カードローンの審査はフリーローンより簡単!生活費などの少額融資はカードローン!

この記事は「カードローンの審査とフリーローンの審査難易度を比べたい」人に向けて書きました。

  • フリーローンってカードローンより審査易しいのかな
  • どっちに申し込むのがおすすめなのかな

こういった悩みを抱えていませんか?

結論、カードローンの方が、審査難易度が易しいうえに、メリットも大きいです。

ぜひお金を借りる際にはカードローンを利用しましょう。

カードローンの審査はフリーローンよりもやさしく、かつメリットも多い

フリーローンとカードローンの違いがよくわからない方は多いです。

ここではズバリどちらのローンに申し込むべきなのかを紹介します。

結論からいうと、カードローンの方が審査は易しく、メリットも多いです。

  • 一体なぜカードローンの方が審査は易しいと言えるのか?
  • フリーローンと比べてカードローンのメリットとはなにか?

この2点をいまからご説明いたします。

まずはカードローンの方が審査難易度は易しいことを、フリーローンの利用条件をもとに説明しましょう。

年収や勤続年数などの利用条件が多いので、フリーローンの審査基準は厳しい

次の表は主な銀行で提供されるフリーローンの利用条件(一部抜粋)です。

主要銀行名利用条件(一部抜粋)
三井住友銀行フリーローン
  • 前年度年収が200万円以上
みずほ銀行多目的ローン
  • 勤続年数が2年以上
  • 前年度年収が200万円以上
三菱UFJ銀行多目的ローン*2018年に新規契約停止
イオン銀行フリーローン
  • 前年度年収が200万円以上

今回はメガバンク3行とフリーローンが有名なイオン銀行の4社をまとめました。

表からわかるように、前年度の年収額や勤続年数に制限が見受けられます

通常のカードローンでは、これらに制限がかかっていることはめったにありません。

このことからフリーローンは、カードローンよりも利用者を厳選=審査を厳しく行っていることがわかります

次は金利の面からフリーローンの審査基準を見てみましょう。

フリーローンはカードローンよりも低金利な銀行が多い

フリーローンはカードローンよりも低金利で融資している銀行が多くあります。

ただし金利が低いのは一部の銀行であるため、絶対低いとはいえません。

【カードローンよりもフリーローンが低金利な銀行】
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行

その他の銀行ではカードローンと同じ金利設定の銀行が多かったです。

ただフリーローンの方がカードローンよりも高金利という銀行はありませんでした。

それゆえにフリーローンの審査が厳しいという小さいですが根拠となるでしょう。

以上の2点からフリーローンの審査基準がわずかながらも、カードローンより厳しいことが分かりました。

それではフリーローンは若干でもカードローンよりメリットが大きいのでしょうか?

実はフリーローンは審査が厳しいのに性能面でカードローンよりメリットが小さいのです。

つぎはカードローンの方が優れている4つのメリットを紹介します。

カードローンの優れた4つのメリット

フリーローンと比べて優れた、カードローンのメリットは次の4つです。

  • 2回目以降でも限度額以内にすぐ借りられる
  • 数万円の融資を普通対応してくれる
  • 即日での融資に対応してくれる
  • 一気に返済する時にも手数料がかからない

それぞれフリーローンと比較しながらご説明します。

フリーローンでは2回目の融資では再審査が必要になる

カードローンでは審査時に定められた借入限度額の範囲内であれば、何度でも融資を受けることができます。

それに対してフリーローンでは、1回融資を受けたら2回目の融資を受けることができません。

つまり借入額として10万円と決定したら、一括で10万円を融資されて、それ以降は返済しかできないということです。

それゆえに毎月少額を借り続けることができず、フリーローンは融資の度に審査を受ける必要があるのです

一体なぜ融資回数に違いがあるのか?それは「当座貸付」と「証書貸付」という貸付方法の違いにあります

当座貸付と証書貸付の違いを簡単に解説

当座貸付と証書貸付の違いは次の通りです。

特徴ローン種類
当座貸付設定限度額まで自由に借入返済できる融資形態カードローン
証書貸付契約書に署名・押印して融資を受ける携帯フリーローン

つまりカードローンは審査で融資する「枠」を決めているから、何度でも借入・返済ができるという訳です。

明らかに自由に借入・返済できる方が利便性は高いですよね。

次は最小で融資してくれる金額の違いを紹介します。

カードローンなら数万円の融資を普通対応してくれる

上述した通り、カードローンは融資枠を審査で決めています。

そのため融資枠内でいくら借りるかは比較的自由です。

それに対してフリーローンは一括で借りる融資額を審査で決めます。

つまり審査で決定した融資額より小さい金額を借りることはできないのです。

以下は主要な銀行フリーローンの融資最低額を比べた表になります。

銀行名フリーローン(最低融資額)
三井住友銀行10万円
みずほ銀行10万円
イオン銀行10万円
りそな銀行10万円

大体の銀行フリーローンでは10万円が最低融資額でした。

つまり数万円程度の融資をフリーローンで行うことは不可能ということになります。

これは生活費用や急な出費のように、わずかなお金が必要になるパターンではフリーローンは利用できないことを表します。

これもまたかなり利便性が悪いと言えると思います。

さて次のポイントは融資にかかる時間についてです。

カードローンなら即日での融資に対応してくれる

カードローンならば即日融資を受けることができます。

それに対してフリーローンの場合には、数日以上は融資に時間がかかります。

さらにフリーローンは証書貸付のため、ほぼ100%来店して書類を書く必要があります

しかしカードローンならばWEB完結の申し込みも可能なので、間接的に融資時間を短縮する理由になります。

ただし一つ注意点があります。それは、即日融資が可能なのは消費者金融のみということです

【注意】銀行カードローンは即日融資が不可能

銀行ではフリーローンだけでなく、カードローンも即日融資不可能です。

なぜならば銀行カードローンでは警察庁データベースとの照合という、消費者金融には無い審査項目があるからです。

警察庁データベースの照合はこれだけで1日以上時間がかかってしまう審査項目です。

よって今すぐお金が欲しい人は消費者金融のカードローンを利用しましょう。

おすすめの消費者金融に関しては【生活費など少額の融資でいいならカードローンを利用しよう】をご覧ください。

次はカードローンの優れたメリットの最後、手数料に関する点を紹介します。

カードローンなら一気に返済する時にも手数料がかからない

カードローンは毎月決められた返済額の他に、返済できる場合には無料で多く返済を済ませることができます。

つまりボーナスや給料で一気に返済をすることができる場合には、一気に無料で返済することができるのです。

それに対してフリーローンは繰り上げ返済をする場合には追加手数料がかかってしまいます。

例えば三井住友銀行のフリーローンは、繰り上げ返済する場合には5400円の手数料がかかってしまいます。

金銭に余裕ができた時に一気に返済できないことは不便ですね。

以上4点からフリーローンよりもカードローンにメリットが大きいです。

【おさらい】カードローンのメリット4つ
  • 2回目以降でも限度額以内にすぐ借りられる
  • 数万円の融資を普通対応してくれる
  • 即日での融資に対応してくれる
  • 一気に返済する時にも手数料がかからない

それでは最後におすすめのカードローンを紹介します。

生活費など少額の融資でいいならカードローンを利用しよう

最後にカードローンのおすすめを紹介します。

おすすめはプロミスです。

【プロミスがおすすめの理由】
  • 最短で1時間融資が可能!即日で借りられるカードローン
  • 30日以内ならば実質ただ?無利息キャンペーン
  • 全国各地のATMで借入・返済可能という利便性の高さ

消費者金融は金利が高いイメージがありますが、実は初めての方には無利息というキャンペーンを実施しています

そのためプロミスなら早くかつ安くローンを利用できます。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
プロミスに関して評判なども知りたい人は【プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ】をご覧ください。

【補足】借金癖が抜けない人と数十万円以上の高額融資にはフリーローンもあり?

ここまでフリーローンの悪い点を主張してきましたが、実はフリーローンを利用してもいいかな?という人もいます。

フリーローンを検討してもいいかな?という人は次の2パターンです。

  • どうしても借金癖が抜けない人
  • 数十万円以上の高額融資を計画している人

フリーローンは一度借りたら返済しかできないから

フリーローンは一度借りたら返済しかできません。

そのため再度借金をするまでに手間がかかります。

その結果、返済したらまた借りるというループを強制的に抜け出すことができるでしょう。

既に複数の金融機関から借入している人にとっては、おまとめローンとしてフリーローンを利用するのがベストです。

金利は若干低いので、緊急性がない場合にはお得に借りることもできる

上述した通り、少額の融資はできない代わりに金利はカードローンよりも若干低いケースがあります

それゆえに審査に通る自信があり、高額融資を検討している人はフリーローンもありでしょう。

本当に検討しても良いレベルなのでフリーローンのおすすめはしません

ただしこれらのフリーローンのメリットは、本当にわずかなものです。

ぜひフリーローンを検討する場合には、慎重に考えましょう。