群馬銀行カードローンの審査に通りやすくなる3つの対策

「群馬銀行カードローンの審査に通る方法が知りたい!」

あなたは今、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

急な出費やまとまったお金が必要になったときに、カードローンでお金を借りることができれば助かりますよね。

そんなあなたに朗報です。

この記事で解説している対策を実践すれば、群馬銀行のカードローン審査に通る確率が上がります。

万が一審査に落ちてしまった場合でも、おすすめする3つの消費者金融を利用すればさらに借入れできる確率が上がるでしょう。

今回は、群馬銀行カードローンの審査基準・審査に落ちる原因・審査に通りやすくするための対策・審査落ちした人におすすめする消費者金融について詳しく紹介します。

ぜひ、ご参考にしてください。

群馬銀行カードローンは2種類

群馬県前橋市に本店を置く群馬銀行のカードローンは、主に2種類あります。

  • 1万円単位で借り入れできる「ナイスサポートカード」
  • 群馬銀行の住宅ローンをご利用の方向け「すまいるパートナー」

1万円単位で借り入れできる「ナイスサポートカード」

最大800万円借り入れできる「ナイスサポートカード」。

1万円単位で借り入れができるので、すぐに資金が欲しい方や大口の借入を契約したいという方にはおすすめです。

ご利用条件は、以下4項目となります。

  • 年齢が20歳以上65歳未満
  • ご本人・配偶者どちらかに安定した収入があること
  • アコム(株)の保証が受けられる方
  • 融資基準を満たしている方

【ナイスサポートカードの商品詳細】

使いみち自由(事業資金は除く)
借入限度額1万円~800万円(1万円単位)
契約期間1年
金利年2.8%~14.5%(固定金利)
返済方法35日に1回
保証人不要
担保不要
遅延損害金100万円以上:年14.5%
100万円未満:年17.5%

群馬銀行の住宅ローンをご利用の方向け「すまいるパートナー」

ご来店不要で、お申し込みからご契約までWEBで簡単完結する「すまいるパートナー」。

なんと、群馬銀行の住宅ローンを利用していれば、最低金利の年5.975%で借り入れすることができます。

ご利用条件は、以下9項目です。

  • 年齢が20歳以上60歳未満
  • 30万円の借入:勤続年数1年以上(新卒者:1年未満でもOK)
  • 50万円までの借入:勤続年数3年以上・前年度年収200万円以上
  • 100万円までの借入:勤続年数3年以上・前年度年収300万円以上
  • 200万円までの借入:勤続年数5年以上・前年度年収500万円以上
  • 今後も安定した収入がある方
  • 群馬信用保証(株)が得られる方
  • 当行のその他のカードローンに契約していない方(ナイスサポートは除く)
  • 融資基準を満たしている方

【すまいるパートナーの商品詳細】

使いみち自由
借入限度額10万・20万・30万・50万・100万・200万
契約期間1年(65歳の誕生日以降は、契約満期以降の新たなお借り入れはできない)
金利年5.975%~年9.975%(変動金利・保証料不要)
返済方法毎月10日に1万円を自動引き落とし
保証人不要
担保不要
入会費・年会費無料

群馬銀行カードローンの審査に落ちる5つの原因

「ナイスサポートカード」・「すまいるパートナー」の審査に落ちる原因は、主に5つあります。

  • 総量規制を超えている
  • 過去に金融事故を起こしている
  • スーパーホワイト問題に引っかかっている
  • 情報の虚偽申告
  • 申し込み条件を満たしていない

総量規制を超えている

総量規制を超えていると、カードローンの審査に落ちます。

多重債務を防ぐため、2010年6月18日に決まった貸金業法による規制の一つです。

借金を抱えきれず返済できなくなる、いわゆる「多重債務者」が増えたから総量規制が作られました。

他者からの借入を含め、年収の3分の1までしか借入することができなくなりました。

例えば、年収が300万円であれば借入できる金額は100万円までです。

審査に通らなかった場合、他社からも含めて年収の3分の1以上借りてないか確認しましょう。

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしていると、カードローンの審査に通るのが難しくなります。

延滞・多重申込者・債務整理・自己破産などです。

これらの情報は、3つの信用情報機関によって管理されています。

  • JICC・株式会社日本信用情報機構

最も古く、債務整理者や多重申込者などの情報がリアルタイムで分かる信用情報機関といわれています。JICC の前身である全国銀行個人信用情報センターは、会員情報を随時更新・反映していたからです。

【JICCのブラック情報の登録期間】

延滞情報5年
多重申込者6カ月
債務整理5年
自己破産5年
  • CIC・DREDIT INFORMATIONCENTER

CICは、約6億件以上の個人情報を管理している最大級の信用情報機関です。
原則、月1回以上の更新が義務付けられているので情報の精度は高いといえます。

【CICのブラック情報の登録期間】

延滞情報5年
多重申込者6カ月
債務整理5年
自己破産5年
  • 一般社団法人全国銀行協会

全国銀行協会は、約8.300万件の情報量を保有しています。
大きな特徴は、自己破産の登録が最長10年も登録されることです。
銀行協会ということもあり、10年という数字は厳しいといえます。

【全国銀行協会のブラック情報の登録期間】

延滞情報5年
多重申込者6カ月
債務整理5年
自己破産10年

スーパーホワイト問題に引っかかっている

上記で解説した3つの信用情報機関に、クレジットヒストリー(履歴情報)が全く載っていない状態をスーパーホワイト問題と呼びます。

何で信用情報が載っていないと審査に通らないの?と疑問に思うのではないでしょうか。

20代であれば信用情報をこれから作っていくため何の問題もないのですが、30代を過ぎて何の信用情報もないというのは疑われてもしょうがないです。

30代まで全くクレジットカードやローンを組んだことがないという方もいますが、金融事故を引き起こした後ということも考えられます。

返済して5年経てば、情報が真っ白な状態(ホワイト)になるからです。

審査がなかなか通らなくホワイトだと当てはまる方は、作りやすいローンやクレジットカードを選び信用をあげましょう。

情報の虚偽申告

情報の虚偽申請をするとカードローンの審査に落ちます。

よくある嘘は、以下の5つです。

  • 氏名・年齢の嘘
  • 住所の偽造
  • 年収を高く申告
  • 他者からの借り入れ件数を少なく報告
  • 勤務先の情報

審査に通りたい気持ちはわかりますが、嘘は絶対にバレます。

金融業界では、カードローン会社やクレジット会社など情報の共有を行っているからです。

情報の虚偽がバレた場合は、ローンの審査に通らなくなるだけでなく、他社からの借入もできなくなります。

絶対にやめましょう。

申し込み条件を満たしていない

そもそも、お申し込み条件を満たしていなければ審査に通ることはできません。

どのローン会社にもお申し込み条件というのが存在します。

まず年齢です。 未成年や高齢者が借入れできないように、20歳以上60歳未満という風に記載されているところがほとんどです。(業者によって異なります)

次に職業です。 会社員の方であれば問題ありませんが、専業主婦・学生・アルバイトなどの方は、業者によって申し込みができないことがあります。

申し込みをする前に、条件を満たしているのか確認しましょう。

群馬銀行カードローンの審査に通りやすくなる3つの対策

群馬銀行のカードローンの審査に少しでも通りやすくするためにすべき対策は、主に3つあります。

  • スコアリング対策を行う
  • 限度額を下げて申し込む
  • 短期間で複数の金融機関に申し込みをしない

スコアリング対策を行う

カードローンの審査にはスコアリングが採用されているので、対策をすれば通りやすくなります。

スコアリングは、申込者の個人情報を属性とし点数をつけていくことです。

例えば、
  • 年収200万円以下:2点
  • 年収200万円~300万円:3点
  • 年収300万円~400万円:4点
  • 年収400万円~500万円:5点
となります。

年収250万円の方が申し込みをすれば3点です。

点数でわけることにより、申込者がどのレベルなのかが簡単にわかります。

この説明を聞いただけだと、「結局年収が高い会社員しか無理じゃん」と思いがちですがそうではありません。

審査に不安がある方でも、以下のスコアリング対策を行えば評価を高くすることができます。

  • 電話番号

審査の申し込み時に、電話番号を入力しますがその際に固定番号と携帯番号の両方を記載するようにしましょう。

現在は、携帯電話の普及により昔ほど固定電話の重要性はなくなってしまいましたが、両方記載しておけば業者からの評価は高くなります。

  • 居住形態・年数

居住形態は、賃貸よりも持ち家のほうが評価は高くなります。
夜逃げなどされにくいからですね。

賃貸で居住年数1年未満が、最も低い評価となります。

賃貸だと簡単に行方不明になり連絡がつかなくなる可能性が高いからです。

これからカードローンを作ろうと考えているのであれば、ちょくちょく引っ越しはしないほうがいいでしょう。

限度額を下げて申し込む

限度額を減らせば審査に通りやすくなります。

年収に対して借入金額が少なければ、業者側も「返済してくれそうだ」と安心してくれます。

最初から大きい金額を希望すると、業者のほうも「大丈夫かな?」と警戒してしまうからです。

また、総量規制の年収3分の1までの借入が大前提なので忘れずにしましょう。

短期間で複数の金融機関に申し込みをしない

短期間で複数の金融機関に申し込みをしなければ、多重同時申し込みとみなされず審査に通る可能性が上がります。

あなたが貸し手の場合、同じ日に複数の会社にローンの申請を出している人に貸したいとは思わないですよね!

カードローンの審査に申し込みをした時点で、信用情報機関に6カ月保管されます。

多重同時申し込みを審査に落ちれば、6カ月間は審査に通りづらくなります。

審査に通す場合は、一社のみ審査を受けるようにしましょう。

どうしても審査が通らない人向け3つのおすすめ消費者金融

「スコアリング対策しても審査に通らなかった・・・」「何をやっても審査に受かる気がしない・・・」

上記のようなお悩みを持っている方向けに、3つのおすすめ消費者金融を紹介します。

認知度No.1「アコム」

アコム キャプチャ ボタン

三菱UFJフィナンシャル・グループが運営する日本の貸金業者「アコム」。

CMやテレビでよく見かけるのではないでしょうか。

大企業が運営している消費者金融のため、利用者にとっても安心して借入することができます。

アコムのおすすめポイントは、以下4つです。

  • 初めてのご利用であれば最大30日間金利0円
  • インターネット・電話でのお申し込みは24時間365日可能
  • 提携ATMでどこでも使える
  • 利用者数は業界最多クラスの1,000万人以上

【アコムの詳細情報】

金利3.0%~18.0%
借入限度額800万円まで
審査時間最短30分
即日融資最短1時間

いつでも振り込み可能な「プロミス」

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

三井住友フィナンシャル・グループの子会社である「プロミス」。

アコムと同様にCMやTVでよく見かけますよね。

利息の延滞はなく、お客様に寄り添ったサービスを提供しており人気の消費者金融です。

プロミスのおすすめポイントは、以下5つです。

  • 初めての利用なら30日間利息ゼロ
  • WEB契約なら即日融資が可能
  • 近くの銀行・コンビニで返済が可能
  • 借入額が50万円以下の場合収入証明等の書類不要
  • 利息は利用日数のみ

【プロミスの詳細情報】

金利4.5%~17.8%
借入限度額500万円まで
申し込み条件20歳~69歳以下
担保・保証人不要

愛が一番「アイフル」

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アイフル株式会社が運営する「アイフル」。

クレジットカード事業やローン会社といった、主に金融事業を営んでいます。

アコム・プロミス・アイフルは、3大消費者金融といえるくらい知名度が高いです。

アイフルのおすすめポイントは、以下4つです。

  • インターネットなら24時間365日いつでもお申し込み可能
  • 最短30分で審査完了
  • 全国の提携ATMで借り入れできる
  • 50万~100以下の借入は収入証明書が原則不要

【アイフルの詳細情報】

金利3.0%~18.0%
借入限度額800万円まで
審査時間最短30分
担保・保証人不要