イオン銀行カードローン審査に通る3ポイント!でも融資まで2週間も必要?

金利が最大でも年13.8%とメガバンクよりお得なイオン銀行カードローン

お得なカードローンなので審査に申し込みたいと思う人も多いです。

  • でもお得な代わりに、審査は厳しいのかな?
  • アルバイトだけど審査に通るかな?

こういった悩みってありますよね。

イオン銀行カードローンの審査はポイントをおさえれば、ちゃんと通ります!!

ただし審査時間が非常に長いので、今すぐお金が欲しい人はプロミスがおすすめです。

イオン銀行カードローン審査はポイントを押さえれば通るが、おすすめしない

イオン銀行カードローンはメガバンクのカードローンより金利が低いというお得なカードローンです。

また返済や借入の最低金額1000円と、手軽に利用できる金額でもあります。

今回はイオン銀行カードローンの審査に通るためのポイントを紹介します。

ただし今すぐお金を借りたい人には全くおすすめできません

その理由についても詳しく解説しますね。

イオン銀行カードローンの審査に通るための3ポイント

イオン銀行カードローンの審査に通るためのポイントは次の3つです。

  • 利用条件にある年齢を満たしているか
  • 安定して継続した収入があるか
  • 信用情報に傷など不安要素がないか

順番に解説します。

契約時の年齢が20歳以上かつ65歳未満である

イオン銀行カードローンを利用するためには、20歳以上かつ65歳未満の必要があります。

未成年の人は利用できません。注意してください。

【注意】20歳以上でも学生の人は利用できません

イオン銀行カードローンは20歳以上だとしても学生は利用できません

大学生・専門学生で検討していた人は別のカードローンに申し込みましょう。

次は収入の条件を解説します。

安定して継続した収入では希望限度額と勤続年数が鍵になる

イオン銀行カードローンを利用するには、安定して継続した収入が必要です。

安定して継続した収入とは、要するに「月々の返済額を払えるだけの収入が毎月ある」ということです。

よって判断基準として次の2つが重要となります。

  • 希望した限度額と収入額のバランス
  • 現職場での勤続年数

1つずつ簡単に解説しますね。

希望した限度額と収入額のバランスが取れている

イオン銀行カードローンの審査では、希望した限度額と収入のバランスを見ています。

審査申込者の収入の金額単体では判断しません。

例えば、Aさんは年収500万円ですが限度額300万円を希望しているとします。

それに対して、Bさんは年収100万円ですが限度額10万円を希望していました。

この場合には年収額は低くとも、Bさんの方が審査に通りやすいという意味です。

それゆえに収入に不安があるならば、希望限度額を低くすることが重要になります

具体的には借入限度額を年収の3分の1未満、可能ならば2分の1未満で申請しましょう。

次は勤続年数に関して簡単に解説しますね。

収入の安定性には現職場での勤続年数も重要となる

イオン銀行カードローンの審査では、現職場での勤続年数も確認しています。

なぜならば、勤続年数は「現在の収入が今後も継続するのか?」を判断する重要な基準だからです。

例えばAさんの年収は1000万円ですが、数か月に1回、転職を繰り返しています。

それに対してBさんの年収は300万円ですが、5年間ずっと1社で勤務しています。

この場合だと年収の金額は低いですが、Bさんの方が継続して一定以上の収入がありそうですよね。

極端な例でしたが、要するに長く働いている人が収入の予測がしやすいということです。

具体的には6か月以上、現職場での勤続年数があれば安心して大丈夫かと思います。

以上が勤続年数と安定して継続した収入の関係になります。

さて安定して継続した収入の有無には、希望限度額と収入のバランスと、勤続年数が関係していることを説明しました。

次はイオン銀行カードローンの審査に通る最後のポイント「信用情報」に関して、簡単に解説しますね。

信用情報に傷や不安要素があると審査に落ちる可能性が高い

イオン銀行カードローンの審査では、信用情報をすごく重要な審査項目にしています。

その理由は「信用情報に問題がある人=返済してくれる保証が全くできない」からです。

具体的に信用情報に問題があるとはどういったことなのでしょうか?

信用情報に問題があるとは延滞や多重債務があるような人を表す

信用情報とは、カードローンなど債務契約の利用状況や契約状況、また審査への申込内容など個人情報です。

この信用情報に問題があるとは、カードローンの返済遅滞や債務整理などを表します。

以上がイオン銀行カードローンの審査に通る3つのポイントでした。

【3つの審査に通るポイント】
  • 20歳以上65歳未満。学生は不可。
  • 年収の2分の1以下の限度額、6か月以上の勤続年数
  • 信用情報に不安要素がない

「よし!それじゃあ急いでいるから早速申し込もう!」と思ったあなた!

ちょっと待ってください!実は今すぐお金が欲しい人はイオン銀行カードローンでは駄目なのです。

なぜ駄目なのか?イオン銀行カードローンの審査時間を解説しますね。

イオン銀行カードローンは審査から融資まで1週間~2週間かかる

実は、イオン銀行カードローンの審査時間は1週間~2週間近くかかります。

どこでそんなに審査時間がかかってしまうのか?

大きく分けると次の2つの工程で審査時間がかかっていました

  • 書類審査~振込融資のところで1週間近くかかる
  • 銀行口座を持っていないとローンカード到着だけで1週間近くかかる

審査の流れとともに簡単に解説しますね。

イオン銀行カードローンの審査の流れ

イオン銀行カードローンの審査の流れは次の通りです。

①インターネット申込み
矢印
②本人確認書類の提出
矢印
③メールにて審査結果の報告
矢印
④ローンカードの受け取り

つまり②から③の間で1週間近く、③から④の間でさらに一週間近くかかってしまうのです。

一体なぜここまで審査時間がかかってしまうのでしょうか?

順を追って解説します。

書類審査での警察庁データベースとの照合に時間がかかる

イオン銀行カードローンの審査に時間がかかる理由の1つ目が、警察庁データベースとの照合があります。

これは2018年1月以降に銀行カードローン全体で始まった審査項目です。

暴力団関係者への融資を防止するために始まりました。

しかしこの審査項目が非常に時間のかかる審査項目なのです。

データの受け渡しとデータ照合で2営業日ほどかかってしまいます。

そして通常の審査判断も合わさるため、1週間近くかかってしまうのでしょう。

ここまでは審査結果までにかかる時間を解説しました。

次はローンカードの発行までにかかる時間を解説します。

銀行口座を持っていないとローンカードの到着に1週間かかる

イオン銀行カードローンは銀行口座を開設しなくとも利用できるカードローンです。

しかし銀行口座を持っていないと振込融資を行うことはできません

それゆえに融資を受けるには、ローンカードが手元に届くのを待つ必要があります。

その結果イオン銀行の口座を持っていない人は、融資までにさらに1週間もかかってしまうのです。

以上が最長で2週間かかる人もケースでした。

ただ1週間程度ならお得だから、イオン銀行カードローンを申し込もうという方もいらっしゃると思います。

そこで実際に平均で審査にかかる時間はどのくらいなのか?

口コミをもとにして分析してみました。

実際どのくらい時間がかかる?口コミから分析した平均審査時間

今回は某大手口コミサイトにかかれたサンプルデータ20件で平均審査時間を計算してみました。

以下がその結果となる表になります。

審査にかかった日数人数(N=20)
7日未満5人
7~96人
10~124人
13~142人
15日以上3人
審査にかかった平均日数約9日

やはり一週間以上は平均して審査時間がかかってしまうようです。

さらに驚きだったのが、2週間以上が3人いたという事実です。

おそらく審査にぎりぎり通すか悩む申込者だったのかもしれませんね。

しかしそれでも審査にここまで時間がかかるなら、僕は他のカードローンをおすすめします

特に今すぐお金を借りたいならプロミスがおすすめです。

今すぐお金を借りたいならプロミスに申し込もう!

今すぐお金を借りたい人にはプロミスがおすすめです。

その理由には次の3つがあります。

  • 最短10分で審査回答がくる!即日融資が可能
  • 30日間の無利息キャンペーンを実施中!
  • 全国各地のATMで借入返済ができる!圧倒的な利便性
プロミス 新キャプチャ ボタン
プロミスに関して世間の評判なども知りたい人は【プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ】をご覧ください。

【補足】審査結果は絶対メール!郵送は他のカードローンの審査結果のみ

補足ですが、イオン銀行カードローンの審査結果は100%メールです。

ネット上では審査に落ちた時は郵送で審査結果がくるという情報も流れています。

しかしそれは誤った情報です!

実際にイオン銀行のオペレーターに聞いたため、間違いありません。

ではなぜ審査結果が郵送で家に来るなどという情報が出回っているのか?

それはイオン銀行カードローンとイオンアシストの2つが混同してしまった>のでしょう。

イオン銀行カードローンとイオンアシストプランの違い

細かな違いはいくつかありますが、大きな違いは「何回でも借りられるかどうか」という点でしょう。

イオン銀行カードローンはその名の通りカードローンですが、イオンアシストはフリーローンです。

そのためイオンアシストは一辺に希望額が全額振り込まれるシステムとなっています。

くわしくは【カードローンとフリーローン(イオンアシストプラン)の違い】をご覧ください。

そして審査結果が郵送で届くのは、このイオンアシストプランの方です。

皆さんが気になっているイオン銀行カードローンは100%メールで審査結果が届くので安心してください。