすると毎月の返済額は多くなりますが、短期間で完済できます。

初期費用の持ち合わせがなくても、その後の収入は余裕があるなら、できるだけ短期間で完済する方がいいでしょう。

返済期間が短くなれば払う金利も減り、返済総額を低くすることができます。

30日で完済できれば利息が0円になる

多くの消費者金融では初めて契約する人限定で、無利息サービスを提供しています。

一定期間内に完済すれば利息がかからないというもので、多くの場合30日以内の完済を条件としています。

期間内に完済できなくても特にペナルティはありませんが、無利息サービスを利用するなら事前に期間内に完済できるよう計画を立てておきましょう。

無利息サービスについて詳しくは「利息なしでお金を借りるならどこ? 無利息サービスは本当にお得?」 をご覧ください。

引っ越しの初期費用が払えない場合におすすめのカードローン

引っ越しの初期費用が払えない場合におすすめのカードローン

引っ越しの初期費用が用意できない場合は、カードローンで借りるのがおすすめです。

カードローンを今まで利用したことがなければ無利息サービスが適用されます。

カードローンは利用目的を問われないので、引っ越しの初期費用に使っても問題ありません。

プロミス・アコム・アイフルの大手3社なら審査通過率も高く、利用しやすいでしょう。

スピード重視なら3秒診断のプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

審査通過率が安心のアイフル

アイフル キャプチャ

ボタン

はじめてならアコム

アコム キャプチャ

ボタン