カードローンをバレないよう利用するには?口コミで学ぶバレない対策

この記事は、カードローンをバレずに利用したい人のために書きました。

カードローンの利用は、できれば他人に知られたくないものです

申し込みから返済までバレないように済ませたいですよね。

この記事では、カードローンの利用がバレない対策法を、実際のエピソードや口コミを交えて解説します!

カードローンをバレないための注意点は2つだけ

カードローンの利用は、どういったところから家族や職場の人にバレてしまうのでしょうか?

それは、カードローンを使っていることがなにかの形として残ることが大きな原因です。

形に残るのはさまざまなパターンがありますが、注意すべき点は2つに絞られます

郵送物が発生しないようにする

カードローン用のカードや、各種案内が郵送で送られてくると、カードローンを利用していることがわかってしまいます。

そのため、郵送物が発生しないカードローンを利用するか、郵送を送らないように設定しましょう。

カードレスで利用できるタイプを選ぶ

そもそも、カードが発行されないカードレスにすれば、カードが送られてくることはありません。

カードがなければ、うっかり見えるところに置きっぱなしにしてバレてしまう心配もなくなります。

契約書や明細書はWebで発行してもらう

契約書や明細書は、カードローンを利用していることの何よりの証拠です。

これらを発行してもらわずに利用することはできません。

であれば、物理的な形としては残らないWebで発行してもらいましょう。

銀行系カードローンの場合はキャッシュカードで借りられるタイプを選ぶ

もし銀行系のカードローンを利用するなら、すでに口座があってキャッシュカードを持っている銀行を選びましょう。

キャッシュカードでカードローンを使える銀行もあるからです。

キャッシュカードなら持っていて何も不自然ではないため、バレる可能性は低いといえます。

無人契約機で契約すれば郵送物は発生しない

カードローンの無人契約機まで行けば、そこで必要な書類が受け取れます

そうすれば、自宅に郵送物が送られてくる心配はありません。

無人契約機まで行く手間こそありますが、それでバレる可能性をなくせるメリットは大きいです。

受取と返済はATMで行う

カードローンの受取と返済は、面倒でもATMを利用しましょう。

ATMから受け取ったり返済したりすれば、自分の銀行口座を使わずに済むためです。

自分の口座を経由すると取引履歴が残る

わざわざATMを使って自分の口座を経由しないのは、取引履歴を残さないためです。

取引履歴は通帳に記載されるので、カードローンを利用している証拠になってしまいます。

家族に通帳を見られる機会があると、そこでバレてしまうでしょう。

返済では絶対に滞納しない

カードローンの利用がバレたくないなら、絶対に返済を滞納してはいけません

滞納すると返済の督促状が自宅に郵送されてくるからです。

さらに、滞納が重なったり、対応が悪質と見なされたりすると、自宅や職場に電話がかかってきたり、給料などの資産が差し押さえられたりすることもあります。

こうなってしまうと、ほぼ確実にカードローンの利用がバレてしまいます。

さらに滞納していることまで知られてしまうため、信用問題にまで発展する可能性もあるのです。

カードローンがバレる要因は4つしかない

「郵送物を出さない」「ATMで借り入れ・返済する」ことを守れば、カードローンがバレることは少なくなります。

では、どんなときにバレる可能性が高くなるのでしょうか?

キャッシング用のカードが郵送で送られてくる

カードローンのカードを発行すると、そのカードが郵送で送られてきます。

もしそれが家族に見つかってしまったら、ほぼアウトといえます。

カードローン関係の郵送物は、カードに限らずすべてバレる原因になります。

通帳の記帳でキャッシングの履歴が残る

借入金を銀行口座に振り込んでもらったり、返済を口座支払いにしたりすると、口座に履歴が残ります。

もちろん、通帳にも記帳されるため、そこからバレてしまうのです。

口座を使わずATMで直接貸し借りすれば、記録に残りません。

通帳を奥さんに預けている人などは、口座は絶対に使わないように。

事業者の名義は違う名前で記帳される

通帳の記録についてはカードローン側も対策をしています。

アコム、アイフル、プロミスといったカードローンの名前とは違う名義で、通帳に残るようになっているのです。

■通帳に記載される名義

事業者名振込(借入時)の名義振替(返済時)の名義
プロミスプロミス
パルセンター
パルセンター
SMBCコンシューマーファイナンス
アイフルアイフル
AIセンター
SMBCファイナンスサ
SMBCファイナンス自払
ライフカード
アコムACサービスセンターACサービスセンター

事業者名と違う名前なら、カードローンとはわからないかもしれません。

しかし、「どんな会社だろう?」と調べられたら、やはりバレてしまうでしょう。

口座を使った利用は、やはり避けたほうがいいです。

在籍確認などで電話がかかってくる

在籍確認は、申込者が職場で確かに働いているかをカードローン事業者が電話で確認することです。

カードローンから職場に電話がかかってくるので、バレる可能性があるシーンといえます。

バレたくない人にとっては避けたい確認ですが、審査の1ステップなので拒否することは難しいです。

在籍確認について詳しくは、「カードローンで在籍確認なしって可能?大手8社にガチ取材&体験談アリ」をご覧ください。

在籍確認では職場にバレる可能性がある

在籍確認の電話では、カードローンの担当者が電話で自社名を出すことはないので、必ずバレるわけではありません。

堂々と対応すれば、意外とバレないものです。

もし何の電話か聞かれたときに有効な言い訳は、このあとの「在籍確認の電話を追求された場合の言い訳」解説します。

延滞すると督促の連絡が入る

カードローンの返済を延滞すると、郵便や電話で早く返済するよう連絡が来ます。

きちんと返していれば起こらない連絡なので、返済が送れないよう気をつけましょう。

督促の連絡でほぼ確実にバレる

延滞の督促は、かなり厳しいものです。

遅れていることをしっかりと伝えなければいけないので、郵送など形に残るもので連絡してきます

つまり、バレてしまう可能性がとても高くなるのです。

延滞してしまったら、ほぼ確実にバレると考えましょう。

カードローンがバレた体験談

ここでは、実際にカードローンがバレたケースを、体験談を通して紹介します。

利用明細を見られた (32歳・男性/会社員)

カードローンに限らず、お金のやり取りをした場合は、必ず明細が発行されます。

明細を見れば、誰がいつ、どんな用途でいくら使ったのかがハッキリとわかるのです。

もちろん、カードローンも例外ではありません。

「自宅に郵送された明細を家族に見られてバレてしまった」という体験談は、もっとも多く見受けられます。

明細は郵送だけに限らず、ATMで発行されるものも含まれます。

「何の気なしに財布に明細を入れっぱなしにしておき、それを見られてバレた」という体験談もあるので、油断は禁物です。

契約書や案内の郵送物を見られた (33歳・女性/パート主婦)

申し込み後の契約書や、返済し終わった後のダイレクトメールなど、さまざまなタイミングでカードローンから郵送物が送られてくる場合があります。

それを家族に見られたら、なぜカードローンから郵送物が送られてくるのか、質問されてしまうことも。

その流れで、カードローンを利用したことがバレてしまう、というケースです。

カードローンからの郵送物には、次のようなものがあります。

  • 利用限度額を上げる増額の案内
  • 金利優遇やキャッシュバックなどのキャンペーン情報
  • プレゼント情報

これらは、カードローン側にとってはプロモーションの一環なのです。

カードローンのカードを見られた (23歳・男性/学生)

カードローン用のカードは利用しなければ発行されないので、カードローンを使ったことのある何よりの証拠です。

それが自宅に郵送されてきたり、財布に入れっぱなしにしておいたりして、バレてしまうというケースが見られます。

通帳の記載を調べられた (36歳・男性/会社員)

口座取引でカードローンを利用している場合は、通帳に履歴が記載されます。

そこからバレたというケースも多く見受けられるのです。

銀行口座はいろいろな取引をしているので、カードローンの記録も残るということを忘れがちです。

「うっかり家族に記帳をお願いしてしまい、そこから見られてしまった」というケースも。

PCやスマホの画面を見られた (28歳・女性/会社員)

郵送物やカードレスで利用するためにWeb経由でカードローンを利用している場合、PCやスマホの扱いには注意が必要です。

「カードローンの利用画面を見られてバレた」という体験談があるからです。

【口コミ調査】バレないための対策方法

バレてしまった体験談にあるような事態を避けるために、なにか有効な対策はないのでしょうか?

そこで、カードローンの利用をバレずに隠し通した人たちの口コミを紹介します。

利用明細はWeb発行かつ紙の明細は迅速に廃棄 (23歳・女性/学生)

利用明細が紙で残っていると、そこからバレるというケースはもっとも多い原因のひとつです。

そのため、「Web明細に対応しているカードローンを使った」という口コミはとても多くあります。

「今やほとんどのカードローンはWeb明細に対応しているので、選ぶのに困らなかった」という口コミもあるので、Web明細はバレ対策の基本といえます。

さらに、ATMで出た紙の明細は、「見つからないようすぐに処分したほうがいい」という口コミを参考にしましょう。

郵送物が送られないように設定 (33歳・女性/会社員)

郵送物は届かない・送らないよう、忘れずに設定しましょう。

ただし、設定方法はカードローンによって異なるので、わからないという人もいるはず。

そういう人は、「カスタマーサポートに電話をして郵送物を止めてもらった」といっています。

郵送物はいつ、何が送られてくるかわからないので、今すぐにでも電話して止めたほうがよさそうです

カードローンの郵送物について詳しくは、「プロミスの郵送物をなくす方法【封筒が届いても家族にバレない?】」をご覧ください。

カードレスのカードローン事業者を選ぶ (30歳・男性/派遣社員)

カードが見つかってしまうリスクは、カードレスタイプのカードローンを選べば解消します。

しかし、カードレスにすると、自分の口座でないとお金をやり取りできないというデメリットもあるのです。

通帳の履歴という証拠が残るため、「口座や通帳を他人に見られないことを気をつけた」という口コミがあります。

中には、「カードが自宅に郵送されるとバレると思ったので、自動契約機で受け取った」という口コミもあります。

この方法なら、カードレスではないものの、カードが見つかるリスクを低くできるでしょう。

ATMでやり取りして口座に記録を残さない (34歳・女性/パート主婦)

カードローンの利用に銀行口座を使うと、口座に履歴が残るのでそこからバレることもあります。

そのため、ATMから直接借りる・返す方法なら、口座を使う必要はありません。

「いちいちATMまで行かないといけないのが不便だが、履歴に残らないメリットを選んだ」という口コミもあるので、どちらを選ぶかは人によるでしょう。

ただし、カードレスのカードローンの場合、口座が必要になります。

そこで参考になるのが、「ネット銀行なら通帳がないので、カードレスでも安心して使えた」という口コミです。

ネット銀行に口座を持っている人なら、ATMを使う必要はありません。

PCやスマホの画面をそのままにしない (44歳・女性/会社員)

PCやスマホからWeb経由でカードローンを利用しているときは、使い終わったら必ずブラウザを閉じることを忘れずに

とくに注意すべきは、PCを家族で共有している場合。

「ブラウザのブックマークや履歴からカードローンの情報を消しておくのは、忘れがちなので注意が必要」というアドバイス口コミがあります。

スマホでのカードローン利用について詳しくは、「スマホ(携帯)でお金を借りるなら?おすすめランキングを発表」をご覧ください。

在籍確認の電話を追求された場合の言い訳

在籍確認は職場にかかってくるので、職場の人にバレてしまう可能性があります。

電話を取り次いだ人が、何の電話か聞いてきた場合、正直に答えるとバレてしまいます。

そんなときに多くの人が使っている言い訳が「クレジットカードを新しく作ったから」です。

クレジットカードも在籍確認が行われるので、もっとも自然な理由となります。

在籍確認の言い訳について詳しくは、「在籍確認の上手なごまかし方と言い訳~そもそもごまかす必要はない?」をご覧ください。

対策が有効なおすすめカードローン

今回紹介した対策を使うにあたって、おすすめのカードローンを紹介します。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスには、「Web完結申し込み」というサービスがあります。

Web完結申し込みは、申し込みから返済まですべてWebだけで済むので、明細やカードが郵送されずに済みます

Web完結申し込みは口座振替なので通帳に残る

Web完結申し込みはカードレスのため、ATMを使うことができません。

口座の振込・振替でお金をやり取りするため、通帳に記録が残るというリスクがあります。

ネット銀行なら通帳もないので、バレる可能性はぐっと低くなるでしょう。

アイフル

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アイフルも、Webだけで完結するサービスがあります。

PCやスマホから申し込みを行い、カードレスで利用することが可能です。

さらに、公式スマホアプリを使って、セブン銀行のATMで借入・返済するシステムになっています。

スマホ上ですべてやり取りできる

アイフルのスマホアプリは、申し込みから返済までアプリ上で行えます。

借入や返済の操作をアプリ上で行ったら、セブン銀行のATMに行って情報を送信します。

その取引が、銀行口座に反映されるのです。

カードや郵送物はなく、スマホのブラウザにも履歴が残らないというメリットがあります。

口座の履歴と、スマホアプリを見られないように気をつけましょう。

まとめ

カードローンをバレないように利用する方法をまとめると、次のようになります。

  • カードレスのカードローンを選ぶ
  • Webから申し込む
  • 郵送物は送ってこないよう設定する
  • 通帳のないネット銀行の口座を登録する
  • ATMの明細はきちんと管理してすばやく捨てる
  • 在籍確認の言い訳はクレジットカードの申し込みで
  • 絶対に延滞や滞納をしない

これらの方法をしっかりと守って、誰にも気づかれずにカードローンを利用しましょう。